TOPPhotoshop CS3

Photoshop CS3 新機能 (β版)

備忘録を毎日書くというハードルは1日目にして挫折しました^_^;

メチャクチャ久しぶりの更新です。
考えたら1年近く経ってました。

まあ、気を取り直して書いてみようと思います。

以前、SNSでβ版のPhotoshopCS3に関しての日記が意外にもアクセス数が多かったので、今回もフォトショップについて書こうかなとおもってます。
ただ、私の雑記みたいなもので、殴り書きに近いと思いますのであしからず・・・。

では、CS2からCS3になって何が変わったのかザックリまとめて見ようと思います。
まだ今現在のところβ版の状態ですので、今後の変更もあるでしょうし、製品版の際に追加される機能などもあると思いますので、そのあたりはお含みおきください。


以下 PhotoShop CS3の新機能(β版)


①パレットが新しくなりました。

・以前と比べると邪魔な感じがなくなって良いです。しかし、私の場合は昔からパレットが邪魔な場合はTabキー押して全パレットを消去してましたので、邪魔に関しては以前からあまり感じていません。新しくなって良くなったのは、パレットの大きさを変えてもパレット同士が二重に重なり合わない点ですかね。



②選択範囲作成ツールにクイックセレクトツールが新登場。

・これと同時に「Refine Edge」というものも登場し、選択範囲の微調整が楽に出来ます。クイックレレクトツールとRefine Edgeを併用すれば結構楽に選択範囲作成ができます。
これは、実際に試してみないと良さは分からないと思います。

「Refine Edge」を開くと作成した選択範囲に対して
   ・Radius(半径)
   ・Contrast
   ・smooth
   ・feather(境界線のぼかし)
   ・contrast/expand
以上の5点の調整が出来ます。


  
③スマートフィルタが登場。

・このスマートフィルタは名前の通りスマートオブジェクトと似ていますが、調整レイヤのフィルタ版のような感じです。
昔、レイヤを複製して複製したレイヤにフィルタをかけていたのと原理はほとんど同じです。ですからスマートフィルタにもレイヤマスクをかけることが出来ます。しかしフィルタ1つ1つに別々にレイヤマスクはかけられません。
また、かけたフィルタの表示/非表示がありますが、そのたびごとにフィルタをかけ直している様で、結構もたつきます。表示/非表示を繰り返す方は、昔ながらのやり方の方がよいかもしれません。
ただし、このスマートフィルタはレイヤではありませんでレイヤを複製したときのように画像データのサイズは大きくなりません。



④Black & White adjustment

・モノクロ変換ツールです。非常に良くできています。カラー画像をモノクロに変換しますが、変換した後もモノクロ画像をCMYRGBの6色に分けて調整できます。
なので、真紅のバラがモノクロにしたときにドス黒くなってしまうなんてのも簡単に救うことができます。
ただ、このツールによって目立たなくなっていますが、チャンネルミキサのモノクロ変換も新しくなっています。
こちらは昔からモノクロ変換に使っていた人も多いとは思いますが、新しくなって、カラーフィルタで撮影したときの状態が再現できるようになったようです。
ですので、モノクロ撮影のときにカラーフィルタを多用した方などはこちらの方が感覚的には使いやすいかも知れません。



⑤Vanishing Pointがあたらしくなりました。

・角が多くても面作成が非常に作りやすいです。
もともとあまり使っていないので私にとっては無用の長物?



⑥パノラマ作成ツールが新しくなりました。(Auto-Align)

・実際に、手持ちで比較的広角レンズを使用して撮影した3枚の写真をつなげてみました、非常に綺麗に繋がります。これはパノラマだけでなく似たような画像が複数あった場合に応用が利きます。どう応用出来るのかは暇があるときに・・・。
非常に面白い機能だと感じました。



⑦SNSの方には既に書きましたがブリッチが新しくなってます。

・ルーペが使えたりスタックが作成できたりと。
また、Camera Rawも新しくなっていて、以前のものと比べると格段に使いやすくなってます。
マイミクのGattinoさんに教えていただいたのですが、JPG画像でもCamera Rawが使えるようになったのもCS3からです。



⑧HDRも新しくなっているようですが、まだ試していません。どのあたりが新しくなったのでしょうか?



⑨トーンカーブが新しくなりました。

・これといって変わりようがないトーンカーブですが、カスタムの曲線としてミディアムコントラストやストロングコントラストなどプリセットが充実しています。
RGB別の曲線を一括表示することも出来ます。
グリットのマス目を細かくするのも、今までは裏コマンド?を使わなければ出来ませせんでしたが、CS3からは簡単にマス目を細かく出来ます。細かい点ですがね(笑)



⑩クローンスタンプツールが出来ました。

・試してないので良くわかりませんが、新しいらしいです。



⑪スポイトのサンプルサイズが増えました。

・今までは3種類(1×1、3×3、5×5)しかなかったですが、11x11、31x31、 51x51、 101x101 と4種類増えて全部で7種類になりました。



⑫プリントダイアログが新しくなったようです。




まあ、まだまだ新しい点はあるでしょうが、ザックリこんな感じだと思います。
あ~本当にスゲーザックリだな(笑)

ひとつひとつの詳細については・・・。またの機会に書いてみようと思います。結構自分の頭を整理するのにも良いんですよね。文章化するのって♪

あ、そうそう。処理スピードも早くなってます。詳細は添付画像の通りです。って俺はアドビの回し者か!^_^;

CS3の速度






Photoshop CS3 | 2007.02.05 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Bridgeの新機能 Photoshop CS3 β版 | ホームへ | 清音型のCPUファンを取り付けました。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |