TOP時計関係

一見の価値あり。ジャガー・ルクルトの3Dトゥールビヨンって知ってますか?「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」

超久々に時計ネタを書いてみます。
先日、伝説の懐中時計「マリーアントワネット」がテレビで話題になったようです。
ブレゲ社で複製されたマリーアントワネットを銀座に見に行ったことなどをアップしていたのですが、そのエントリーに対してのアクセスがある程度ありました。

以前アップしたのは
ブレゲの超複雑時計「マリーアントワネット」のレプリカを見てきました。
伝説の時計! マリーアントワネットが16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開

レプリカ・伝説の懐中時計「マリーアントワネット」

Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon

上の写真左が20億円でも買い手がある伝説の懐中時計マリーアントワネットのレプリカです。
そして右が現在の最高峰の3Dトゥールビヨンを組み込んだ「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」

時計が趣味の方にはトゥールビヨンやミニッツリピーター、それに万年時計が組み込まれた小宇宙の懐中時計「マリーアントワネット」には魅了されますよね。

オリジナルのマリーアントワネットはあまりの貴重性に値段が付きませんが、複製されたレプリカでさえ銀座に展示された時に20億円で売って欲しいという人がいたんですから時計マニアの凄さを感じます。

「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」は発表されてから数年経ちますが、このムーブメントの素晴らしさはまったく色褪せることはありませんね~。
一度下の動画で動いている姿をご覧下さい。

時計が小宇宙と言われていることが事実であることを実感すると思います。



そもそもトゥールビヨンとは、

時計の姿勢が変わることによって等時性が変化することを解決した機構のことなんです。
機械式時計は重力の影響を受けやすく、時計向き位置によって時計の進み方が若干変わってきます。

それを防ぐ機構がトゥールビヨンです。
そしてそれを開発したのが超複雑時計「マリーアントワネット」を作った天才時計師ブレゲです。

今でもトゥールビヨンが組み込まれている機械式腕時計は1000万円近くするほど複雑な部品なんですが、そのトゥールビヨンの動きをさらに進化させて2Dの動きから3Dへの動きへさせたのが「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」の3D多軸トゥールビヨン。

ユーチューブの動画を見て頂ければ凄さがわかって頂けたと思います\(^o^)/

時計好きの私としては魅了されるムーブメントです。
価格は日本円で3000万円以上するので、もちろん購入対象ではありませんが^_^;

下の動画は先ほどのロングバージョンです。







時計関係 | 2012.03.21 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<宇宙ステーションから見た風景動画が美しいなぁ | ホームへ | 園芸(ガーデニング)売り場に芝桜も>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |