TOPプレスリリース/ニュース

放射線を可視化する新型カメラ!広範囲対応型の放射線測定装置 

今までも東芝から放射線を可視化できるポータブル型のカメラなども販売されてきましたが、今回発売された日立の「放射線測定装置」は非常に見やすい画面でなおかつ広範囲の可視化が可能とのこと。

可視化出来るカメラは今までもあったらしいんですが広範囲に対応したことが新しいとのこと。
ってことは瓦礫の山とかもこれで一発調査できたら放射線量の調査時間短縮!?


プレスリリースの資料を読みましたが凄いなぁ~。




広範囲の測定が可能な「放射線測定装置」の販売を開始

2012年3月11日

放射線量の高低を色分けして確認し、放射線の種類も判別可能


日立コンシューマエレクトロニクス株式会社(取締役社長:渡邊修徳/以下、日立)は、放射性物質が放射するガンマ線(放射線)の線量を測定した結果とカメラで撮影した映像を重ね合わせ、放射線量の高低を色分けして確認できる放射線測定装置(以下、本装置)を新たに開発しました。3月下旬より、自治体や建設会社などに向けて販売を開始します。

本装置では、測定対象から離れた場所から広範囲(10mの地点での視野角8m×8m)の放射線量を測定し、放射線量の高低分布を、モニター上に色分けして表示します。また、測定した放射線の種類(セシウム134、セシウム137、ヨウ素131)の識別も可能です。本装置を用いることで、放射線測定において作業者が測定対象に近接することなく線量の高い場所が特定できますし、測定作業の効率化も図れます。現在、各地で除染活動が始まっていますので、除染前後の放射線量の確認などへの活用も可能です。さらに、病院や研究所などの放射線を取り扱う施設での放射線測定など、様々な用途で使用できます。

記事URL :http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/03/0311.html


モニタの表示例写真を見ると凄い分かりやすいですよね。価格は個別見積りってなっていますからケタ違いの価格のような気がしますが^_^;

使用例を見るとハンディーとは言えそうに無いですがこのぐらいの大きさがあったほうが安心できる様な気が^_^;

   


なぜ瓦礫の放射線調査の話を言っているかというと、昨日のエントリーでガレキ処理の話を書いたからです。
お暇な方は読んでみて下さい。


・震災がれき処理で日本の底力をしめす時! 今こそ団結しようニッポン! 








【関連するタグ】

【最新記事一覧】

08/16   激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付
08/12   Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・
08/07   iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる
07/30   肩こりががヒドく久々にお世話になったパイオネックス(円皮鍼) 劇的に痛みが引きました
07/12   【リンク】AdobenoのLightroomは遅い?パフォーマンス向上に向け動き出す
07/07   【リンク】ニコンの牛田社長インタビューやREDがスマートフォンを発表など
06/19   【リンク】美術館が撮影OKになると大混乱になる?ルーブルのモナリザの前が凄い、など。
06/12   すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です
06/07   富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 
06/06   料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!
05/29   新宿、銀座、大阪のニコンプラザは日曜定休日に。美術館の撮影OKが増えている?など
05/24   無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<プロカメラマン必読本「玉ちゃんのライティング話」がついに発売へ!  | ホームへ | ニコンとキャノンでデジカメ国内市場の99%を獲得! さてどこの国でしょうか? >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |