TOPプレスリリース/ニュース

放射線を可視化する新型カメラ!広範囲対応型の放射線測定装置 

今までも東芝から放射線を可視化できるポータブル型のカメラなども販売されてきましたが、今回発売された日立の「放射線測定装置」は非常に見やすい画面でなおかつ広範囲の可視化が可能とのこと。

可視化出来るカメラは今までもあったらしいんですが広範囲に対応したことが新しいとのこと。
ってことは瓦礫の山とかもこれで一発調査できたら放射線量の調査時間短縮!?


プレスリリースの資料を読みましたが凄いなぁ~。




広範囲の測定が可能な「放射線測定装置」の販売を開始

2012年3月11日

放射線量の高低を色分けして確認し、放射線の種類も判別可能


日立コンシューマエレクトロニクス株式会社(取締役社長:渡邊修徳/以下、日立)は、放射性物質が放射するガンマ線(放射線)の線量を測定した結果とカメラで撮影した映像を重ね合わせ、放射線量の高低を色分けして確認できる放射線測定装置(以下、本装置)を新たに開発しました。3月下旬より、自治体や建設会社などに向けて販売を開始します。

本装置では、測定対象から離れた場所から広範囲(10mの地点での視野角8m×8m)の放射線量を測定し、放射線量の高低分布を、モニター上に色分けして表示します。また、測定した放射線の種類(セシウム134、セシウム137、ヨウ素131)の識別も可能です。本装置を用いることで、放射線測定において作業者が測定対象に近接することなく線量の高い場所が特定できますし、測定作業の効率化も図れます。現在、各地で除染活動が始まっていますので、除染前後の放射線量の確認などへの活用も可能です。さらに、病院や研究所などの放射線を取り扱う施設での放射線測定など、様々な用途で使用できます。

記事URL :http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/03/0311.html


モニタの表示例写真を見ると凄い分かりやすいですよね。価格は個別見積りってなっていますからケタ違いの価格のような気がしますが^_^;

使用例を見るとハンディーとは言えそうに無いですがこのぐらいの大きさがあったほうが安心できる様な気が^_^;

   


なぜ瓦礫の放射線調査の話を言っているかというと、昨日のエントリーでガレキ処理の話を書いたからです。
お暇な方は読んでみて下さい。


・震災がれき処理で日本の底力をしめす時! 今こそ団結しようニッポン! 







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<プロカメラマン必読本「玉ちゃんのライティング話」がついに発売へ!  | ホームへ | ニコンとキャノンでデジカメ国内市場の99%を獲得! さてどこの国でしょうか? >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |