TOP東日本大震災関係

震災がれき処理で日本の底力をしめす時! 今こそ団結しようニッポン! 


(消防署員が震災で無くなった同僚へ献花 2012年3月11日)


2012年3月11日 14時46分
東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から1年。


被災後に定期的に被災地を訪れていた私は、節目となる1年目の3月11日。宮城県の南三陸町で被災現場を訪れました。


最初の感想は被災直後から比べると驚くほど瓦礫が片付いている。そう感じました。
圧倒的な力を持った大津波によって東北地方の沿岸部は壊滅。陸前高田の状況を伝えたテレビのテロップは今でも強烈に覚えています。


「陸前高田市街壊滅的被害」


震災から数日後に東北入りした私は言葉を失いました。
その時、被災地入りした人間の思いは誰もが同じだったと思います。


「不詳 宮嶋」として有名な報道カメラマン宮嶋茂樹氏が大震災でのルポ写真をまとめた『再起』不肖・宮嶋が歩いた東日本大震災の記録で次のような言葉を残しています。


「カメラマンになったことを後悔した・・・」


なぜ「カメラマンになったことを後悔した」と表現されたかは本を購入してお読み頂ければと思うのですが、一言で表現するならば、何をどう撮影していいのかわからないほどの壊滅的被害にあの宮嶋さんほどの人でも立ち尽くしてしまった。


おそらく多くのカメラマンが同じように想像を絶する現場で立ち尽くしたことと思います。
私も何も出来なかったことを覚えています。宮嶋さんのことを書いた流れで私の所感を述べることは非常に恐れ多いのですが、誰もが同じく感じたことを宮嶋さんが非常に的確に表現された。まさに多くのカメラマンがカメラマンになったことを後悔した一瞬を経験したのだと思います。


それほどの甚大な被害を受けてから1年。
街中に溢れかえっていた瓦礫は見事に片付けられています。


最期まで防災無線放送を続けた南三陸町職員の遠藤未希さんがいた南三陸防災庁舎。

骨組みだけになっているのが見えます。奥の建物は70人以上が犠牲になった南三陸町の公立志津川病院。
被災直後はこの一帯は瓦礫の山でした。

今では随分と片付いています。ただ、瓦礫は処理されたわけではなく、実際には「一時的な仮置き場」に積み上げられているだけなんです。

志津川病院の奥に瓦礫の「仮置き場」があるのですが、それが下の写真です。



写真に写っているのはごくごく一部。
昨日載せたSLが横倒しに置かれている写真も、この瓦礫の山のずっと右のほうにあります。
下の写真は別カット。




こうした瓦礫の山は南三陸町だけでもいくつも存在します。
被災地全体ではどのぐらい瓦礫の山が存在するのか想像も出来ません。

この瓦礫の山はどの程度の高さがあると思います?

瓦礫は積みあげると中でガスが発生して火災の危険性が高まるんです。なので環境省は火災防止のために5メートル以上は瓦礫を積み上げないように指導しているのですが、瓦礫の置き場が無ければ上に積み上げていくしかない・・・。
場所によっては仕方なく15メートルほどにも積み上げてしまい火災になってしまった例も・・・



現時点では被災3県での瓦礫の総量は2252万トンとも。そのうち処理が行われてのは未だ6%だと言われています。
一体どうすれば良いのですか?


日本全国の各自治体でがれき処理の受け入れをする!
これがベストだと思います。要するにガレキの広域処理です。


瓦礫だけでなくクルマやタイヤの山も多くの場所で見られます。



これだけの瓦礫を被災地だけで迅速に処理するのは到底ムリです。
今こそ「日本」として立ち上がるべき時では?


反対している多くの人は「放射線量が気になる」とのこと。
だからこそ誰もが納得する形でしっかり線量を計測しなくてはなりません。


反対している人を責めるつもりは毛頭有りません。

それは今の政府が原発対応を隠蔽し国民に不信を抱かせる原因を作ったからです。
あれだけ嘘をつかれれば政府の発表が信じられないのも頷けます。私も信じていません。


政府発表はどうせまた都合のよいウソで固められたものだ。そう思っても仕方有りません。
だからこそ、被災がれきの放射線量計測などは第三者機関などを設置し、誰もが納得できる形で一刻も早く多くの理解が得られるように最大限努力するべきだしその姿勢を早く見せるべきです。


反対している人たちは、心配なんですよ!
自分のことではなく子どもや未来の日本のことが!!!

ねえ。野田総理。



私は多少の放射線量が出ていても他県も含めて広域での被災がれき処理をするべきだと思いますが、それはあまりにも反対が多いでしょうし理解が得られるとも思えません。
ですので一刻も早く反対している人達も含めてのコンセンサスを得られるように的確な対応とスピードが求められています。





いまだに解体されずに屋上に車が残るビルも結構な数見られます。
こうしたビルが解体されればさらに瓦礫が発生しますが、今あるがれき置き場の瓦礫が処理されなければ、ビルなどの解体すら出来ないんです。
瓦礫の広域処理は復興のスピードに直結する問題なんだと、多くの人に理解してもらう必要があります。


大震災が発生した直後は日本全国で「東北がんばれ」「東北まけるな」「絆」などの言葉が自然発生的に生まれ、誰もが東北の復興を願ったはず。

今、東北の復興で必要なのは一刻も早く震災がれきを処理すること。今こそ日本全国が団結して東北の復興を皆で行なっていく時!




赤十字などを通して募金を行った方も多いかと思います。

先日、赤十字は東日本大震災の義援金の受付を延期しました。でもその延期も9月30日までです。
当初ならば受付は終了していたのですが、まだ多くの方の支援があるということで再延期をしました。


お金での支援は非常に重要なことだと思います。
ですが、お金があっても被災者の住む地域の再生が遅々として進まなければ、結局は被災地のままなんです。
一刻も早く元通りの生活、いや元の生活以上と空間を作るために広域瓦礫処理が必要ではないかと思います。

どうか理解を深めて頂ければ幸いです。


私がこのブログで出来ることといえばこんなことだけ。ご賛同して頂ける方には、ぜひぜひこの現状と理解の輪が広まるようにお願いできればと思いますm(__)m

出過ぎた真似なのは百も承知です。ですがどうぞよろしくおねがいします。





2012年3月12日
一日も早い復興を祈りつつ。






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Nikon D4 vs D3s vs D700 低感度ISO200での比較画像 | ホームへ | Nikon D4 vs D3s 高感度ノイズ対決(ISO3200)>>
ガレキの処理は大きな問題ですね。
国内外問わず、あちこちで処理を進めてもらいたいと願うばかりです。
2012/03/13 04:23 | Elmo Sagami #/kxHO9cc | [edit]
Elmo Sagamiさま

本当ですよね。あれだけのガレキを被災県だけで処理するのはさすがに無理があるんじゃないかと。
雇用問題などもあるかも知れませんが、それでも分散処理する方が良いかと。

早く復興が進むように日本全土で協力すべきですよね。
2012/03/13 16:17 | ☆Orca☆ #VjrOQt26 | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |