TOPiPhone/iPod touch

ハリーポッターの世界が現実に。新聞の写真が動くアプリ登場

今月の24日の紙面を見て驚きました。
毎日新聞の「記者の目」という記事の中で、新聞紙面に「AR」を導入したとのこと。



なんのことやら最初は分からなかったんですが、「Aurasma Lite」というiPhoneアプリを入れて新聞にかざしてみれば驚くことが起きるというので、早速Aurasma Liteなるアプリをインストールして新聞紙面にかざしてみました。

「Aurasma Lite」


こんな風に↓
アプリを立ち上げて新聞紙面の写真にかざすと、何だかLoadingの文字。
おお!
何かが起きる。と思った次の瞬間。


なんじゃこりゃ・・・。

紙面の写真の部分だけが動画になってる^_^;
まさにハリーポッターの世界じゃないか。



もう一枚の写真にかざしてみると、こちらもモノクロの写真がカラーに変化した後、動画として写真が動き始めました。すげーーー。
こんなアプリあったんだ。というか、連動企画としてこういう見せ方もあるんだ~。と感心すると同時に将来的には仕事に影響してくる技術だと実感。




写真だけだと分かりにくいでしょうから、「Aurasma Lite」を紹介したユーチューブ動画があったので貼りつけておきますね。

動画をみたらよくわかると思います。
この技術の肝は、アプリにトリガー用の写真画像を登録しておいて(企画者側の仕事)、利用者がアプリを立ち上げて、トリガー画像をアプリに認識させると、画像の範囲内だけに動画やスライドショーを展開するというもの。
非常におもしろい企画というか技術ですよね。ARって奥が深いなぁ~と思った企画記事でした。


ちなみに、下の写真がトリガー画像になっています。試してみたい方はアプリをダウンロードした上で体験してみてください。
記事にぼかしを入れているとは言え、毎日新聞様の許可は頂いておりません。
今後、以下の画像は消す場合があります。

今後も毎日新聞紙上でこれからも企画が増えるかも知れません。
これを機会に購読される方は以下からどうぞ。

毎日新聞の購読はこちらからどうぞ。
(朝刊・夕刊) 月3925円(統合版 月3007円)












iPhone/iPod touch | 2012.01.30 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/09   「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?
12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ちょっとだけ・・・。PhotoshopCS6の紹介動画 | ホームへ | シャクヤク(芍薬)の花言葉は「優しい心・恥じらい・壮麗」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |