TOP日記

電車のホームには実は危険が沢山 年間の事故件数が872件で死亡者数が353人も 

2012/01/19の記憶



ホームで見かける警告表示結構多いですよね。
でもそれだけ駅には危険が沢山あるということ。
視覚障害者にとってホームが危険であることは知られていますが
ホームから転落した経験がある視覚障害者が実は約4割もいることはあまり知られていません。

目を開けていてもあの高さから落ちるのは大変なこと
目が見えない状況であの高さから落ちると思うとゾッとしますよね。

私も視覚障害者を見かけた時にはなるべく声をかけるようにしています。
私の母が視覚障害者の介助ボランティアをしているんです。
なので自然と私も意識するようになりました。

でも危ないのは視覚障害者だけではないんです
車椅子の方がホームの傾斜が原因で亡くなるケースも
通常は雨などの対策でホームには傾斜が付いているんですが
その傾斜角度が大きいホームがいくつかあるそうです。

1メートルあたり1センチの高低差が基本らしいのですが
駅によっては2センチ~3センチのところも
車椅子の方がその傾斜で線路に落ちてしまうケースがあるのは痛ましいです。

エスカレーターでの事故も聞きますよね
足や手の指が切断されてしまう事故をニュースでたまに見かけます。
駅は危険が沢山そのことを皆が意識すれば事故は減るかも知れません。

国土交通省が出している公開情報
「鉄軌道輸送の安全にかかわる情報の公表について 」
これを読むとこんなに事故があるのかと驚きます。

平成22年度に発生した運転事故は
件数が872件で死亡者数が353人

原因が自殺ではないケースもかなりあるんです。
例えば誤ってホームから転落して電車と接触したケースや
ホーム上で電車に接触したケースは合わせて224件もあるんです。


このうち死亡者数が42人この数の半分は泥酔が原因です。
泥酔は他人にも迷惑をかけます。
お互いに気をつけましょう。







日記 | 2012.01.20 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<タオル1本で行う肩こり解消法 話題の「今治タオル体操」 動画をメモしておきます。 | ホームへ | 東京ではインフルエンザの流行開始らしいですが明日の雪で減るかな?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |