TOPphoto/写真

ピンホールカメラで滝を撮影 20分も動かない葉っぱがあるのに驚き




滝といっても小さな小さな滝です。
ちょっとした段差みたいな滝ですがワイドで寄ると結構な迫力


これは川の真ん中まで行って腰の下まで水に浸かりながら撮影したもの。
夏にピンホールカメラで撮影したんですが
それでも20分間もの露光が必要でした。


場所は陣場山の麓です。

足の感覚が麻痺するぐらい水が冷たかった(T_T)
今でも覚えています。



ピンホールカメラのF値は300近いので
非常に露光時間がかかるのですが
その20分もの露光時間の間
1枚の葉が水の流れに逆らうようにとどまっていました。


何に引っかかっていたのでしょうか。
いま見てもとても不思議な1枚の葉です。



以前
このピンホールだけの写真で写真展を開きました。
その当時はデジカメが出はじめた時期だったのですが
それでもピンホールの不思議さに驚く方が多数いらっしゃいました。
デジカメ全盛期の今
この類の写真はもっと珍しいのかも知れません。


ただ
私が今この時のように
20分間水に浸かりながら撮影できるかと問われた時
デジカメに慣れた今は・・・



ピンホールの写真をブログにアップしていると
なんだか自分自身
色々と反省させられることが多いです。


もっと丁寧に1枚1枚撮影しようと
反省する今日この頃です。







photo/写真 | 2011.12.02 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<GPSトラブルが急増中。iPhoneなどのスマートフォン等で撮影した写真をブログにアップすると撮影場所(自宅など)が特定されることがあるので注意 | ホームへ | 地球「母なる大地」と月 >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |