TOPphoto/写真

ピンホールで撮影すると普段目にする湖までも幻想的に



先日アップした嬬恋村のピンホール写真が思ったよりも好評で驚きました。

デジタルが全盛期の現代だからこそ
デジタルの真逆をゆくピンホールに何かを感じるのかも知れませんね。

特に私が撮影しているピンホール写真は
デジタルカメラではなく
昔ながらのシートフィルムと呼ばれる大判を使っているから
今のデジタルしか知らない世代の人には新鮮なのかも知れません。
この写真はごくごく普通の湖です。
でもピンホールで撮影すると何となく雰囲気が出ますね。不思議です。



フィルムの話。

4×5サイズの1枚のシートフィルムって現像するのに500円もかかるんですよ。
そもそもシートフィルム1枚が500円近くするわけですから
なんと1ショット1000円!!!


デジタルカメラの世界じゃ考えられないコストパフォーマンスです。
でも10年ほど前はこれが普通と言うか常識だったんです。


撮影の魔影にポラで撮影して
本番撮影に入る。
こんな作業もデジタルなら不要になりました。
10年で大きく時代は変化しましたね。



約10年前
Nikonからカメラ業界を震撼させる一つのカメラが発売されました。
Nikon D1

それまでは1画素1万円と呼ばれていたデジカメ市場に大きな風穴を開けた画期的なカメラです。
世界のデジタルカメラはD1から大きく変化してきました。


そして
そろそろNikonからD4という第4世代目のカメラが発表されようとしています。
正直非常に楽しみです。


D4は最新型のデジタルカメラですけどピンホール写真のように
写真本来の楽しみを味わえるカメラに仕上がっていることを願っています。






photo/写真 | 2011.11.30 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<FC2おすすめブログに認定されました。拍手数も6000を突破  | ホームへ | トワイライトをイメージした花束>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |