TOPシャボン玉

七変化のシャボン玉 「ジュピター」 まるで木星



過去にシャボン玉の写真を2枚ご紹介しました。
惑星」「プレアデス」のふたつ。

今回は白バックで撮影したシャボン玉
「ジュピター」と名付けてみました。


黒バックでのシャボン玉とはライティングを変えて撮影しましたが
こんな表情も見せてくれるんだなぁ~と感動。

実はライティングだけではなくシャボン玉液によっても表情が変化するんですよ。


今回の写真は縞模様が木星のように思えました。
それでジュピター。


実は私はジュピターが大好きなんです。
ホルストの組曲『惑星』の第4曲のジュピターも好きですし
アレンジした平原綾香のジュピターも大好きです。

天体少年だった私は最初に購入した天体望遠鏡で
木星を初めて見た時の感動を今でもよく覚えています。

私にとってジュピターは思い入れがとっても深いです。
そんなジュピターをシャボン玉を使って写真で表現できてとても幸せです。


元の写真をキャリブレーションしたモニタで見るとしっかり縞模様は出ているんですが
貴方のモニターがもしも明るい場合には縞模様が見えにくいかも知れません。
そんな場合はモニタの輝度を下げると縞模様が見えてきます。


冬は星空が綺麗に見える季節。
今年の冬は天体観測してみようかな。





このエントリーをはてなブックマークに追加



シャボン玉 | 2011.11.25 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<リンドウ科でアメリカ原産なのにトルコギキョウ | ホームへ | 夢のような素敵な空間>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |