TOPデジカメの撮影方法・テクニックを紹介

望遠レンズの圧縮効果を使いこなそう!

望遠レンズって何?という疑問をお持ちの方は、まず最初に下記エントリーをお読み頂ければと思います。
花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる


さてここでは望遠レンズの特徴である「圧縮効果」について書きたいと思います。
下の写真は何の変哲もない歩道を広角レンズで撮影したものです。

広角レンズでの撮影(圧縮効果なし)



この場所をほぼ同じ場所から望遠レンズを使って圧縮効果が分かりやすいように撮影して見ました。
それが下の写真。
何だか同じ場所なのに雰囲気が随分違いますよね。


望遠レンズでの撮影(圧縮効果あり)



圧縮と言うだけあって、

奥側にある物と手前にあるものが圧縮されてあたかも手前の物と奥側の物が近い場所にあるように見えます。
これが圧縮効果のポイントです。


圧縮効果は奥にある物と手前にある物の距離が実際よりも近いように見える




それでは、どんなシーンで使えばより効果的に見えるのか!
それは撮影者本人が色々な場面で使ってみて習得して欲しいのですが、一番オーソドックスなのが「花の撮影」


花の撮影での圧縮効果は王道
最初は花の撮影で圧縮効果の使い方を慣れてみましょう。


左が広角レンズでの撮影。    右が望遠レンズを使って圧縮効果を強調したもの。



この時のポイントは奥側に圧縮させたい被写体があるかどうか。これが重要です。
メインの被写体の後ろ側というかカメラから見て奥側に圧縮させたい対象物が無い場合や圧縮させても効果が見えにくい被写体があっても効果的には使用できません。

例えば、遠くから向かってくる車を奥側に入れて手前の人物を撮影すれば、あたかも車が真後ろに来ているような感覚の写真が撮影出来るでしょうし、青空の下、気持ちよさそうに川沿いの道を散歩している人々を直線の道で遠くから撮影すれば、散歩している人が大勢いるように撮影できるかも知れません。(実際に散歩している人が2~3人しか居なければ別ですが・・・)


撮影に慣れてくれば効果的に使える場所のイメージは次々と出てくると思います。
是非、チャレンジしてみてくださいね。


望遠レンズを使うので手ブレに注意


ファインダー内に圧縮したい被写体が入るようにフレーミングする


望遠レンズは被写界深度が浅いのでピントの位置と絞りに注意






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<色の仕上がり設定の特徴を知っておこう! | ホームへ | 香るバラ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |