TOPデジカメの撮影方法・テクニックを紹介

ボケ味・被写界深度を決める5つのポイント プラス1

レンズの絞りを開ければプロみたいにボケ味のある写真が撮れると聞いたけど、全然撮影できない。
な~んて声もよく聞きます。

その原因は、ボケ味というか被写界深度は以下の5つの事項が複合的に絡んで決定されるんです。
なので、絞りだけでは思ったようにボケ味の美しい写真が撮影出来なかったりします。

ボケ味・被写界深度を決める5つのポイント

絞り
レンズの絞り値によって被写界深度が変わるのは以前のエントリーでご紹介したとおりです。
ボケ味は絞りを開けることによって大きくなり絞れば絞るほどボケは少なくなります。
絞りを開ける(例:F1.4) 絞りを絞る(例:F22)



焦点距離
こちらも広角レンズと望遠レンズを使って以前のエントリーでご紹介しました。
広角レンズよりも望遠レンズを使ったほうがボケ味が大きくなります。





長い>短い



撮像素子サイズ

これは焦点距離と密接な関係性があるのですが、詳しくは別のエントリーで今後書きたいと思います。
簡単に書くと、撮像素子が小さいと短い焦点距離のレンズでも望遠レンズになるんです。
例えば、良くコンパクトカメラで使われている1/2.3型と言う小さな撮像素子だと、35mm程度の焦点距離のレンズで一眼レフの200mm相当の望遠レンズになってしまうんです。
なので一眼レフの35mmレンズで撮影した程度のボケしか出ないんです。
これがコンパクトカメラで撮影すると背景がボケ無い理由のひとつです。

大>小

被写体までの距離

被写体までの距離が近いほど背景のボケ方が大きくなります。(被写界深度が浅くなる)
反対に被写体の距離が離れれば離れるほどボケ方は小さくなります。(被写界深度が深くなる)

広角レンズでも被写体にグッと近づいた時に背景が綺麗にボケるのはこの為なんですね。
なのでコンパクトカメラでもなるべく被写体にグっと近づくようにして撮影すると綺麗にボカすことが出来ますよ。

近い>遠い



背景までの距離

これは被写体と背景までの距離のことを言っています。
これは被写体までの距離と反対に遠いほうがボケ味が増します。それは、ピントを合わせる距離の差が大きくなる為です。

遠い>近い




+1(プラス1)

レンズによって変化する


そして+1!
これはビギナーには難しいポイントかも知れませんので+1とさせて頂きました。
そしてこのポイントに関しては明日のエントリーで詳しく解説しようと思います。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<同じ絞り(F値)で撮影してもレンズが違うと被写界深度は違います | ホームへ | 絞りの違いでボケ味が変わる! 被写界深度とは?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |