TOPデジカメの撮影方法・テクニックを紹介

広角レンズと望遠レンズの被写界深度(ボケ具合)の違い

広角レンズの特徴はピントが手前から奥まで合いやすいことが挙げられます。
また反対に望遠レンズの特徴はピントの範囲が広角レンズよりも狭いことが挙げられます。

ボケの具合のことを被写界深度と言いますが、同じ被写体を同じような範囲で撮影した場合に、その被写界深度の違いが分かりやすくなりますの作例を見てください。


まずは望遠レンズ(200mm)で撮影した花の写真です


手前の花にピントを合わせていますが、奥の花はピントがボケていて手前の花が浮き上がるように目立っていますよね。
では反対に広角レンズで同じように撮影するとどうなるでしょうか。

下の写真が比較対象に良いかと思います。


55mmでの撮影です。広角レンズと言うよりも標準レンズと一般的に呼ばれている画角になります。
ここでは200mmに比べて広角と言うことで作例として選びました。

もっと広角での撮影になるとデフォルメがキツすぎて比較対象として今回の説明に向かないのであえて55mmでの撮影を広角レンズと便宜上呼ばせてもらいます。


200mmでの撮影と55mmでの撮影の違いは見れば一目瞭然ですよね。
同じようなフレーミングで撮影すると望遠レンズはとても良くボケます。反対に広角レンズで撮影するとピントが手前から奥まで合いやすくなります。


では別の作例です。
今度は24mm広角レンズを使っています。


まずは望遠レンズの作例
120mm


そしてこちらが
24mm



手前の葉が同じ大きさになるように2つのレンズで撮り比べて見ました。
広角レンズでの撮影ですと後ろの家の窓はピントが合っているというほどまでは行きませんが、120mmでの撮影よりもボケていません。

広角レンズでも被写体にう~んと近づいて、背景になるものが遠い場合にはボケることは前回のエントリーで書いたとおりです。


同じ絞り値でも望遠レンズの方が広角レンズと比べてボケる。


広角レンズは手前から奥までピントが合いやすい。


広角レンズでも被写体にグッと近づくと背景がボケやすくなる。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<露出補正の基本 カメラのプラス補正とマイナス補正を使ってみよう | ホームへ | 花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |