TOPデジカメの撮影方法・テクニックを紹介

花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる

望遠レンズの特徴である圧縮効果と広角レンズの特徴の遠近感が分かりやすい作例をご紹介します。


早速広角レンズで撮影した花の写真です。


25mmでの撮影


広角レンズの特徴


手前のものが強調されて遠近感が出やすい

広角レンズで撮影すると手前のものが大きく写ります。
ツツジの花の大きさは同じはずなのに、遠くにある花は小さく、一番手前のツツジの花はとても大きく写っています。
これが広角レンズで対象物に近づいた時の特徴です。

これは是非覚えておきたいポイント!


広角レンズでも対象に近づくと遠くのものはボケる

これは別の機会にも解説しますが、広角レンズは手前から奥までピントが合いやすい性質を持っていますが、ピントを合わせる対象が非常に近い場合には遠くのものはボケやすくなります。
上の写真はコンパクトデジカメでの撮影ですので一眼レフよりもボケにくいハズなのですが、対象物に非常に近づいて撮影しているので背景がボケています。



では、同じ場所を望遠レンズで撮影するとどうなるでしょうか?


150mmでの撮影


広角レンズで撮影したものと比べると随分と印象が違ってきます。
遠近感があまり出ていません。
そして花の大きさもあまり変わりませんよね。


望遠レンズの特徴

遠近感が出にくくなる(圧縮効果と言います)

花が咲き乱れているようなイメージを撮影したい場合には非常に有効です。


メインの被写体が遠くて手前に別の被写体が無い場合はボケにくい。

望遠レンズを使って撮影すれば何でもボケるかと言うとそうでもありません。
ズームで望遠側で撮影しているのにボケないよ~。という経験のあるかたもいるはず。

その原因は被写体が非常に遠くにありませんでしたか?
そして手前には何も被写体が無い。

そう上のツツジの写真のような場合がそれです。
解説書を読むと広角レンズはシャープに撮影できて、望遠レンズはボケる!な~んて書いてあったりしますよね。
でも上の作例を見ると逆になっています。

それはボケる対象物が手前に無いからですね。
このポイントは覚えておくと良いですよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<広角レンズと望遠レンズの被写界深度(ボケ具合)の違い | ホームへ | 何をメインにするかで適正露出は変わってくる>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |