TOPphoto/写真

究極のミスマッチ! 虹と鍾乳石のコラボレーション。




光の届かない地中深くの暗黒世界。

何万年も時を経た鍾乳石が
虹を見た瞬間はどんな気持ちなんだろう。



自然界ではありえなコラボーレーションですね。


人間が鍾乳洞へ入るようになって
光が入り込めない場所に
神のごとく
光が差し込む現象がここにはありました。



でも地球の地底世界は
ナゾだらけ。


最も深いマリアナ海溝でさえ
約1万メートルと言われています。


地球の大きさを考えれば
マリアナ海溝の最深部でも表面部分をちょっと削った程度なんですから。



地底世界はどうなっているんだろう。
マントルの下の核の部分とか
科学が発展したら理論がひっくり返ったりするのかも・・・。




100度の熱湯以上の温度でも生息できる生物がいるんだから
マントルの下でも生きれる生物がいたって不思議じゃないよね。


そんな世界に光が届く日はいつ来るのかな。







photo/写真 | 2011.08.03 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<「Paper Camera」今写真カテゴリで一番人気があるiPhoneアプリ 漫画タッチ風にレタッチ!!! | ホームへ | Amazonでアドビの72時間限定セールがこれから開始>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |