TOP未分類/写真・カメラ関係含む

激安な放射能測定装置が出てきましたが最も現実的なのはRAD Triageカードなのだと思う。

サーバー障害の関係で画像が現在表示されにくくなっているようですm(__)m

今日は放射能測定装置(ガイガーカウンター)と呼ばれる装置の新発売のニュースが2つありました。
両方とも今までの測定器と比べるとバカ安いです。需要と供給のバランスから価格が抑えられるようになったのでしょうか。



まずひとつは
エステー株式会社の「エアカウンター
15750円と非常に安い」。



もうひとつは
ヤマガタ共同が出す「放射線チェッカー ガンマ10
最初の1000個は、なんと5250円



ガイガーカウンターが1万円前後で買えるなんて、ちょっと前まで信じられないようなことでした。
でも本当に放射能測定器って使いますか???


私は以前から

RAD Triageカードなる放射能測定カードを身に付けています。
これは放射線技師の方や医師の方も今回の原発事故以前から日常的に持っている類のカードです。



グーグルで「放射能測定カード」と検索すれば沢山種類が出てくると思うので気になる方は検索してみてください。
で、何に使うのかというと・・・。


放射能被曝の積算量を測ってくれるんです。
中央ラインの色が濃くなっていくと放射能に被曝しているということ。
まあ目視での確認ですから正確に計測したい場合は体に貼り付けるパッチタイプのものが良いのかと思います。

パッチタイプのものは一定期間貼り付けた後に販売元へ送り返して被曝量を計測してもらいます。
私が持っているRAD Triageカードは目で確認するタイプです。


仕事柄福島県にも現在も度々行きますし、東北へは長期出張があります。
原発事故直後も福島へ行きましたし。

なので、RAD Triageカードを購入しました。


目の前にあるものや、その瞬間に滞在する場所の測定であれば放射能測定装置(ガイガーカウンター)が良いかと思いますが、実際には色々と場所を動くわけですし、今現在では空気中に浮遊している放射性物質などほとんど皆無です。
今問題になっているのは大地からの放射線ですよね。なのであなたがホットスポットにでも居ない限り定期的に居住地で計測しても数値は変化しません。


ですので福島県の避難地域の近くに住まわれている方は、自分の住んでいるところか子供の遊び場などを計測するのに使うなら有効でしょうが、それ以外の人にはほとんど無用の長物なのでは・・・と思ってしまいます。


私は色々と移動をするので、いちいち場所場所で計測するなんてバカバカしいので積算値がわかるRAD Triageカードを持ち歩いています。


安くなったからといって飛びついて、ちょっとの数値の違いで不安を煽る人が多数出ないことを祈ります。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/28   映画を超えた!?監視カメラ解析技術の最新情報やフィルムカメラをデジカメ化する「I'm Back」など
03/27   露出トライアングルイラストやベントレーのギガピクセル写真など
03/26   Embedlyカードを使って写真関連ニュースを共有
03/16   2017年3月11日の朝 仙台市若林区荒浜地区 
03/01   ダークバック不要のイタリア製フィルム現像キット「LAB-BOX」明るい部屋で簡単現像!
02/24   【無料】ついに出た!花火撮影専用のカメラアプリ「大仙花火カメラ」誰でも簡単に綺麗に撮影が可能!
02/20   壊れたiPhoneからデータを取り出すことも可能な復旧ソフトが期間限定無料ダウンロード公開中
02/08   図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を!
02/02   不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 
01/26   ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?
01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。
01/18   知らなきゃ損する!? Google翻訳アプリの自動OCR翻訳機能が凄すぎる!撮影するだけでOK

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<最高に美しいね!船から投げる5色の紙テープ  | ホームへ | タイル敷きの歩道って実はこんなに波うってたんです!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |