TOP未分類/写真・カメラ関係含む

原発問題の今が良く分かった! 行政監視委員会での政府参考人発言 小出裕章氏

5月23日の参院・行政監視委員会では政府参考人が4名出席しての質疑が行われました。

その模様はインターネットでも生中継され分かりやすい政府参考人の発言が話題を呼びました。

途中、あまりの接続にパンクして見れなくなる事態も出たようですが非常に素晴らしい委員会質疑でした。

出席者は以下の4名。

小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教授)
後藤政志氏(芝浦工業大学非常勤講師)
石橋克彦氏(神戸大学名誉教授)
孫正義氏(ソフトバンク株式会社代表取締役社長)


ユーチューブでも2時間ほどの質疑映像が投稿されています。最後に貼り付けておきましたので興味があるかたはどうぞ。


2時間以上の内容ですので見るのは大変。
国会議事録に正確な議事録がアップされるのを待つのが一番良いのですが、アップされるには一週間程度はかかると思います。ですので、簡単な抜粋を以下に載せておきます。


4名分を一気に載せると長くなりますので、今回は小出裕章氏の発言です。

5月23日

参院・行政監視委員会

政府参考人

小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教授)


以下は発言の抜粋です。正確な議事録は今後国会議事録にアップされます。



私は原子力に夢を抱いて原子核工学科に入った人間です。

原子力こそ未来のエネルギー源だと思ったからです。無尽蔵にあるのだと。



しかし入ってみて調べたところ原子力と言うのは大変貧弱な資源だと気が付きました。



エネルギー資源について。
一番多い資源は石炭。
膨大に地球上にあることが分かっています。



私自身は化石燃料と呼ばれているものがいずれ枯渇してしまう。だから原子力だと思ったわけです。
しかし原子力の資源であるウランは石油に比べても数分の1。石炭に比べれば数十分の1しかない大変貧弱な資源。



原子力を進めてきた行政サイドの人間は、ウランをプルトニウムに変換してから使うからエネルギーとして意味があると言っている。

ただ、プルトニウムは地球上には一滴もありません。なので原子力発電所から出てくるプルトニウムを再処理して高速増殖炉を中心とする核燃料サイクルに引き渡すという構想を練ったわけです。



しかし、この高速増殖炉は実は出来ない(作れない)



原子力開発利用長期計画で1番最初に高速増殖炉に触れられたのは1968年。
この時には高速増殖炉は1980年代前半に実用化すると書いてあった。


続きは以下からどうぞ。



しかし、難しいとということになり1990年前後の実用化と書き換えました。


しかし、5年後には2000年前後に実用化と書き換えられました。


さらに、これも出来ず、2010年に実用化と書いたが、これも出来なかった。


次は、2020年代に実用化では無く技術体系を確立したいと目標が変化。
しかしこれも出来なかった。


次には2030年に技術体系を確立したいとなっています。
その後、原子力政策大綱という大仰な名前に改定され2050年に高速増殖炉を作りたいという計画になってきた。




10年たつと目標が20年先に逃げるということなのです。10年たって目標が10年先に逃げたら絶対にたどり着けません。それ以上にひどくて10年経つと20年先に目標が逃げているわけですから永年にこんあものにはたどり着けないと分からなければいけない。


ところが、計画を作ってきた現力委員会とそれを支えてきた行政は一切責任を取っていない。


日本は「もんじゅ」という高速増殖炉の原型炉だけでも既に1兆円以上の金を捨ててしまいました。
現在の裁判制度だと1億円の詐欺をすると1年実刑になるそうです。

では1兆円の詐欺をしたら年の実刑になるのか。1万年です。「もんじゅ」に責任のある人は一体何人いるのか私は良く知りません。


でも、仮に100人だとすれば1人1人100年間の実刑を処さなければいけないわけです。それほどのことをやってきて結局誰もいまだに何の責任も取っていない。


原子力の場というのは大変異常な世界だと私には思えます。




次に進行中の福島の事故のことを一言申し上げます。
原子力発電というのは大変膨大な放射能を取り扱います。



広島の原爆が爆発したときに燃えたウランの量は800グラム。では、原子力発電をやるためには一体どのぐらいのウランを燃やすかというと、一つの原子力発電所が1年動くたびに1トンのウランを燃やす。それほどのことをやっているわけです。


原発は機械。機械が時々故障を起こしたり事故を起こしたりというのは当たり前のことです。

では、原子力を推進する人たちがどういう対策を取ったかというと、破局的事故はめったに起きない、そんなものを想定することはおかしい。だから想定不適当という烙印を押して無視してしまった。


原子炉立地審査指針というものがあって、かなり厳しい事故を考えていると彼らは言うが、事故では格納容器という放射能を閉じ込める最後の防壁は絶対に壊れないという仮定になってしまっている。


絶対に壊れないなら放射能は出るはずがないのということになってしまう。原子力発電所はいついかなる場所も安全だと。放射能が漏れてくるような事故を考えるのは想定不適当、そして想定不適当事故という烙印を押して無視するということにしたわけです。



防災というものの原則は、危険を大きめに評価してあらかじめ対策を取っていく、住民を守ると。もし危険を過大に評価していたのだとすれば、これは過大だった。でも住民に被害を与えないで良かったと胸をなでおろすろいう、それが防災の原則だと思いますが、実は日本の政府がやってきたことは、一貫して事故を過小評価して楽観的な見通しで行動してきた。


私はパニックを避ける唯一の手段というのは正確な情報を常に公開するという態度だと思う。
そうして初めて行政や国が住民から信頼を受ける。そしてパニックを回避するのだと私は思ってきたのですが、残念ながら日本の行政はそうでは無かった。


現在進行中の福島の原発事故の本当の被害って一体どれだけになるんだろうかと私は考えてしまうと途方に暮れる。失われる土地というのは、もし現在の日本の法律を厳密に適用するならば福島県全域と言ってもいいくらいの広大な土地を放棄しなければならなくなると思う。


一次産業は、多分これから物凄い苦難に陥るだろうと思います。


東京電力に賠償をきちっとさせるというような話もありますが、東京電力が幾ら賠償したところで足りない。何度倒産しても多分足りないだろうと思う。日本国が倒産しても多分あがない切れないほどの被害が出るのだろうと思っています。本当に賠償するならということです。



以上が抜粋です。言葉は正確な文字起こしではありませんので、正確な一字一句は議事録で後日ご確認頂くか、録画映像でご確認下さい。






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<原発問題の今が良く分かった! 行政監視委員会での政府参考人発言 後藤政志氏 | ホームへ | このアレンジフラワーはいくら???>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |