TOP東日本大震災関係

放射能汚染が気になる方へ 現在の放射性物質測定値を参照してみてください。

参考サイト

◆東日本大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP
◆東北地方太平洋沖地震への対応について(茨城県の放射線量を公開)


グーグルマップにて「非公式・放射性物質モニタリングポストMAP 」が公開されています。
サイトにアクセスすると日本地図上に放射性物質を測定しているポイントが表示され、それぞれのサイトへのリンクが貼ってあります。


たとえば、

今回の原発事故に一番近い福島原子力センターなどが表示されます。
ここのサイトでは現在値は公表されておらず12日で止まっていました。



公設ではありませんが有用と思われる私設のモニタリングポイントも登録されておりました。
私設気象台と書かれている以下の気象台は個人で気象台を運営している石川宏氏が測定器を使って常時パソコンで測定してくれている情報を見ることが出来ます。




「数値を見る」をクリックすると以下のガイガーカウンターによる測定値が表示されました。

私設気象台「デジタル日野気象台」ガイガーカウンター


放射線による汚染は目には見えません。ですのでパニックに陥りやすいかと思いますが、数値として目に見える形で公開されているものを知ると安心できる方も多いのでは?
もしも、政府発表などに不信があり不安な方は以下のサイトからアクセスしてみては如何でしょうか?
東日本大震災・非公式・放射性物質モニタリングポストMAP
・マップ内で紹介したのは
私設気象台「デジタル日野気象台」ガイガーカウンター



また、茨城県では原発の事故直後から情報サイトを開設しております。
東北地方太平洋沖地震への対応について(茨城県の放射線量を公開)

こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。
とにかくデマ情報には流されずに、不要な不安要素を増やさないように皆で協力していきましょう。
原発事故は確かに怖いものですが、パニックに陥ることも非常に怖いことです。冷静な行動と判断を私自身心がけて行こうと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<日本の原発についてのお知らせ;英国大使館 | ホームへ | 東北関東大震災・情報リンクを追加>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |