TOPPhotoshop プラグインソフト

写真に雨や霧を再現出来るPhotoshopフリープラグイン【Ulead Particle.Plugin】

雨や霧を加えることが簡単に出来る!そして無料のプラグインの紹介です。
「Ulead Particle.Plugin」
英語版しかありませんが、それほど難しいソフトでは無いので英語が苦手でも大丈夫です。

下の写真に例えば霧を加えると・・・



超簡単にこんな加工が出来ちゃいます。
他にも、

雨のシーンもあります。
使い方は、
ソフトを下記サイトからダウンロードします。
http://www.ulead.com/download/freeparticle/download.htm

ソフトは自動解凍し、起動させると自動でプラグインに入るようになっています。もしもエラーになって入らなければ自分でフォトショップの「プラグイン」フォルダを指定してあげれば大丈夫です。

ソフトがプラグインに入ると、下の写真のようにフィルタに「Ulead Effects」が追加されるのでそちらをクリックして「particle」を選んでクリックします。



するとプラグインソフトが立ち上がり「雪・雲・雨」などのエフェクトが選べるようになっています。
実用的なものは、ここで紹介する雨と雲かと。



サイズや色などの設定を指定してOKをするだけで処理完了!
素晴らしい!

雨のエフェクトに関しては、背景のボケなども設定できますので意外とリアル?
地面の跳ね上がりなどはご自分で処理すればリアル度もアップすると思います。


小雨


大雨


雨の量にあわせて背景のボケなどをプレビュー画面を見ながら調整することが出来ます。
しかし、このプレビューと実際の処理後の画像とは結構差があるのであまりプレビューはあてにしない方が良いかと思います。








【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<ニコンのD7000で30秒間の長時間露光してみた。ひとつだけ輝点み~つけた。 | ホームへ | 切花の盛り合わせ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |