アクセスランキング


TOPブログのネタ関係

やっぱりバルーンフォトが流行り始めた!? 成層圏から地球を撮影!

以前のエントリーでバルーンフォトという撮影手法をご紹介しました。
カイトフォトも面白そうですが、バルーンフォトも面白そう!?

で、このエントリーを書いたときにはバルーンフォトに関しての情報があまり無かったのですが、ここ最近続けて海外からバルーンフォト撮影ネタがUpされました。
バルーンフォトは文字通り風船にカメラを取り付けて撮影する航空写真の一つの手法ですが、今回海外で話題になったバルーンフォトは両方共に宇宙の入り口からの撮影!!!!

宇宙の入り口とは言っても成層圏なのですが、成層圏までバルーンフォトのために風船を飛ばすなんて個人では出来ないだろ~~と思っていたら個人で作ったバルーンで成層圏までたどり着いちゃってます(~_~;)

成層圏といえば、

高度10km程度から50km程度の空間です。
こんな上空まで風船を上げるなんて・・・。それもデジカメつきの・・・。


下から上へ
対流圏 (troposphere)
成層圏 (stratosphere)
中間圏 (mesosphere)
熱圏(thermosphere)
外気圏(Exosphere)


良く聞く気象観測用のバルーンは、この成層圏に飛ばすようです。なので原理的には飛ぶのでしょうが、デジカメを取り付けて飛ばすなんて思いつきませんでした(~_~;)
撮影された映像や写真では地球が丸いことが良く分かります。


まず一つ目は親子が飛ばしたバルーン!
動画です。
らばQ」サイトに詳細があります。





もう一つはこちら
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/3235642/Kids-launch-potato-Santa-flies-into-space.html


なんだか合成に見えますよね・・・(~_~;)
でも、高度24キロメートルで撮影された本物だとか。
子供たちが作ったサンタさんを飛ばす!ということで成層圏までいってらっしゃい!ってことになったようです。

ちゃんとカメラを回収できてるところがさらに凄いですよね。



最後はなんと60ドルで作ったラテックス製のヘリウム気球で10代の若者がニコンのCoolpixを飛ばしたそうです。
http://www.gizmodo.jp/2009/04/60003_1.html


もしも飛ばすことは出来たとしても、私の場合は回収出来ないだろうなぁ~。




【関連するタグ】

【最新記事一覧】

05/21   自撮り棒の危険性をユーモラスに伝えるYouTube動画がメチャクチャ笑える
05/19   ネタかと思ったんですがガチかも知れないスマートフォン用撮影アクセサリ「IndieVice」
05/15   Adobeからの挑戦状! リアルか?Photoshop加工か?究極の質問にあなたは何問正解できる?
05/12   RICOHのTHETAは超お手軽スナップカメラとしても優秀! 新時代コンデジの幕開け?
05/12   今月末まで!ワコム製品を持っている方はダウンロードすべし! Photoshopで使えるカスタムブラシ80種を無料配布中。
05/11   高いカメラとレンズを買っても・・・? 想像とリアルの違いをコメディーで表した噴飯動画
05/09   動画のような空間写真が撮影できるFyuseアプリ
05/09   ニューヨーク・タイムズの表紙のために設置された写真が超巨大でヘリから撮影
04/28   まさかの場所で自撮り棒登場 危険すぎるセルフィー写真! 「ソーラー・インパルス2」
04/27   YouTubeのAdobe Photoshop Lightroomチャンネルに新規の解説動画が60個アップされていますよ
04/25   ドローン自体は悪者ではない! ドローンの凄さと可能性が理解できる動画
04/23   シャッタースピードと絞りそしてISO感度の違いによる写りの変化が理解できるビギナー用カード

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)



<<NASAの素晴らしい写真を探す方法。NASAのイメージ検索の紹介。ISS国際宇宙ステーションからNikonで撮影した夜景写真 | ホームへ | ニコンの新型24-120レンズを使って実写画像で比較してみました。70mm「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |