TOPブログのネタ関係

やっぱりバルーンフォトが流行り始めた!? 成層圏から地球を撮影!

以前のエントリーでバルーンフォトという撮影手法をご紹介しました。
カイトフォトも面白そうですが、バルーンフォトも面白そう!?

で、このエントリーを書いたときにはバルーンフォトに関しての情報があまり無かったのですが、ここ最近続けて海外からバルーンフォト撮影ネタがUpされました。
バルーンフォトは文字通り風船にカメラを取り付けて撮影する航空写真の一つの手法ですが、今回海外で話題になったバルーンフォトは両方共に宇宙の入り口からの撮影!!!!

宇宙の入り口とは言っても成層圏なのですが、成層圏までバルーンフォトのために風船を飛ばすなんて個人では出来ないだろ~~と思っていたら個人で作ったバルーンで成層圏までたどり着いちゃってます(~_~;)

成層圏といえば、

高度10km程度から50km程度の空間です。
こんな上空まで風船を上げるなんて・・・。それもデジカメつきの・・・。


下から上へ
対流圏 (troposphere)
成層圏 (stratosphere)
中間圏 (mesosphere)
熱圏(thermosphere)
外気圏(Exosphere)


良く聞く気象観測用のバルーンは、この成層圏に飛ばすようです。なので原理的には飛ぶのでしょうが、デジカメを取り付けて飛ばすなんて思いつきませんでした(~_~;)
撮影された映像や写真では地球が丸いことが良く分かります。


まず一つ目は親子が飛ばしたバルーン!
動画です。
らばQ」サイトに詳細があります。





もう一つはこちら
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/3235642/Kids-launch-potato-Santa-flies-into-space.html


なんだか合成に見えますよね・・・(~_~;)
でも、高度24キロメートルで撮影された本物だとか。
子供たちが作ったサンタさんを飛ばす!ということで成層圏までいってらっしゃい!ってことになったようです。

ちゃんとカメラを回収できてるところがさらに凄いですよね。



最後はなんと60ドルで作ったラテックス製のヘリウム気球で10代の若者がニコンのCoolpixを飛ばしたそうです。
http://www.gizmodo.jp/2009/04/60003_1.html


もしも飛ばすことは出来たとしても、私の場合は回収出来ないだろうなぁ~。




【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<NASAの素晴らしい写真を探す方法。NASAのイメージ検索の紹介。ISS国際宇宙ステーションからNikonで撮影した夜景写真 | ホームへ | ニコンの新型24-120レンズを使って実写画像で比較してみました。70mm「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |