TOPカメラ関係

iPhoneアプリ「The History of Cameras」は無料なのにカメラ&写真の歴史を体験できちゃいます。

以前は115円で販売されていたiphoneアプリ「The History of Cameras」が今は無料になっているのでご紹介します。




このアプリは写真の歴史を知ることが出来るのと同時に、その時代のカメラがどのような写り方をしたのかを擬似的に簡易シュミレーション出来ちゃうアプリです。



時代順にカメラが紹介されていて、カメラをクリックするとカメラの説明文やシュミレーション出来たりします。


ちなみに、ニエプスのカメラを選んで撮影すると、

こ~んな感じに加工されて写真が出来上がります。


この一番最初のカメラは1814年となっていますね。
ニエプスの撮影した写真がありますが、この写真はニエプスが窓から撮影した有名な写真です。でも、撮影されたのは1826年頃と言われているようです。1814年というのは何を指しているのでしょうね。

この4つのカメラ以外にも下にスクロールしていくと、



歴史的にポイントとなるカメラが選べるようになっています。時代と共に撮影した写真は見慣れた感じになりました。



1988年には日本のデジタルカメラDS-1pが登場!



なんと、このカメラで撮影したら下のような写真になっちゃいました。
この当時の写真ってこんなにピクセル数少なかったんですかね?
あまりにも粗くない???(~_~;)
一応40万画素あったという噂は聞いたことがあるんですが、40万画素ってこんなに粗かったかなぁ~。


細かいところまで突っ込むとアレなんですが、無料ならばカメラ好きには時間つぶしにDLしてみては如何でしょうか?
もしかしたら、今後115円に値段が戻るかもしれません。







カメラ関係 | 2010.10.04 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Lightroomで使用できるフリープリセットが素晴らしい!140個が無料です。onOne Software | ホームへ | キャデラックの最高級車種DTSが駐車場に!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |