TOPPhotoshop全般

Photoshopを勉強するなら解説本を1~2冊を熟読して後はユーザーガイドがおすすめ。

昨日、早めに切り上げられたので数ヶ月ぶり?にヨドバシカメラの本店2Fのソフトとかソフト関連書籍の売り場に行って来たのですが・・・。

う~ん。photoshop関連書籍がすご~く少なくなっていてビックリ(~_~;)
アドビのソフトは大きなスペースを使って売っている割に書籍が少ないのはなぜ?

昔はもう少し充実していたと思ったけどなぁ~と思いつつ、アマゾンで見てみるかなぁ~と思ってヨドバシは後にしました。
アマゾンを見る限りはそれほど少なくはなっていなかったのですが、私が好んで読んでいたワークスコーポレーションのphotoshop関連の最新刊は無い様子。

一番読み込んだ書籍と言ったらワークスコーポレーションが出した
Adobe Photoshop CS2 オフィシャルテキスト (アドビ公式ガイドブック―最新版の機能を完全マスターする「教室」シリーズ)

それと、もう既に出版社が無くなってしまったのですが、エクスメディア が出していた
Photoshop CS2 for Windows & Macintosh MENU MASTER (MENU MASTERシリーズ)
の2冊かなぁ~。

まあ最終的にはアドビがUPしているユーザーガイドのページに行けば大抵のことは解説してくれているので事足りるのですが、やはり最初は何も分からない状態だったので上の本を2冊しっかり読み込むことによってマクロ的に理解できました。

一度基本的なことが理解できてしまえば、あとは一つ一つの機能を自分なりに使い込んで行けば良いのでほとんど解説書は読んでいませんでした。
なので全然最近のフォトショップ関連の本をチェックしていなかったのですが、

Adobe Photoshop CS2 オフィシャルテキスト (アドビ公式ガイドブック―最新版の機能を完全マスターする「教室」シリーズ)の続編となるべきCS5編とかが出ていないのにはビックリ。

違う出版社から出してるのかなぁ~。エクスメディアの
Photoshop CS2 for Windows & Macintosh MENU MASTER (MENU MASTERシリーズ)は初心者にはとても良い本だけに絶版になってしまうのは悲しいですね。


最近全然フォトショップ関連本とかにアンテナを伸ばしていなかったのでどんな本があるのかも全然(~_~;)
紀伊国屋に行けばヨドバシよりは書籍があるのかな?と思いつつもアマゾンで探せば良いかとなってしまう今日この頃。

届いてから本を見てガッカリすることも多かったりして、最終的には非能率的なような気もするんですが人間って楽なことに慣れてしまうと離れられなくなって行くんですね。もっと足を運ばないと・・・。


アマゾンでphotoshopと検索して売り上げ順にソートしてみたら面白そうなタイトルの本がいくつか。

Photoshop 10年使える逆引き手帖 【CS4/CS3/CS2/CS/7.0対応】 (ああしたい。こうしたい。)
10年使える!って凄いタイトル(~_~;)
あと10年経ったらフォトショップはバージョンいくつかな。でも確かに基本的なことは変わらないでしょうから基本をマスターしたら10年は大丈夫だよ。ということですかね。


10年で驚いていたら
Photoshopデザインラボ -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック- (Design Lab+ 1-1)
一生枯れない!というタイトルが・・・。恐れ入りましたm(__)m
思わずタイトルだけでポチっと押してしまいそうな(笑)
中身を見ないと何とも言えませんが、これも基本をマスターするための本なのかもしれませんね。


フォトショップのバージョンは変化しても基本的な考え方は変わりませんからね。そういう意味では常に新しいバージョンの本を買う必要は無いのかも。
私のベースは最初に紹介した2冊で作りましたが、確かに今のCS5の新機能はユーザーガイドを見なくては分かりませんでしたが、他の基本構造は変わりませんから困っていません。

あくまでも私の個人的な感覚というか感想ですが、しっかりとした解説本を見ながら一つずつ実際に作業して理解して行くことが一番かなぁ~と。あとはユーザーガイドを見ながら、(見なくてもいいですけど)自分で遊びながら使い倒すのがお金がかからず便利です(笑)




このエントリーをはてなブックマークに追加



Photoshop全般 | 2010.09.30 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<キャデラックの最高級車種DTSが駐車場に! | ホームへ | レイヤーの描画モード・比較(明)/カラー比較(明)で遊んでみる。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |