TOPフォトショップの使い方講座

レイヤーの描画モード・乗算で遊んでみる。

今回はレイヤーの描画モードについて簡単に触れてみようと思います。

フォトショップを使うにあたってレイヤーの描画モードは知っていて損はありません。というか知らないと損です(笑)

少しずつ疲れないように解説して行こうと思いますので、ご存知ない方はどうぞお付き合いください。
今回は「乗算」について。

画像処理(レタッチ)をするにしても「乗算」や「スクリーン」は基礎中の基礎とも言える基本部分です。
さて、乗算のモードを使うと2枚の写真をアッ!っという間に下のように合成することが可能です。時間にして1分もかかりません。



では、分かりやすい画像を使って簡単に乗算モードで遊んでみます。
上の画像の作り方です。

まずは、

今回使った2枚の画像の紹介です。
一枚は古びた便箋の素材写真。MDNの付録で付いてきた素材です。
これを使いたいと思います。


そして、もう一枚は数日前にUPしたトルコキキョウの花の写真。
バックが白だと乗算モードの時に使いやすいのでこれを使おうと思います。

上の画像は2枚のレイヤーを重ねています。下に便箋の素材写真。そして上に花の写真です。
描画モードが「通常」になっていて「不透明度」も100%なので花の写真だけが見える状態になっています。


しかし、ここで上の花の写真のレイヤーを選択した状態で、レイヤーの描画モードを乗算にしてみます。
するとどうでしょう。



下の写真のように変化しました。
たった一つの作業をしただけでこんな風に合成されます。
これは「乗算」というモードの特性を生かした結果です。


描画モードの「乗算」についてフォトショップヘルプには以下のように書かれています。

・乗算
各チャンネル内のカラー情報に基づき、基本色と合成色を乗算します。 結果色は暗いカラーになります。 どのカラーも、ブラックで乗算すると結果はブラックになります。 どのカラーも、ホワイトで乗算した場合は変更されません。 ブラックまたはホワイト以外のカラーでペイントしている場合、ペイントツールで繰り返しストロークを描くとカラーは徐々に暗くなります。 この効果は、複数のマーカーペンで描画したような効果が得られます。


これを読んでも初心者の方は分かりにくいと思うので分かりやすく解説します。
基本色というのは、下のレイヤー(便箋素材)のことです。合成色というは上のレイヤー(花の写真)のことです。それを乗算したものが結果色。つまり上の写真の状態が結果色ということです。

乗算という言葉どおり、全てのカラー情報をプラスして合成されます。ですので白はいくらプラスしても白。黒はいくらプラスしても黒なんです。

もっと分かりやすく例えるならば、ポジフィルムを2枚重ねあわせてみている状態と同じとも言えます。


別の方法で擬似的に乗算を作り出すとすると以下のようなレイヤーになります。

レイヤーを2枚重ねて、上のレイヤーの不透明度を50%にして、2枚のレイヤーにトーンカーブなどで暗く調整。反対に分かりにくくなりましたかね(~_~;)
このあたりは別の機会に書こうかと思います。


さて、話は戻って、先ほどの乗算で処理した画像ですが、ちょっと便箋として使うには花の存在感が強すぎるので不透明度を50%にしてみます。


こうすると、便箋として使うとしてもそれほど存在感も無くて良いかなぁ~と。


描画モードって面白いですよね。乗算だけでなく、別のモードで試してみても面白い結果が出来るので試してみることをオススメします。

下の写真は「焼き込みカラー」で処理したもの。
こっちの方が古びた便箋にはマッチングするかもしれませんね。



焼きこみカラーについても、機会があれば今後解説していこうと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<レイヤーの描画モード・比較(明)/カラー比較(明)で遊んでみる。 | ホームへ | 簡単に水滴を作ってみよう!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |