TOP未分類/写真・カメラ関係含む

超速報!ゲリラ豪雨情報!1分更新。「XバンドMPレーダ雨量観測」

追記:竜巻情報に関しては以下の記事を書きました。同時にお読み頂ければ幸いです。

竜巻などの突風最新情報をチェック・知っておくと便利な情報一覧

竜巻に関しての情報まとめページです。
------追記ここまで-------

待ってました!

最近度重なるゲリラ豪雨対策サイト
国土交通省が試験運用ながらXバンドMP(マルチパラメータ)レーダの情報を公開してくれました!!!

なんと、情報は1分更新。情報の分解能力も非常に高いです。
下の画像を見れば一目瞭然!!!!




5日から公開してくれていました。

XバンドMP(マルチパラメータ)レーダ

従来の広域レーダに比べ、
高頻度(5倍:5分間隔→1分間隔)、

高分解能(16倍:1kmメッシュ→250mメッシュ)での観測が可能です。



下の図で東京アメッシュと比べて見ましたが、このレーダーがいかに凄い能力であるかが良く分かります。
各市町村の目印も地図に書かれているので、本当に詳細情報が分かります。

東京アメッシュ画面



東京アメッシュについては以下のエントリーをご参照ください。
こんな天気の日は「東京アメッシュ」と「東京電力・雷情報」
http://syararin.blog50.fc2.com/blog-entry-384.html


XバンドMP(マルチパラメータ)レーダ画面
東京アメッシュで表示した場所と同じ場所を表示。


上の画像を見ても分かりますが、東京アメッシュでは大体の場所は分かりますが詳細までは予測するしかありません。しかし新レーダーでは目印もさることながら、さらに分解能力が高い為、詳細表示されていて非常に細かい場所までピンポイントで分かります。


細かい情報であること。そして一分更新であることでゲリラ豪雨対策がたて易くなっています。



説明書きには下記のようにあります。

近年、神戸市の都賀川や金沢市の浅野川等、局地的な大雨(いわゆるゲリラ豪雨)や集中豪雨による浸水被害が頻発しています。このため、国土交通省河川局では、このような水害に対し、適切な水防活動や河川管理を行うため、平成22 年3月末までに3大都市圏等(関東、北陸、中部、近畿)に11 基のXバンドMPレーダを設置し、試験運用を開始しました。

XバンドMPレーダの観測では、従来のC バンドレーダではとらえることのできなかった降雨についても、詳細かつリアルタイムでの観測が可能となり、ゲリラ豪雨等による河川の水位上昇やはん濫等の危険度の予測精度が向上します。

今般、豪雨時の避難行動や防災活動等に役立てて頂くため、7月5日より、降雨観測情報(web 画像)を一般に配信することとしましたのでお知らせします。

<http://www.river.go.jp/xbandradar/>



広域表示だと以下のような感じです。





これだけ優れていると、アプリを作って欲しい!と思ってしまいますが、しっかりと注意書きがありました。

表示するブラウザは、Internet Explorer Ver.6 以上、Firefox Ver3.5 以上を推奨いたします。また、このサイトは、通常の方法で閲覧することを前提に情報を掲載しております。

ツール等による、自動的なデータ収集等はサーバに負荷がかかり、情報提供できなくなる恐れがありますのでご遠慮頂くよう、ご理解・ご協力お願いいたします。



ということで、まだ負荷はかけないで下さいね。とのこと。
しかし、素晴らしい情報サイトが出来たことに感動です。



XバンドMPレーダ雨量観測
http://www.river.go.jp/xbandradar/







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<メルアド宅配便 Twitter IDでも送れるようになったそうです。 | ホームへ | Fc2ブログにxfy Blog EditorでもBlogWriteでもWindows Live Writer経由でも投稿できない。>>
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/08 19:44 | # | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |