TOPプレスリリース/ニュース

アマゾンで本を買ってスキャンしてipad/iphoneで読む時代が来たのかな?

最近、1冊の本を全てスキャンしてくれるサービスが人気みたいですね。

値段が破格になって来たのが原因なのかも。
最初に出てきたのが




「BOOKSCAN(ブックスキャン)」

こちらは1冊100円!

100円/1冊(350ページ以内)

1冊あたり350ページを越えるものは、200ページ追加ごとに1冊分としてご依頼ください。 350ページまでの書籍は1冊分として計算。 550ページまでの書籍は、2冊分として計算。750ページまでの書籍は3冊分として計算してご依頼ください。





そして、つい先日出てきた対抗のサービスがこちら。

「スキャポン」



こちらは、対抗するために1冊のスキャン料金が90円~

スキャン作業料金:1冊90円(税込)

ページ数が350ページまで。それ以上の場合は、200ページ追加ごとに1冊分とカウント。




で、とちらのサービスも本は裁断してしまいます。
なので、本を痛めずにスキャンしたい場合には向きません。


ですが、自宅にある書籍をスキャンしてしまえば本棚がスッキリすることは確かですね~。
さらに「スキャポン」の場合はスゴイサービスも、

下の図を見て頂ければ分かるかと思いますが、


アマゾンや楽天ブックスで注文したものをスキャポンに送ればPDF化して届けてくれちゃうんです。


もちろん、自宅などにある書籍をダンボールに詰めて送ってもOKだそうです。


本は捨てられないって人は意外に多いはず。
そんな方々にはもってこいですね。


でも、将来のことを考えると、ipad所有者が本を買うときには上記のようなサービスを使って、PDF化させたもので本を手に入れるな~んてことが普通になるかも。

まあ、そんな時代が来たら出版社の方で、書籍としての販売とPDFとしての販売と二通りの販売をするのでしょうがね。


でも、スゴイ高速なスキャナー使っているんでしょうね。

以前、グーグルブック検索にとうろくする為にグーグルで使っているブックスキャナについて書きましたが、あちらのスキャナーは超高性能で本を傷めることなく(もちろん裁断はしない)スキャンできる機械でしたね。


Google ブック検索で使われているブックスキャナ「ScanRobot」(自動ページめくり機能付き)


気になる方は詳しくは上記エントリーを見てみてください。







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/29   CP+のトークショーやアドビセッションがWEBで公開。 男子必見?ふともも写真展情報など
03/28   映画を超えた!?監視カメラ解析技術の最新情報やフィルムカメラをデジカメ化する「I'm Back」など
03/27   露出トライアングルイラストやベントレーのギガピクセル写真など
03/26   Embedlyカードを使って写真関連ニュースを共有
03/16   2017年3月11日の朝 仙台市若林区荒浜地区 
03/01   ダークバック不要のイタリア製フィルム現像キット「LAB-BOX」明るい部屋で簡単現像!
02/24   【無料】ついに出た!花火撮影専用のカメラアプリ「大仙花火カメラ」誰でも簡単に綺麗に撮影が可能!
02/20   壊れたiPhoneからデータを取り出すことも可能な復旧ソフトが期間限定無料ダウンロード公開中
02/08   図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を!
02/02   不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 
01/26   ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?
01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<06/07のツイートまとめ | ホームへ | 06/04のツイートまとめ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |