TOPプレスリリース/ニュース

アマゾンで本を買ってスキャンしてipad/iphoneで読む時代が来たのかな?

最近、1冊の本を全てスキャンしてくれるサービスが人気みたいですね。

値段が破格になって来たのが原因なのかも。
最初に出てきたのが




「BOOKSCAN(ブックスキャン)」

こちらは1冊100円!

100円/1冊(350ページ以内)

1冊あたり350ページを越えるものは、200ページ追加ごとに1冊分としてご依頼ください。 350ページまでの書籍は1冊分として計算。 550ページまでの書籍は、2冊分として計算。750ページまでの書籍は3冊分として計算してご依頼ください。





そして、つい先日出てきた対抗のサービスがこちら。

「スキャポン」



こちらは、対抗するために1冊のスキャン料金が90円~

スキャン作業料金:1冊90円(税込)

ページ数が350ページまで。それ以上の場合は、200ページ追加ごとに1冊分とカウント。




で、とちらのサービスも本は裁断してしまいます。
なので、本を痛めずにスキャンしたい場合には向きません。


ですが、自宅にある書籍をスキャンしてしまえば本棚がスッキリすることは確かですね~。
さらに「スキャポン」の場合はスゴイサービスも、

下の図を見て頂ければ分かるかと思いますが、


アマゾンや楽天ブックスで注文したものをスキャポンに送ればPDF化して届けてくれちゃうんです。


もちろん、自宅などにある書籍をダンボールに詰めて送ってもOKだそうです。


本は捨てられないって人は意外に多いはず。
そんな方々にはもってこいですね。


でも、将来のことを考えると、ipad所有者が本を買うときには上記のようなサービスを使って、PDF化させたもので本を手に入れるな~んてことが普通になるかも。

まあ、そんな時代が来たら出版社の方で、書籍としての販売とPDFとしての販売と二通りの販売をするのでしょうがね。


でも、スゴイ高速なスキャナー使っているんでしょうね。

以前、グーグルブック検索にとうろくする為にグーグルで使っているブックスキャナについて書きましたが、あちらのスキャナーは超高性能で本を傷めることなく(もちろん裁断はしない)スキャンできる機械でしたね。


Google ブック検索で使われているブックスキャナ「ScanRobot」(自動ページめくり機能付き)


気になる方は詳しくは上記エントリーを見てみてください。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<06/07のツイートまとめ | ホームへ | 06/04のツイートまとめ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |