TOPカメラ関係

手持ち撮影でも長時間露光で撮影したようになりました。コンポジット法による合成。

高感度ノイズを除去するために、コンポジット合成が使えることは以前のエントリーで書いたように、良く分かりました。

コンポジット合成の場合は定点で同じ被写体を複数枚撮影して合成するわけですから、おのずから止まった瞬間の姿は写せません。

まあ、考え方を変えれば、手持ち撮影でもスローシャッターで撮影したのと同じような効果の写真が撮影できると言うこと。

言葉で説明するのもあれなので、写真を見てください。

下の写真は、複数枚撮影した中の1枚です。
わざとスローシャッター効果が分かるように水を入れています。


クリックで拡大します。


このとき撮影した写真8枚を合成したのが下の写真。




元の写真の撮影データですが、
モデル名: Nikon D300
レンズ: VR 18-200mm F/3.5-5.6G
焦点距離: 95mm
絞り値: F/5.6
シャッタースピード: 1/250秒
ISO感度設定: ISO 2000

という感じですが、上の写真は 1/250秒で撮影したものを8枚合成。

すると実際のスローシャッターとは若干違うもののニュアンス的には似たような感じに表現されます。
これはこれで一つの表現手法として面白いのでは?

手持ちでスローシャーが楽しめるってのは面白いと思うんですけどね。
色々作品作ってみようかな。


もっと枚数を増やしたらどうなるかなぁ~?と疑問を持ったので、20枚の合成も作ってみましたが、あまり大きな変化はなし。


20枚合成。

変化はありますが、大きな変化とまでは行きませんね。

まあ、この手法は比較的前からあるので驚きは無いですかね。
今、HDRも流行ってますが、これだって同じ系列のはず。なのに流行らないのは、ビックリ度が少ないから? (~_~;)

自然なHDRの方が私は好きなんですが、流行のHDRは・・・。





このエントリーをはてなブックマークに追加



カメラ関係 | 2010.03.16 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<HDR ハイダナミックレンジのテスト | ホームへ | iPhoneの連射カメラにコンポジット合成がついたら面白いのに。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |