TOPプレスリリース/ニュース

無料になった「Phoenix Image Editor」オンライン画像処理ソフトを使ってみた。

今までは有料で提供していた「Phoenix Image Editor」ですが、このたび無料になったとのこと。

無料ならば試してみようかな。ということで少し使ってみた感じの感想。

無料で使えるオンラインのイメージエディタはいくつかあるのですが、どうも使っている人は少ないような・・・。

私の近辺で通常使っていると豪語している人は見かけません(~_~;)

ですが、ソフトをインストールできないPCなどでは大活躍?するのではないかなぁ~と。

「Phoenix Image Editor」画像リンクにしております。



オンラインソフトを立ち上げると下のような画面が出てきます。




次にアップロードする画像を選びます。




インターフェイスとしてはフォトショップを真似ているのは他のオンライン画像処理ソフトと同じかな。

しっかりと、レイヤーとヒストリーのパレットが表示されていて、フォトショップを使っている人には馴染んだ画面かと思います。




ひとつ気になったのは大きなサイズの画像を開いても長辺が1600ピクセル程度にリサイズされてしまうようです。

もしかしたら設定で変更可能なのかな?



不思議なのが、1600ピクセルに縮小されてアップロードされるわりには、ソフト上で1600ピクセル以上にも大きく出来るんです。



最高で長辺が2800ピクセルまでOK。
もしかしたら設定で読み込むときも2800までOKに出来るのかなぁ?でも設定らしきものは何も無かったような・・・。


使い勝手としては、レイヤーの描画の種類も豊富ですし、レベル補正などの画像補正は問題なく使えます。

なげなわツールなどもスムーズですし、ぼかしも出来ます。
一昔前のオンラインソフトとは違いますね。スムーズです。

でもやはり処理時間に関しては多少モタつきますがこれぐらいは当たり前かな?と。
日本のオンライン画像処理ソフトと言えば『NAVERフォトエディター』があります。英語が苦手で日本語がいい!というかたは『NAVERフォトエディター』を使ってみてはいかが?


「Phoenix Image Editor」の実際の動きは動画でキャプチャーしておきましたので、気になる方はご覧ください。






こちらは公式ムービ





【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。
01/18   知らなきゃ損する!? Google翻訳アプリの自動OCR翻訳機能が凄すぎる!撮影するだけでOK
01/08   ヨーグルトについてのグダグタ個人メモ
01/08   新年あけましておめでとうございます!私にとって本年は腸元気の幕開けの年です。
12/27   Windows7で画像回転すると画像劣化するがロスレス回転ではしない?データ増加は?
12/18   スタジオアリスで初撮影 1年後の写真データダウンロードサービスが嬉しい
12/09   「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?
12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<写真整理中 | ホームへ | 撮影した写真を売るのが流行っている?ストックフォトアフィリエイト。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |