TOP > 2016年04月

無料/有料のスマートフォン用OCRアプリを徹底比較 どのアプリが最も正確に認識するのか!? 

OCRと言えば以前はPCソフトで購入するのが一般的でしたが現在ではネット上にアップした段階でOCR化されるサービスやOCR機能が充実したスマートフォン用アプリが多く出回ってきました。

名刺専用のOCRアプリが出てきた時には、その完成度の高さに驚きましたが一般的なテキストのOCRでも完成度の高いスマートフォンアプリが有料/無料ともに存在します。

今回は有名なOCRアプリを中心に有料アプリ無料アプリの複数のスマートフォンアプリを比べてみました。
無料でありながら非常に優秀なアプリもあれば有料でも文字認識レベルが非常に低いものまでありました。

☆マークで独自のレベル評価、そして使い勝手について一口メモを添えて紹介してみます。
OCRアプリは自分の使い方に合わせて1~2個入れておいて損は無いと思いますので気になるアプリがあれば是非使ってみてください。

今回テストしたアプリは以下の6つ。 

  • Office Lens 無料
  • もじかめ 無料
  • e.Typist 960円
  • Clip OCR 無料
  • DocScanner 600円
  • CamScanner 無料版/有料版120円


正確さやスピード、使いやすさなど、それぞれのアプリごとに5項目を勝手に5段階評価してみました。

  • 正確性☆☆☆☆☆
  • スピード☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ☆☆☆☆☆

                縦書き文字 (隆慶一郎著 一夢庵風流記)
            

                横書き文字 (カラーマネジメント-理論と実践-)
            




   Office Lens 【無料】   iOS版 アンドロイド版

  • 正確性★★★★
  • スピード★★☆☆☆
  • 使いやすさ★★★


         

         
・Microsoftが提供しているこのアプリMicrosoftアカウントが無いと使用できないアプリです。登録さえすれば誰でも使えますからアカウントをお持ちでない方には最初だけ若干の為が必要になります。

しかしOCR精度もかなり高く縦横もきちんと認識します。もちろん英語も認識します。無料アプリの中では最も優れたアプリだと思います。ただ写真を撮影した後にOCRするのに手間と時間が多少必要なのが残念です。

写真を撮影した後にOfficeWordアプリへ転送を行い、その後にOfficeWordからダウンロードするという手順が必要になります。この作業が多少面倒くさいです。
無料アプリでありながら認識できる精度と範囲は最高レベルなだけに惜しい。

OCRのスキャン精度はトップレベル。有料アプリで最も高い精度を誇る「e.Typist」にも劣らない認識力なだけにその点だけが・・・。

OfficeWordに転送することによってのメリットもありますが、ただ単にOCRをしたいという場合にはもどかしく感じてしまうんです。「e.Typist」よりも優れている点は無料という点と名刺専用のスキャン方法が挙げられます。

Office Lensで撮影した後にOne Noteに転送することでOCR化されvcfの連絡先データ生成されアドレス帳に追加することが可能です。これは結構便利ですが認識力に多少の難があり名刺によっては正確に認識されないこともありますが、手打ちするよりは早いかと思います。この機能は結構重宝します。




  もじかめ 【無料】  iOS版 アンドロイド版

  • 正確性★★★★
  • スピード★★★★★
  • 使いやすさ★★★★


        
 

・1行~4行程度ををOCRスキャンしたい場合には最も素早くスキャン出来ます。
反対に数行にわたる長文の文章は認識できません。最高で4行程度です。スピード重視のOCRアプリです。
OCR精度も他のアプリと比べてもかなり高いレベルに位置していますのでスピードと言う点においては抜きん出ています。
ただ現在のバージョンでは日本語のみの対応になっていますのでメールアドレスなどをOCRスキャンするのには使えません。今後のバージョンアップで英語には対応するとのことですのでそれまで待つしかありません。

英語でも使用出れば非常に使い勝手の良いアプリになると思います。
特に文字をスキャンするアニメーション表示が素晴らしくスキャンが面白く感じます。使っていて楽しいアプリでもあります。





iPhone/iPod touch | 2016.04.27 [EDIT]
| ホームへ |