TOP > 2015年10月

フリーでデジカメのRAWデータも復旧可能なデータ復元ソフト「Data Recovery Wizard」 Mac版 Win版

デジタルカメラのメモリーカードをうっかりフォーマットしてしまった時などに便利なフリーソフトをご紹介してみようと思います。

SanDiskの少しお高いメモリーカードを購入した方などはカードを購入した時にSanDisk公式のデータ復旧ソフトRescuePROの1年間有効なアクティベーションコードが付いてきます。
メモリーカードを誤ってフォーマットしてしまった時などはそのアクティベーションコードを使ってデータ復旧するのが一番の早道かと思います。なんせSanDiskのお墨付きのソフトですから。

ただ全ての人がこのRescuePROを持っているわけではないですし、1度使ってしまうと1年間の期限がありますからず~~っと安心というわけでもありません。

という訳でフリーで使える復旧ソフトは一応持っておいたほうが安心です。フリーの復元ソフトは色々あってネットで検索すると出てくる出てくる。一体どれが一番使いやすくて優秀なのか・・・。すいません。私もRescuePROをメインで使っているので比較したことがありません。

ただ今回ご紹介したいのは有償ソフトのフリー版「Data Recovery Wizard Free 9.5」
これはフリーはフリーでも非常に定評のあるソフトでMacでもWinでもフリーで使える素晴らしいソフトです。

Data Recovery Wizard Free 9.5 (Win用)
Data Recovery Wizard for Mac Free 9.5(Mac用)


EaseUSはパソコンだけでなくiPhoneやiPadのデータを復元できるMobiSaver(モビセイバー)というソフトを出していることでも知られています。
ケータイWATCHのスタパ齋藤さんの「スタパブログ」でも紹介されているのでご存知の方も多いかも。
このMobiSaver(モビセイバー)もフリー版が用意されているので何かの時にお世話になるかもしれません。まあなりたくはありませんが・・・。
ちょっと便利な「EaseUS MobiSaver Free」 スタパ齋藤の「スタパブログ」

EaseUSのデータ復元関係ソフト一覧↓ 多様なソフトが並んでいます。



さて、話が長くなりそうなので本題に入りますが、「Data Recovery Wizard」は有償版とフリー版がありますが、フリー版でもしっかりデータ復旧が可能です。他の有名な復旧ソフトはフリー版の場合はスキャンだけなんてものもありますが・・・。

以下が有償ソフトとの違い。データ復旧できるデータ量に違いが出てきます。
とりあえず一度使ってみて使えると判断したら有償版購入というスマートな流れが出来そうです。



このソフトはVectorプロレジ大賞のバックアップ・復元 部門賞を受賞しているソフトで完全フリーのソフトとは違う安心感と期待感があります。私も実際に使用し使えるソフトだと思ったので少し長くなりますがご紹介していこうと思います。




パソコン全般 | 2015.10.29 [EDIT]

今後はイベント等で大活躍!? ライトアップされたドローンによる編隊飛行が美しい

10月19日から21日までカルフォルニアのラグナビーチで行われていたウォール・ストリート・ジャーナル主催の第2回WSJDLive技術会議2015のキックオフイベントでLEDライトでライトアップされた7機のDJIドローンによる見事な編隊飛行(アクロバット飛行)が披露されました。

Appleのティム・クックやソニーの平井一夫社長らが参加する注目のイベントだけにやることが違います。
ちなみに平井社長はイベント内で、将来開発される自動運転車にソニーの画像センサーを搭載することを複数の自動車メーカーと協議を行っていることを発表したそうです。


(写真は動画をキャプチャーしたもの)

編隊飛行したドローンの動画は以下からどうぞ。

首相官邸墜落事件からドローンを見る目が厳しくなった昨今ですが、今後の可能性を秘めた部分に注目していきたいのですが、今回行われたドローンの編隊飛行はCMや映画などではなく、なおかつ閉ざされた部屋の中でもない屋外でのリアルタイム飛行という点が凄いですね。




ドローン | 2015.10.21 [EDIT]

【期間限定】Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランが20%OFFで購入できる特別提供版!


PhotoshopCCLightRoomCCが使い放題のCreative Cloudフォトグラフィプラン。
通常価格は月額980円ですが20%OFFの784円で購入できる特別提供版が登場しました。
初年度の1年間のみですが20%OFFで契約できるそうです。


特別提供版はアメリカの写真関係の噂情報を提供しているサイト「Photo Rumors」の独占契約とのこと。

Photo Rumorsの以下のエントリーへアクセスして特別提供版へのLINKをクリックしてAdobeのサイトへアクセスすれば特別提供版が購入できる流れになっています。
Exclusive deal: get Adobe Photoshop CC and Lightroom for $7.99

特別提供版はの契約は2015年10月1日から11月28日まで。


私は既にCreative Cloudフォトグラフィプランを契約しているのですが、契約していない別のAdobeIDでサイトへアクセスした所、日本語版のページも既に出来上がっていました。
購入ボタンを押すと”特別提供版”の文字が!!!
         

お~~。

てっきり米国在住限定などの縛りがあるのかと思いきや、Adobeのサイトも日本語表示になっていて契約も進められる状況のようです。


ちなみに特別提供版でない場合のサイト表示はこちら↓




Photoshop全般 | 2015.10.15 [EDIT]

Adobeの無料合成写真アプリの完成度が高すぎる!基本的な使い方をご紹介「Photoshop Mix 2.0」 

iPhoneやiPadなどのダブレット等を使って高度な合成が出来るPhotoshop Mixアプリがバージョンアップして更なる進化を見せました!

本当に凄い合成アプリです。
昨日新登場したPhotoshop Fixアプリとも連携が可能なので「Photoshop Mix」と「Photoshop Fix」の2つのアプリがあればスマホやタブレット上で超高度なレタッチや合成が行えるようになりました。

「Photoshop Fix」のフェイス加工技術があまりに強烈過ぎて忘れられそうな「Photoshop Mix」をあえてご紹介しようと思います、Fixと比べれば玄人向けのアプリだけに誰でも分かるように丁寧に書こうと思います。


今までの「Photoshop Mix」2枚の画像を合成するだけでしたが今回のバージョンアップで5枚の写真を処理できるようになりました。
つまり5層のレイヤー構造が可能になったということ。


「Photoshop Mix」を使ってiPhone上で3枚の写真を合成したのがコチラ↓
4枚のレイヤー構造で作成した合成写真です。


写真が良いかどうかは別として3枚の別々の写真をこの程度のクオリティで良ければ数分で簡単に合成することが可能です。
今回は「Photoshop Mix」の合成手順に関して書いていこうと思います。

まずはその前に、ザックリと「Photoshop Mix」の紹介動画を見ると分かりやすいと思います。
動画はいかに簡単にタブレット上で合成加工が出来るかを紹介しているものです。

動画をみる時間が無い方は以下のテキストへお進み下さい。



今回のレタッチで使った写真は以下の3枚。
・夜景風景
・飛行機
・満月(中秋の名月)




この3枚をあらかじめiPhoneのカメラロールに入れておき、「Photoshop Mix」で合成作業を行いました。
具体的な作業手順は以下からどうぞ。

スマートフォンで見ると表示が崩れてしまうかもしれません。
崩れてしまっている場合にはお手数ですがPC表示にてご覧頂ければと思います。




Photoshop全般 | 2015.10.07 [EDIT]

新登場Adobe Photoshop Fixで顔の修正や不要物の除去がスマホやタブレットで簡単に実現

AdobeMAXにて新しいフォトレタッチアプリ「Photoshop Fix」が発表されました。
もう既にダウンロードして遊んでいる方もいるかと思います。

今回の新しいフォトレタッチアプリ「Photoshop Fix」は顔の表情や目の大きさ顎の長さなどフェイス部分のレタッチがかなり強力に出来るアプリになっています。

フェイスレタッチ以外にも不要物の除去といったPhotoshopのお家芸的なレタッチも組み込まれた本格的なレタッチアプリです。
具体的に何が出来るのかは以下の動画を見ると非常によく分かります。興味があれば是非どうぞ。

Adobe Photoshop Fix By Adobe
https://itunes.apple.com/app/id1033713849


実際にアプリを使うとこんな感じです。


「ゆがみ」→「顔」の順番でレタッチの選択をしていくと写真が顔であれば自動的に目元や口、顎の部分などに自動的に6つのポイントが打ち込まれます。
あとは任意のポイントをクリックしてレタッチしていきます。

口元のポイントをクリックすると口角を上げるレタッチや唇の幅や大きさを変えることなどが可能です。非常に簡単に修正を加えられるのでやり過ぎに注意。顔の表情が全く違って別人になってしまうほど。


不要物の除去に関しては消したい部分をなぞってマスクを作ってあげれば後は自動的に除去してくれます。
  

具体的には写真を開いて「修復」→「スポット修正」を選んでブラシのサイズや硬さを選んだら指で選択したい部分をなぞると下のようにマスキングされます。




iPhone/iPod touch | 2015.10.06 [EDIT]
| ホームへ |