TOP > 2015年05月

タイムラプス撮影用の新しい電動雲台「Radian 2」スライダーレールもオプションで使用可能

タイムラプス動画を撮影しようと思っているけど本格的な電動雲台やスライダーが高すぎて手が出ない!ってな人には朗報かもしれません。

キックスターターで「Radian 2」という電動雲台が出ていますが結構な高性能な上にスライダーも現実的な値段で買えそうな感じです。
バージョン2ということもあって、信頼性が未知数という感じでは無いので少し安心?

私は遊び程度にしかタイムラプス動画撮影しませんが、本格的に制作したい人には朗報かも?ということで紹介。


詳しい動きや使い方はキックスターターのサイトでご確認頂ければと思いますが、カメラと雲台をUSBケーブルで繋ぐことによって雲台の動きやカメラの設定に至るまでBluetoothで操作出来るみたいです。

「Radian 2」は複数繋げて使うことも可能らしく3つの雲台を組み合わせることによって自由度の高い動きでタイムラプス動画を撮影できるそうです。


専用のアプリを使って雲台の動きとカメラ側の設定を決めて後は動いているのを見ているだけ。
キヤノンやNikonには対応しているとのこと。

キックスターターのRadian USB compatibility (Canon, Nikon, Sony)という項目を見るとほとんどのカメラには対応しているみたい。5DSやD4Sにも対応しているということですから。


気になる価格は本体1個で200ドル。
紹介動画あるので下に貼り付けておきます。
気になる方はどうぞ。




カメラ関係 | 2015.05.28 [EDIT]

DeNAが無料カーナビアプリ「ナビロー」を公開 ドライブレコーダーやオービス情報も搭載

iPhoneユーザーなので知らなかったんですが、アンドロイド版が先行公開されていて結構使いやすそうなのでご紹介。
iOS版は今後対応されるみたいですよ。

yahoo!カーナビやGoogleのカーナビを使っている人は選択肢の一つとして増やしても良いかも。

私は据え付けのカーナビが壊れた時にGoogleのカーナビに頼っていましたが、電話がかかってくるとカーナビが中断してしまうのとトンネル内に入った時に追尾してくれないので結局新しいカーナビ買いましたが・・・^^;

スマホにもジャイロが入ってるんだからトンネル内でも動くようにならないものですかね~。
カーナビ使用中は電話がかかってきても相手に運転中だと自動音声で返してくれたら最高なんだけどなぁ。


と、前置きが長くなりましたが、「ナビロー」の紹介。



渋滞情報はVICSを使っているようです。
Googleマップの渋滞情報は独自のビックデータから可視化して表示してくれているので、渋滞情報に関しては個人的にはGoogleの方が信頼できるかなぁ~と思いますが、安いポータブルカーナビの場合はVICS渋滞情報を表示してくれないので、無料でVICS表示してくれるだけでも凄いですね。


他のカーナビアプリと違うのはAR機能が付いていたり、ドライブレコーダーとしても使えるという点ですかね。オービス情報に関しては付いているカーナビアプリが既にありますから新しい感じはしませんが、画面の見やすさや操作の簡易さで他のアプリとどれだけ差別化出来ているのか気になる所。


既にカーナビを買い替えてしまった私ですがドライブレコーダー機能に関しては少し興味があります。
まだiPhone版が出ていないので試せないのが・・・。


ナビの紹介動画がありますので気になる方はどうぞ。

【DeNAの無料カーナビアプリ「ナビロー」】

http://naviro.jp/


自撮り棒の危険性をユーモラスに伝えるYouTube動画がメチャクチャ笑える

ピザハットが自撮り棒(セルフスティック)の危険性をユーモラスなコメディー動画として配信しているのですが、これがメチャクチャ面白い。

それもそのはず、この動画を制作したのはYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門会社。俗にいうシェアエブルコンテンツというやつです。

(紹介している写真は動画からキャプチャーしてます。)


バズフィードなどを中心に、バズるという言葉が日本でも定着してきましたが、Twitterなどで拡散するのとは少し違って、動画の共有拡散を目的に作られているようです。

セルフスティックやセルカ棒と呼ばれる(日本では自撮り棒などとも)伸縮自在の棒は日本ではさほど問題にはなっていませんが、アメリカやヨーロッパでは観光名所でところ構わず迷惑を考えずに自撮り棒を取り出して撮影する人が多くて問題化しているのだとか。

写真撮影可能の美術館が多いのも欧米の特徴ですが、さすがにセルフスティックの使用は禁止されたそうです。

そんな現状を受けてピザハットが公共広告的なコマーシャルをSHAREABILITYというYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門集団を通して作ったもの。


周りに何もない広い場所で自撮り棒を掲げるとカミナリが落ちる可能性も高くなる?とても危険な行為ですから止めましょうww


拡散目的の動画ですから拡散して欲しいっていうなら喜んで(笑)
ということで紹介させて頂きましたが、そりゃ~もう抱腹絶倒間違いなしの動画です。
久々に心の底から笑わせて頂きました。

動画は以下です。




写真関係全般 | 2015.05.21 [EDIT]

ネタかと思ったんですがガチかも知れないスマートフォン用撮影アクセサリ「IndieVice」

スマートフォンでの撮影を劇的?にカッコ良く、便利に出来るアクセサリーの登場があるかも・・・^^;
というのもこれからキックスターターにアップするようで現在のところは価格含めて詳しい情報は無いのですが既にホームページが立ち上がっていて商品説明がされています。

IndieViceと呼ばれるこのアクセサリーですが、スマートフォンを装着するだけでなく様々なアクセサリーを装着できるため動画撮影の際に重宝するかも知れません。



基本的な考え方はスマートフォンを見るためのスコープアクセサリーなんですが、この商品に様々アクセサリーが装着できるので格好いい!って感じる人や使いやすそうっていう人がいるかもしれません。
そんな人が多ければ商品化も?





このIndieVice単体ではスマートフォンの画質が向上するわけでは無いので何かしらのレンズ等を装着するのが基本的な使い方になりそうな感じ。
このIndieViceを装着してiPhoneの撮影画面を見るとこんな感じ↓




iPhone/iPod touch | 2015.05.19 [EDIT]

Adobeからの挑戦状! リアルか?Photoshop加工か?究極の質問にあなたは何問正解できる?

Photoshopが誕生してから今年で25周年。
25周年を記念して『Real or Photoshop』という間違い探し的ゲームが公開されています。



ゲームの内容はいたって簡単。
提示される写真がリアルな写真なのか、またはフェイク(偽造写真)であるか。この二択を選択するだけ。
リアルであると考えれば「REAL」ボタンを。フェイクであると思ったら「Photoshop」ボタンをクリック。




問題は全部で25問。25周年にかけて25問なんでしょうね。

よ~~く見ないと引っ掛け問題が3~4問ほど存在します。




Photoshop全般 | 2015.05.15 [EDIT]

RICOHのTHETAは超お手軽スナップカメラとしても優秀! 新時代コンデジの幕開け?

リコーのTHETAをつい先日購入し色々遊んでみました。

このサイトを見ている方は「え~~!いまさら購入?」と思われる方が多かったりして^^;
でも意外とまだ知られていなかったりしますよね。

基本は全天球カメラですから自分の身の回り360°全てを写せることが一番のメリットというか特徴なんですが、それ以外にも一部分を写真として切り出すことによって色々と楽しめる面白さがあるのがこのカメラの特徴。



ここに載せた写真は全部THETAで撮影したもの。

狭い空間にTHETAを差し込むでけでアングルもピントもそれほど気にすること無く手軽に撮影できる機動性が良いです。子供のスナップ撮影なんかでは威力を発揮しそうです。

ジャングルジムの中などはカメラを差し込んで撮影するには難易度が高い場所ですがTHETAならば手を差し込むだけでOKですし。
ローアングルな角度からの撮影も簡単。
少しかがんで手を下げるだけで地面すれすれの位置にレンズを持ってこれるので子供目線の写真もタイミングを逃すこと無くシャッターが切れます。



他にも、今までは手間がかかっていたプラネット風写真なども手軽に作成することが可能です。
ただ数回撮影したら飽きてしまうかもしれませんが・・・。

記録としては360°写し込むことが可能であって便利。
数日間使用してみた感想としてはスナップ用カメラとしてのメリットが大きいですね。
今まででは考えつかないほど手軽に撮影できました。

超ワイドアングルでの切り取りをすると以下の様な写真になります。




パノラマ | 2015.05.12 [EDIT]

今月末まで!ワコム製品を持っている方はダウンロードすべし! Photoshopで使えるカスタムブラシ80種を無料配布中。

ワコムのペンタブレットを持っている方限定ではあるんですが、Photoshopなどで使えるカスタムブラシ80種類がダウンロード出来ます。
期間限定の企画で2014年6月2日(日)~2015年5月31日(日)まで。

以前にもご紹介しワコムの太っ腹具合と使いやすいブラシに多くの反響がありましたがダウンロード期限がついに今月末となりましたので再度UPさせて頂きました。

まだダウンロードしていない方などはどうぞ。





ブラシって最近は書籍に付録して付いてきたり無料ダウンロードできるサイトが海外も含めると大量に存在したりしますが、ワコムがMDN監修のもと配布するブラシなだけに力が入っている感じです。

私はブラシは遊び程度にしか使わないのですが、仕事でブラシを使う方々は自作したり色々と良い物を探し回ったりと良品に出会うまでは結構大変そうです。

今回ワコムで配布する80種の一覧はこちら。
それぞれ考えぬかれた力の入った80種類なんだと思いますよ ↓




高いカメラとレンズを買っても・・・? 想像とリアルの違いをコメディーで表した噴飯動画

ノルウェー語の動画なんですが、言葉が分からなくても超笑えます^^;

高いカメラと超望遠レンズを購入し撮影に挑む決意は人それぞれだと思いますが・・・。
意外と実際には思ったように使えていなかったり。そんな現実をコメディーで表した動画です。
たった45秒の動画ですのでぜひどうぞ。


カメラ関係 | 2015.05.11 [EDIT]

動画のような空間写真が撮影できるFyuseアプリ

Fyuseってご存知ですか?
私は最近知ったのですが意外と面白いです。


動画と写真の間のような不思議な写真が撮影できるアプリなんですが言葉でいっても伝わらないでしょうから人気になっている写真をいくつかご紹介。

埋め込んだ写真は全てFyuseアプリで撮影されたもの。ひと目でこのアプリの特徴が分かるようなものばかりです。




他にも色々とありますがいくつかご紹介↓




iPhone/iPod touch | 2015.05.09 [EDIT]

ニューヨーク・タイムズの表紙のために設置された写真が超巨大でヘリから撮影

ニューヨーク・タイムズの表紙で使われたカット。
これレタッチ合成じゃなくてリアルに撮影したそうです。


62枚の細長いペーパーに分割して印刷して3時間半かけてスリット状にして貼り付けたそうです。朝の4時に作業を初めてビルの影にならない時間帯を狙ってヘリコプターから撮影。

40メートル近い巨大な写真なだけに地上から見たらなんだか分からないですね。いや~ここまで手間ひまかけて撮影するとは凄い。

貼り付けている作業から撤去までの一連の作業がタイムラプ動画で公開されています。
タイムラプ動画は以下からどうぞ。
詳しくはこちらへ




| ホームへ |