TOP > 2015年04月

まさかの場所で自撮り棒登場 危険すぎるセルフィー写真! 「ソーラー・インパルス2」

え~~~!!!
ここでまさかの自撮棒!というセルフィー写真。

それもグローブ無しの素手で棒を手持ち^^;
飛行機から手を出すスペースが有る所が凄い。この飛行機はソーラーパネルで作った電気で世界一周に挑んでいるプロペラ機「ソーラー・インパルス2」



3月にアラブ首長国連邦の首都アブダビを離陸し、オマーンの首都マスカット、インド、ミャンマーを経由して中国へ到着した所。

詳細に関しては以下の特設サイトSolar Impulse RTWに詳しく出ています。
上のセルフィー写真に関しても他の角度からの写真が色々投稿されています。

【Solar Impulse RTW】
http://www.solarimpulse.com/


「ソーラー・インパルス2」



つい先日ここまでの挑戦をまとめた動画がアップされたのですが、これが格好いい!最後に貼り付けて置くのでぜひ見て下さい。以下の写真は動画からのキャプチャー画像です。

今後の飛行経路ですが




カメラ関係 | 2015.04.28 [EDIT]

YouTubeのAdobe Photoshop Lightroomチャンネルに新規の解説動画が60個アップされていますよ

Photoshop Lightroom CCが発売されて盛り上がりを見せている Lightroom関係ですが、YouTubeのAdobe Photoshop Lightroomチャンネルにここ数日間で一気に大量のチュートリアル動画が投稿されていました。


なんと動画数が60個
Lightroom CC発表に備えて動画を作っていたのですね~。凄い。
英語の解説で字幕に関しても英語なので見る気力が萎えそうですが、結構丁寧に解説してくれているようなので、見ているだけでも何となく理解できたりもします。

英語が堪能な方には最適な取説かも。
英語が苦手でも自分の気になるタイトルを少し見てみると意外な発見があるかもしれませんね。
一応ご紹介しておきます。

【Adobe Photoshop Lightroom - YouTube】
https://www.youtube.com/user/AdobeLightroom/featured


Lightroom | 2015.04.27 [EDIT]

ドローン自体は悪者ではない! ドローンの凄さと可能性が理解できる動画



ドローンが官邸に落下してからというもの、ドローンの注目が集まっていますが集まり方が少し良くない・・・。
無限の可能性を秘めた素晴らしいドローンのはずがテロや過激派の道具として使われる危険物しての認識につながるような発言や報道も目立ちます。

正視眼でニュースを見られる方や多方面から情報を仕入れている方など、このブログを見てくださっている方々はドローンに対してのニュースも深く洞察しながら正しく判断されていることと思いますが、今回の事件を受けて国の検討会議で警察庁をはじめ規制に関して強い意思を持っている方々の意見がどの程度法案の中に含まれるかが少し危惧される所。現時点では。ドローン購入者に名前、住所の登録を義務付ける案などが浮上しているそうですが、この程度の規制ならばもっと早くしておいても良かったのではと思います。
危惧しているのは、ドローン全てに対して悪いイメージが付くこと。


もちろんテロは防がなければいけませんが、防ぐ方法として一律に飛行を規制するような法律が出来てしまうことがあれば疑問も感じます。万が一にも無いとは思いますが・・・。


既にドローンをノーコン状態、つまりフライアフェイにするための技術などは中東も含めて研究されているはず。
ドローン対策はアメリカやヨーロッパよりも中東が一番進んでいるのでは?と推測しています。

というのも、既に無人爆撃機としてアメリカはドローンを軍事利用しているわけで、パキスタンやアフガニスタンは無人爆撃機に対してドローンをフライアフェイにするGPSジャミング攻撃を確立しているとも言われています。

つまり無人爆撃機が利用するGPSデータを撹乱させ墜落もしくは捕捉や検知することが可能だといいます。
使っているアメリカ側としては、そのような事実は無いと発表していますが、実際にはジャミングすることは不可能では無いでしょうし既にアメリカとしてもホワイトハウス事件を受けて政府関係機関周辺にジャミング等の機器を実戦配備する日は近いと推測します。


今回の官邸に墜落したドローンも、実際には4月9日に容疑者が飛ばしたものだとブログで書いていることが判明しました。
事前の警察発表では数日前に飛来したものと推測していましたが容疑者が言っていることが本当だとすると警備の落ち度は国会で追求されることになるでしょうね。
警察はオウムの新実がサリンをラジコンヘリで散布しようとしていた事件を受けて空からの脅威に対しても対応しておくべきだったのだと思います。あの際にはラジコンヘリの操縦の難しさから断念されましたがドローン出れば誰でも簡単に出来てしまうわけですから。


犯人のブログを全部読みましたが、彼は昨年の12月24日、つまり特別国会招集日の官邸にもドローンを飛ばそうとしていたことが分かります。
マスコミが集まっている24日の夜にドローンを落とす。これは確かにインパクトが強いです。私も24日のその日に官邸に取材で入っていましたが、この日は普段の日には取材に入らない海外のメディアや雑誌関連の記者なども多数官邸内にいます。そのタイミングで官邸の中庭にドローンを飛来させて時限式の発煙筒を焚こうとしていたようです。
こういった日を狙うとは犯人もかなり本気で計画をしていたのでしょう。
この日に決行されていたらと思うとゾッとしますが・・・。


で、話が少しそれてしまっているので元に戻しますが、ドローンを一律に規制するのではなく警察による自己努力も含めて対応する点が多いのでは?と思う所はあります。
このような事件は既に発生していてもおかしくありませんし、遅かったぐらい。今まで対処してこなかった事のほうが不思議なぐらいです。だからこそ慎重にことを進めてもらいたいものです。


"日本国内で既に2000台のドローンが" なんて言われ方もされていますが、日本国内で販売されているドローンの総数は2000台どころではありませんし・・・。一桁ちがうでしょう。
2000台ってのは日本産業用無人航空機協会が発表している数字だと思いますが、販売台数で言えばこの数値を遥かに上回るでしょうね。


話を本題に進めるとします。
今回ご紹介する動画は過去にTEDにアップされたプレゼンテーション動画です。
ドローンに関して知識がない人はドローンってプロペラが4つ付いてて空を飛ぶだけ。な~んて思っているかもしれませんが、まったく違うシロモノです。
それが良く分かる動画の数々。

あまりの凄さに開いた口が塞がらないはず。
ドローンの凄さの一部が良く分かるプレゼン動画です。

今回紹介するのは3つの動画。

この動画をみると4つのプロペラが付いたクアッドコプターがどれほど凄い可能性を秘めているのかがよく分かります。
一昨年の時点でこれだけのことが出来ていますから、今年はどんだけ~~と思ってしまいます。


一番多く再生されているものは750万回近く再生されているようですので見た方もいるかな。このブログでも最初の動画は一度ご紹介したことがあります。

とにかく一度は見て欲しいドローンに関しての動画3つです。




ドローン | 2015.04.25 [EDIT]

シャッタースピードと絞りそしてISO感度の違いによる写りの変化が理解できるビギナー用カード

ハンブルクのカメラマン、ダニエル·ピーター氏が作成した撮影補助カードが話題になっていたのでご紹介。
こういったカードはよく見かけますが、ダニエル氏もこのカードはバージョン2とのこと。


ダニエル氏のサイトから印刷用のデータが無料ダウンロード出来るようになっています。
もしも気に入った方はどうぞ。

ダウンロードすると分かりますが、カードには彼のサイトアドレスがしっかり記入してあります。カードが普及すれば彼も有名になれるということでCM効果も狙った無料のカード配布という意味もあるようですが・・・。日本でカードが普及してもCM効果はあまりなさそうです^^;

このカードはシャッタースピードや絞り、そしてISO感度が写真にどのような変化をもたらすのかひと目で分かるように作られています。
初心者の方は最初でつまづきやすいもの。
プロには当然のことであってもビギナーには分からないことって多いのかもしれません。その辺をよく分かって作った所が素晴らしい。


彼が作成したものではありませんが、ExposureGuide.comで作られた以下のようなカードも人気のようです。
もしも気に入った方は活用してみると良いかもしれませんね。


動画とテキスト解説で一足早く使いこなそう! Lightroom 6 /Lightroom CCの新機能

やはり噂通りAdobe Photoshop Lightroom CC/Lightroom 6 が発表されました。
今までのバージョンと何が違うのかは公式サイトの「Lightroom 6のバージョン間比較 _ Lightroom 6」で詳細をご確認下さい。

一覧表になっていますのでひと目でわかります。
新機能に関しては噂で言われていたこととほぼ一致。以下のとおりになっています。

Lightroom 6 /Lightroom CCの新機能

  • HDRマージ
     異なる露出設定で撮影された複数の写真を一枚の写真へ合成することでハイダイナミックレンジ(HDR)の画像を生成することが可能
  • パノラママージ
     複数枚の写真をつなぎ合わせパノラマ写真を作成
  • パフォーマンス改善とGPU対応
     画像処理の作業効率が上がったとのこと。コンピューターのグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を使用できる新しい環境設定が提供され、現像モジュールの作業で GPU を利用できます。公式サイトによれば最高10倍速くなったそうです。
  • 顔認識
     自動的に同一人物をまとめてくれる機能
  • ビデオスライドショー
     静止画、ビデオおよび音楽を使いパンやズームなどのエフェクトを使ったスライドショーが作成可能に


実際にダウンロードして使ってみるのが一番早いかもしれませんが、早速Adobeの公式サイトで動画解説とテキスト解説ページが公開されていますので、使う前に視聴/一読しておくと理解が早いかと思います。

動画がアップされているのはAdobe TV。


Learn Lightroom CC _ Adobe TV

以下の様な内容が見られます。



試聴するのは面倒だと思う方にはテキストも!
テキストでの詳しい解説記事がアップされてるのは「Lightroom Help _ 新機能の概要」です。
詳しくは以下。




Lightroom | 2015.04.22 [EDIT]

最新版Lightroom 6が今夜10時に発表!? 今後の名称はLightroom CCか・・・。

少し前にLightroomの新バージョンが出るということで話題になりましたが空振りでした。
あの時には日本のアマゾンでも注文を受け付けていて確実な情報かと思ったのですが・・・。あの時のアマゾンの事前予約は何だったのでしょうか???

さてさて、既にいくつかのサイトで既報ですのでご存の方も多いかと思いますが、スコット・ケルビー氏(全米 Photoshop プロフェッショナル協会会長)がシークレットイベントに関して発信しています。
こちらに詳細が書かれています。

イベントの開始時間は日本時間の本日22時。

http://kelbyone.com/blog/secret1

ここで新バージョンのLightroomのイベントがあるとすればAdobeからの発表はもう少し前になるのでしょうか。
いずれにせよ今夜には詳細が判明しそうですね。

以前、Photo Rumorsで新機能に関しての噂が掲載されていましたが、それによると注目の機能はこんな感じ。




Lightroom | 2015.04.21 [EDIT]

ワイヤー・トゥー・ワイヤーでマスターズを優勝した21歳のジョーダン・スピース

今回はカメラネタではありません・・・。備忘録日記です。


ゴルフに関してはド素人に近いんですが、この前のマスターズでは新星の登場で盛り上がりましたね~。
弱冠21歳のジョーダン・スピース!
日本ではあまり話題になっていませんでしたがタイガー・ウッズを超えるスペックの若者の登場に驚いた方も多かったのでは?

ゴルフ好きの方は既知だと思いますが、自分の備忘録用に書いておきます。

初日から首位の座を一度も明け渡さない完全優勝のことをワイヤー・トゥー・ワイヤー (Wire-to-wire)というのですが、このワイヤー・トゥー・ワイヤーを達成しての優勝。

これはタイガー・ウッズでもマスターズで成し得なかった偉業だそうです。


調べると今までにワイヤー・トゥー・ワイヤーでマスターズを優勝したことがあるのは4人とのこと。

  1. クレイグ・ウッド(1941年)
  2. アーノルド・パーマー(1960年)
  3. ジャック・ニクラス(1972年)
  4. レイモンド・フロイド(1976年)

5人目になったスピースはレイモンド・フロイドから39年ぶりの快挙。

これだけでも凄いのに若干21歳3ヶ月という点もタイガー・ウッズの初優勝した21歳104日に次ぐ史上2番目の若さ。

さらに通算18アンダーという驚異的なスコアでの優勝は、1997年にタイガー・ウッズが記録した72ホールの最少スコアと同じ。
これって凄いですよね~。


既に年に30億円ほど稼いでいると言うんですから驚き。
タイガー・ウッズで盛り上がったゴルフフィーバーがスピースによって再来しますかね???


もっと詳しく知りたい方は以下のサイトをどうぞ。




日記 | 2015.04.16 [EDIT]

突如日本橋に現れたクレイジーなモビルスーツ型カメラリグ男!なんと世界中で話題沸騰中

とんでもないカメラリグを自作で作って日本橋ストリートフェスタ2015に登場したカメラマンが世界中で話題になっています。


【写真はYouTube動画からキャプチャー】

フェスタは2015年3月21日に行われ、このカメラマンの姿を撮影した動画がYouTubeにアップされたのが本日。
アップされるやいなやアメリカのサイトを中心に話題になっています。


自作のカメラリグと思われますが、この姿はまさにモビルスーツかと思えるような出で立ちです。
カメラのストロボがキャノン砲に見えてきます^^;

デジタル一眼レフカメラ3台にストロボ3台。コンパクトカメラにスマーフォトンカメラ、ポータブルハードディスクと思われるものまで装着してます。
この動画を撮影した作者も最初はコスプレ?だと思ったそうな。
それにしても、どうなってるんだろう^^;


【写真はYouTube動画からキャプチャー】



【写真はYouTube動画からキャプチャー】


動画は以下からどうぞ!




カメラ関係 | 2015.04.14 [EDIT]

DJIから4K動画にパワーアップされた最新型ドローン"Phantom 3"が発表!5月発売

マルチコプターで有名なDJIから最新型ドローンである"Phantom 3"が発表されました。
PHANTOM 2から格段に性能があがっているようです。

DJIはPhantomの上位機種である"INSPIRE 1"を最近発売しましたが、 Phantom 3は上位機種である"INSPIRE 1"の技術を多く取り入れた素晴らしい機体っぽい。
4K対応のプロフェッショナル版と4K未対応のアドバンス版の2つが同時発表です。

技適の問題などがありますので日本で使用できる機体の発売は少し後になるかもしれませんが遠からず発売になるとおもいます。


価格は"INSPIRE 1"の35万円より安く4Kバージョンのプロフェッショナル版の機体でも125ドル。"Phantom 2"から価格は据え置きといった感じです。

しかしカメラは"INSPIRE 1"で使われているものと同じか、もしくは似ている感じ。
画角は同じく視野角94°。
35mmカメラ換算で20ミリレンズ相当です。

12メガピクセルカメラということで、"INSPIRE 1"の画素数4000×3000のカメラと性能が一致します。
見た目は少し違いますが中身は"INSPIRE 1"で使われているカメラとかなり近いことが予測できますね。

明るさもF2.4と上位機種と同じ。良い4K動画が期待できそうです。



4K動画も既にYouTubeにUPされていて、その動画の切り出しがこちら↓
クリックで拡大します。




ネイマールがサッカーボールでマルチコプターを撃墜!

凄い大胆な企画というか何というか・・・。
サッカーゴール付近を飛び回るマルチコプター VS ネイマールという驚きの動画がアップされています。
話題の動画でしたのでご紹介しておきます。

制作したのはPanasonic。

ストラックアウトやキックターゲットなどの遊びがテレビや商業施設でも人気のようですが、これは相手が動くだけに難易度はメチャクチャ高そう。

【写真はYouTube動画からキャプチャー】


最初は激しく動くドローンの動きを様子見しているネイマールですが、次第にドローンの動きの特徴を掴んでいってついに・・・。
ドローンが最初の騙し珠を避けたところを狙って本当の珠を打ち込むところは圧巻ですね。さすがネイマール。

是非次回作があるならばヘキサコプター(6枚ローター)じゃなくて小型のクァッドコプター(4枚ローター)と対決して欲しいですね。クアッドコプターは更に俊敏な動きをしてさすがのネイマールでも撃墜出来ないかも。

動画は以下からどうぞ。




ドローン | 2015.04.08 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ