TOP > 2015年02月

電球や蛍光灯下でフラッシュを使っても色かぶりしない撮影手法 色温度変換フィルターやCCフィルターの効果的な使い方

今回はストロボ光と環境光の色温度などの色調を合わせる方法について詳しく書いていこうと思います。
でもゴメンナサイ。多分最初から最後まで読む方は多くて数人だと思います。結構長い長いエントリーになってしまいました。
今回の記事は途中で読むのを止めても普通だと思います^^;
本当に知りたい方だけ読んでみてください・・・。


平成生まれのカメラマンに光の色温度や色調に関して理解させるに色々と説明していたのですが、すんなり理解させるのが意外と難しいということが分かりまして・・・^^;
もしかして世の中の若手カメラマンは理解していない人が多いのでは?という観点から書いたものです。趣味で撮影されている多くの方々には興味のない話題かもしれません。あしからず。


そもそもナゼ環境光とストロボなど閃光の色を合わせる必要があるのか。

もう既にこのエントリーを読んでいる方は重要性について理解している人が多いかと思いますが念のため光の色を合わせることの意味を簡単に書いておきます。ご存知の方は読み飛ばし下さい。

光の色を合わせる重要性。それはカメラが複数の光の色に対して正しい処理を出来るほど高性能では無いからです。電球がメイン光となっている部屋でフラッシュを焚けば電球の光とストロボの光が混ざります。

この時、非常に狭い部屋であればストロボの光が部屋の隅々まで届くので問題に感じることは少ないかもしれませんが、大きなホールや結婚式場など広い会場では奥のほうまでストロボ光が届かずに、カメラの手前側はストロボ光の色となり奥のストロボの光が届かない場所は電球の色となります。

カメラのホワイトバランスは画面の部分ごとに設定することは出来ませんので電球光にホワイトバランスを合わせた場合にはフラッシュのあたった手前側は青くなってしまいます。反対にフラッシュ光の色に合わせて撮影すると光が届かない場所は黄色っぽくなります。

こういった現象を無くすためにもストロボ光を電球光や蛍光灯などの環境光に合わせて発光させることが重要です。


ここまでは多くの人が問題なく理解できることと思います。
で、次に重要なのが環境光、アンビエントライトやアベイラブルライトなどとも言いますが、その場所の光の質や色を知ることが大切になってきます。というか、その場所の光の特性が分からなければカメラのスピードライトのヘッド部分にどの色のフィルターを付けてよいかが分かりません。


正確に環境光を計測するにはセコニックのC-500やC-700のようなカラーメーターが必要です。
C-700スペクトロマスターであれば蛍光灯など特徴が異なる光源の分光分布曲線まで表示することが出来て本格的な光の特性を調べることが出来ますが、今回はあくまでカメラ側はプリセット設定やケルビン値設定などを行いフラッシュヘッドに最も適当と思えるフィルターを装着することを目的としているので、カラーメーターが無くとも問題ありません。



そこでもっとも簡単な定常光の測定方法を書いておこうと思います。
ハイアマチュアもしくはプロの方向けに書いているのでLightroomを持っているという大前提で話を進めます。
お持ちで無い方でもトライアル等で試せますのでご了承を。


今回環境光を計測するのに使った方法は次の手順です。

①RAWデータで撮影(現像時に色温度でケルビン表示されるため)
②カメラのホワイトバランス設定は晴天や太陽光などにする
③QPカードのようなグレーカードを被写体として撮影する


なんで、こんな面倒な手順を踏んだのかは後々説明しますが、ざっくり話すと①のRAWデータでの撮影に関してはRAWで撮影しないとLightroomで色温度表示されないから。
②の晴天にホワイトバランスを固定させたのはカメラの背面液晶で表示した時に太陽の基準値から比べてどの程度の違いがあるのか目で見て理解しやすいから。
③はグレーカードを入れておかないとホワイトを取得できないからです。

最初からプリ取って現像すればいいじゃんというのは、もっともな意見ですが今回に関しては理解度を深めるのに役に立たないとの独自の判断でスルーします。

冒頭から長くなってしまいましたが上記の3つを守って撮影した上でAdobeのLightroomを使えば光の色温度や色カブリに関して知ることが出来ます。

Lightroomで表示される色温度とメーカー純正の現像ソフトで表示される色温度には若干の誤差がありますがここではあえて問題視すること無く話を進めます。


下のキャプチャ画像。
白熱電球(アイランプ)の光を使って撮影したグレーカードです。


撮影後にスポイトツールでグレー部分をクリックすることで正しいホワイトバランスを設定してくれます。
ホワイトを設定したらLightroomの色温度表示と色かぶり補正に関して注目してみてください。

今回使用した白熱電球の色温度は3064ケルビンだということが分かります。
色カブリに関しては+2です。この程度は誤差の範囲と考えて良いので色かぶりは無しと考えて良いと思います。

太陽光と比べると異常なほど赤いというかイエローであることが分かります。
この感覚を知っておくことが大事だと思います。


今回のアイランプを使った環境光でストロボ光を使うにはフラッシュの光を3000~3100ケルビン程度にしてあげれば光はミックスしないことが分かります。色かぶりが無いので非常に簡単ですね。


とは言っても、え????
どうやってストロボの光を3100ケルビンにするの?という人もいるでしょうから徹底的に詳しく書いていこうと思います。

その前に、あなたの持っているスピードライトの色温度って何ケルビンか知ってます???
5500ケルビンと答えたアナタ!

それは本を鵜呑みにし過ぎかもしれませんよ。
では実際に計測してみましょう。




カメラ関係 | 2015.02.25 [EDIT]

 Lightroom 6は顔認識やHDRそしてパノラマ作成が可能になって3月に17,280円で発売予定

Photo RumorsでLightroom6の情報がアップされていました。
フランスのサイトでLightroomの発売日等が公開されていたそうです。

それによれば発売日は3月5
対応OSは
Windows 7, 8, 8.1
Mac OS X v10.8, v10.9 or v10.10
価格は130ユーロ

で、ちなみに日本のamazonでも予約注文が出来る状況になっています。
日本の場合は発売予定日は3月20日になっています。

ヨーロッパと比べると少し遅いんですかね?
CCで購入している人はもっと早く使えるかも知れません。

パッケージの場合の価格は1万7280円。


パッケージはこんな感じらしいです↓




Lightroom | 2015.02.20 [EDIT]

プロカメラマンも納得の超優秀な写真補正アプリInstaflash Pro  500円が今だけ無料!使い方もご紹介

写真を明るくしたり暗くしたりといった補正をするのにどんなアプリを使っていますか?
マニアックでプロ好みなPhotoPowerなどのアプリを使う人は別にして誰でも簡単に直感的に綺麗に補正できるアプリとしてオススメなのがタイトルにもあるようにInstaflash Proというアプリ。

なぜ今回ご紹介したかというと、なんと今だけ通常500円のところナント無料!!!!だから~~~。(2月19日現在)

まあ無料では無くとも500円払っても良い!と思える優良アプリだから紹介したというのもあります。
巷の言葉で言えば神アプリっていう部類に入るんじゃないかと。500円払っても問題ないレベルのアプリだと私は思います。

今までも色々なサイトでご紹介されていたようなのでご存知の方も多いかもしれませんね。逆光で暗くなった写真を補正するのに便利なアプリとしても有名です。
逆光写真を難しいこと考えずにスライダー1つで綺麗に明るくしてくれるという簡単便利さからも重宝されているのだと思います。

試しに暗い写真を明るくしてみましたがこんな感じです↓

 

言わずと知れた道頓堀。
こういう暗い写真も電光掲示板の明るさはそのままに暗い部分だけを簡単に明るく出来ます。

Instaflash ProはACD Systems 社という画像編集ソフトを手がけている会社の技術が使われているそうです。
パソコン用ソフトでは1万円ぐらいの"ACDSee Pro 7"という画像処理ソフトを作っている会社です。
お持ちの方もいるかな?アメリカとカナダにオフィスがあるそうですが・・・。


つまり一般の画像編集用ソフトの技術が使わている正統派の写真アプリという点が使いやすさの秘密なんだと思います。
画像にインスタグラム調のフィルターを付加するといった感じには使いにくいですが、写真を純粋に綺麗にする目的、つまり明るくしたりといった通常の補正に関しては完璧なアプリだと思います。

studio9さんのサイトで「カメラマンの私が使う至高のiPhoneおすすめカメラアプリと使い方!」とのタイトルで紹介された時には「はてブ」が1000以上は付いたかと思います。それほどインパクトのあるアプリなんですね。

それが今だけ無料!!! (いや無料じゃなくなってもレベルとしては神レベルなアプリです。)

これが今日ご紹介した理由なんですが、せっかくなので使い方が分からない方用に簡単な使い方を書いておきます。
作例にしたのは以下の滝の写真。

ご存知、奥入瀬の有名な滝です。
左がオリジナルの写真。iPhoneでの撮影です。

iPhoneで撮影した時には滝に露出が合っていたので後ろの木々が暗くなってしまいましたがInstaflashを使うと簡単に右のような明るめの写真に変身します。

 


以下から使い方の説明です。

【シャドウ】

このスライダーを左から右へ動かすと暗い部分を中心に自然な感じで明るくしてくれます。

逆光で撮影して人物が暗くなってしまった写真なんかはこのスライダーを一番右まで動かすだけで綺麗になったりします。

一番多用するであろうツールなので最も左の使いやすい場所にボタンが配置されています。

あとで説明しますが照明EQのコマンドは更に詳細に暗い部分を明るくしてくれます。ですので今回はシャドウのスライダーはこのぐらいで設定しています。

上のオリジナル写真と比べると若干明るくなっているのが分かりますよね。

次々説明していきますよ~~~。
多少長くなりますがお付き合い下さい。




フォトショップで加工した写真で失敗したものを集めた面白サイト Photoshop Disasters

かなり昔にご紹介したことがあるので覚えている人もいるかも。
フォトショップでの処理失敗画像を集めたサイトの紹介です。

Photoshop Disastersにアップされている写真は見ているだけで非常に面白いですよ。
自分が加工する立場の人は結構冷や汗をかくひともいるかも^^;

たま~にチェックしているサイトの一つなんですが久しぶりに見てみたら新しく発掘された新画像がザックザクw
ひと目で分かるものから一瞬だけしか見なければ気がつかないレベルのものまで色々と取り揃えられています。

例えばここ最近見つかった画像が下の写真。
これは何が変か分かりますか?
一瞬で見抜ける人もいればわからない人もいるかも。



答えは・・・




Photoshop全般 | 2015.02.18 [EDIT]

ドバイを舞台にしたハイパーラプスが凄すぎる・・・これって安全上良いのか???

タイムラプス動画(ハイパーラプス)と言えばRob Whitworth(ロブ・ウィットワース)と言われるほどレベルの高い作品を作っている方の最新作が凄いです。
さすがアメリカやスペイン、マレーシアなどの映画祭で数々の賞を受賞しただけはあります。もうレベルが違いすぎて笑いが出てきます^^;

今までも数々のタイムラプス動画を発表し度肝を抜かしてきました氏ですが、今回のDubai Flow Motionと題した作品も本当に驚きの作品です。言葉では表現できないので以下の動画をどうぞ^^;

一番気になったのが飛行機のコックピットにまで入り込んだタイムラプスだということ。良く許可が降りたなぁ~。
飛行機が飛んでいる最中にコックピットに入り着陸までの流れを撮影しています。もしかしてこの撮影の為にチャーターしたのかな・・・。

コックピットに入るなんて9.11テロ以降は考えられない行為ですよね。
ナショナルジオグラフィックやタイム誌など多くのメディアで絶賛されるような方は全てを超越してるんですかねw

Dubai Flow Motion from Rob Whitworth on Vimeo.



Rob Whitworth氏の過去の数々の作品は以下のサイトで見ることが出来ます。
少し前に非常に話題になった作品を埋め込んでおきます。




Adobeの公式チャンネルがPhotoshopを使った切り抜きテクニックを動画公開

アドビ公式Ustream Channelはご存知ですか?
Photoshopの使い方などユーザー向けに色々と有益な情報を配信してくれているのですが、つい先日公開されたCreative Cloud 道場の第77回目の動画が切り抜き特集でした。1時間もの時間を使った解説です。

切り抜きというと聞いただけで敬遠する方もいるようですが、Photoshopのバージョンが新しくなるにしたがって格段に簡単に誰でも切り抜けるようになってきています。



今回の動画解説ではPhotoshop CCの機能を使っての作業。
女性の髪を切り抜く作業では背景が単色で難易度が低いとはいえ手軽に綺麗に出来る方法を教えてくれています。

新しい切り抜き方法である焦点領域を使った手法も解説してくれていますよ。
ピントが会っている人を抽出して切り抜いてくれる驚きの新機能ですが、とても分かりやすく丁寧な解説。
ちなみに焦点領域の切り抜きでは以下の写真を切り抜いていました。これは通常であれば非常に面倒な作業・・・。


     ↓



Adobeはこうしたテクニック動画を色々と公開してくれていますのでユーストリームチャンネルをチェックしてみると意外な収穫があるかも知れません。

#77 Photoshop CC Basic 「切り抜き方いろいろ」 | Creative Cloud 道場ブログBroadcast live streaming video on Ustream


あと、動画ではなくサイトで画像とテキストを見て勉強したいという方は以下のAdobe公式サイトがとても有益です。
【Adobe Photoshop Magazine】


上記以外にもAdobe TVという以下の様な素晴らしい解説サイトもあります。




Photoshop全般 | 2015.02.02 [EDIT]

Yahoo!地図がゲリラ豪雨にも大雪にも台風にも対応できる最強の天気アプリとして成長していた! iOS/Android 

Yahoo!の回し者でも、もちろん広告依頼があったわけでも無いんですが・・・。Yahoo!地図が本当に便利になったのでご紹介しておきます。リアルタイム天気情報を知りたい人は騙されたと思ってYahoo!地図アプリは入れておいてOKな感じかと。


ご存知の方も多いかと思いますがヤフー地図のサイトもアプリも天気情報に関して非常にパワーアップ致しました。
つい先日は都内でも若干雪が積もりましたが、それに合わせたかのようにYahoo!地図では雪の降雪量と積雪量を確認できるように。

これはパソコンを使っての地図サイト閲覧だけでなくiOS/Androidの両地図アプリでも使える機能です。
降雪量(実測値)に加えて1時間ごとに10時間先の降雪量予報も表示できるという優れもの。情報は気象協会から得ているとのこと。
降雪量や積雪量が確認できる地図アプリって・・・。凄い。



そもそも、その前に気象庁が提供し始めて非常に話題になっていた「高解像度降水ナウキャスト」にもいち早く対応したのがYahoo!地図でした。

今までゲリラ豪雨や集中豪雨など雨の状況を知りたい時には都内であれば東京の下水道局が提供をしている東京アメッシュなどを活用していました。
また、全国の主要都市を網羅するものとしては国土交通省が提供していたXバンドMPレーダーなども非常に便利で活用していていましたが、やはり最近になって気象庁が公開した「高解像度降水ナウキャスト」は全国を網羅していることもさることながら、とにかく正確さが他のサービスと比べても抜きん出ています。
他のサービスには無い予測値に関しても非常に的確でサービス提供当初から他のサービスから乗り換えて私は使っていました。

ただ、アプリとしては気象庁も公開していなかったので使い勝手の良いアプリがあればなぁ~と思っていたのですが、それにいち早く対応してくれたのがYahoo!。それも地図アプリに組み込む形での公開で多少驚きましたが理にかなっているなぁと。

「高解像度降水ナウキャスト」をご存知無い方は是非一度本家のサイトをご覧ください。非常に素晴らしい情報に驚くと思いますが、それを更に使いやすく見やすく更に無料で公開してくれたのがYahoo!地図。そしてYahoo!地図アプリです。


と、「高解像度降水ナウキャスト」のことばかり書きましたが、つい先日さらに追加で公開されたのが日本気象協会からの情報をもとに作成した雪情報。降雪量と積雪量が分かるようになっています。
さらに今年の夏には台風情報に関しても追加機能として取り入れるとのこと。もはや地図アプリというよりも天気アプリじゃないのコレ???


リアルタイムの気象情報に関してはどの天気アプリよりもYahoo!地図アプリが完全に勝利といっても過言じゃないでしょうね。コレ以上のリアルタイム情報が確認できるアプリって今のところは無いと思います。

ハッキリ言って驚いたのと、地図アプリというよりも天気アプじゃないの???ということで私のiPhoneでは天気アプリフォルダ内にヤフーの地図アプリは登録されています・・・^^;

まだ使ったことがない方でリアルタイム天気情報は重要だと考えている方は是非使ってみてください。
非常に便利かと思います。


各種リンクは以下に貼り付けておきます。




パソコン全般 | 2015.02.01 [EDIT]
| ホームへ |