TOP > 2015年01月

電波法改正で技適が話題になっている所ですが・・・Cactus V6の出力は0.003Wでした。

先日IIJ(インターネットイニシアティブ)が開催したユーザーとの交流イベント「IIJmio meeting 6」で総務省の担当者が技適の認証を受けていない端末の使用合法化に向けて動きがあるとの発言をしたことで技適に関しての話題が一気に増えましたね。こちらで話題になってました。

私がかつて書いた技適に関するエントリーにアクセスが多かったので何かあったのかなぁ~と思っていたのですが、コレだったんですね~原因は。ブログを長いこと続けていると突然アクセスが跳ね上がるエントリーがたまにあります。そういう時には書いた内容の何かがネット上で話題になっている証拠。特に意識していなくても話題の情報をキャッチ出来るのもブログを続けているメリットです。FacebookやTwitterとは違った特徴ですね。


技適に関しての話ですが、イベントには総務省でMVNO振興政策を担当している総合通信基盤局電気通信事業部の富岡秀夫企画官が登壇されたようですから、まさに中の人の重要発言。
今後の動きに期待ですね。携帯電話関連だけでなく幅広く関連するような法改正であれば色々と恩恵がありそう。
基本的には訪日外国人が持ち込む携帯類の機器に関してのみ適応されそうな予感もありますが日本人が日本国内で使う場合にも適用して欲しいです。

技適を受けていないラジオスレーブも使えるようになるとしたら選択の幅も広がりますしね
他の機器に影響の無い範囲であれば柔軟な対応を期待!頼みます^^


過去に書いた技適関係のエントリーはこちら
本当に合法?それとも違法? ラジオスレーブで技適取得してても300mも飛ぶのはナゼか
・驚きの電波到達距離! CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の実力がハンパじゃなかった! 


さて、本題のCactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6についてですが、総務省で技適の詳細に関して情報を公開したので閲覧してみました。

結果として出力は0.003Wとのこと。


Cactus V6に関しては詳細情報が出る前に色々と予想していたのですが、予想していたよりも非常に小出力の機器だったようです。まさか0.003Wだとは・・・^^;



同じ0.003WのラジオスレーブといえばRFN-2400-TXです。




カメラ関係 | 2015.01.30 [EDIT]

上野恩賜公園のスターバックスでゆっくりコーヒータイムしたい



今まで行ったことがあるスタバの中では、写真の上野恩賜公園店と二子玉川公園店の2つが飛び抜けてリラックスしながらコーヒーが飲めます。

上野公園のスタバは見ての通りの環境ですし二子玉川公園にあるスタバも小高い丘の上に立っていて非常にシチュエーションが良いんです。全国でも珍しい公園内のスタバ。この2つは本当にオススメです。

富山環水公園店ってのが一番美しいスタバのお店だと言われていますが、遠いんでね・・・。上の2つのスタバでも十分にリラックスできます。
写真を見返していたら上野のスタバ写真が出てきたので願望エントリー。


もともとスタバを好んで利用していたわけでは無いんですが、ディカフェ(ノンカフェイン)のコーヒーが非常に美味しいのでディカフェの豆がほしい時にはスタバに行ってコモドドラゴンブレンドのディカフェをチョイス。

最近ではNespressoのディカフェポーションという選択肢もあるのでしょうが^^;
Nespressoはもう少し少量でも配送料無料にしてくれれば使い勝手が良いのですが。


日記 | 2015.01.26 [EDIT]

2015年の花粉飛散予想は例年並みだけど去年と比べると非常に多いそうです。

ちょっと早いですが、本日花粉症対策としてアレグラを処方してもらいました。
昨日あたりムズムズしていたので・・・。

病院に行ったらもう既にアレグラを貰いに来た先客がいたとか。用意周到な人はもう既に花粉症対策してるんですね。
つい数日前に気象協会も2015年の花粉飛散予想の第三報を発表しました。


【2015年春の花粉飛散予測 ~花粉シーズンまであと3週間!スギ花粉のピークは3月に~ 日本気象協会】
http://www.jwa.or.jp/news/2014/12/post-000452.html


東京など関東地方での飛散開始時期は
2月上旬~2月下旬

飛散数に関しては例年に比べると90%程度。つまり例年並み。
しかしながら前年比になると230%とということで昨年と比べるとグッと多くなるようです。

スギ花粉の飛散ピークは3月上旬から中旬。
ヒノキ花粉は4月中旬がピーク。


嫌な時期が近づいてきましたが例年並みと聞いて少しホッとしてます。


日記 | 2015.01.21 [EDIT]

効果的な鼻うがいの方法。アズノールやハチアズレは抗炎症作用もあってスッキリします!

          


写真は鼻うがいとは関係ないです^^;
インフルエンザが気になる時期や花粉症の季節には毎日鼻うがいをしています。
もう何年になるんだろう。

かなり昔から鼻うがいは続けているんですが、鼻うがいをしても何となくスッキリしない時ってあるんです。鼻づまりしている時や既に後鼻漏になってしまっている時など。

こういう時に効果的な鼻うがいの方法はあるかなぁ~と探していたんです。
色々と鼻うがいに関して書籍を読んだりネットを巡回していたりしたら半年ほど前に気になる情報を見つけたんですね。

それは耳鼻科の専門医が医院のホームページ上で、鼻うがいする時にはハチアズレ(うがい薬)を溶かして鼻うがいすると良いというもの。(名古屋の高木耳鼻咽喉科医院さんです)
耳鼻科の専門医が勧めているんですから安全性は確保されていて安心です。


このHPを見てから実際に鼻うがいの際にアズレンを数滴コップに入れて行ってみると・・・。
素晴らしくスッキリします!


ハチアズレはアズレンスルホン酸ナトリウムという薬効成分が主成分なんですが、アズレンが粘膜の炎症を抑えてくれるので鼻うがいをした後は本当にスッキリしてかなり気持ちが良いです。


普通は鼻うがいというと塩水で行うものですが、塩水だけだとスッキリしない時は、塩水にうがい薬のアズノール(これも主成分はアズレンスルホン酸ナトリウム)を数滴垂らして鼻うがいします。
こうすると本当にスッキリして鼻づまりもいつの間にか治っていることも多く風邪の引き始めの時には塩水だけで鼻うがいをするよりも予防に効果的な気がします。

抗炎症作用やヒスタミン遊離抑制作用、組織修復促進作用なども確認されているとのことですからスッキリするとともに炎症も抑えられて一石二鳥かな。初期の風邪程度の炎症ならばかなり抑えてくれそうな気もします。


ちなみに医院で処方してくれるハチアズレは粉でアズノールは液体です。

    

どちらも病院に行った時に処方してもらえますが、私は使い勝手の良さからアズノールを多めに処方してもらって、花粉症の季節や冬のインフルエンザが流行りそうな季節は使っています。

うがい薬って言うとイソジンが思い浮かびますが、鼻うがいするときに間違ってもイソジンは入れないほうが良いです・・・。
その理由は、




日記 | 2015.01.20 [EDIT]

トラブルによりiPhone用ステディカム「Elephant Steady」発送予定日が延期 

キックスターター等で出資者を募っていたiPhone用の小型軽量のステディカム「Elephant Steady」が来月より順次発送予定だったのですが、製造工場とのトラブルで発送時期は遅れるとのこと。
アドプラスのElepahnt Steady開発チームから3日ほど前にアナウンスがありました。



非常に小型軽量でiPhone内にあるジャイロを使って動きを制御するという今までにない新しい発想のステディカムに魅力を感じて私も出資しています。国内でも結構な数の方が出資しているのでは?と思います。

来月の到着を楽しみにしていたのですが手元に来るのが遅れるのは少し残念。
ただ中途半端な状態で送られてくるよりも時間はかかっても完璧に仕上がってから届けてもらいたいですね。
最近ではサンコーレアモノショップで"3軸電子制御カメラスタビライザー"なる小型のステディカムが売られていてコチラも結構すぐれものっぽいです。価格は少し高いですが使い勝手は良さそう。

サンコーレアモノショップの"3軸電子制御カメラスタビライザー"も電池駆動型で電動3軸ブラシレスジンバルだから誰でも簡単に撮れるというのがウリ文句らしい。こちらはiPhoneにかぎらずスマートフォンならOKでGoProも取付可能ですからいますぐ電動型の手軽なステディカムが欲しい方は良いかも。



ちなみにElephant Steadyをまったくご存知無い方は以下の動画をどうぞ。

製品の発送が遅れる理由として




iPhone/iPod touch | 2015.01.19 [EDIT]

新しく登場した写真管理ストレージサービス「Mylio」を少し使ってみました



1~2ヶ月前から段々と話題になってきている新しいストレージサービス「Mylio」がどんなものなのかインストールして若干使ってみました。

この「Mylio」はMac、iOS、WindowsのOSに対応してるオンラインストレージサービスで無料でも3つのデバイスで同期することが可能です。
フリーの使用だと枚数制限が1000枚になります。それ以上使いたいならば年間50ドルで50000枚。100ドルで100000枚同期することが出来ます。250ドル払えば50万枚までOK。

RAWデータも読み込めるのですが、データサイズではなくて枚数でカウントする所がフォトサービスらしいですね。
全てのRAWに対応しているわけでは無いようですが・・・。ほとんどのカメラはサポートされているようです。
詳細はこちら

紹介動画がありますのでソフトの概要は以下の動画でどうぞ。



さて、実際にインストールしましたが、その流れはこんな感じ。




パソコン全般 | 2015.01.15 [EDIT]

Nikon D5500はタッチパネル搭載!軽量化されD3300よりも小さくなって新登場

NikonからD5300の後継機としてD5500が発表されました。
米Amazonでは$896.95で予約受付してます。
日本での発売開始時には9万円~10万円の間でしょうかね。D5300の発売当初の開始価格は80800円でしたから若干高くなるかも。タッチパネル搭載分が上乗せという感じかな。



D5500では新たにタッチパネル搭載されフォーカス操作や再生画面での拡大縮小、設定画面操作などがスムーズに行えるようになっているようです。反対にD5300には搭載されていたGPS機能は外付けに変わりました。


ボディはかなり軽量化されD3300よりも小さくなってます。
サイズは124x97x70mm。

今まで最小サイズだったD3300が124×98×75.5mmですから、それと比べても小さくなっています。
かなり薄くなった印象ですね。それにともなってグリップ部分も変化しているでしょうから持った感じの変化は大きいかもしれませんね。

重さも本体が420グラムとなりD5300の480グラムよりも圧倒的に軽くなってD3300の410グラムに迫る軽量化に。

さらに電池寿命にも大きな変化が。
D5300が600コマだったのに対してD5500は820コマの撮影に伸びています。省電力化されたD3300でも700コマなのを考えるとグンと良くなっている感じがします。

画像処理エンジンはEXCEED4のままですがISO感度の上限は25600と一段増えています。高感度でのノイズの出方に変化はあるのかな???

既に動画が出ていましたので以下に貼り付けておきます。




水草(アヌビアスナナ/ミクロソリウム)のコケ取りに多摩川で採ってきたエビが大活躍

NISSOのアクリルタンクミニという容量が7リットル程度の小型水槽で熱帯魚を飼っています。
3年ほど前に金魚を飼うために購入したのですが、金魚が白雲病で☆になってしまったので、それからは熱帯魚を入れて飼育してます。

水槽のサイズはW170×D220×H220㎜で容量が約6.5リットル。濾過槽の容量は約0.85リットル。
背面濾過方式なのでスッキリしててリビングに置くには重宝しています。

入れてる水草は非常に丈夫で育てやすいことで有名なアヌビアスナナの超小型品種のアヌビアス・ナナ・プチとミクロソリウムの2つ。光量が少なくても育ちますしどんどん増えるので初心者にも安心して育てられる水草です。アヌビアス・ナナ・プチは小さな流木に活着させて沈めています。
水草水槽を作る時にはソイルを使ったりと結構手間がかかりますが、アヌビアス・ナナやミクロソリウムとかは非常に丈夫で育てやすい水草なのでソイルとかは無くてもどんどん増えるので何もしなくてOK。とっても管理が楽です。


子供が楽しめるようにとリビングに置いているんですが、マメに換水しているわけではないので苔が水草やガラス面に付着してリビングに置くには見た目がチョット・・・。という時があったのですが秘密兵器を入れてからは激変しました。

            


入れたのはエビ。
エビといっても大きなやつじゃなくてミナミヌマエビやヤマトヌマエビと呼ばれる熱帯魚水槽によく入れるエビの類です。
昨年の夏に多摩川沿いにある稲田公園内の水遊び場で採取してきました。
網ですくうと簡単に何匹も採れるので10匹以上入れたのですが夏の暑さなのか水に合わなかったのか、今も生き残っているのは4匹ほど。

それでも、このエビちゃんがいるお陰でエビを飼育し始めてからは水草に苔が生えることはなくなりました。
なんというエビの種類なのか不明ですが、多摩川で採れる小型のエビはスジエビが多いのだとか。

エビを撮影しようと思ったのですが水草に隠れてしまって・・・。残念。

壁面のコケに関してはこちら。




森の自然にプロジェクションマッピング。森の生物が輝き出す信じられない映像美 

東京駅などでも大々的に行われたりしているのでプロジェクションマッピングは皆さんご存知ですよね。
建物の壁面や立体物に対して投影機を行う技術ですが、その投影を森の自然にして行った動画が凄いです。

プロジェクションマッピングは3Dマッピングや3Dプロジェクションなどとも呼ばれるですが、この動画を見ると3Dという言葉がピッタリな気がします。




カエルやキノコ、木肌などがあたかも当然のごとくリアルに発光していきます。
不自然さが無いように見えるのはやはり圧倒的な技術でしょうね。

クラゲなどが光り輝く姿を見たことがありますが、あれに似たものを感じます。深海生物の一部が光り輝くように、この森では未知なる発光動植物が密かに住んでいるかのような印象をもつ映像。




森に6週間も住み込んで作り上げたようですが、今までのプロジェクションマッピングとは違う新たな可能性を感じる圧倒的な美しさの映像です。

Projections in the Forest from 3hund on Vimeo.



メイキング映像もありますので以下に貼り付けておきます。
どうやって撮影したのかその一部を見ることが出来ます。




| ホームへ |