TOP > 2014年09月

被写界深度を視覚的に分かりやすくシュミレーションしてくれるWeb Appが面白い

被写界深度を他人に説明するときなど便利そうなWebアプリケーションがあったのでご紹介。
パンフォーカスで撮影するためにワザとフィルムサイズの小さいハーフカメラのオリンパス・ペンを使っていた時などは自分で計算して被写界深度を出して遊んでいましたが、今やWebで被写界深度は簡単に算出できます。

スマートフォンのアプリでも被写界深度を計算するアプリは色々とあるんですがWebでこんなに便利そうな被写界深度計算が出来るのは初めて見ました。



実際にこちらのサイトへ言ってスライダーを動かして頂ければ一目瞭然だとは思うんですが、レンズの焦点距離や絞り、対象物までの距離などを設定すると被写界深度をイメージで表してくれます。

その際にAPSサイズ等での場合の数値も表示してくれています。最初は見方が良くわからなかったのですが慣れればレンズの算出数字の所は理解出来ました。APS等に変換したF値に関しては疑問な点も^^;
35mmで使用することが前提ならば色々と楽しめそうですね。被写体との距離が近ければ広角でも後ろがボケた写真が撮れることがコレならビギナーの人も理解しやすいかもしれませんね。

被写界深度について学びたい時、教えたい時に便利そうなサイトでした。

【Visualization of DOF】
http://sandbox.lt/dof.html


パソコン全般 | 2014.09.30 [EDIT]

iPhoneのカメラをマニュアル操作で使えるアプリが登場 ISOもシャッター速度も自由に!

無料ではなく有料アプリですがiPhoneのカメラをマニュアル操作出来る待望のアプリが登場しました。
【Manual – Custom exposure camera】

このアプリは

  • シャッタースピード
  • ISO感度
  • ホワイトバランス
  • ピント
    これらの項目でマニュアル操作が出来てなおかつ露出ブランケット機能も付いているようです。



ヒストグラム表示やEXIFビューア機能もあるそうなんですが、iOS8以上でないとインストール出来ないので私のiPhone5sには入れてません・・・^^;

一度使ってみたいですね。シャッター速度の最低値とかは気になります。

             
本当は5sもiOS8にしたいのですがまだ様子見。

このアプリが実際に動いている様子はYouTubeに上がっているので後で貼り付けておきます。
現在200円なのでそれほど高いアプリでもありません。今後は既存アプリでもアップデートでマニュアルモードが追加されるかも知れませんが、いち早くマニュアル操作がしたい方や気になった方はどうぞ。

Manual – Custom exposure camera




iPhone/iPod touch | 2014.09.25 [EDIT]

歴代iPhone全てのカメラで同一被写体を撮影して性能比較しているサイトのご紹介。

"snap snap snap"というCamera+やmagicamアプリを作っているメーカーのサイトがあるんですが、その中で投稿された以下のエントリーが非常に話題になっています。
・iPhone camera evolution How does the iPhone 6 camera compare to previous iPhone cameras?

サイトが盛り上がればサイトで紹介している自社アプリの売上にも大きく影響するとあって、かなり力の入ったエントリーになっています。サイトで拡散されるように色々と仕掛けているかとも思いますが、素直に参考になるページでもあるのでご紹介します。

Lisa Bettany氏が投稿した記事ですが初代iPhone~iPhone6まで同じ被写体を撮影しそれをスリット状に並べて比較しています。



比較はそれぞれ6つのシチュエーションごとに分かれ行われています。
・Macro
・Backlit
・Daylight
・Portrait
・Sunset
・Lowlight

下が縮小キャプチャー画面。




実際の比較写真は以下のソースサイトにて確認してみてください。
iPhone6のフォーカス速度などハードの部分の比較は実際に触ってみないと体感できませんが、画像比較だけでもこうしてわかりやすく並べてくれると参考になります。

初代iPhoneからこんなに進化してるんですね~。
ただ5Sと6ってもう少し差があるんじゃないかと思っていたので結構意外。

比較サイトはこちら↓




iPhone/iPod touch | 2014.09.24 [EDIT]

フィルムカメラの裏蓋にソニーのNEX-5の撮像素子を付けてデジタル化・・・。この手はコケてるからね~

デジタルカメラ全盛期の時代にあって根強いフィルムカメラ愛好家が望むことの一つが裏蓋交換で簡単にデジタル化させること。
それが出来れば大好きなライカなどのカメラを愛でつつ、時にはフィルム、そして時にはデジタルカメラとして楽しむ!
その日の気分で着せ替えのようにフィルム一眼カメラを使い分けて一石二鳥!ってのが私の個人的なイメージ。違ったらゴメンナサイ。

まあ、ライカ使いの方にはデジタル化の裏蓋なんかいらね~よ!って人のほうが多そうですが^^;

それは一旦置いておいて、ここ数日話題になっていたのが、Konica Auto S3の裏蓋にソニーのNEX-5の部品を付けてデジタル化してしまった学生の話。


Web上で公開してまたたく間に拡散されて絶賛されているわけですが、この手のことは既に色々な人が考えていて裏蓋方式だけでなくてSiliconFilmというフィルム型のデジタル録画方式製品もあったりしました。

ただ、期待値は高くても実際に売れるかというと・・・。
コストばかりがかかってしまって需要と供給のバランスを考えると生産者にとってそれほど魅力的なものでは無いようです。
でも今回の話題は何が凄いって、ひとりの学生が個人で3Dプリンターを使ってここまで完成度の高い製品を作ったということ。撮像素子が大きくなったことや3Dプリンターの登場など技術革新によって色々な未来が開けてくるんだなぁと思った一件です。


話は戻りますが、先ほどのSiliconFilmなんかは、DigiPodという名前に変更してクラウドファンディングで出資者を募ったものの大コケしてしまって製品化にはたどり着かなかったとか。


裏蓋交換方式は実際に発売するとなると機種ごとに生産しなくてはいけまんせんし、バッテリーやメディアカードの問題も出てきますからあんまり現実的じゃなさそうですよね。価格もそれなりの感じになるでしょうし。そこまでして使いたいと思う方や売れる可能性のあるカメラと言えば、やはりライカぐらいでしょうか。
今後はさらに簡単な形式でそして安価にデジタル化出来るガジェットが出てくるかもしれませんね。

今回紹介した裏蓋交換でのデジタル化に関して興味がある方は以下のリンクからソース情報をお読み頂ければと思います。




カメラ関係 | 2014.09.22 [EDIT]

LightRoomでフォーカスポイントを表示させる無料プラグインソフト「Show Focus Points」

フリーで使えるフォーカスポイント表示プラグインが出たのでご紹介。
MacでもWinでも使えますが現在のところニコンとキヤノンの2メーカーのカメラのみ対応しています。今後は順次サポートする方向とのこと。

私のLightRoomにも入れてみたのですが、こんな感じ。
ニコンのサムネイルソフトであるViewNX 2でもフォーカスポイントは表示できますがLightRoom上で確認できるのは便利かも。



使い方は非常に簡単で以下のよう。




Lightroom | 2014.09.22 [EDIT]

ドローン(クアッドコプター)の驚異的な可能性を十分すぎるほど感じるプレゼン動画



昨年TEDにアップされたプレゼンテーションなんですが、最近ドローンに関する情報が盛り上がりを見せてきたのでご紹介しておきます。
ここの所、NHKの番組でもドローンを取り上げる機会が増えてきましたし、先日は総理官邸内で広島の土砂災害時に使用したドローンを安倍総理出席の会合で飛ばしたりと日本でも周知されてきましたね。

でもまだまだドローンの凄さはこんなもんじゃないぞ!ってことがよ~~~~く分かるプレゼンです。

この動画をみると4つのプロペラが付いたクアッドコプターがどれほど凄い可能性を秘めているのかがよく分かります。
去年の時点でこれだけのことが出来ていますから、今年はどんだけ~~と思ってしまいます。

6つや8つのプロペラがあるヘクサコプターやオクトコプターなどは安定性はあるものの4つのクアッドの動きには敵わないのでしょうかね。この動画の内容を言葉でいくら説明しても私の説明力では伝えることは無理。

とにかく驚きの技術でクアッドコプターを制御しています。
これから先のドローンの可能性を十分すぎるほど感じさせてくれるプレゼンテーションです。

600万回近く再生されているようですので見た方もいるかな。
見ていない方は以下の動画を是非どうぞ。

日本語字幕付きでご覧になりたい方はこちら


ドローン | 2014.09.17 [EDIT]

これって完全にハードディクスの容量じゃん! SanDiskが512GB!!!のSDXCメモリーカードを発表

カード容量一杯になるまで撮影したらパソコンのどこにデーター移動するんだよ!って突っ込みたくなる容量のSDカードが発売されるようです。
SanDiskから発表があった512GBのSDXCメモリーカード。凄い容量ですね。
その昔にNASAが宇宙へ持っていくメモリーカードは100万円する1TBの特注品らしい。な~んて本当か嘘か分からないような話を聞いたことがありますが、そんな話も一般的に入手できるレベルになってきたことが驚き。



現在の実売価格をネットで見てみると ↓




カメラ関係 | 2014.09.13 [EDIT]

iPhone 4S/5/5c/5sをお持ちの方は9月17日のiOS8のアップデートでカメラ機能が大幅UP!

iPhone6の発表そして発売とともに9/17にはiPhone 4S/5/5c/5sをお持ちの方はiOS8のアップデートが可能になるとのこと。
バージョンアップしたOSで何が可能になるか。その詳細は以下のApple公式ページで確認していただくとして^^;




Apple - iOS 8 - 新機能
デベロッパに、圧倒的な可能性を。 使う人みんなに、圧倒的な体験を。 デベロッパのみなさんにとっても、使う人にとっても、iOS 8はこれまでで最も 大規模なiOSのリリースです。しかしその大きさが目標だ ...
Apple - iOS 8 - 新機能




カメラ機能そして写真アプリに関しては大幅変更があるようですよ。タイムラプスモードの追加もその一つ。
カメラに関してはマニュアル撮影が可能になるとか。iOS 8で用意されるCameraKitと呼ばれるAPIがあるらしいのですが、これをアプリ開発者が有効的に活用するとiPhoneカメラをマニュアル撮影することが可能になるらしいです。
以前、既にiPhoneの標準カメラでiOS8では露出補正が簡単にできる事をデモした動画が出ていましたが、ホワイトバランスやピントそして露出も含めてマニュアルコントロール出来るアプリも作れるんじゃないですかね?

有料の有名なカメラアプリがiOS8の登場と共にどういったカメラの追加機能を搭載するのかが楽しみだったりしますね。

iOS 8でカメラ・写真機能は大きく進化する - 松村太郎のApple先読み・深読み | マイナビニュース
本連載ではAppleが取り組むiPhoneやモバイルサービス、そしてこれから作りだされる未来の生活などについて、ジャーナリストの松村太郎氏が深読み、先読みしながら考えていく。今回は「iOS 8のカメラ ...
iOS8のカメラ機能に関しての興味深い話


auでiPhone5sと5cも高額で下取り開始してくれるそうですが・・・

iPhone6の発表に伴ってauではiPhone5の下取り価格を大幅アップして20000円!64GBの場合ですが。
32GBでも19000円!なんか複雑な気分^^; 購入した時は結構な差があったはずなんですが笑

で、私の持ってるiPhone5sも新たに下取り対象にしてくれるらしいです。
iPhone5sの下取り価格は64GBで26000円!
32GBでも25000円。やはり1000円安いだけ。32GBや16GBを持っている人のほうが圧倒的にメリットが高いような・・・^^;
高価格での買取は嬉しいものの複雑(笑)


上のキャプチャ画面はauホームページより。

iPhone | 下取りプログラム | au
iPhone:下取りプログラム ...
iPhone5Sも下取り対象に





ただ、高額買取で有名なソフマップの買取価格の上限を見てもauの買取額が高いことがよく分かります ↓




iPhone/iPod touch | 2014.09.12 [EDIT]

Nikon D750そしてiPhone6Plusが気になる・・・ 30万と9万か~

 

Nikon Rumors発信のNikon D750の噂が盛り上がりを見せていますね。
詳細は本家サイトで確認して頂ければと思いますが、価格は30万円程度になりそうですね。

ドイツのサイトでは価格らしきものが既に出ていて2149ユーロ(約29万6900円)だそうです。
あくまで噂の範囲ですが3.2インチ液晶のティルト式モニタがつくのだとか。噂ですよ。このクラスに液晶が動かせる形で乗っかるのは初ですね。これは期待!

フィルムの時代と何が変わったかって、ノーファインダー撮影の機会が圧倒的に増えました。
フィルム時代は緊急時でのノーファインダーってのはありましたけどデジタルになってからはノーファインダー撮影が楽にできるようになりました。しかし、バリアングルファインダーが付いていれば!と思う機会も多かったりします。

そんな声も多いはず。D5にはバリアングルファインダーって選択肢もありじゃないですか。耐久性を考えたらないか・・・。


さて、そして気になるのがiPhone6Plus!
iPhone5sを使っているので2年縛りもあるし本体の残金も結構な額が残っているし乗換えることは無いかなぁ~と思っていたんですが、手ぶれ補正付きのカメラにデカ液晶!そして場合によってはauから発売されるiPhone6PlusはSIMフリーだなんて噂も出回っています。明日には真偽が分かると思いますが・・・。

心拍数測れるAppleウォッチも魅力的^^;

Nikon D750 specifications leaked online | Nikon Rumors
Nikon D750 FX 24.3 MP full frame sensor features compact, lightweight, energy efficient design, buil ...
Nikon D750の噂詳細


カメラ関係 | 2014.09.11 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ