TOP > 2014年01月

経年劣化したウェハーライトバンクの黄ばみで新品との色温度の差が激しい・・・。

コメット社のウェハーライトバンクを使っているのですが、最近新品が納品されて思ったのは、ずいぶん白いな~と^^;
それもそのはず、昔揃えたバンクはかなり黄ばんでますから。

でも私が想像していた以上に黄ばんでいたようです。
比較対象が無いと人間って差が分かりにくいもの。
反対に比較対象があると少しの違いも見分けられます。

こちらが新品のウェーハーライトバンク200の内部。



そしてこちらが古いウェーハーライトバンク200の内部。



結構な差です。
この新旧バンクを左右から同じ距離でライティング組んだら・・・。
後での処理が面倒ですね。

実際に撮影した時にどの程度差が出るのかテストしてみました。




写真関係全般 | 2014.01.30 [EDIT]

ホテルで働く立役者!? 乳白色がとても綺麗なカップが魅力的



今の時期、ホテルは大忙しだったりします。企業や諸団体が1月、2月は新年会を行いますからね。賀詞交歓会とも言われますが・・・。
今年の電通の新年会にはあの人も呼ばれていたとかで世の中的には、どこそこの新年会には誰が参加したとか挨拶したとかってことが話題になったりしますよね。

そんなホテルの新年会をかげで支えている食器たち^^
とても綺麗な乳白色をしたカップやソーサーたちが整然と並んでいたのでパチリ。

PERCEPTION CHINA(パーセプションチャイナ)という素材を使ったNIKKOの強化磁器だそうです。一日に何回もつかわれ荒っぽく扱われることも多いでしょうからホテルにはピッタリな素材の磁器ですね。

普段なんとも思わないものでも大量に並べられていると不思議と引き寄せられる力を持つものです。


photo/写真 | 2014.01.27 [EDIT]

冬の時期の低い太陽は仕事上の撮影ではあまり好きじゃない




冬の時期は常に太陽が低くて刺すような光に感じることが多いです。
被写体を太陽光に応じて動かせたり時間帯を変えて撮影できたりすれば良いのですが、私の場合はそういった調整が無理な場合も多かったり・・・。

対象物の半分がビルの影になり、半分は順光の直射日光なんてケースも。
ここ数年はデジタルカメラのレンジ幅が広くなったことでかなり助けられていますが、それでも嫌なケースだったります。ストロボ光が十分に届く範囲なら良いのですが、場合によっては難しいケースも。

光を味方にしなくちゃ始まらない仕事だからこそ悩むシーンも多々。常に勉強ですね。


日記 | 2014.01.24 [EDIT]

都知事選取材の報道ヘリが3機いました。朝日とNHKとフジテレビのヘリかな



本日は東京都知事選の告示日。
各陣営とも第一声を行っていたようです。

選挙など人が多く集まる時には報道ヘリが飛ぶことも多いですが、やはり都知事選の今日も各社のヘリが空から狙っていました。

私が見たのは3機。
どの社の機体なのかは登録記号がヘリコプターの下部に書かれているのと、ペイントの特徴から見分けが付くのですが、120mmじゃ判別付かないよなぁ~。


でも、こういうのって詳しい人が見たら一瞬で判別つくんでしょうね。
自衛隊機とかも、ものすごく小さく写っている写真で判別つけられる方って多いですよね。私はまったく詳しくないので、そういった特殊能力を持っている人を本当に尊敬します。


ヘリが少しだけ大きめに写っているのがこちら。
さすがに拡大すると機体のペイントの特徴が分かりました。




一番後方を飛んでいるのが




日記 | 2014.01.23 [EDIT]

私達が見ている写真や動画は全て加工されたもの!? 動画版フォトショップを連想させられるミュージックビデオが驚きの内容です。

ハ​​ンガリー出身の歌手BOGGIEが歌うミュージックビデオが世界中で話題になっています。
その理由は動画を見て頂ければ納得です。


架空の動画レタッチソフトを使って、歌手BOGGIEがたった3分間ですっぴんの姿から美女へと動画レタッチされていく姿を美しく演出している内容なのですが、非常に面白いです。


実際にこういった動画版のPhotoshopのようなソフトがあるわけではありませんが、近い将来はこういったソフトでいとも簡単に動画もレタッチ出来る世界が来るのかな?と感じさせられます。

また、私達が普段見ている写真や動画は本当に真実の姿なのだろうか?という点も考えさせてくれるビデオだったりもします。実際動画でもレタッチは可能になっていますし、ここまででは無いにしても日常的に簡単に変更が加えられる日は近いのかもしれません。

動画内では照明も変わっていますし髪型までもクリックひとつで変わったりしているので、ここまで簡単に色々と変更することは数年内では難しいでしょうが・・・。

BOGGIE - NOUVEAU PARFUM (official music video) from THE SOUP on Vimeo.



彼女のFacebookでも、この動画の話題性が伺えます。
久々に驚きの動画を見せて頂きました。


Photoshop全般 | 2014.01.22 [EDIT]

Nikon D5200に激安のシグマ17-50レンズはコスパも高く最強コンビ!?  動く子供や赤ちゃんも綺麗に撮影出来ました。



つい先日、価格が下がりきったであろうタイミングだと確信して、ニコンのデジタル一眼レフカメラ"Nikon D5200"を4万円強で購入。
同じくシグマの"17-50mm F2.8 EX DC OS HSM"というレンズを3万円強で購入しました。


両方で7万円強でしたが、コストパフォーマで考えれば結構良い買い物だったのではないかなぁ~と自分では納得。
ボディの4万円は家計からの出費。レンズの3万円は自分のヘソクリから・・・^^;


カメラやレンズはこだわれば深くて悩みどころが満載。
レンズに関しても絞り羽根の枚数やコーティング手法、さらに最短撮影距離や周辺光量落ち、そして解像力の違いなどなど比べる部分が多すぎて悩みますよね。

一番重要な点は自分が最も撮影するであろう被写体にとって総合的に良いレンズを選ぶこと。


今回登場するD5200とシグマのレンズは魅力的に写りました。コストパフォーマンス的に!
なので今回購入したわけですが^^;


独身時代は自分の好きなカメラを仕事カメラとは関係なしにプライベートで使う用にリンホフマスターテヒニカとかホースマンとかレンズも含めて数十万円するカメラやレンズを当たり前のように色々と購入していましたが、いざ2人の子持ちになると自分で自由に使えるお金が・・・。それでも子供撮影用のカメラとレンズを購入出来たことには感謝。


子供を撮影するのがメインなんですけど、子供ってジッとしてないんですよ!常に動いてる。
止まって!と声を掛けたって基本的には止まらないですよね。

赤ちゃんならなおさらです。言葉を理解できないですし、常に色々と興味津々で周りを見ていますから。
カメラなんて格好のターゲット!

カメラを構えれば触りたくて手を伸ばしてきますし、カメラに届かないでいると泣き出します(笑)
ですので、子供を撮影する時って結構なのがオートフォーカスの速度や正確性。


NikonのD5200はオートフォーカスに上位機種であるD7000と同じマルチCAM 4800DXというセンサーを使っていて39点のAFシステムが使えるんです。
なおかつ3D-トラッキングという機能をONにすると最初にピントを合わせたターゲットを39点のフォーカスポイントが自動て追尾してくれるという素晴らしいシステムまで付いているので、動いている子供でもピント合わせが容易なんです。

この3D-トラッキングはとても便利で非常に素晴らしいです。使い方が慣れれば手放せなくなる機能かと。

下の写真のように動かないドングリにピントをあわせるなら必要ないんですが・・・。


3D-トラッキングのようなAFシステムも重要ですが、それにプラスして非常に重要なのが、




カメラ関係 | 2014.01.21 [EDIT]

Nikon D5200が安くなったので購入! 激安18-55mmレンズは更に小さく軽量化で新発売。レンズ選びは目的にあったものを。 

プライベート用で散歩やファミリーフォト用に使っていたNikon D5000の調子が悪くなり、修理するとしても新しいカメラを買おうかなぁ~と思っていたのですが、このたび型落ちとなるD5200を購入しました。


仕事で使うわけでも無いので我慢我慢。
最新機種のD5300が出た影響で、型落ちして値下がりしたD5200が私としては最もコストパフォーマンスが良いカメラだったので・・・^^;


とりあえず、D5200にNikonのレンズとしては非常に安価なズームレンズとして有名な以下のレンズを付けて撮影。
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

このレンズはD5000のキットレンズとして梱包されていたレンズなんですが、アマゾンでは¥25,849で売られています。非常に安い。

ただこのレンズの新型"AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II"が既に発売されていて、それも似たような値段で買えるので私が持っている旧型のレンズをこれから購入する人は皆無でしょうね笑


Nikonの旧型18-55mmをD5200に装着して試しに撮影してみましたがこんな感じです。簡易マクロは付いていませんが、この程度は寄れます。(かなりトリミングしています)

・AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ISO400


このレンズは条件さえそろえば良い描写をします。このレンズの良い所はとにかくコンパクトで軽いこと!!!
良い条件のもとで使えば描写も満足できるレベルですし18-55というズームレンズなのに265gという軽さ。これは荷物が多い時なんかは助かりますしエントリークラスカメラの場合はカメラ本体とのバランスが取れて撮影しやすいです。

でも驚きなのは、今度発売になった新型のレンズは更に軽くて195g!!!
どんだけ軽いんだよ~~と突っ込みたくなります^^;


軽くて安くてそこそこ写るレンズなので人気は高いんですが、もちろん問題が無いわけではありません。
新型のレンズは改善されたかどうか分かりませんが、旧型の私の持っているレンズはAFが少し遅いです。そしてシグマから出ている対抗レンズの方が描写は良いです。

・シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

このシグマのレンズは現時点でのカカクコムの最安値が¥31,320 になっていてNikonの18-55よりは5000円ほど高いのですが解像力はとても良いです。
感想としてはヌケが良い!それに周辺部分も18-55よりもかなりシャープな感じです。そしてF値がズーム全域でF2.8なので室内の撮影でも非常に便利です。

ニコンの新型18-55mmは旧型と比べて良くなっているらしいので、どの程度肉薄しているのか興味はあります。


カメラのレンズって買う時に非常に迷うと思うんですが大切なのは、




Photoshop CCの新機能"遠近法ワープ"や"3Dプリント"の使い方解説動画などの紹介

昨日、アドビがPhotoshop CCに新機能をアップデートしたことはご存知かと思います。

今回のアップデートで追加された機能は
・遠近法ワープ
・3Dプリント
・リンクされたスマートオブジェクト

・パワフルなデザインツール

これらの解説に関するサイトは英語ならば結構見つかったのですが、いまいち細かいところまで良く分からなかったのですが、昨日のアドビ公式のUSTREAMチャンネルで日本語にて詳しく解説してくれました。

昨日20:00~リアルタイムで見ようと思っていたのですが見られなかったので私も今夜見ようと思って

「います。

全部で100分以上あるのですが、Photoshopの新機能に関してはちょうど1時間経過した辺りから解説が始まります。
Photoshopに限って今回のアップデート内容をチェックしたい方は60分あたりから見ると良いと思います。


【アドビ公式Ustream Channel】
#35 本日アップデート!Creative Cloud デザインツールの新機能初公開



また、非常に簡易的なテキストの解説に関してですが




Photoshop全般 | 2014.01.17 [EDIT]

Photoshopの伝道師ラッセル・ブラウンなどのテクニック紹介動画7本が公開中

昨年の2013年11月8日に東京・丸の内JPタワーで行われたアドビのクリエイティブフェスティバル CREATE NOW / PLUS ONE DAY は見に行かれたでしょうか?

行きそびれた!日程の調整がつかなかった! な~んて人のために一部のセッションのビデオが公開されました。



公開されたのは「CREATE NOW/PLUS ONE DAY」キーノートである"Photoshopの伝道師ラッセル・ブラウンとジュリアン・コストによるPhotoshop+Oneの最新機能&テクニック紹介"などなど。全部で7本の動画。



ダイジェストなどではなく、セッションで行われた内容の全てが見られます。
イベントには行ったけれど時間がカブって見れなかったセッションがある人などにも良いかと思います。

ただ全てのセッションが公開されているわけではありませんのでお間違いのないようお願いいたします。


キーノート以外に公開されているのは、

○Photoshop CCとLightroom 5 - そのヒントとテクニック
アドビのジュリアン・コストがLightroomとPhotoshopに関するお気に入りテクニックTOP 10を紹介



○Photoshopを利用したスケッチ、描画、テクスチャ、そしてペイント
Photoshopの伝道師ラッセル・ブラウンと特別ゲストが、Photoshop CCを利用してスケッチや描画を行い、画像へのペイント効果を加えるためのヒントとテクニックを紹介




Photoshop全般 | 2014.01.16 [EDIT]

そろそろD5000を買い替えて安くなったD5200を購入しようかな。




ここ数日間は毎朝冷え込んでます。早朝に凍結することで有名な日比谷公園の鶴の噴水もつららが出来ていました。
昼には翼部分のつららは溶けて台座の部分だけにつららが残っていたりするんですが、昼になっても一部のつららが残っているっていうのは結構寒い証拠。あとは雪が降るのを待つだけか^^;


冬に見る噴水は寒々しいですが陽がさす昼間の噴水は寒そうに見えませんね~・・・。


話は変わりますが個人的なファミリーフォト撮影用に使っているデジタル一眼レフカメラがD5000という結構昔のカメラ。D5000番台カメラの最初のカメラですが今でもバリバリ現役だったりします。

ただ、撮像素子が疲れてきているのか部品が消耗しているのか、なんとなく違和感を覚えることが多くなりました。
そろそろ買い替えたほうが良いかな。

D5300やD3200というエントリーモデル機種が新発売になった関係で、旧モデルのD3200やD5200が非常に安くなってきていますからね。その辺りが狙い目かな。

D3200なんてボディだけなら3万円を切るんだから驚きです。
D3300が発表になってD3200が激安になったことが結構話題になっているようです。一眼レフが3万円以下というは確かに話題性が高いかも。


私がプライベートで重宝しているD5000は数千枚どころか数万枚のシャッターを切ったのでそろそろ色々とガタが来ていても当然。
ちょうど良い機会なのでD5200でも買おうかなぁ~と。


仕事ではD4を使っていますが、普段の子供の写真を重たいD4で撮影しようなんて思いません。コンパクトデジカメかD3000番台やD5000番台の軽いカメラがとても重宝します。

35ミリの単焦点レンズなんかを使えば結構シャープな感じの写真も撮れますしね。ただ動き回っている子供を撮影するにはAF性能がやはりキツイ。


そう考えると子供のように動きまわる被写体ほど動体予測などのAF性能の高いカメラの方が本当は良いんでしょうね。
ただ休みの日まで重いカメラは持ちたくない・・・。


全てを兼ね備えているカメラなんて無いですから、何に重点を置くのか。それがカメラ選びの一番大事なポイントですね。


日記 | 2014.01.15 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ