TOP > 2013年07月

ブラジルよりも遠い東京都!? 父島・母島・南島(小笠原諸島)がストリートビュー対応に! 



東京都から約1000 km 離れた太平洋上に浮かぶ島々、小笠原諸島。知っての通り東京都です。

未だ飛行路線が無く遠い遠い小笠原諸島。
それが東洋のガラパゴスと呼ばれる生態系を創りだしたと言われています。私達が小笠原に行くには竹芝桟橋から6000トン程度の「おがさわら丸」で25時間かけて船で行くしかありません。

海が荒れるときにはメチャクチャ揺れます^^;


基本的には交通手段はおがさわら丸しか無いのですが、生死に関わる急病人が出た場合には、硫黄島にある自衛隊が小笠原までヘリで迎えに来て、硫黄島まで搬送した後に硫黄島の滑走路から自衛隊機で本土の病院まで搬送するようになっています。


つまり小笠原の父島に行くには基本的には最低25時間以上の時間がかかるわけです。
その上、おがさわら丸は一週間に1便と決まっているので一度小笠原へ行くと一週間は帰ってこられません。


それが、ある意味でブラジルよりも遠いと言われている理由です。


私も一度だけ父島と母島、そして南島へ行ったことがありますが、本当に素晴らしい自然で思い出深い場所の一つです。
特に南島は想像を超える美しさでした。


そんな小笠原にGoogleストリートビューが登場!
先日富士山のストリートビューを公開したばかりなのに今度は小笠原!凄いですね~。




やはりここでも大活躍のトレッカー!4 日間にわたり、ストリートビュートレッカーで、小笠原を回ったそうです。

一日の入島制限もされている南島もしっかりとストリートビューされています。
この南島の扇池を見ることを目的に小笠原へ来る方も多いのだとか。

本当に素晴らしい場所です。




今回の撮影の様子がまたまた格好良く編集されてユーチューブに上がっています。




撮影の練習に最適な場所見つけました^^ カメラを購入したら町田リス園へ出掛けてみては?



デジタルカメラを購入したは良いけど何を撮影したら良いか迷っている人や撮影の練習がしたい人にはオススメの場所。
そんな場所が町田リス園(^^)

先日息子を連れて行ってきたのですが、リスが撮り放題!素晴らしいシチュエーションで楽しく楽に撮影出来る環境が整っています。



撮影の練習に動物園に行く方も多いと聞きます。
やはり最初のうちは街でのスナップにも勇気が必要だったり、何を撮影したら良いか迷ってしまうからだと思いますが、動物園だったらカメラを向けても抵抗感はありませんし、存分に構図やピントなどの練習ができますからね。


ただ、動物園だとどうしても望遠系のレンズが比較的メインになってしまう傾向があるかと思います。
目の前まで動物が来てくれる保証もありませんし・・・。


その点において、町田リス園は望遠レンズも活用出来ますし、手乗りリスに関しては魚眼ほどの広角レンズの練習も可能だと思います。



とにかくリス園にはタイワンリスが沢山います!正確な数はわかりませんが約200匹ほどは生息しているそうです。
朝と夕方が一番活発に動き回っていて、園内で購入するヒマワリの種を直接与えられます。
エサは1袋100円です。





私は夕方に二度ほど訪問したことがあるのですが、平日の夕方に行くとヤバイほど寄ってきます。
頭の上から両腕にかけて何匹も体に乗るほど。

あまりに多すぎても撮影に集中出来ないので、オススメの時間帯は、




photo/写真 | 2013.07.30 [EDIT]

横浜の動物園ズーラシアでボルネオオランウータンのドアップ写真が撮れたのですが・・・




先日の休みを使って息子と横浜にある動物園ズーラシアへ行って来ました。
運良くオランウータンが目の前に。


ガラス越しではあるものの迫力満点。かなり近い場所から撮影できたのですが、目の部分が陰になってしまってアンダー気味の写真になりました。

上の写真は修正済みのもの。
下の写真がオリジナルです。

Photoshopでマスクを作りながらアンダーな部分を持ち上げました。




日記 | 2013.07.29 [EDIT]

Photoshopの「コンテンツに応じる」やパッチツールなどは得手不得手を理解しつつ使うと効果的に楽しめます。

フォトショップを手に入れると絶対に使ってみたくなるツールに修復ツールがありますよね。

例えば
・スポット修復ブラシツール
・修復ブラシツール
・パッチツール
・コンテンツに応じた移動ツール
などなど。


最近は、フォトショップ以外のソフトでも常連のツールになりつつありますし、iPhone用のアプリでも修復系のアプリがありますが、やはり本家Photoshopの修復ツールは完成度が高いような気がします。

ただ、そうは言っても何でも完璧に修復してくれるツールではありません。
ツールごとに苦手な修復は沢山ありますし、そもそも一発で何もかも修復出来たらレタッチの仕事が無くなります^^;

そこで得手不得手が分かりやすい写真を一昨日撮影してきたのでテストしてみます。

まずは1枚目のテスト。
下のペンギンの腕輪を消してみたいと思います。

使うツールは何が最も適しているでしょうか?


腕輪全部を最初に選択して、選択範囲を「コンテンツに応じる」を使った塗りつぶしで試してみます。
「コンテンツに応じる」関連のツールはPhotoshopの魔法ツールの中心軸。

さて、うまくいくかな?



結果は・・・




Photoshop全般 | 2013.07.29 [EDIT]

オールドレンズの真打がついに登場! 幻のペッツバールレンズが300ドルで手に入る???

最近は最新型のデジタルカメラに昔のオールドレンズを装着して撮影するのが流行っているのだとか。
テレビでも特集を組んで紹介しているぐらいですから結構なマニアがいらっしゃるのだと思います。

そんなマニアに必見の情報が入って来ました!

1840年代、F15程度の明るさを持つレンズが最高のレンズだった時代に、脅威のF3.6というメチャクチャ明るいレンズを開発し周囲を驚かせた幻のレンズがあります。

それが「ペッツバールレンズ」


作ったのは1807年にハンガリーで生まれ、 ウイーン大学で教鞭をとっていたペッツバール教授。

当時のダゲレオタイプカメラに取り付けられていたレンズの明るさはF15程度のものだったらしく、このレンズでは風景は撮影できても人物となると・・・・。という状況だったらしいんです。感光剤の問題もありましたしね。レンズが明るいことに越したことはありません。

そんな状況下では誰もが明るいレンズがあれば人物撮影も可能なのに!と考えていたわけですが、それを実行に移して現実のものとしたのがペッツバール教授。

「ペッツバールレンズ」と呼ばれることになるこのレンズは人物撮影をメインとするために画面中央部の解像度を良くすることを中心としているので、ピントの外れた人物以外の場所は解像度が非常に低くなってしまったようです。




しかしながら、それが反対に今となってはレンズの良さとして引き立つ時代です。
オールドレンズのマニアの方々からしたら喉から手が出るほど欲しいレンズなのでは????

今回は、そんな幻の「ペッツバールレンズ」が復刻版として手に入る情報です。



米国の資金調達サイトで有名な「Kickstarter(キックスターター)」で「ペッツバールレンズ」復刻へ賛同してくださる方々を募っています。

募集サイトは以下。
http://www.kickstarter.com/projects/lomography/the-lomography-petzval-portrait-lens


300ドル以上の資金提供者へはレンズが届く仕組みになっています。
日本へ送る場合はプラス40ドルが必要とのこと。


既に現時点で世界中から賛同者が集まっている様子。
今確認した時点では480名のサポーターから17万1055ドルを集めています。

レンズには限りがありますのでご注意を!

デジタル全盛期のこの時代だからこそ「ペッツバールレンズ」の魅力にとりつかれてしまいそうですね。
一足早くアメリカでは非常に話題になっています。




カメラ関係 | 2013.07.26 [EDIT]

Photoshopの「コンテンツに応じて拡大縮小」ツールの賢い使い方の肝は選択範囲とアルファチャンネルだと思う。

フォトショップCS4の頃から搭載された驚きのツール「コンテンツに応じて拡大縮小」。
初めて見た時には夢の様なツールだと感心しました。

ただ、私はフォトグラファーなので、この機能はほとんど使用することは無いです^^;

使うとすればデザイナーの方でしょうか。フォトグラファーがこれを使ったらある意味偽造写真というか・・・。
と言うことで、私と同じようにカメラマンの方はあまり使わないと思います。

普段あまり使用しないだけに使い方が良くわかってない方も多いかと思います。
ただイザという時には非常に強烈なツールとなるので基本的な使い方は覚えておいたほうが良いと思います。

今回は非常に簡単ではありますが備忘録的にツールの使い方を書いていこうと思います。



以下のシロクマの写真は「コンテンツに応じて拡大縮小」を使って横に引き伸ばしたものです。




元画像は下の写真。
ただこの写真を何も考えずに「コンテンツに応じて拡大縮小」ツールを使って横に引き伸ばしても上のようにはならないんです。




特に何も考えずに「コンテンツに応じて拡大縮小」を使って横に引き伸ばした時には下の写真のようになります。
最初の写真との大きな違いが2つあるのですが分かりますでしょうか?


違い。
1つ目はシロクマが変形してしまっていること。
2つ目はシロクマの前方ではなくて後方部分が伸びてしまっていること。

ではどうすればシロクマを変形させること無く前方部分を伸ばせるのでしょうか???



答えは以下から。




Photoshop全般 | 2013.07.25 [EDIT]

Photoshop CCの「広角補正フィルター」はレンズ補正とは次元の違うツールだった!

Photoshop CS6から登場した新機能に「広角補正フィルター」があるのですが、私はCCになってから初めて使いました。

今まではレンズの歪曲収差などの補正と言えばレンズ補正がありました。ただ、私はあまりフォトショップでは使っていなかった機能の一つ。LightRoom上で若干のレンズ補正が出来るようになったので、わざわざPhotoshopを立ち上げてレンズの補正をする必要がなくなったからです。

しかし、新機能の「広角補正フィルター」は今までのレンズ補正ともLightRoomの補正ともまったくの別次元の凄いツールであることが分かりました。今更ながらではありますが・・・^^;


広角補正フィルターの凄さが分かりやすい3枚の写真をご用意したので、少しながらご紹介しようと思います。


1枚目の写真がこちら。


写真を開いたら「フィルター」→「広角補正...」を選択します。



すると、以下のように補正画面が開きます。
この時点で最低限の自動補正がされています。



広角補正フィルターの画面左上に以下のようなアイコンが表示されています。
上の2つが肝になるツール。

1番上が「コンストレイントツール」
2番目が「多角形コンストレイントツール」です。



2番目の「多角形コンストレイントツール」を使って、迎賓館の正門をツールで囲ってみると・・・。
あら不思議!

正門が直線に一瞬で補正されました!


これで、凄いと思った方もいるかと思いますが、まだまだ凄いのはこれからです。
以下の2枚のテスト写真の変化を御覧ください。

さらに驚きの補正効果が・・・・。




Photoshop全般 | 2013.07.24 [EDIT]

パノラマ写真14000枚を使用した富士山登山道のGoogleストリートビューがついに公開!



富士山の登山道をGoogleがストリートビューで公開しようとしている情報はネット上でも話題になっていましたが・・・。
ついに公開されました!

富士山ストリートビュー!
素直に凄いなぁ~と思います。

グーグルマップを開いて富士山の地図上でストリートビューのルートを見るとこんな感じです。



GoogleJAPANブログを読むと、今回の撮影はバックパック型の機材「トレッカー」を使って富士吉田ルートを登ったとのことです。
行程は3日間。
もちろん五合目からではなくて一合目からしっかり撮影されています。

撮影は 7 月 2 日にお中道を含む 1 ~ 5 合目までを撮影し 7 月 11 日~ 12 日の 2 日間で残りの5 合目から山頂とお鉢、下山道を撮影したとこと。




実際のストリートビューは以下に貼り付けておきます。


大きな地図で見る




Photoshop CCの新シャープ「ぶれの軽減」を手ブレした夜景写真に使ったら驚きの効果でした。

フォトショップがクリエイティブクラウドとなり、メジャーバージョンアップ!となりました。
既にお使いの方も多いかと思いますが、今回のバージョンアップで目玉のひとつと言われている「ぶれの軽減」について若干の感想を書いてみようと思います。

今回の進化はAdobeが「シャープ」な進化!と発表している通り、新シャープアルゴリズムである「ぶれの軽減」がきになる所。



発表前から海外ではユーチューブで情報が漏れ出たりしており話題性も高い機能です。
ブレと言っても、被写体ブレなのか手ぶれなのか・・・。そういった問題やレンズの画角によって生じるブレ具合の違いなど、ブレにも色々と種類というか違いがあるので、難しい所ですが、「ぶれの軽減」は全てのブレに完璧に適応するものでは無いと思います。

では一体どんな被写体に効果があるのか・・・。

これに関しては使い込んでいく中で感覚として覚えていく必要がありそうですが(ブレ写真を撮影しないのが1番ですが・・・)、数種類のブレ写真を試してみた時に、最も効果が綺麗に出たのは夜景写真でした。


実際に処理してみた画像の画面キャプチャ。
ほぼ自動でブレ部分のターゲットを見つけ出し処理してくれます。




下の写真が適応前のブレブレ写真。
なんでこれだけ下手な写真を撮影し所有しているのか・・・。細かいところは突っ込まないで欲しいのですが(笑)




さて、驚きの効果の程はいかがでしょうか?
下の写真が「ぶれの軽減」適応後。




Photoshop全般 | 2013.07.22 [EDIT]

米女優クレア・デインズの足をファッション誌『VOGUE』がPhotoshopでバッサリ切断

アメリカのテレビドラマシリーズ『HOMELAND』でCIAの作戦担当官キャリー・マティソンを演じる米女優クレア・デインズ。
日本でも人気があるようですので御存知の方も多いかもしれませんね。

このたびファッション誌『VOGUE』でHOMELAND用のスチール撮影があったようなのですが・・・。

その中の一枚が話題になっています^^;





おっと、完全に右足の膝からした部分がありません^^;
Photoshopでバッサリいった模様です。

現在も『VOGUE』の以下のページにアクセスすると閲覧できるので問題視はしていない???
http://www.vogue.com/magazine/article/all-eyes-on-claire-homeland-clarie-danes-and-damian-lewis/#1


10年以上昔のことですが、彼女は『ブロークダウン・パレス』撮影時にフィリピンに訪れた際、
「マニラには下水道がなくてゴキブリの臭いがする。腕や足、目や歯がない人がいる」
「不気味で気持ち悪い」
という発言をしたという話があります。

この発言がもとで、フィリピン政府はクレア・デインズが出演している全ての映画の永久上映禁止や、永久入国禁止まで言い渡されたとウィキペディアに書かれておりました。真偽は知りませんが・・・^^;


と、いうことは・・・。

『VOGUE』が意図的に彼女の足を消したという説も???


Photoshop全般 | 2013.07.18 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ