TOP > 2013年06月

ミラーレス一眼デジタルカメラの時代は終わった!? 日本と世界のデジカメ出荷台数をグラフにしてわかったこと。 

低価格コンパクトデジタルカメラがスマートフォンに押されていると言われていますが、ミラーレス一眼はどうなんだろうか?という素直な疑問から、ミラーレス一眼カメラの動向について少し調べてみました。

調べるにあたって使わせて頂いたデータはCIPA (一般財団法人カメラ映像機器工業)が毎月公表しネット上にも公開してくれている「デジタルスチルカメラ生産出荷実績表(カメラ映像機器工業会統計)」です。

日本で製造販売しているメーカーの多くをカバーしている情報ソースですので参考になるかと思います。
参考データに使われているメーカーは以下のとおりです。

  • オリンパス株式会社
  • カシオ計算機株式会社
  • キヤノン株式会社
  • 株式会社ザクティ
  • 株式会社シグマ
  • セイコーエプソン株式会社
  • ソニー株式会社
  • 株式会社ニコン
  • パナソニック株式会社
  • 富士フイルム株式会社
  • ペンタックスリコーイメージング株式会社



さて、データを元に簡単なグラフをいくつか作成してみました。
このグラフを見ると色々と面白いことがわかります。

もちろんグラフから読み取る事項に関しては推測の域を出ないものもありますが、出荷台数に関しては正確な数字になります。

最初に日本国内でのコンデジと一眼カメラの総出荷台数を比べた表です。
レンズ一体型・・・コンパクトデジタルカメラ
レンズ交換式・・・デジタル一眼カメラ(ミラーレス含む)



上のグラフを見ると、昨今のコンパクトデジカメ離れが何となく理解出来ます。もう少し詳しく価格帯などに分けてグラフを作らないと正確なことは言えませんのでコメントは控えますが・・・。

反対に1年前と比べて一眼カメラに関しては出荷台数がおおよそ倍に増えています。
この倍になった内訳を今度は、一眼レフかめらとミラーレスカメラで分けて見てみようと思います。


下のグラスはレンズ交換式デジカメの中で、以下の2つに分けてグラフ化したものです。
・一眼レフ
・ノンレフレックス

ノンレフレックスに関しては、いわゆる「ミラーレス」「コンパクトシステムカメラ」、レンズ交換式のレンジファインダーカメラ、カメラユニット交換式等が含まれています。



赤色で示されているのが、ミラーレスを始めとするノンレフレックスカメラです。
青色が一眼レフカメラ。


グラフを見ると昨年末にノンレフレックスカメラの出荷台数が急激に伸び年明けからは低調具合が続いていることがわかります。反対に一眼レフデジタルカメラは上下はあるものの昨年の同時期と比べると倍に出荷台数が伸びています。

ミラーレスに関しては話題性の高かった「Eos M」と「OLYMPUS PEN」の発売と年末のボーナス商戦で一気に販売が伸びたようですね。

一瞬ではありますが、一眼レフの市場を上回る出荷台数を誇る数字を叩き出しています。
この時期は日本でもミラーレスの時代が来た!!!!と騒がれていた時期でもあります。

一眼レフから時代はミラーレス時代へと変わるのか?と思われていましたが、実際にはそんなことはありませんでした。年末は驚くほどミラーレス関連デジタルカメラが売れたようですが年明けからはそれほど注目商品もなくミラーレスが思っていたよりも伸びていないように思います。


ただ、これはあくまで日本の状況ですのでアメリカやヨーロッパの状況も比べてみる必要性がありそうですね。
ということで、以下ではアメリカ向けとヨーロッパ向けの出荷台数をグラフで表してみました。

驚きの結果が・・・。




カメラ関係 | 2013.06.28 [EDIT]

ニコンがミラーレス一眼専用の新サイト発表! 「1 NIKKORスペシャルコンテンツ」




ニコンが本日から「Nikon1」ユーザーをターゲットにした新サイトを発表しました。

新サイト「1 NIKKORスペシャルコンテンツ」
http://www.nikon-image.com/sp/1_nikkor/index.htm


ニッコールと題されているだけあって、Nikon1で使うレンズによって写真の表現に幅が出ることをわかりやすく解説したページになっています。

コンテンツは以下の5つで構成されています。

  • ラインナップをチェック
  • シーンでレンズを選ぶ
  • ギャラリー・撮りたい写真を見つける
  • レンズについて学ぶ
  • ニコンの技術を知る


具体的な内容としては、




やっぱり元祖エナジードリンクが一番? 元気ハツラツぅ?



最近エナジードリンクが増えてきてますけど・・・。
カフェインの取り過ぎって良くないですよね。パニック症候群なんかもカフェインの過大摂取が引き金になるような話もあります。

私も寝不足時にカフェインを無理やり摂取して体調悪くなった経験が^^;
眠気覚まし専用のドリンクはそれ以来飲んだことありません。

やっぱりオロナミンC程度のカフェイン量が私には合っているような気もします。まぁコーヒー一杯飲めばエナジードリンクのカフェインぐらいは摂取してるかもしれないですけど・・・。


日記 | 2013.06.26 [EDIT]

ロケ地探しに最適なサイトのまとめ! 撮影場所探しの検索に困ったらどうぞ

撮影場所(ロケーション)探しをするのもカメラマンの仕事の内だったりしますよね。
東京都内をはじめ、ロケーション探しの為のサイトというのがあります。

カフェや民家や図書館。病院や学校、駐車場などなど。

自分で探すとなると結構な労力を必要としますが、すでに施設側からロケに使用していいよ!と申請がされているものから選べば労力も半分以下になるのではないでしょうか。

有名なロケーション探しの為のサイトを集めてみました。
先日、東京ロケーションボックスのホームページがリニューアルしたこともあるので、一番上に東京ロケーションボックスを置きました。

道路上で撮影する際の警察等への届出の仕方なども書いてありますので、公共のスペースで撮影する際にはチェックしておくと良いかと思います。



東京ロケーションボックス
http://www.locationbox.metro.tokyo.jp/

東京都所管のデータベース

東京ロケーションボックスは、東京都内の公共施設、民間施設、映像業界、関連業者、地域の人々にご協力をいただきながら、映画・テレビドラマ等の円滑な映像制作をサポートする窓口です。

観光・産業・地域振興を念頭に、人々の心に長く残る作品や、国内外に広くに発信できる作品を制作者と共に生み出すことが、東京ロケーションボックスの使命です。


全国ロケーションデータベース
http://www.jldb.bunka.go.jp/

文化庁所管のデータベース。

全国ロケーションデータベース(JL-DB)の特徴は従来、ロケ候補地を検索するためには、各地のFCに個別に問い合わせたり、各地のFCが公開するウェブサイトを個別に検索する必要がありました。全国ロケーションデータベースは、日本国内のロケ候補地を効率的に検索できるインターネットサービス。



ロケなび!
http://www.locanavi.com/

映像制作者のみなさんを応援するサイト。
予算が削減され、年々厳しくなってきている映像制作現場をロケ地や、ロケ弁などの情報を無料で提供し、ロケ施設の受け入れ体制を整えることで、みなさんが効率よく、良質の作品を撮れるようサポートします。




locationbank(ロケーションバンク)
http://www.locationbank.co.jp/index.html


ロケーションバンクとは映画やドラマ・CMなどの映像制作や、ファッション誌、商品カタログ等のスチール撮影のロケ隊の方々がロケ地を探す際に利用するサイトです。




まだまだ下に続きます。
最後の方には、テレビや映画等で使用されたロケ地を調べることが出来るサイトの紹介もしました。




写真関係全般 | 2013.06.26 [EDIT]

こんなのが一眼レフに付いたら最強だなぁ! 東大が開発した高速視線制御トラッキングシステム。

東京大学の石川・奥研究室のグループが開発したカメラの自動追尾のシステム「高速視線制御トラッキングシステム」の動画がdiginfo.tvで紹介されていたのですが、今までの常識を覆す凄さです。


"動き回る物体を常に画像中心にとらえるカメラシステム"と題して投稿されている動画ではピンポン球を使ってトラッキングテストをしているのですが、ピンポン球をぐるぐる回そうが地面に投げようが完全に追尾しています。

この追尾のレベルは想像を超えますね~~。
一眼レフカメラにもトラッキング機能がついていて、ニコンのD4に付いている3Dトラッキングなどは非常に素晴らしいのですが、そういったレベルとは完全に別次元のトラッキングです。

とりあえず下の動画を御覧ください。



この追尾にはカメラ本体を動かすのではなくカメラの正面に設置した2枚のミラーを動かすことによって高速度の追尾が可能になっているそうです。
あまりに凄すぎて技術的には何も理解できなのですが(笑)
しかし、このトラッキングシステムを使用すると、サッカーの試合などで、確実にサッカーボールを追い続けたり、卓球の試合でピンポン球を追尾し続けた映像を撮影できたりしますよね。

野球ではホームランでのボールの軌道を最初から最後まで記録できたりと色々なものが非常に詳しく記録でき、非常に迫力のある映像が撮れるようになる可能性があります。


実際に卓球でのピンポン玉の動きを捉えた映像が下のものです。
これがまたまた凄い!!!



カメラ関係 | 2013.06.24 [EDIT]

うわ~! Ching_Liu氏がやりたい放題。最新のphotoshop CCやIllustrator CCなどを既に違法アップロードしまくりの状況

【注意・違法ダウンロードは犯罪です!】当サイトは違法ダウンロードを厳しく非難します。

危険過ぎる内容なので場合によってはエントリーを削除することを最初に明記しておきます。

Adobeが先日クリエイティブクラウドを発表し、私もPhotoshop CCをダウンロードしようとしていた矢先にfstoppersで目を疑うような情報が発信されていました・・・。

それは、公開されたばかりのPhotoshop CCが既に違法アップロードされているというもの。つまり公開から1日で海賊版が登場したことになります。

確かに調べてみると「Adobe Photoshop CC 14.0 Final Multilanguage」という名称でアップロードされています。
なんだこれは。恐ろしい・・・。これはソフト業界全体に対する宣戦布告???


Adobeは今回のCCでパッケージ版以上の完璧なまでの違法対策を施したと思われていただけに、海外でのショックも大きいようです。
既に何者か分かりませんが「Ching_Liu」という名前の人間がphotoshop CCだけでなくIllustrator CCやDreamweaver CCまでも違法アップロードしていることを先ほど確認しました。


冒頭にも書きましたが、違法ソフトのダウンロード使用は違法であり、誰もが撲滅を願っていること。
この違法アップロードは業界を震撼させたことは事実として記事にしましたが、くれぐれも違法ダウンロードは行わないでください。


PS:
当サイトではリンクは貼りませんし、もしも貴方がこの記事の情報を元にダウンロード先を見つけてソフトを違法ダウンロードするような行為は断じて許されるものではありません。


Photoshop全般 | 2013.06.21 [EDIT]

全部無料だから初心者もハイアマチュアも必見! カメラメーカーによるデジカメ撮影テクニック講座サイトのまとめ

カメラメーカが開設しているデジカメ撮影講座が思ったよりも沢山あったので以下にまとめて見ました。
ニコンやキヤノンが充実しているのはもちろん、他のメーカーでも色々と趣向をこらした面白い解説ページを作ってくれています。



デジタルカメラを作っているメーカーが作ったサイトだけあって、作りも綺麗ですし分かりやすいサイトが多いです。
一度まとめて置けば便利だと思い作成してみました。

ひとこと感想も付けてリンクを羅列してみました。よろしければブックマーク代わりにご活用下さい。

今後新しい便利なサイトが増えれば随時追加していきます。


SUNPAK:サンパック ストロボを使ってみよう

ストロボメーカーのサンパックが解説するストロボ講座。内容量が少ないのが残念だが今後に期待。


デジタル一眼レフカメラの基礎知識 | ニコンイメージング

ニコンの公式フォトテクニック講座。デジタル一眼レフカメラを使う上での基礎知識が身につくよう、機能やしくみを初心者の方にも分かりやすく解説している。用語解説も併設されており、基本的なことが網羅されていて、さすがニコンが解説している基礎講座という感じ。


レンズナレッジ – レンズのお手入れ | ニコンイメージング

ニコン公式のレンズのお手入れ解説ページ。
レンズのメンテナンスに関して最も詳しく最も丁寧に解説している秀逸なサイト。
プロサービスセンターの方々が実際に行なっている方法を解説しているので安心感も抜群。どのメーカーのカメラを所有していても必ず確認しておいたほうが良いサイト。


写真部応援マガジン「Top Eye」 | ニコンイメージング

中高生の写真部のメンバーの為にニコンが作成している写真マガジン。PDFデータですべてダウンロード可能。すべてのマガジンを読めばかなり上達すると思う。
中高生に向けて作成されているだけあって楽しみながら学習出来る作りになっている。


スピードライトでもっと写真を楽しく | ニコンイメージング

ニコンのスピードライト講座。「スピードライトでもっと写真を楽しく」は非常に秀逸。上に紹介したサイトを含め4つのニコンサイトをしっかり読み込むとデジカメ関連書籍数冊に匹敵すると思います。


キヤノン:LET'S START EOS

キヤノン公式のデジカメ撮影講座 基本的なことが網羅されている。
第1章 EOSの仕組みと撮影の準備
第2章 まず初めに覚えること
第3章 AFを使いこなして"ピンボケ追放"
  ・
全部で10章で構成されていて非常に丁寧で分かりやすい。


Canon デジタルフォトスタイル - 撮影テクニック

キヤノン Inkjet Printer 「クリエイティブパーク」内にある撮影テクニック講座。2007年が最終更新になっており現在は更新されていませんが、内容は非常に充実していて分かりやすいです。


キヤノン:Flash Work

キヤノン公式サイト内にあるストロボの用語解説ページ。
すべての解説が同じページに纏められているのでページ移動すること無く読めるので便利。
ひとつひとつの解説文字数も最低限に書かれているのでとても良いです。


デジタルカメラの基礎知識   PHOTO STYLE | リコー

リコー公式のデジタルカメラの基本知識解説ページ。
非常に初心者にとって有用な情報が満載
・セットアップ
・カメラの構え方
・撮影や移動時の注意点
・カメラの保管方法
などなど初歩的な内容も含めて掲載されています。


フォトテクニック   PHOTO STYLE|リコー

リコー公式のフォトテクニック講座。3つの項目に分かれて解説
・人物(女の子編
・風景(花編・紅葉編・夜景編)
・動物(ペット犬猫編)

初心者向きを意識しているので、どのメーカーのカメラを使っていても問題なく学べる点が共感できる。


Web写真講座|FotoPus(写真コミュニティフォトパス)|オリンパス

オリンパスのWeb動画での写真講座。OLYMPUS PENを所有している人に向けた写真講座という感じ。


デジタルカメラ撮影ガイド | 富士フイルム

富士フィルム公式のデジタルカメラ撮影ガイド。
・風景写真の撮影テクニック
・室内で料理や花を撮影してみませんか?
・花火の撮影にチャレンジしませんか?
・海辺で撮影をしてみませんか?
などなど、色々なシチュエーションでの撮影方法を解説


UMIX ムービー一眼講座 | LUMIX CLUB(ルミックスクラブ)

CLUB Panasonicの一眼レフカメラ講座。赤ちゃんや子供の撮影に関しての解説が充実。


Girls Lens《ガールズ・レンズ》|プロのカメラマンが教える女子レンズ講座

プロのカメラマンが教える女子レンズ講座。レンズメーカーだけあってレンズの特性をわかりやすく解説されています。子どもやペットの撮影方法から本格的なポートレート撮影まで解説。


αcafe | My Sony Club | ソニー

ソニーの@cafe Web内にある撮影講座。ソニーのカメラを使っての解説が基本だが共通する内容も多く参考にはなる。


一眼レフカメラレンズ・フィルター講座 | ケンコー・トキナー

ケンコー・トキナのカメラレンズ・フィルター講座。


Fotonoma カメラ用語集 | 富士フイルム

富士フィルムが運営するサイト「Fotonoma」内にあるカメラ用語解説集。用語も多く解説も分かりやすい。


写真撮影のコツ | コダック

コダックの「よい写真を撮るためのガイド」 写真撮影のコツを細かくカテゴリ別に解説。


タビトイロ - 旅の楽しみ 写す愉しみ | ニコン

ニコンの旅撮影ガイド。 写真家との旅を通して、旅の魅力だけでなく、旅先で活かせるちょっとした撮影のコツも解説するページ。
まだ始まったばかりのサイトで今後充実していく予定。







カメラ関係 | 2013.06.20 [EDIT]

今だからこそCamera Rawのバージョンアップが確約されているCS6を買っておこうかな。Adobe Photoshop CCのメジャーアップデートの提供を開始

本日からAdobe Photoshop CCのメジャーアップデートの提供が開始されたとのこと。
アドビもクリエイティブクラウドの時代になって、今後は毎月お金を支払う必要が・・・。
30日間は体験版で無料で使えますが、一度ダウンロードして使ったら手放せなくなりそうでダウンロードする勇気がなかったり(笑)

あ、ちなみにLightroom4の時も驚きましたがWindows XPではPhotoshop CCは使えませんのでご注意を。
Lightroomの時も知らずに購入して「アレ???」って感じで冷や汗だしましたが・・・。



Photoshopというソフトが素晴らしいことは誰も否定しませんが、ソフト1本だとしても毎月2200円というのは少し辛い^^;



ちなみにCS3以降のバージョンをお持ちの方は期間限定ですが1000円で購入できます。


Lightroomを現像ソフトと割りきって使い、その後の細かい処理は以前のバージョンのPhotoshopという手もあるのですが・・・。
ただ気になるのが今後のCamera RawバージョンアップをPhotoshop CS6に関しては保証している点。
Photoshop 日本公式ブログでも"RAW現像処理、Camera Raw の話"の中でCS6に関してだけは今後新しいカメラが出てもCamera Rawバージョンアップ対応すると明記しています。

最後の方にもしっかりと
「今後RAW現像をPhotoshopでしているユーザー様は、最新デジタルカメラを買い替えたとしても、安心してPhotoshop CS6、またはPhotoshop CCを継続して使用できるということです。」


このように書いているわけで、CS6という最後のパッケージ版がある今こそ念の為にCS6を購入しておこうかなぁ~という気も^^;

パソコン講座を受講するという名目でアカデミック版を購入する裏ワザを使えばPhotoshop CS6 Extendedも33000円で手に入れられます。
参考:「Adobeの指定校限定の激安アカデミック版ソフトを社会人でも簡単に買う方法

保険という意味でもCS6買っておくか・・・。


メジャーアップデートの詳細は以下の公式プレスリリースをお読みください
参考:アドビ システムズ、Adobe Creative Cloudのメジャーアップデートの提供を開始


Photoshop全般 | 2013.06.18 [EDIT]

新聞紙大の大きさもリングファイルの資料も無理なくスキャンできちゃうBookEye4! コンビニでのコピー機は将来コレを導入して欲しいなぁ。 

今回ご紹介するのはドイツで開発された驚きの大型スキャナ「Book eye」!
先ほど紹介したScanRobot2の流れで少し違った高性能スキャナーをご紹介です。

最近ScanSnapの最新版「ScanSnap SV600」が発表されて非常に話題になっています。
本をスキャナの下に置いてスキャンできるので手軽で便利という点が評価されているのでしょうか。

ですが業務版の世界では数年前からすでにこういったスキャナが存在していたんですね~~~。
BookEye4というスキャナーです。御存知ですか?
値段的には500万円程度らしい・・・。

新聞紙も1面まるまる簡単にスキャンOK! もちろん自動フォーカスです。
使っている姿を動画アップされているので貼り付けておきます。動画を見ると非常に便利で簡単そう。
コンビニにコピー機能を付けて設置してくれたら嬉しいな~。



下の動画を見ると便利さがよくわかりますが、新聞もそのままスキャン出来ますし、リング型ファイルもリングから外さずにそのままスキャンOK。

本もページをめくるだけでOKですから、コピー機のようにひっくり返す必要がありません。


ScanSnapの最新版「ScanSnap SV600」が発売後に更に注目度があがれば、コピー機として採用される日も近かったりして・・・。ちなみに私はスキャナー代わりにコンデジで撮影してデータで残しています。

それが一番カンタンで楽だったりしてね^^;


世界最速!? 裁断無しで非破壊ブックスキャン なんと1時間に3000ページ!!!

ScanRobot2という非破壊ブックスキャナは御存知でしょうか?オーストリアのTreventus社が開発した全自動のブックスキャナーです。
Googleが世界中の本をスキャンしてデータ化しようと試みていますが、そんなGoogleの壮大な計画に携わっている一つが、このScanRobotと呼ばれるブックスキャン! なんと2000万円以上するのだとか。




このスキャナの凄いところは本を裁断することなく、完全に自動でページをめくり300dpiでスキャンしていくところ。
基本的なスピードは1時間に2500ページをスキャン可能だとか。

驚きの動作はこちら

設定によっては更に早く出来るようで、なんと最速レコードは1時間に3118ページ!
1分間に52ページってことですよね。500ページほどの文庫本であれば裁断することなく10分でスキャン可能!
凄すぎる^^;

ScanRobot2はバージョン2で以前のScanRobotよりも色々とバージョンアップしているようですが、本の厚みも15センチまでOKなんだそうです。広辞苑って15センチありましたっけ?



こんなスキャナーを使える場所があったらいいなぁ。最速の「3118ページ/時間」を記録した画面。


以前開催されたeドキュメントJAPANでは前のバージョンのものが展示されていたそうです。
今年開催されるeドキュメントJAPAN 2013では最新型がお披露目されるのかな。

ちなみに今年の会期は2013年10月9日(水)~11日(金)
会場は東京ビッグサイトです。 


| ホームへ | 次ページ