TOP > 2011年02月

無料のスクリーンキャプチャーなら迷わず「webページショット-Webpage Screenshot 」

プレゼンを作成する時や、ウェブでの解説などでスクリーンキャプチャーしたい事ってありますよね。
そんな時は皆さんどのようにされていますか?

まさかプリントスクリーンボタン「PrtSc」でスクリーンキャプチャしているわけじゃないですよね?

今は無料でプリントスクリーンボタンよりも数段使いやすい画面キャプチャーソフトが出ています。
その中でも逸品なのがグーグルクロームの拡張機能で使用することが出来る「webページショット - Webpage Screenshot 」です。

※Webブラウザーのグーグルクロームがインストールされている必要があります。
インストールは
こちら


その機能といったら有料版のソフトをしのぐ使いやすさと機能性。
無料でここまで出来ちゃっていいの?とこちらが聞きたいぐらいの素晴らしさです。


webページショット - Webpage Screenshot


使い方は非常に簡単で、




ブログデザインを少し変えてみました。

ホームページを作る人のネタ帳」さんがリデザインしたとのエントリーを書かれていて結果が素晴らしかったのでデザインの刷新を触発されてしまいました。ネタ帳さんは非常に本格的なリデザインでしたが私の場合はかなり簡易的なリデザイン。

以前作成したタイトルロゴをチェンジしたかったので、新しいロゴを自作しました。
その関係で若干ブログのデザインも変更してみました。

以前のトップページはこんな感じです



タイトルロゴとイメージイラストの変更。タイトルロゴの左側に設置したイラストだけは今回唯一購入しました。あとサムネイル写真を上に持ってきてイラスト調にしてみました。

あと他にも変更したい所があるんですが、また時間が出来たときにやろうと思います。
自分で少しずつ変更してデザインを変えていくのって結構楽しくて時間を忘れてしまいます。

タイトルロゴは作成している間にデザインが段々変化してきて当初考えていたデザインとはかなり違うのですが結果的には良いかなぁ~と(~_~;)
@マークの上に乗っているグラデーションの四角形は昔から使っていた拙ブログのファビコンデザインです。
もちろん今でもファビコンデザインとして使っています。
時間があれば四角形を立方体にして乗せようと思ったのですが・・・。
続きは今度時間があるときにしようと思いますw

自分にHTMLとCSSの知識があれば、もっともっと変更したいところが沢山あるんですが初級レベルのHTML知識しかないもので毎回少しずつ勉強しながら変えています。

FC2ブログは自分で自由にカスタマイズが出来るのでデザインの変更などの時にはその素晴らしさを実感します。

どのブログサービスも一長一短あるとは思いますがFC2ブログは非常に良いですよ。
これからブログを作ろうと思っていて、自分なりに将来はカスタマイズしたい人は迷わずFC2ブログをお勧めします。


これで自然のディフューザーを味方に出来る!!! 雲の厚さが分かる天気予報 yr.noの「Meteogram」

ノルウェー気象研究所とノルウェー放送協会が合同で作っていてる気象情報サービス「yr.no」が非常に便利だったりします。

え?ノルウェー???と言われそうですが・・・。
もちろん日本の天気を提供しているのでご紹介してます。それも日本各地の天気を提供しています。
日本気象協会とは予報が違うのでどちらが当たるか!という楽しみもあります。

この天気予報が他と圧倒的に違うのが雲の厚みを予測してくれるところ。


上の写真はサイトの予報画面のひとつをキャプチャーしたものなんですが、




iPhone/iPod touch | 2011.02.25 [EDIT]

消しゴムの意外な使い方。 スピードライトとボディーの接点掃除に最適

スピードライトの接触が悪くなったときは皆さんどうされていますか?

接点の掃除を行えば大抵は解決することが多いですよね。
でも、接点の掃除ってどうやってます?


カメラのメンテナンスで意外と役に立つのが「砂消しゴム」というやつ。
特に接点を磨くのには研磨剤が入っているので最適です。
砂消しゴムといっても、あまり大きいものは接点には向きません。
ペン型になっている消しゴムは細い場所にも入り込むのでボディーのシュー部分にも使えます。


砂消しゴム+ペン型で検索すれば似たような商品は沢山出てきます。


で、実際のメンテナンスなんですが実はここでも落とし穴があったりします。
接点と言うと、




現役バリバリのプロカメラマンに激安で写真を教えてもらえるチャンス「白ヒゲ写真教室」

なんというビックニュース!
デジカメ初心者からハイアマチュア必見の講座が始まる情報をゲットしました。

現在現役バリバリで写真業界を先頭で引っ張り続けている白ヒゲこと新藤修一さん(日本広告写真家協会会員、APA)が4月から「白ヒゲ写真教室」を開始するとのこと。

http://shindows.exblog.jp/


現在は初級・中級のみ受付中。
すでに初級・中級共に受付上限数に近づいている為、ご興味のある方は早めの対応を。

以下、開催日、時間、授業料を転載させて頂きました。
詳しくは「白ヒゲ写真教室」でご確認下さい。

■写真教室開催日

  毎週土曜日 12:00~14:30 初級クラス
  開始時間を30分繰り上げました。@初級クラス
        15:30~18:00 中級クラス

開催日や時間は都合により移動することがあり得ます。
都合により新藤修一以外の別の適任の講師の場合もあり得ます。
平日の夜間クラス、希望者が多ければ開催も可能です。

上級クラス、こちらも考慮中です。

■授業料

    ひと月(4回分)16000円

    出席できなかった授業は翌月受講が可能です。



新藤さんはボランティア的活動である月例展などを通し、プロアマ問わずに写真業界の底上げをされてきた第一線で活躍されるフォトグラファーです。
現役の第一線で活躍するカメラマンに手ほどきを受けられるチャンスは滅多に無いと思います。

写真の腕も人格も超一流の新藤カメラマンの「白ヒゲ写真教室」
この教室から羽ばたく生徒さんの活躍が楽しみです。


私は反町隆史さんに似ていると解析されました!?『MyCeleb』iPhoneアプリ

結構面白いアプリを見つけました!

こんなタイトルつけたら反町さんのファンに殺されるんじゃないかとドキドキしてるんですが・・・。
でも、私が自分で言ってるわけじゃなくてiPhoneアプリが言ってるんです(笑)
一種のジョークアプリの類ですからファンの皆様許してね。

『MyCeleb』というiPhoneアプリですが自分が有名人の誰に似ているか解析してくれちゃうアプリです。

たぶん有名な俳優や女優だけが入っているんじゃないかと思うんですが、その数4000人以上だとか。
飲み会なんかで使えば盛り上がること間違いなし!

まあ、なんてったって私が反町さんやキムタクに似ている解析されるんですから(^^♪

アプリの使い方は簡単。
アプリを立ち上げると上の画面が出てくるので、写真を撮影するのかアルバムの中の写真を使うのか、どちらかを選びます。

アルバムを選んだ場合にはすぐに写真の解析に入って




iPhone/iPod touch | 2011.02.23 [EDIT]

ピントが合わない!ケース3 撮影トラブル

ピントが合焦しない!という現象だけでついに3回もの記事を書いてしまいました。
最初は1回で終わらせる予定だったのですが、書いているうちに内容が増えてしまい1回だと読むほうが大変だろうという判断で3回に分けました。

今回は最後のケースです。

ケース3 ・ピントの合致マークは点灯しているのにピントが合わない。

考えられる原因

1、視度調整または視度調節ダイヤルが動いている。
2、ボディまたはレンズの異常。
3、実は手ブレ


・ピントの合致マークは点灯しているのにピントが合わない。



この現象について考えてみようと思います。

考えられるものとしては
1、視度調整または視度調節ダイヤルが動いている。
2、ボディまたはレンズの異常。

この2つぐらいでしょうか。
今回は簡単な説明になりそうですので、前回・前々回のパターンも含めて「まとめ」的な内容にしたいと思います。

まず、




今話題の戦場カメラマン渡部陽一氏・宮嶋茂樹氏・高橋邦典氏がてい談!!! NHKディープピープル

2月19日の23時30分から30分間。
NHKのディープピープルで3人の戦場カメラマン(渡部陽一氏・宮嶋茂樹氏・高橋邦典氏)がてい談しました。

現場の第一線で撮影している方々ですので興味深く視聴させて頂きました。
今話題の渡部陽一氏がどんな話をするのか?というのも単純に興味がありましたが・・・。

宮嶋茂樹氏は多くの著書も出している有名な報道カメラマン。いやいやとても楽しい30分間でした。
見逃した方もいらっしゃるでしょうから、30分間のてい談内容の要旨を以下にまとめておきました。

現在フォトグラファーをしている方や、将来戦場カメラマンになろうという方はどうぞご一読してみて下さい。


番組で話したテーマは以下の7つ。

・使っている機材は?
・撮影手法について
・防弾チョキについて
・戦場で気をつけていることは?
・良い写真を撮影するために必要なこととは。
・自身のカメラマン人生とは
・フィルム派それともデジタル派?

【使っている機材は?】

高橋
24-105ミリを多用している。このレンズで90%は撮影している。


渡部
私は片方にスチールカメラ(16-35ミリを装着)。もう一方の肩にはビデオをかけていることが多い。最後の最後用にコンパクトでも撮影することを心がけている。

カメラはEOS1Dを使っている。古い型で画素数も少ないが、撮影の現場で耐え抜いてくれていて現在でも使っている。ものすごく重いカメラです。


宮嶋
私は24-70ミリと70-200をいつも大体常備している。
ストラップで「ブラックラビット」って知っていますか?
これがそうなんですが、最近はこのブラックラビットを使っているんです。


※ここで宮嶋氏が紹介していたのはBlackRapidの以下のストラップです。
ショルダータイプで2台のカメラを取り付けられるようになっています。
RS DR-2 Slim Double Strap



【撮影手法について】




ピントが合わない!ケース2 撮影トラブル

前回はピントが合わないトラブルのケース1としてオートフォーカスが動かない現象に対しての対処法を考えました。
今回は

ケース2
・オートフォーカスが動いているのにピントが合わない。

この現象について考えようと思います。
考えられる問題は

ケース2 ・オートフォーカスが動いているのにピントが合わない。

考えられる原因

1、視度調整または視度調節ダイヤルが動いている。
2、レンズの異常。
3、オートフォーカスが苦手としている被写体に向けている。
4、被写体がレンズの最短撮影距離よりも近い。
5、レンズが曇っている。
6、対象物にフォーカスポイントが合っていない。
7、マクロレンズを使っている。


大抵がこんな感じでしょうか。

対応策としては




ピントが合わない!ケース1 撮影トラブル

今まで何度と無く撮影中のトラブルには会ってきました。まだまだ未熟な私ですが、初心者が陥りそうなトラブルからプロでもあわてるトラブルまでのいくつかを何回かに分けて書きたいと思います。

トラブルは撮影の瞬間に発生することが多々。自宅でメンテナンスしている時には発生しないものです。なのでイザという時に慌てない為にも事前の知識と経験が大切です。

まずは誰もが一度はあるだろうトラブル。
ピントが合わない!

ピントが合わないといってもいくつか種類があります。
まずは慌てずに何が問題になっているのかを突き止めましょう。

ケース1
・オートフォーカスが動いていない。

ケース2
・オートフォーカスが動いているのにピントが合わない。

ケース3
・ピントの合致マークは点灯しているのにピントが合わない。



多くの場合は上の三つに分けられると思います。
では、それぞれの対処法を考えて行きたいと思います。




| ホームへ | 次ページ