TOP > 2010年12月

クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ Nikon SB-800をテストで使用。

スピードライトでバウンス撮影される方は多いかと思います。
バウンスさせたほうが光が回りやすいですし、直接当てるよりも柔らかい光になりますよね。

でも、本当にストロボを使いこなせていますか?ちょっとしたコツでストロボ名人?になれますよ。

たまには手法を変えて問答形式で・・・(~_~;)

ところでバウンス撮影の方法ってご存知ですか?

壁に当てれば良いだけでしょ?

確かに何かに反射させるからバウンスなんだけど・・・
ストロボのヘッドの使い方で随分違ってくるんです。

え~?言っている意味が分からないよ~。

 実際に違いを見た方が早いですね。
 下の写真を見てもらえますか?
 これはストロボを発光させた瞬間を撮影したもの。





上の6枚の写真はどれも同じスピードライトを使っているんですよ。光の強さはどれも1/1のフル発光。
なんでこんなにも違うのだと思いますか?

これ全部同じ設定なの?どんなトリック使ったの?

いや(~_~;)
トリックでは無いのですが・・・。
この下で詳しく説明しますね。




カメラ関係 | 2010.12.26 [EDIT]

佐藤ポン氏が書いているコラム「ストックフォト長者への道」がメッチャ笑える

たまたまマイコミジャーナルを見ていて辿り着いたコラム
佐藤ポン氏が書いているコラム「ストックフォト長者への道

読んでいて笑える箇所が多々(笑)

第1回目の冒頭は、

ストックフォトサービス未経験者が、ストックフォトを完全独学で勉強し画像を出品。それで収入を得ることはできるのだろうか? 世の中そんなに甘くない。でも、甘い夢見ちゃう。人間だもの。というわけで、ストックフォトサービス未経験者がストックフォトでの成功を目指す完全ドキュメントがスタート!


という形で始まる。読んでの通り、佐藤ポン氏がストックフォトで収入を目指してスタートするのだけど、結構な珍道中?でストックフォトがいかに簡単では無いことが良く分かる。

最初は、




写真集編集ソフトウェア 「ASUKABOOK Maker2」が来年1月にリリース(アスカネット)

写真集作成と言えば「アスカネット」が有名ですよね。
そのアスカネットさんが写真集編集ソフトウェア 「ASUKABOOK Maker2」を来年の1月からダウンロード出来るようにするとのこと。




あまりパソコンに詳しくなくても写真集が作れるアスカネット用のソフトです。
基本は業務用としてのソフトですのでアスカネットさんとプロ契約をした人が限定にはなります。

使い方は、




気になるデジカメのツイートをTwimono.comで見ちゃおう!試しにD7000を見てみた。

今Twitterで話題の商品をチェック出来ちゃう「Twimono.com」
【Twitterで欲しいmonoチェックできる】というのを略して「Twimono」と言うことらしい。

ツイート数の勢いやツイートのタイムラインが見れるので気になる商品や持っているモノの噂を知るのには面白いツールかも。
詳しくはサイトへ行って確認してもらいたいのですが大まかな説明は以下の通り。

Twimono.com(ついもの)はTwitterで気になる商品のつぶやきやトレンドを簡単にチェックできるサービスです。
欲しい物リストや買った物リストの作成・管理も楽々・簡単です。

  • 気になる商品のつぶやきとAmazonレビューが同時に見れます。
  • 日別のつぶやきグラフで商品の話題性の勢いやトレンドが分かります。
  • 欲しい物リストや買った物リストが簡単に作成・管理できます。



家電&カメラのジャンルはこんな感じ。ソニーとパナソニックが1位2位のツイート数。
ミラーレスが人気なのね~~。(※今週のつぶやき数が多い順に表示しています)

各商品をクリックするとツイートや勢いが見れます。
で、NikonのD7000を見てみると、




ブログとツイッターを併用しているならBackTweetsを試してみよう\(^o^)/

あるURLがツイッター上でツイートされているか調べるサービス「BackTweets」
たまにやると結構面白いかも。

自分のブログがツイッターでどんな風にツイートされてるかって気になることありませんか?
ツイッターの場合は、URLが短縮されてツイートされることが多いので、グーグル検索でURL検索しても引っかかってこないことが多々。

そんな時に便利なのが「BackTweets」
http://backtweets.com/

URLが短縮されていても見つけてくれちゃいます。



上の画面ではサインアップと書かれていますが、




誰だ! みひろとかすみ果穂って! 木村伊兵衛賞立候補だと!?

私が芸能関係に疎いだけかも知れませんが・・・
みひろ(女優)
かすみ果穂(アイドル)
のお2人って有名なんですか???


写真集「お2人旅 みひろ×かすみ果穂 写真集」が発売中なのだとか。

巷では、




2010年のYoutubeTOP100 170秒で一気に見ちゃおう!

一昨日、2010 年に日本国内で最も再生回数が多かった動画などのランキングが発表されました!詳細は以下のアドレスへどうぞ。
http://www.youtube.com/rewind

でも、世界ではどんな動画が話題に上っているのか気になるところ。
そんな人の為にTOP100を170秒で紹介しちゃう動画が製作されていました。

ただ気になるのはユーチューブ本体で発表されたランキングとちょっと違う気が・・・(~_~;)
まあ、動画自体は非常に面白いものが多いので問題なしってことで。

公開されていたのはhttp://tv.gawker.com/です。

下の動画を見て全編見たい動画があったら番号を覚えておいてhttp://tv.gawker.com/へ行ってみてください。番号ごとにタイトルとURLがリンクされていて、すぐに目的の動画を見ることが出来ます。
見れなくなっている動画もありますが、その辺りは大らかな気持ちで対応を。

本当に素晴らしい。ありがとう!


Wifiタクシーに乗車して来ました。 

都内で今月からドコモがWifiタクシーを走らせているというニュースは聞いていたのですが偶然み~つけた。


国会からの帰りにタクシー(飛鳥交通)に乗車したら、その車両がWifiタクシーでした。
運転手さんに聞いたら1週間ぐらい前に取り付けてからWifiに関して乗客と話題になったのは私を含めて2名だとか(~_~;)





運転手さんが言うには、実際にWifiに繋げてインターネットを車内でやったのは私が最初だったらしいです。
え~~~、一週間も設置してて誰も接続しなかったの~。ドコモにとっては戦略ミス???

ほとんど活用されていないらしい。

う~ん。とっても簡単に繋がるし、




Nikon D7000で長時間露光! ISO感度と露光時間を変化させてノイズの出方を簡易検証してみました。

ニコンから発売されたデジタル一眼レフカメラD7000。様々な機能がパワーアップされているとのことで発売当初から爆発的な人気です。
たしかにこのカメラは撮影していて問題に思うような箇所はありません。

コストパフォーマンスに優れた素晴らしいカメラだと思います。
なので今回のような意地悪なテストもしてみたくなってしまう(笑)

基本は簡易テストですのであしからず。
どの辺りが簡易かといいますと、ちゃんとしたテストですと外気温や湿度を一定に保つことや、シャッターのインターバルには撮像素子が完全に冷えるまでの時間を取るなどの公平性が必要になるかと思います。その辺りの公平性はメーカーテストではありませんので行っておりません。


さて、巷で話題に上っているのはD7000の長時間露光時のノイズはどうなの?という疑問。
ここでいう長時間露光とは1秒や2秒ではありません。
最低でも30秒。テストでの最長露光時間は20分です。

ご存知の通りISO感度を上げると高感度ノイズが発生しますが、それと共に長時間露光によるノイズも出やすくなります。
で、ISO感度によってノイズの出方が変化するのであれば・・・
ISO感度別の実用範囲上限の露光時間はどの程度か気になります。


ちょうど今日あたりが極大と言われる言われている「ふたご座流星群」や今年や来年の観測しやすい皆既月食など天体ショーを撮影するには長時間露光時のクセを知っておくのは大事なこと。

(あいにく今日は曇りだったので、下の写真は以前フィルムで撮影した流れ星)

そこでISO200,400,800,1600,6400でテスト撮影をしてみました。
テスト撮影方法は、レンズにはキャップを付けた上で黒布の2重に巻いて遮光。
ボディのファインダーには黒パーマセルで何重にも遮光した上でカメラ本体にも黒布を巻いて遮光しました。

その上でバルブ撮影。露光時間はそれぞれの撮影によって変化いたします。各画像に表示されている時間を参考にして下さい。




首都高速から見える東京スカイツリーを撮影(nikon D7000)

首都高速で浅草方面に行くと東京スカイツリーが見えてきます。
今日はあいにくの曇天ですが車中からのスナップをD7000で撮影。

先輩と葛飾方面に行ったのですが帰りは大渋滞・・・。疲れた。



  • モデル名: Nikon D7000
  • 焦点距離: 90mm
  • 絞り値: F/7.1
  • シャッタースピード: 1/800秒
  • 露出モード: プログラムオート
  • 露出補正: +0.7段
  • 測光モード: マルチパターン測光
  • ISO感度設定: ISO 2000
  • ホワイトバランス: オート, 0, 0
  • 長秒時ノイズ低減: しない
  • アクティブD-ライティング: しない
  • ピクチャーコントロール: [SD] スタンダード

Lightroom3で画像処理してるので上のデータを載せてもあまり意味無いとは思うのですが・・・(~_~;)
車からの撮影だと、ガラス越しになることが多いですよね。ガラス越しだとシャープさも欠けますし、コントラストも弱くなります。
そんな時はあとから画像処理するしか無いですからね~。
今回もLightroomでコントラストを強く処理しました。

東京スカイツリー以外にも




| ホームへ | 次ページ