TOP > 2009年12月

デザイナー様へのお願い。出る色でデザインしてくださいm(__)m

映画の広告業界って、広告の歴史が長いし色を大切にしてるから、さすがはプロなんだなぁ~と実感した出来事。

今にはじまった事では無いんですが、ディズニーとか映画業界の広告って色使いがうまいなぁ~と。

新聞の印刷になった時に感じます。

というのも、原稿が入稿された時のデータが新聞印刷で出る色の範囲内でしっかりと勝負して来てくれてるんです。

書き文字などのイラストも同じなんですが、色使いのうまいデザイナーさんと、新聞印刷の現状を把握していないデザイナーさんとでは、出来上がりがまったく違ってくるんですね。


え~、説明が下手なので、画像で説明しますと、



上の画像を見てもらうと分かりますが、Japan standard V2でデータを作った場合、日本の標準的な新聞印刷のインクでシュミレートした場合、下のような色になってしまうんです。

そもそも、ちゃんとしたデザイナーさんであればJapan standardで作ることは無いとは思うのですが・・・。

でも、デザイナーさんによっては、新聞印刷のインクでは再現できない領域の色をメチャクチャ使ってデザインを作っちゃうんです。

スタンダードなのかは分かりませんが、多くの新聞印刷の場合、インキの色特性はSWOP(新聞紙)、色分解の種類はUCR、黒インキの制限は95%、インキの総使用量の制限を240%程度に設定するのが多いようです。

既存プロファイルを使う場合はJapancoler2002 Newspaperが手っ取り早いのだと思いますが・・・。


なので、もしもJapan standard V2あたりのプロファイルでデータを作成してしまうとモニターの色と印刷される色はまったく違う訳で、場合によっては再度印刷所で色の大きな変更をすることになってしまうんですね。


これって、どうなの?と思ってしまいます。


広告原稿では比較的少ないのですが、やはりデザイナーさんのレベルによっては、その辺りのことを理解されていない方も・・・。


さすがに、映画業界の広告はメチャクチャ色使いが上手いです。

ガマットが狭い領域で、綺麗な作品を仕上げて来る技術は素晴らしいですね。

ですが・・・




フォトショップでお遊び画像加工 

やっと年末!って感じがしてきました。
撮影が少なくなって来たので(~_~;)

ということで、本日はず~~っと画像処理などの仕事。

でも、合い間をぬってお遊び画像処理?画像加工みたいなこともしてます(笑)

ちなみに今日のお遊びはコチラ


上の写真を加工して



ジッツオのストラップを消してみました。

でも、こういった加工は私の専門外なので、到底お金をもらえるような仕上がりではありませんが(~_~;)

これは、フォトショップのバージョン7でやったんですが、7からはパッチツールやらなんやら、色々と便利なものが付き始めて、非常に簡単に加工が出来ます。

職場のメインPCはCS4なんですが、私のお遊びに使うわけにはいかないので7で処理。

言い訳じゃないけど、CS4だったらもう少し綺麗に処理できたかなぁ(笑)


でも、短時間でこういった処理が出来るフォトショップって何者?って思いますよね。


そろそろCS5のウワサも出てきているようですし。

次のバージョンではボタンひとつでこの程度の処理が出来ちゃったりして(~_~;)


ところで、長いこと更新していなかったもう一つのブログも更新してみました。親バカ丸出しですが・・・。




え?もう埼京線で車内防犯カメラが試行なんですか? 監視カメラって・・・

つい先日、埼京線に防犯カメラを取り付けることを検討。という記事が駆け巡りましたが、もう取り付けるようです。

取り付ける行為よりも、どんなカメラを設置して抑止効果を目指すのか?って方が気になるなぁ。

プレスリリースによれば

1 試行内容等

・埼京線205 系車両2編成の1号車(大宮方)に車内防犯カメラを設置します。

・埼京線・川越線(大宮~川越間)・東京臨海高速鉄道線で車内防犯カメラを作

動させ、その有効性を検証します。


2 試行期間

・第1編成 2009年12月28日(月)以降 当分の間

・第2編成 2010年 1月下旬 以降 当分の間

※ 車両運用の都合上、運行しない日もあります

3 その他

・車内防犯カメラを設置する車内に、車内防犯カメラが作動中であることを表示

するステッカーを掲出いたします



とのこと。

警察庁からは天井にカメラを取り付けることを提案されていたようですが、実際に取りけるとなるとハードルが高く、結果としては以下のように設置するそうです。




宇宙でも大活躍!Nikon D3s 国際宇宙ステーションでの採用決定

本日のニコンのプレスリリースでD2XSに続き、D3sもNASAに納入だそうですね。

そういえば、以前お会いした宇宙飛行士の山崎直子さんともカメラの話で盛り上がったのを思い出しました。

山崎直子もNASAで渡されて訓練中に使っているのはNikonのカメラだと言われていました。
さすがは世界のNikon!

日本人が最初に持っていったカメラってミノルタ8700でしたっけ?秋山さんが持っていったのは確か8700だったような。なんでミノルタを持って行ったんだろう?

しかし、今はミノルタ(ソニー)は宇宙で活躍してないのかな?


カメラ関係 | 2009.12.21 [EDIT]

SB-900の前面パネルが溶けた件

以前書いたエントリーのSB-900ですが、本日、ニコンへ修理に出しました。

修理されて戻って来たわけではないので、原因はまだ解明されていませんが、NPSの方が言うには、ヘッドのズーム位置が定位置よりも前にせり出している。とのこと。

確かに、正常なSB-900のズームをワイド側にした時に比べると、数ミリ程度だと思いますが、前にせり出している様に見えました。

故障した後に、ズーム位置が前に出て固まったのか、故障する前からワイド側のズーム端を越えて、前にせり出していたのかは不明。


通常、連続発光することによって、発光管が壊れることはあっても、前面パネルが溶ける事例は聞いたことが無いと言う。

SB-800で溶ける?ことはあったようですが、今回のような気泡が出来るのではなく黒く変色するのだとか。


う~~ん。

今回の故障はナゾですね~。

故障から帰ってきたら、また詳細をUPしたいと思います。


カメラ関係 | 2009.12.18 [EDIT]

ツイッターはじめました。

タイトル通りツイッターをはじめたんですが。これは以前にも書きました。

投稿する内容を自分のWebクリップ代わりに使用しようかと。

その日に気になったサイト情報を基本的には「つぶやく」のが自分的にも良いかなぁ~と。

他のツールでクリッピングするのも良いのですが、ツイッターならば後で検索も出来ますし、クリップ数が多くなっても時系列にず~~~~っと並んでいますので、探すのも楽。

ということで、普通のつぶやきもありますが、基本はカメラ情報を中心としたサイトをつぶやきま~す(~_~;)

http://twitter.com/zyunaita



興味がございましたら、是非フォローしてください♪


日記 | 2009.12.17 [EDIT]

ニコンのスピードライトSB-900のフラッシュヘッドの前面パネルが焼けて気泡が発生

【注意】
・以下の故障は私がニコンの説明書に書かれている
注意事項を無視したことによって発生したものであり、ニコンの注意事項を守っていれば発生しない現象です。

よって、ニコンの製品を説明書通りに使わないと、以下のような現象が発生する可能性があるかも。と言う注意でございます。

SB-900の基本性能は素晴らしいものがあり、圧倒的なユーザー支持を得ているものと思いますが、連続発光を多用される方は以下のことに気を付けた方が良いかと思います。

追記:修理出しました。詳しくはこちら


うわ~~~。綺麗な気泡だなぁ!!!!



って、これ何の気泡だかお分かりでしょうか?
タイトルに書いてしまったのでモロバレ(笑)

SB-900のフラッシュヘッド部分の前面パネルです。

でも、こうしてマクロ撮影すると綺麗ですね~~って言ってる場合じゃないか(~_~;)


スピードライトSB-900の加熱 過熱防止機能をOFFにして使用し続けた結果がこの気泡の発生です。

この気泡が出来ても発光はするのですが、ズーム機能は使えなくなりました。





以前から、SB-900は加熱防止機能が付いていて、そのリミッターが邪魔をして仕事の実用面では困ることが多いので、使い始めた当初から加熱防止機能はOFFにして使ってきました。

ニコンの説明書には、加熱 過熱防止機能をOFFにしても、温度警告アイコンが出たら
・発光を止め、発光部を自然冷却してください。

と書かれています。





そして、連続発光時のご注意というページでは次のようにあります。

----------------------------------------------------------------
SB-900の加熱過熱と劣化を防ぐため、連続発光は下の「連続発光の制限回数」でいったん止め、10分以上、発光部を自然冷却してください。」

・マニュアル発光(光量:M1/1、M1/2)・・・15回以下
・マニュアル発光(光量:M1/4~M1/128)・・・40回以下

----------------------------------------------------------------


上記の注意を破ると・・・




カメラ関係 | 2009.12.16 [EDIT]

LED懐中電灯型カメラがまた発売されました。今度はサンコーから。

以前紹介したLED懐中電灯型カメラは、メチャクチャ怪しい機能満載の

サクサデジタルビデオレコーダーVR100- 紅カラス -



なにが怪しいのかは以前のエントリーを読んでいただくとして、今回発売されたのは、サンコーのLED懐中電灯型カメラ。

静止画と動画撮影が可能で価格は6,980円。



とてもコンパクトで、これなら遊びで買ってもいいかなぁ~と思わせる懐中電灯です。
怪しい機能は付いてませんし(~_~;)

でも、将来的には警察の懐中電灯には全てカメラが付く予感がしますね~。




操作はとても簡単で、ボタンが3つ付いているだけ。

・ライトON/OFF
・静止画撮影ボタン
・動画撮影ボタン

この3つだけ。



これなら、普通の懐中電灯としても活躍しそう。
暗くて細い部分や、屋根裏部分、または床下などの撮影にも重宝しそうです。

スペックも




Eye-FiカードとWiFi対応プリンターでコード要らず。

全然更新できていないいないですね~。(~_~;)

それだけ師走だけに忙しいと言うことでご勘弁くださいOrz

なんだか、Eye-FiカードとWifi対応プリンターは最強!と書いたら、気になる方がいるようで。

でも、そんな深い意味は無いんですが(~_~;)
ようするに、全てがストレスフリー!
コードレスにて完結できると言う嬉しさが「最強」という言葉になって出たわけです。

Eye-Fiカードをご存知無い方もいらっしゃいますかね?

Eye-Fi公式サイトはこちら


上のカードがEye-Fiカードです。
2GBなのに1万円近くする高級品!

なぜ高級かと言えば、このカード自体に無線LAN内で写真を送信する機能が付いているからです。


昔は写真だけしか送信できなかったのですが、今では動画も送信できるカードにパワーアップしております。

4月には「トレたま」でも紹介された商品。
カメラマンの間では、かなり前から知られたカードですよ。


http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/trend_tamago/tt_105.html


今のカメラは、無線LANで写真データを送信できる機能が付いているものも増えてきました。
一眼レフであれば、後からオプションで付けられたりもします。

ですが、私がプライベートで使うコンパクトデジカメに無線LANでの送信機能は付いていないんですね~。


なので、このEye-Fiカードが大活躍。
ノートパソコンを立ち上げておけば、撮影した直後からPCへ画像が転送されていきます。


マイドキュメントのマイピクチャに「Eye-Fi」のフォルダが自動作成されて、その中に日付ごとに自動でフォルダが作成されていきます。

LightRoomを立ち上げて、フォルダを監視させておけば、自動的にLightRoomへと画像が入っていくんですね~。


と、ココまでは前から出来ていたこと。


最近購入したキャノンのEye-Fi対応プリンターでは、




カメラ関係 | 2009.12.11 [EDIT]

このコンビ最強


新しく、無線LANでプリント出来るキャノンのMP640と言うプリンターを購入したのですが、このプリンターとEYE-Fiカードとのコンビは最高、最強かも。

素晴らしい!の一言。

時代は進んでるんですね~。


| ホームへ | 次ページ