TOP > 2009年11月

迎賓館の前庭一般公開へ行ってみました。「天皇陛下御在位20年記念迎賓館赤阪離宮前庭前庭公開」

今月の26日~28日の土曜日までの3日間、迎賓館の前庭が一般公開されました。

いつもの葉書で応募して抽選で当選!というのとは違って、誰でも並べば入れます。
ただ、いつもの一般参観と違うのは建物内部には入れないこと。

ですが、前庭の一般公開は史上初の出来事。

これは行っておかねば。ということで、散歩してきました。



私が行ったのは開放2日目の金曜日。
平日なので並ばなくても・・・

と思っていたのですが、予想以上の人出が(笑)



私は、10分ほどで中に入れました。
土曜日は40~50分待った方もいらっしゃったとか。

いつもは入れない場所ですから是非この機会に。という方が多かったのでしょうね。


今回の開放に関しての注意書きがありました。



アップするとこんな感じ。
今回の公開の正式名称は「天皇陛下御在位20年記念迎賓館赤阪離宮前庭前庭公開」だそうです。

?に入門制限とありますが、なんでも500人程度でキャパを考えていたようで、前庭に500人入った時点で入場制限があったようです。



仕事の関係で、今までも迎賓館に何度か行く機会はあったはずなのですが、ず~~~~っと迎賓館が工事中(改装中)だったので、国賓が来日するときにも、国としては迎賓館は使用せずに、都内のホテルを使用してきました。

少し前、中国の胡錦濤国家主席が来日した際にも迎賓館は使用されませんでした。
他の国賓級の方々も同様です。

ですので、私も実は迎賓館に入るのは初!

先輩カメラマン方は何度も入ったことがあるようですが、私にとっては未知の領域ですからね~。かなりウキウキ(笑)



さて、中に入るときには一応、形式程度の金属探知機チェックが行われます。それほど感度は高めに設定されていませんでした。

一応、ちゃんと警備してるよ。と分かってもらう程度かと思います。


さ~~て、待ちに待った前庭へ。




日記 | 2009.11.30 [EDIT]

デミ・ムーアの写真は無修正か修正か? カメラマンの暴露話。

ネットを久しぶりにブラブラしていたら、面白い話を見つけました。

デミ・ムーアが自分の写真は修正ではなく、もともと細いのだと自身を持って発言したことに対して、思わぬところから反撃が・・・(~_~;)

騒動の元になった話は以下の記事。

デミ・ムーア、雑誌のカバー写真を修整しすぎとの非難に「もともと細いの!」と反論

 2009年11月20日 16時30分[シネマトゥデイ映画ニュース] 

雑誌Wの2009年12月号の表紙を飾っているデミ・ムーアの写真が物議をかもしだしている。

 表紙のデミは47歳とは思えない美しさとプロポーションで写っているが、修整を加えすぎとの非難がインターネットででている。アクセス・ハリウッドによると、一番多いのが、お尻の左側を大きく消しているという内容。これに対しデミは、修整前の写真をツイッターで公開し、「わたしのお尻はもともとこうなの! この写真はものすごく気に入っているし、一日中、こんな感じで照明を当ててもらいたいわ。文句を言っているやつらにだまされちゃダメよ。お尻部分は修正していない。最近は細いの」とコメントしている。

 雑誌Wのスポークスマンは、「カメラマンはデミ・ムーアの写真に普段以上の修整は加えていません。デミはたぐいまれな美ぼうの持ち主で、表紙の写真はそれを象徴していると思います」と言っている。

記事URL :http://www.cinematoday.jp/page/N0020911



で、この記事だけで終われば、何てこと無いんですけど、今日の記事を読むと面白い方向に進展。

カメラマンが暴露しちゃってます(~_~;)
まあ、日本でもグラビアの写真なんて修正していない写真の方が少ないのかもしれませんが・・・

続きの記事ですが、

「雑誌の写真は無修整」と宣言したデミ・ムーア 逆にカメラマンが「無修正のはずがない」とコメント

詳細は以下




写真関係全般 | 2009.11.27 [EDIT]

休止状態から復活 とりあえず銀杏並木スナップ

いつもブログへ訪問されてくださっている方々には申し訳ありませんでした。
結構長いこと更新を中断してしまって。

あまりの忙しさに、自分自身もブログを更新するどころか、ネットすら出来ない状態に・・・(~_~;)

しかし、すこ~し、先が見えて来たと言いますか、少し時間が取れるようになりました。
通常の更新には戻るにはあと数日はかかるかも。


今日は気分転換も兼ねて、外苑の銀杏並木へ。




この人力車はなんという名前だったでしょうか?
ベロタクシー?

う~ん。名前を忘れてしまいましたが、とても気持ちよさそうです♪




落ち葉は、歩道の真ん中にはあまりありませんでしたが、道の端っこには落ちておりました。
子供たちも、楽しく遊んでおります。





ダークな色の葉に黄色の銀杏の落ち葉は何とも綺麗。

空を見上げると




日記 | 2009.11.26 [EDIT]

「Photoshop.com Mobile」使い方と機能一覧( iPhone用アプリ)

アンドロイド携帯のアプリにも登場して、再度脚光を浴びているアドビ社フォトショップの公式画像処理アプリ「PHOTOSHOP.COM Mobile」。

日本では公開されていないため、通常の方法ではDL出来ませんが、鍵コメにてコメント頂いた方からDL方法を教えて頂き、ちょっと使用してみました。

日本でも公開されました!
DLは
こちら

なぜ鍵コメにする必要があるのかはご想像にお任せいたしますが、まあ、そういうことです。

で、アプリを立ち上げる、このような画面が!

おお!





写真を選んで開くと、処理画面が出てきます。↓
画像処理画面は、このインターフェイスが基本で、おそらくアンドロイドのアプリも似たようなデザインかと。
上部にツールアイコンが出てきて、大きく分けると4つの機能が使えることがわかります。





まず、一番左の切り抜きアイコンですが、これをクリックするとメニューが3つ出てきます。

・Crop・・・切抜き
・Rotate・・・回転
・Flip・・・反転




ちなみに、切り抜きツールはこんな感じ。
縦横自由自在な切抜きが可能です。
回転しながらの切り抜きは今のところ出来ないようです。




次に、回転ですが、上の切り抜き画面で回転できればもっと良いのでしょうが、それは出来ないので、このツールで回転を!



↓この横位置写真を回転!!!



↓見事90度回転しました。
45度とか、中途半端な回転で決定することは出来ないようです(~_~;)
横位置写真を縦にする。または縦位置写真を横位置にする。
そういったことは可能です。



そして、反転機能ですが、上の写真を反転させたものが下の写真です。
上下反転になっていることが分かるかと思います。



次の大きなツール。
おそらく画像補正ツール一覧?と言えば良いのかな?

・Exposure・・・露光量調整
・Saturation・・・彩度調整
・Tint・・・色かぶり補正(おそらく日本語化されたら違う名称になると思います)
・Black & White・・・モノクロ変換


では、これらの機能を使ってみようと思います。
最初の露光量調整は、明るさ調整のことです。
写真を明るくしたり暗くしたり。

そして、




Photoshop全般 | 2009.11.11 [EDIT]

写真家 篠山紀信さんの事務所が家宅捜索されたそうです。ヌード写真集『20XX TOKYO 』の件で。これも略式命令になるのかなぁ~

いきなりビックリニュース。

篠山紀信さんの事務所が家宅捜索されたとのニュースが入ってきましたね。
ヌード撮影で有名な紀信さんのことですから、ヌード撮影だろうとはピンと来ましたが、詳しくニュースソースを読んでみると、写真集『20XX TOKYO 』の件で家宅捜索しているそうです。



朝日出版社から出た原紗央莉さんをモデルにした写真集ですが、許可されていない場所での撮影や、撮影中の110番など、多くの問題が指摘されているとのこと。


少し前には、砂浜でヌード撮影をして写真家・藤田和宜さんとモデルに罰金の略式命令が出たばかり。
そのことに関しては以前のエントリーで書きましたが、
・ヌード撮影会で企画者とモデルが逮捕とのこと
・砂浜でのヌード撮影は罰金の略式命令。 カメラマンは罰金20万 モデルは10万とのこと。


いやいや、ヌード撮影に関しての世間の目が厳しくなってきているのは事実。

ただ、読売新聞で配信されているニュースを読むと、紀信さんの撮影の仕方にも確かに問題が・・・

以下は、記事の抜粋ですが、




今日はドコモとソフトバンクが携帯電話の新端末を発表

私はiPhone3GSに機種変更したばかりなので、新しい携帯電話を持つわけではありませんが、今日は新端末の発表日ということで楽しみです。

なんといっても、アンドロイド携帯電話がどんな進化を遂げて来るのかが気になりますね~(~_~;)

フォトショップアプリが出たりと、APPstoreに負けじとアンドロイドのstoreが活気が出てきてますからね~。

とりあえず、「ケータイwatch」サイトを昼頃にチェックしてみようと思います。


Android端末でもフォトショップアプリが登場とのこと。ただし日本ではまだ・・・。

iPhone/iPod touchのアプリでもPhotoshop.comアプリがアメリカで登場して一気に1位になったんですが、Android端末でも同じようなアプリをアドビが出したそうです。

その名も「Photoshop.com Mobile for Android」
Android marketから無料でダウンロードできるそうです。



この画面を見ると、iPhone用アプリとほとんど同じように見えますが、iPhoneアプリには付いていなかった




Photoshop全般 | 2009.11.09 [EDIT]

Nikon D3sの最高感度ISO102400の画像が公開

ニコンのHPではもちろんのことながら各ISO感度で撮影されたサンプルがUPされています。

しかしながら、メーカーから出されるサンプルデータはISO102400で撮影されたデータは無いみたいです。

ISO10万の素直なストレート画像?を見てみたいなぁ~と思っていたら、日経トレンディーネットで特集がされていました。



この記事本文でも書かれていますが、驚くような数値であるISO102400での画像は、思ったよりも綺麗。

確かに・・・。




カメラ関係 | 2009.11.06 [EDIT]

iPhoneの無料カメラアプリ

iPhoneはカメラか付いている事もあって、カメラアプリも充実していることを知りました。

ずっと初代touchを使っていたのでカメラアプリに関しては無関心でした(笑)
iPhoneの場合はカメラを単にカメラとして使うだけでなく、スキャナー代わりにしたりゲームとして使ったりと、カメラをフル活用していることに脱帽。

とりあえず、私が気に入った無料カメラアプリですが。
ひとつ目は、カメラのメタタグデータに入っているGPS情報を読み取って、地図に表示してくれる優れものの「Koredoko」アプリ。


「Koredoko」


iPhoneで写真撮影すると自動でGPSデータが写真に書き込まれるんですが、これって結構凄いことですよね。
普通の一眼レフでGPSデータを埋め込もうと思ったら、別のアダプタが必要です。
それも、GPSの捕捉能力はiPhone程高性能ではなかったりしますからね。
普通のカメラとして使うよりも、iPhoneならではのカメラの使い方が思い浮かぶところが素晴らしい。



サムネイル表示も出来て簡単に特定の写真を選び出すことが可能です。
ちょっとしたロケハンや散歩途中に見つけたお店や景色などをiPhoneでも撮影しておけば、後で場所を忘れてしまっても安心(^^♪

って、こうやって人間の頭って能力低下していくんですかね~~~(~_~;)
電話番号を覚えることが無くなっただけでも相当に退化したような気が・・・。





次は、写真の補正アプリ。


「mill colour」


こちらも無料アプリ。
でも、非常に細かい補正が出来るので、写真の補正だけであればこれで十分かも。

ガンマ値や彩度調整もRGBの3チャンネル別々に出来たりします。
コントラストを上げることも、黒をしめることも可能。

もちろん、





iPhone/iPod touch | 2009.11.02 [EDIT]

活用アプリ【ニュースなど情報収集】iPhone/iPod touchアプリ

iPod touchからiPhone3GSへと端末が変わっても、情報収集アプリはほとんど変化なしかな~。

皆さんがお使いのアプリとほとんど変わらないと思いますが、私が使っているニュースアプリは、

・産経新聞

いわずもがな、産経新聞の紙面が全て読めてしまうスゴイアプリ。wifi環境であれば比較的早く読み込めます。そして後でオフラインでゆっくりと電車の中などで読む!
これであれば満員電車でもOK。
3Gで読み込もうとすると結構重いです。



・Allatanys(あらたにす)

こちらは、産経に対抗?して朝日/読売/日経の社説やトップ記事の冒頭部分だけが読めるアプリ。
私は、これを電車の中で立ち上げて見出しだけをチェックしておいて、社に到着してから気になる1面のニュースや社説を読むようにしています。



・i47NEWS

こちらは、共同通信が中心になってつくっている47ニュースのアプリ。
共同が配信しているニュースは読み込むためにオフラインで読めるのですが、各地方紙独自の記事に関してはWeb上へ読みに行くため、オンライン接続が必要。
写真データなどが比較的重いです。




・GNReader

このアプリはグーグルニュースでリンクが貼られているニュース記事を読み込めてしまうアプリ。
著作権的には???
グーグルニュースはリンクをニュースサイトに対して貼っているというスタンスですので裁判になっても強気に出るようですが、このアプリは記事データを読み込んじゃってますから・・・(~_~;)
個人的には、非常に活用させていただいています。



・N-NEWS

日経新聞の記事が読めるアプリで比較的最近出来たアプリです。ただ他のアプリと違うところは記事を読み込んでオフラインで読む!ということが出来ません。なのでiPhone向けのアプリですね。非常に人気が高いアプリだそうです。


上記のアプリは全て無料!
普通の携帯端末で有料情報登録をしてニュースを読むよりも格段に便利な上に無料ですから、これだけでもiPhoneに乗り換えちゃう人もいるんじゃないですかね。


ココまでは、ニュースアプリですが、他に情報収集としてニュースや他のサイトを登録しておいて読むことが出来る素晴らしいアプリもあります。

無料のものでは、




iPhone/iPod touch | 2009.11.02 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ