TOP > 2008年12月

ストロボの色温度を変化させるためのフィルター(自作です)

最近のストロボ(スピードライト)には、ホワイトバランスをとるために、ストロボ光の色(温度)変換用のフィルターが付属しているものがあります。

たとえば、ニコンのSB-800やSB-900を購入すると「SJ-1」・「SJ-3」というカラーフィルターが付属してきます。
(下の写真)
スピードライトカラーフィルターセット SJ-1

このフィルターは、

・蛍光灯用-2種類
・電球用-2種類
・青色
・黄色
・赤色
・肌色
の計8枚セットになっています。

蛍光灯と電球用が2種類あるのは、蛍光灯や電球によって色温度の違いがあるため、1種類ではカバーしきれいないために2種類になっています。


このフィルターの使い道をご存知ない方もいるかも知れませんので、簡単に説明しておきます。
----------------------------------------------------------------------------
以下簡略説明
・電球を使っている部屋でストロボを使うと、電球の光とストロボの光が混ざり合うことになります。
 (電球の光は、約3200Kほど。ストロボの光は約5500Kほどです。)
電球の光で灯されている環境光にストロボの光が勝てば、全体の部屋の光の色が均一になりやすいのですが、電球の光が強かったり、広い部屋の場合は、ストロボの光が隅々まで行き渡らなくて、ムラが生じたりする場合があります。
この時、ただ単にムラがおきるだけならまだ良いのですが、カメラのホワイトバランス機能が部屋の光の状態をうまく解析できずに変な色になってしまうことがあります。
また、ホールなどの広い場所では、手前側だけがホワイトバランスがほどよくとれて、奥のほうが強い黄色になることがあります。
これでも良いという方もいるのですが、全体的にホワイトバランスをあわせるためには、環境光にストロボの光をあわせることによって、全体の色温度が均一になりムラがなくなり、ホワイトバランスをあわせやすくなります。
電球の灯ったホールなどで、ニコン純正の電球用フィルターをつけて、カメラ側のホワイトバランスを電球にして撮影すると、その効果が分かると思います。

-----------------------------------------------------------------------------



最初、SB-800を購入したときにフィルターが付いているのを見て、やっとニコンも純正フィルターを出したか!と喜んだのですが、使ってみるとちょっと使いにくい。

SB-800の場合は、SB-900の時に採用されたカラーフィルターホルダーが付いていなかったので、フィルターを折って、前面の隙間に差し込むだけなのですぐに落ちてしまうし、あまり実用的ではありませんでした。

SB-900についているカラーフィルターホルダーについても使いやすいと言えるほどでは無いにしろ、改良の余地はあるかなと。


と、いうことで私は数年前からストロボ用のフィルターは自作しています。

非常に簡単な作りのもので、ロスコのエフェクト・コンバージョンフィルターをパウチしてマジックテープを付けているだけです。

下の写真はロスコのエフェクト・コンバージョンフィルターをパウチしてちょうど良い大きさにカットしたのものです。
nikon-ストロボ用-フィルタ_004.jpg

最初は、ゼラチンフィルター(色温度変換用)を使って作っていたのですが、高いので、ロスコのものに変えました。

ゼラチンフィルターの場合は色温度変換フィルターはLBフィルターで、アンバーの場合はLBA。ブルーの場合はLBBで数値によって濃度が変わってきますよね。

ロスコのエフェクト・コンバージョンフィルターの場合は、アンバーの時には「A」。ブルーの時には「B」で同じく数値によって濃度が変化します。

以下はコンバージョンフィルターの変換値です。

A-1 5500K→5000K
A-2 5500K→4500K
A-3 5500K→4000K
A-4 5500K→3600K
A-5 5500K→3200K

B-1 3200K→3300K
B-2 3200K→3500K
B-3 3200K→3900K
B-4 3200K→4300K
B-5 3200K→5000K
B-6 3200K→5500K

スチールの場合に良く使うのが、A-5だと思います。
ストロボ光を3200Kという一般的な電球色に変化させることが出来るからです。

ムービーの場合は、ライトが電球なので、室内で外光の入る場合にはB-3が通常の場合使われます。

話がそれましたが、上の写真の自作フィルターに100円ショップで買ってきたマジックテープを付けるとこのように変化します。

nikon-ストロボ用-フィルタ_002.jpg

nikon-ストロボ用-フィルタ_003.jpg

これは、電球色用にA-5を付けた自作フィルターですが、蛍光灯用に作ったものもあります。これはロスコのコンバージョンには無い色なので、CCフィルターを使っています。

nikon-ストロボ用-フィルタ_001.jpg


ニコン純正の物と比べて、パウチしてある関係上、非常に硬くコーティングされていますので、かなり荒っぽく使っても破れたりはしません。

また、マジックテープですので、取り付ければカメラを様々な角度に振っても外れることはありません。

ストロボに装着した感じはこんな感じです。

nikon-ストロボ用-フィルタ_005.jpg

で、このマジックテープの良い点は、ストロボのヘッド部分の上下左右の全てにマジックテープをつけておけば、縦にも装着できる点です。

こうすることによって、完全にアンバーに色温度を変化させたくない場合に役に立ちます。もちろんミックスさせる必要がありますので、バウンスさせることを前提にして使用します。

nikon-ストロボ用-フィルタ_006.jpg


同じように、蛍光灯の場合も同じように装着します。

nikon-ストロボ用-フィルタ_007.jpg


蛍光灯の場合は、蛍光灯の色が蛍光灯の種類によって様々違うので、数種類作ることも考えられますが、外光が入ったりする場合や、蛍光灯と電球のミックス光。または外光と蛍光灯と電球光のミックス光など、状況によってかなり変化があります。

電球光の場合は、ホールなど外光が入らない場所で使われる場合が多いのですが、蛍光灯が使われる状況と言うのは、電球光が使われる状況以上に様々な状況が想定されるので、純粋な蛍光灯の色にフィルターを合わせても結局実際にはあまり役に立たないことが多いのが現実です。

なので、私は、電球用と蛍光灯用の、この2種類だけで乗り切ることが多いです。

たとえば、電球用と蛍光灯用のフィルターを下のように使うこともあります。

nikon-ストロボ用-フィルタ_008.jpg

上の写真の場合は、蛍光灯と電球光のミックス光の場合や、蛍光灯の部屋だけれども、壁面が黄色だったりする場合に役に立ちます。

いずれにせよ、環境光にストロボ光をすばやく合わせることが、結構求められることが多いので、このように改良して使っています。

本当であれば、ストロボ光と環境光とのミックス光でもホワイトバランスが綺麗に取れれば問題ないのですが、N社の場合はストロボ(スピードライト)を室内で使用した場合のみ、上手くホワイトバランスが取れない場合が多く、今後の、より良い改良を望んでいます。


カメラ関係 | 2008.12.26 [EDIT]

小さな勘違い。大きな違い。

とある会社に行った時のこと。

そこには画像処理専門の方々がいて、フォトショップはもとより、数千万円する画像処理ソフトなど、通常ではお目にかかれないソフトなどがあります。

私の撮影した写真を処理していただく関係で、どのような処理を施すのか、となりに座らせていただき拝見しておりました。

そこには多くのオペレーターがいて、それぞれ技術の違いがあることは明白です。その上での話です。

私の写真を処理して頂いていた方がフォトショップを使って、作業されているのを見て、「おや?」と思いました。

選択範囲を作って、トーンカーブで調整をしたのですが、調整が終わってから、選択範囲を「ぼかし」ていたからです。

「ぼかし」を行った後に、再度調整をするのかと思いきや、選択範囲の「ぼかし」をした直後に、選択範囲をリセットして違う作業に入っていました。

おそらく選択範囲の部分をぼかしてトーンカーブ調整をしているつもりなのでしょうが、順序が逆では、効果はゼロです。

その行為がなんどか見受けられ、結局、最後は「ぼかしツール」でボカシを入れていました。


その方は、入社直後なのかどうかは存じ上げませんが、まわりの方は指摘してあげないのでしょうか?
疑問に思ってしまいます。


やりたいことはわかるのですが、順序が逆ではまったく意図した結果にはなりません。
小さな勘違いなのかもしれませんが、結果は大違いです。


この一連の作業を見て、考えてしまいました。
オペレーターとしての専門の職業につかれている方が、このような単純な作業を勘違いしているのかと。



これはひょっとして他人事では無いかもしれないと・・・。



私も、さまざまなことで小さな勘違いをしているのかもしれません。

小さな勘違いでも、結果が大きな違いになることが・・・。

もし、私が勘違いしていそうなことがあったら、どうぞ、突っ込んでいただけますようお願いいたします。
おそらく、わたしも多くの勘違いをしていると思いますので。


私は、この一連の出来事をみて思ったのは、やはり知っている人が、ただしい情報を伝えていかなくては良くならない。ということ。

私はありがたくも、多くのスペシャリストの方々と知り合うことが出来ました。
その方々の情報を聞くことも、相談することも時には可能かもしれません。

学ぶ環境があるという状況。そして教えて頂ける方がいる環境というものに感謝します。

あとは、間違いを指摘してもらえるように、しっかりと学ぶ姿勢を忘れずにがんばって行きたいと思います。


これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

と、この場を借りて、多くの方に日ごろの感謝を込めてご挨拶申し上げます。


日記 | 2008.12.25 [EDIT]

Nikonの新型ストロボSB-900の温度計(過熱防止機能)について

過熱防止の文字が「加熱」となっておりました(~_~;)申し訳ありませんでしたm(__)m正しくは「過熱防止」です。ニコンの新型ストロボSB-900ですが、背面モニタを見ると、見慣れないマークが付いています。 SB-900_03.jpg 上の写真の赤丸印の場所に付いているのは、温度計です。 SB-900は内部の温度上昇に対して動作制限を出来るようになっています。 ニコンの取扱説明書には加熱過熱防止機能として書かれていますが、この機能をONにすると、ストロボ内の温度がある点に到達した時点で全ての機能が使えなくなります。 フル発光を続ける実験を前回致しましたが、この際にも、この加熱過熱防止機能が作動しました。 温度が上昇しはじめると、背面モニターの温度計表示が下のように変化します。 SB-900_02.jpg 一枚目の写真と比べると一目瞭然ですが、温度計表示に変化します。 そして、ある一定温度をこえると・・・シャットダウン! SB-900_01.jpg 電源をオンにしても、温度が下がるまで使用できなくなります。 前回、100回続けてフル発光させた時にも、この加熱過熱防止機能が作動したのですが、フル発光を62回続けたところでシャットダウンしました。(測定場所の温度は27度) 一切の機能が使えなくなりますが、約2分ほどすると、背面モニターがスタンバイモード表示に変化し、使用することが可能になりました。 しかし、たった2分ほどで温度が完全に下がっているわけではなく、シャットダウンが解除されてから、すぐに続けて12回ほどフル発光をした時点で、再度シャットダウン。 また、2分ほどの休息後使用可能になりました。 完全に温度を下げるためには外気温などの状況にもよるでしょうが、数十分はかかると思われます。
カメラ関係 | 2008.12.24 [EDIT]

NikonのSD-9(パワーアシストパック)の実力は!?

前回、SD-9は大きくて邪魔でかっこ悪いと書いてしまいましたが(~_~;)

その実力はSD-8を遥かに凌駕する素晴らしいものでした。
伊達に大きいわけじゃない(笑)

ニコンのスピードライトSB-900用に作られたSD-9ですが、さて、その実力は!?



今回は以下の実験を行いました。

【ストロボはSB-900でチャージスピード実験】
1、SB-900単体でフル発光した場合のチャージ時間。
2、SB-900に315V積層電池を使ってフル発光した場合のチャージ時間。
3、SB-900にSD-9を使ってフル発光した場合のチャージ時間。
4、SB-900にSD-8を使ってフル発光した場合のチャージ時間。


【ストロボはSB-800でチャージスピード実験】
1、SB-800単体でフル発光した場合のチャージ時間。
2、SB-800に315V積層電池を使ってフル発光した場合のチャージ時間。
3、SB-800にSD-8を使ってフル発光した場合のチャージ時間。

【SB-900の連続発光実験】
・SB-900にSD-9を装着してのフル発光テスト。100回フル発光させて、10回ごとにチャージスピードを測定しました。


以下、実験結果。


スピードライトSB-900
単体・・・約4秒
315V積層装着時・・・約1.3秒
SD-9装着時・・・約1.3秒

SD-8装着時・・・約2.2秒

スピードライトSB-800
単体・・・約4.5秒
315V積層装着時・・・約1.3秒
SD-8装着時・・・約2秒

※上記の実験の結果、SB-900は315Vの積層装着時とSD-9装着時では、電池が共に新品の場合は同じチャージスピードだということが分かります。
SD-8と比べると1秒ほども早いです。
ですが、あとは電池の持続性能が気になるところ。以下は発光回数におけるチャージスピード実験




SB-900にSD-9を装着し連続発行テスト(フル発光)
チャージスピード変化
20回発光時  約1.6秒
30回発光時  約1.9秒
40回発光時  約2秒
50回発光時  約2秒
60回発光時  約2.3秒
70回発光時  約2秒
80回発光時  約2秒
90回発光時  約2秒
100回発光時 約2.3秒

※上記の連続発光テストを見ると、30回ほどフル発光するとチャージスピードが約2秒と落ちますが、その後は90回までほぼ同じ速度でチャージ出来ています。100回目のチャージスピードも2.3秒とかなり早い!
SD-9の持続性能の高さが分かります。


なお、以下は電池電圧の変化です。

電池変化(V値変化)
・新品時(本体・SD-9共に)
1.626V

・100回発光後
本体 1.415V
SD-9 1.441V

カメラ関係 | 2008.12.23 [EDIT]

NikonのSD-9(パワーアシストパック)は大きかった!!!

積層電池が無くなるということで、ニコンから新しく登場したパワーアシストパック、通称ストロボバッテリーですが、これが想像以上に大きかったです。
nikon-SD-9_001.jpg

中の電池が今までのSD-8と違い全部で8本入るようになっています。
また、中に電池を入れると言うよりも、マガジンタイプになっていて、マガジンに電池をつめてからSD-9本体に入れると言う感じです。

nikon-SD-9_002.jpg


SD-8とSD-9を並べて撮影してみましたが、やはり一回り大きいですね。
というか、長い!!!

nikon-SD-9_003.jpg


長いと言うことは・・・。
嫌な予感はしたんです。

このSD-9を見たときに、あ!!!っと・・・。

長いとどうなるか。
カメラに取り付ければわかります。

nikon-SD-9_004.jpg

こんなに出てしまうんですね。
これではグリップ部分にはみ出してしまうので、手で持つときに邪魔になってしまって困ります。
実際に手で持つと、本当に違和感と言うか、しっかりグリップ出来ません。

なので、逆にグリップ部分には出ないように反対側に取り付けてみると・・・

nikon-SD-9_005.jpg

これだったら、確かにグリップ部分にはかかりませんが、反対側に物凄く飛び出してしまって邪魔だし格好悪い(~_~;)

どうやってボディーの下に着けろというんでしょうね(笑)


なので、専用のポーチが付属しているので、これに入れて持ち歩くのが妥当じゃないかと。

nikon-SD-9_006.jpg

後ろ側には、もちろんベルトに通せるように加工してあります。

nikon-SD-9_007.jpg


今回はSD-9の大きさの批判になってしまいましたが、次はこのSD-9の実力を調べてみようと思います。


カメラ関係 | 2008.12.22 [EDIT]

ニコンのGPSユニット GP-1の標高(高度)精度を測ってみました。

何度もエントリーに取り上げているGP-1ですが、今回も続けてのアップです。

今回はタイトル通りで、GP-1のGPS情報精度がどの程度か?というのを測ってみました。

今までは経度・緯度をもとにした位置情報の精度に関して書いていましたが、今回は標高(高度)表示はどの程度正しいのか?という点を見てみようと思います。

前回アップした写真の場所を見て、気が付かれた方もいるかも知れませんが、精度試験に使用した場所は・・・

NX-GPS008.jpg

そう、「憲政記念館」です。
なぜ、この場所を選んだかと言えば、下の写真に写っているものが答えです!

NX-GPS009.jpg

ご存知の方もいるかも知れませんが、この憲政記念館にある建物は日本の水準原点を表しています。
つまり、日本の標高を示した場所になります。

明治24年に日本の標高の基準値を作ろうということで、この建物が作られたそうです。

下の画像はそのことを示した文章です。

NX-GPS010.jpg


NX-GPS011.jpg

この文書を読むと、この建物の中にある水晶板の目盛りの中心のようです。

建物の中を見ることが出来なかったので、厳密にはどの高さの位置が水準原点なのかは分かりませんが、この場所が水準原点であることは確実です。

で、水準原点の標高は?というと、

「24.4140メートル」

では、この場所で撮影した写真のGPSデータは何メートルになっているのか!!!

じゃ~~ん!

NX-GPS012.jpg

26メートルを表示していました。

ということは、
誤差は約1.5メートルほど。


かなり正確ですね(^^♪

まあ、今回一度限りの実験ですので、場所が変化したり天候の変化などで数値は変わってくるのだと思いますが、今回の実験では、このような結果になりました(^^♪




ブログ内のGPSユニット「GP-1」関係エントリーはこちら

月例写真

久しぶりに新藤さんの月例に応募してみました(^^♪

今月は、捨てられないもの。ということで、私の場合はカメラ関係のアクセサリー類。

もう既に、使わない物が沢山ありますが、なかなか捨てられないんですね。
もしかしたら。という思いと、そのアクセサリーを使っている時を想像してしまうからかもしれません。

ですので、そんな気持ちを今回は写真で少しながら表現してみました。

写真の後ろのグラデーションはハーフフィルターをあらわしていて、リングの向こう側に見える景色は思い出を表現しているつもりです(~_~;)

実際にアクセサリーを使って撮影した写真をバックに合成すればもっと緊張感というか、リアル感が出たかもしれません・・・。

さて、もう既に新藤さんに送ってしまったので、あとは採点待ち(~_~;)

月例用01.jpg



もとの写真はこんな感じです。

月例用02.jpg



そして、上の写真にこのようなレイヤーを作って加工してみました。

月例用03.jpg



日記 | 2008.12.20 [EDIT]

ニコン純正サムネイルソフト「ViewNX」でGPSデータを使ってみました。

危なく忘れるところでしたが(笑)
ニコンの純正ソフトでGPS情報の閲覧をしてみたいと思います。

ViewNX2になってからGPS対応のソフトとなり、グーグルマップとの連携が出来るようになっています。

その使い心地はというと・・・

まずは、GP-1を使ってGPS情報を埋め込んだ写真を開きます。

NX-GPS001.jpg


ソフトの上のほうにGPSマップというボタンが表示されていますが、これをクリックします。

NX-GPS002.jpg


すると、サムネイルソフト上で選択した写真データすべてのGPSデータを取得し、ポイント表示してくれます。
この一括表示はニコン純正ソフトならでは?なのでしょうか。
一応ピカサ経由のグーグルアースでも可能です。

NX-GPS003.jpg


地図を拡大していき、ポイントをクリックすると、そのポイントで撮影された写真データがポップアップ表示されます。
これは、意外と便利ですね。

グーグルアースですとサムネイル写真が表示されて枚数が多いと見にくいのですが、ポイントであれば数が多くてもそれほど気になりません。

また、右のサムネイル画像をクリックすると対象となるポイントの色が変化するようになっているのも嬉しいですね。

NX-GPS004.jpg


グーグルマップは地図表示だけでなく、もちろん航空写真で表示することも可能です。

NX-GPS005.jpg


ポップアップ表示される写真の拡大部ですが、サムネイル写真だけでなく、GPSの情報も表示することが可能です。
この表示方法は見やすくて好感が持てます。

NX-GPS006.jpg
上の写真の黄色の円は実際に撮影したポイントです。

NX-GPS007.jpg


さて、次こそは標高の精度を測ってみます。



ブログ内のGPSユニット「GP-1」関係エントリーはこちら

日本語のピカサ3がダウンロードできました。




グーグルのサムネイルソフトとして有名なピカサですが、バージョン3が日本語版になってダウンロードできます。

なんと、顔認識機能が付いているとのこと。
まだ、私は使い込んでいないので分かりませんが、英語ならば説明動画がありました。

※顔認識はPicasaウェブアルバムにアップロードしたものだけが対象で、ピカサのサムネイルソフト自体が持っている機能ではありません。




英語が理解できない私としては、映像で読み取るしかありませんが(笑)
一度顔を認識させて名前をつければ、検索してくれるようですね。

メール機能でも威力を発揮しそうですね。
どの程度の認識能力があるのかが見ものですね。

ただ、アルバムにアップしなくてもソフト上で顔認識が出来るようにしてもらいたいですね。


LightroomでGPS情報の入った写真データを開いて見ました。

yukinyaaさんからLightroomからもグーグルマップに飛べるよ。という話を伺い、早速実験♪

昨日に引き続き、ニコンのGPSユニット・GP-1を使ってGPS情報を埋め込んだ写真を使っています。

どこでいつ何をしているかバレバレですね(~_~;)

Lightroomが1.4なのはご愛嬌(;一_一)
2も持ってますがあえて1.4で。

LR001.jpg


ライブラリの画像情報表示画面にしっかりとGPSデータがありました!
これって、GPSデータが入った写真じゃないと出ない表示です。

で、これが拡大画面

LR002.jpg

GPS測定位置と書いてある右のほうに矢印「→」がありますが、これをクリックするとグーグルマップに飛んじゃいます!(^^)!

これだったら、グーグルアースをインストールしなくても出来るので簡単かも!
Lightroomって素晴らしいですね~。


LR003.jpg

で、また拡大部。

LR004.jpg

一昨日は曇りの時に撮影したのですが、この写真は昨日の撮影です。
晴天の空の下、撮影したのですがGPS情報の誤差はというと・・・・・・・


こんな感じです。LR005.jpg


やはり、ピッタリとはいかないようですね。

で、この次は、このGP-1は高度も測定できるので、高度の精度を試してみようと思います(^^♪

基準となる高度はというと・・・。まだナイショ(笑)
海に行って撮影しなくても精度を出せる方法を思いつきました。



ブログ内のGPSユニット「GP-1」関係エントリーはこちら
| ホームへ | 次ページ