TOP > 2008年11月

D3Xのネット流出写真について

D3Xの本物の画像が流出したと言うことで、本日はネット内が盛り上がっているようです。

なんでも、一瞬だけニコンのサイトにD3Xの写真がUPされたという話です。
これ自体、私自身が見たわけではないので真実かどうかは分かりませんが、ネット上では本物の画像が流出した!といって騒がれています。

さてさて、一体この画像は本物なのでしょうかね。

FXフォーマットと書かれていることから、この画像が本物であれば、今のD3と撮像素子の大きさは同じと言うことで、あんまり面白くないですね(~_~;)

この画像が、贋物であったら面白いんですけどね。


JCIIが黒白写真教室を開催

デジタル全盛期の今こそモノクロ写真を楽しみたいという方も多いはず。

プリンタでモノクロ写真が最先端かもしれませんが、やっぱりバライタが良い!って方の為にJCIIが「JCII黒白写真教室」を開催するそうです。

日時
2009年2月14日と28日の2回

2月14日(土)10:00~17:00
2月28日(土)13:00~17:00

受講料は9000円(税込)
JCIIフォトサロンの会員は8000円
定員は10名(申し込み順)



場所
東京都千代田区一番町25番地JCIIビル

申し込みは、電話、インターネットまたは、JCIIフォトサロン窓口に直接。
電話03-3261-0300

http://www.jcii-cameramuseum.jp


倉庫に秘蔵写真が・・・

ブログには著作権の関係で載せられないのが残念ですが、倉庫を整理していたら、昔の写真がゴロゴロ出てきて、お!!!っていう写真も結構(笑)

そんな中で、なんだか不気味な写真が出てきまして、プリントの裏面を見たら、「防空壕内で自殺したヒットラーの遺体」って書いてありました。

通信社から配信されている写真なので、おそらく新聞やテレビでも使われたことがあるものだとは思うのですが、私ははじめて見ました。

自殺した割には、顔はしっかりと形が残ってましたので、頭を撃ったわけじゃないんですかね?

その辺の真相は未だ闇の中とも言われているので、私が軽く書ける内容じゃないのでやめておきますが、ある意味、記録写真の力というものを感じた倉庫整理でした。

今はなんとも無い写真でも数十年経つと価値あるものに変化する写真っていっぱいあるんでしょうね。
当たり前ですが(~_~;)

しみじみ感じてしまいました。
日記 | 2008.11.27 [EDIT]

グーグルストリートビューが新インターフェイスになって登場!新しく刷新されて使いやすくなってます。

グーグルストリートビューを今朝使ったら、刷新されていることを発見!

インターフェイスが新しくなって使いやすくなっています。
また、今までは小さな画面でしたが、ほぼ全画面にストリートビューが表示されるようになりました(^^♪

これは結構いいですね~。

グーグルストリードビュー001.jpg


右下に表示されている地図ですが、これを拡大することも出来ます。
拡大すると、上下に分かれて、上はストリートビュー、下は地図表示となります。

グーグルストリードビュー002.jpg

おっ~と!!! Nikon GP-1が21000円だと~(~_~;)

以前から海外のサイトなどで調査していたニコンのGPSユニットGP-1が2008年11月28日発売予定ということで発表されましたが・・・

なんと、価格が21,000円 (税込 22,050円)

ヨーロッパのサイトでは999ユーロと書いてあったり、アメリカのサイトでは10万円近い値段で予約を受け付けてたりしていたのに・・・(~_~;)

全然価格が違いましたね。ごめんなさいm(__)m

まあ、なんにせよ安くなったのだから許してくださいOrz

また、実際に使ってみたレビュー記事は下記になります

ニコンのGPSユニットGP-1を使ってみました(^^♪



カメラ関係 | 2008.11.26 [EDIT]

無料写真プリントの「Priea」がサービスを終了するようです



Prieaは2006年11月に開始したサービスで、写真の注文からお届けまで、すべて無料ということで話題を提供したシステムです。

無料で写真をプリントできる理由としてプリントにスポンサー情報が入るためらしいです。
私は注文をしたことが無いのでどのようにプリントされてくるのか実物を見たことはありませんが、結構、無料と言うことで利用していた方も多いらしいです。

ですが、この数カ月間、会員数と画像アップロード枚数が大幅に増加した為に、システム障害が発生。

サービスの復旧を目指していたけれども結果として不可能と判断しサービスを終了することになったようです。

終了日時は11月21日。


今後は、「Snapfish(スナップフィッシュ)」という、サービスにPriea会員の写真データや登録情報を移行できるようにするとのこと。

ニコンの新製品(巷で言われているD3Xなるもの)の価格のうわさ

ニコンD3Xと騒がれているニコンの新機種ですが、7000ユーロという値段の噂が巷を賑わせているようです。

発表は12月1日だという噂も含めて、段々と盛り上がりを見せています。

私もとても楽しみにしている新機種なんですが、名称がD3Xになるかは疑問に思っています。

完全に私の個人的な推測と憶測で文章を書きますが、現在のD3の高画素バージョンというレベルではC社への圧倒的シェア(スタジオ関係)には勝てない気がします。

あえて、ここまで来て、D3に毛が生えた程度の機種は出してこないのでは?と思います。

可能性といった面だけで言えば、撮像素子を大きくしてくるのでは?というのもひとつです。
今まで、今のマウントではフルサイズの撮像素子を使ったカメラは作れないと言われ続けながらも、見事課題を克服したニコンであれば、更なる撮像素子の巨大化も可能なのでは?との思いが。

もちろん新機種がフルサイズより大きいからといって、今のレンズ群が使えないと意味が無いですからね。
さてさて、どんなモンスターが現れるか(^^♪

そろそろファインダーを無くしたカメラをニコンも一台ぐらいは作ってみても良いんじゃないかと思いますが、新機種でそんな冒険に出るのかは未知数ですね。

いったい、どんなカメラが出来上がるのか楽しみです。


カメラ関係 | 2008.11.25 [EDIT]

NikonD90を使ってみて思ったこと

タイトルになんのひねりもありませんが(笑)

ちょっとの間、D90を使わせて頂いた感想を少しだけ書いておこうと思います。
文章だけのダラダラな内容になってしまうとは思いますがあしからず・・・。


まず、お!って思ったのがライブビュー機能が進化したこと。

というのも、今までの機種のライブビューはピントを事前に合わせておかないといけなかったんですね。
つまりライブビューを起動させているときにはマニュアルフォーカスになっているわけです。

ですが、D90からはライブビュー起動時でもAF機能が使用できるんですね。
これは結構大きいです。

今までは広角側でライブビュー機能を使っている分にはマニュアルフォーカスでもそれほど不便は感じませんでしたが、望遠レンズを使用してのライブビューになるとピント合わせがかなり至難の業でしたが、D90では望遠でもライブビュー機能がオートフォーカスなのでキッチリとピントを合わせることが出来ます。

たとえば、数十人、数百人単位の記者会見などで、遅れて現場について後ろから撮影しなくてはならない状態でもD90なら簡単に撮影が可能!な~んて・・・(~_~;) 
現場に遅れるなんてそもそもその時点で×ですが、前の取材が押していて、どうしても後れてしまった場合なんかは使えるかも。

まあ、ライブビュー機能がなければ無いで、別の方法で撮影しますが、ようするにライブビュー機能にオートフォーカスが付いたことによって撮影の幅が広がったということですね。


で、これの延長線上で、D90ではライブビュー起動時に顔認識機能も付きました。
ただ、これは本音で書けば、あまり使い心地はよくありません。

しかし、初心者の方には絶大なる威力を発揮することと思います。
問題は、顔認識がちょっと弱いのとAFが遅いので、わざわざライブビューにして顔認識機能を使うよりもファインダーを覗いて撮影したほうが手っ取り早いという感じです。

ただ、コンパクトカメラで慣れている方が、初めてD90を買った場合などは、この機能は使えるものになるとは思います。
フォーカスロックが分からない方などには最適かもしれませんね。


そして、D90の目玉といえば動画撮影機能です。
これは残念ながらマニュアルフォーカスのために動画撮影中はオートフォーカスが利きませんが、なんにせよ動画が撮影できるということに関しては絶賛できるのではないかと思います。

ニコンのサービスセンターの方が売り文句としていたのは、C社の動画は一コマ一コマで抽出することを前提にしていないので動画撮影のデータから一枚の写真を取り出すと綺麗な画像にならないけれども、ニコンのD90は動画から静止画を取り出すことも前提に考えているので動画から静止画を取り出しても綺麗なんです。とのこと。

私は比べていないのでなんとも言えませんが、、、。

まあ、動画も撮影できるようになってカメラとしての幅は広がりましたが、個人的には仕事量が増えそうな予感がするのも事実。
今でも、某通信社カメラマンの某氏は、最近は動画も撮影してこいって言われて参ってるよ。スチールもムービーも撮影するなんて大変だよな。と申しておりましたが、私も他人事には思えない感じです。


さてさて、文章だらけの内容なので、ほとんどの方は嫌気がさして、この辺りまでくれば誰も読んでないと思いますので、ざっくばらんに書こうかなと(笑)

D90には画像編集メニューというのがありまして、この機能は今までの機種にもあるにはあったのですが、これが大幅に強化されたんですね~。

スゴイですよ。もうこれがあればパソコンで画像編集する必要が無いんじゃないかと思うほどに色々と出来ます。
プロやハイアマチュアの方はパソコンで画像補正するとしても、純粋なアマチュアの方は、この画像編集メニューを使えば、ほぼ納得のいく画像へと補正できると思います。

これは、もうカメラじゃなくてパソコンが入ってる感じです。ようするに電化製品ですね。

魚眼効果を出したり、レンズのゆがみを補正できたり、もちろんトリミングなんかは朝飯前です。

すごいのはRAW現像もカメラで出来てしまうんですね~。

いやいやすばらしいカメラです。
私のお財布を考えるとちょっと高いですが、十分コストパフォーマンスは高いとは思います。

今後、D40の後継機として5万円以下で高感度ノイズが抑えられ動画撮影機能(もちろんAF)もついた
カメラが出るんじゃないかと思いますので、それが出たら即購入だとおもいます。

もう少し先にはなると思いますが・・・。

ダラダラと書いてしまって、途中からよく分からなくなってきたのでこの辺で今日は止めておきます。
非常に適当な感想なので、こんな意見もあるんだな程度に読んでいただければと思います。
カメラ関係 | 2008.11.21 [EDIT]

月刊「写真工業」が休刊

「写真工業」が休刊するようです。

「お知らせ」として休刊の発表をしています。

下記休刊のお知らせ文章。

「写真工業」誌は、2008年12月号を持ちまして休刊致します。
長きに亘り発行させていただき、皆様にご愛読頂きましたこと、社員一同心から感謝致し厚く御礼を申し上げます。


1952年の6月号より56年間も続いた歴史ある雑誌ですが、今月で休刊なんですね。やはりデジタルの波が大きかったと言う感じでしょうか。

また、違った形で復活されることを願っております。





電塾の全国大会は12月6日で決定

今年の電塾の全国大会ですが12月6日で決定したそうです。
今回は初台オペラシティ32階アップルジャパン株式会社セミナールームで行われるようです。

10時~18時30分で受付開始は9時
会費は5,000円
学生・女性・育成会員2,000円とのことです。

詳細は伝塾HPへ。
下の画像は伝塾HPのスクリーンショットになっています。
また、リンクも貼ってありますので、どうぞソース元へ行ってご確認ください。





| ホームへ | 次ページ