TOP > Lightroom

YouTubeのAdobe Photoshop Lightroomチャンネルに新規の解説動画が60個アップされていますよ

Photoshop Lightroom CCが発売されて盛り上がりを見せている Lightroom関係ですが、YouTubeのAdobe Photoshop Lightroomチャンネルにここ数日間で一気に大量のチュートリアル動画が投稿されていました。


なんと動画数が60個
Lightroom CC発表に備えて動画を作っていたのですね~。凄い。
英語の解説で字幕に関しても英語なので見る気力が萎えそうですが、結構丁寧に解説してくれているようなので、見ているだけでも何となく理解できたりもします。

英語が堪能な方には最適な取説かも。
英語が苦手でも自分の気になるタイトルを少し見てみると意外な発見があるかもしれませんね。
一応ご紹介しておきます。

【Adobe Photoshop Lightroom - YouTube】
https://www.youtube.com/user/AdobeLightroom/featured


Lightroom | 2015.04.27 [EDIT]

動画とテキスト解説で一足早く使いこなそう! Lightroom 6 /Lightroom CCの新機能

やはり噂通りAdobe Photoshop Lightroom CC/Lightroom 6 が発表されました。
今までのバージョンと何が違うのかは公式サイトの「Lightroom 6のバージョン間比較 _ Lightroom 6」で詳細をご確認下さい。

一覧表になっていますのでひと目でわかります。
新機能に関しては噂で言われていたこととほぼ一致。以下のとおりになっています。

Lightroom 6 /Lightroom CCの新機能

  • HDRマージ
     異なる露出設定で撮影された複数の写真を一枚の写真へ合成することでハイダイナミックレンジ(HDR)の画像を生成することが可能
  • パノラママージ
     複数枚の写真をつなぎ合わせパノラマ写真を作成
  • パフォーマンス改善とGPU対応
     画像処理の作業効率が上がったとのこと。コンピューターのグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を使用できる新しい環境設定が提供され、現像モジュールの作業で GPU を利用できます。公式サイトによれば最高10倍速くなったそうです。
  • 顔認識
     自動的に同一人物をまとめてくれる機能
  • ビデオスライドショー
     静止画、ビデオおよび音楽を使いパンやズームなどのエフェクトを使ったスライドショーが作成可能に


実際にダウンロードして使ってみるのが一番早いかもしれませんが、早速Adobeの公式サイトで動画解説とテキスト解説ページが公開されていますので、使う前に視聴/一読しておくと理解が早いかと思います。

動画がアップされているのはAdobe TV。


Learn Lightroom CC _ Adobe TV

以下の様な内容が見られます。



試聴するのは面倒だと思う方にはテキストも!
テキストでの詳しい解説記事がアップされてるのは「Lightroom Help _ 新機能の概要」です。
詳しくは以下。




Lightroom | 2015.04.22 [EDIT]

最新版Lightroom 6が今夜10時に発表!? 今後の名称はLightroom CCか・・・。

少し前にLightroomの新バージョンが出るということで話題になりましたが空振りでした。
あの時には日本のアマゾンでも注文を受け付けていて確実な情報かと思ったのですが・・・。あの時のアマゾンの事前予約は何だったのでしょうか???

さてさて、既にいくつかのサイトで既報ですのでご存の方も多いかと思いますが、スコット・ケルビー氏(全米 Photoshop プロフェッショナル協会会長)がシークレットイベントに関して発信しています。
こちらに詳細が書かれています。

イベントの開始時間は日本時間の本日22時。

http://kelbyone.com/blog/secret1

ここで新バージョンのLightroomのイベントがあるとすればAdobeからの発表はもう少し前になるのでしょうか。
いずれにせよ今夜には詳細が判明しそうですね。

以前、Photo Rumorsで新機能に関しての噂が掲載されていましたが、それによると注目の機能はこんな感じ。




Lightroom | 2015.04.21 [EDIT]

 Lightroom 6は顔認識やHDRそしてパノラマ作成が可能になって3月に17,280円で発売予定

Photo RumorsでLightroom6の情報がアップされていました。
フランスのサイトでLightroomの発売日等が公開されていたそうです。

それによれば発売日は3月5
対応OSは
Windows 7, 8, 8.1
Mac OS X v10.8, v10.9 or v10.10
価格は130ユーロ

で、ちなみに日本のamazonでも予約注文が出来る状況になっています。
日本の場合は発売予定日は3月20日になっています。

ヨーロッパと比べると少し遅いんですかね?
CCで購入している人はもっと早く使えるかも知れません。

パッケージの場合の価格は1万7280円。


パッケージはこんな感じらしいです↓




Lightroom | 2015.02.20 [EDIT]

Adobe Lightroom6の発表は2015年3月でパッケージ版から月額制へ移行か?

The Christian Postというアメリカのクリスチャンの為のニュースを中心に配信しているニュースサイトで"Adobe Photoshop Lightroom 6 Release for March 2015"と題しLightroom6のリリースについて書かれていました。

   
Lightroom6の発表って先日のAdobe MAX 2014で発表があったんでしたっけ?
この記事のソースはどこなんだろう。

The Christian Postの記事を読むとパッケージ版から違う形での販売を考えているような事が書かれています。私の英語の読み間違い???
月額10ドルの方式へ移行か・・・。
パッケージ版を無くしてフォトショップとLightRoomが使えるフォトグラファープラン一本になるのかな。

既にCCを使っている私にとってはあまり関係ない話ですが・・・。

それはそれとして、Adobe MAX 2014でCCについて最新版が発表され、Adobeのモバイルアプリも全て新しいバージョンにアップされています。

もちろん「Adobe Photoshop Mix」とモバイル版「Adobe Lightroom」も新しくなっています。
あまり使ってないですが一応アップしておこうかな。

Adobe Photoshop Mixはバージョンが1.3になり新機能としては




Lightroom | 2014.10.08 [EDIT]

LightRoomでフォーカスポイントを表示させる無料プラグインソフト「Show Focus Points」

フリーで使えるフォーカスポイント表示プラグインが出たのでご紹介。
MacでもWinでも使えますが現在のところニコンとキヤノンの2メーカーのカメラのみ対応しています。今後は順次サポートする方向とのこと。

私のLightRoomにも入れてみたのですが、こんな感じ。
ニコンのサムネイルソフトであるViewNX 2でもフォーカスポイントは表示できますがLightRoom上で確認できるのは便利かも。



使い方は非常に簡単で以下のよう。




Lightroom | 2014.09.22 [EDIT]

Magic TrackpadやiPadを使ってLightroomを操作できる"The Touch"が凄い便利かも!

Mac専用のソフトなんですが、LightroomやiPhotoそしてファイナルカットなどの操作をMagic TrackpadやiPadで簡単に行える"The Touch"ってご存知ですか?

私はWinなもので試せていないのですが、サイトの説明や紹介動画を見る限りでは結構便利そう(^^)

iPadをソフトのショートカットとして使う方法を見たことがありますが、このソフトほど細かい操作が出来るのは知りません。




操作は指の本数によって区別されますが、1本なら画像送りで2本なら虫眼鏡ツール、3本ならフラグ操作で4本ならレーディング付けといったように色々と操作出来るようです。

その他にも、ハイライト、シャドウや黒レベル、白レベルなどを指の本数の違いでスライドさせることも可能のようです。
Mac持ちなら一度は試してみたいソフトですね~。




行える操作は幅広くてレベル補正だけでなく色温度設定やコントラスト、それに彩度の調整なんかも出来るみたいです。
これだけの操作をスムーズに出来ると慣れれば速度アップするかな?




実際にファイナルカットやLightroomを動かしプレゼンしている動画もUPされています。
それを見ると、




Lightroom | 2013.12.20 [EDIT]

LightRoom5に新しく搭載した強力な歪み補正機能「Uprightテクノロジー」って使い方が簡単な上に凄い!

LightRoom5から搭載された新機能の一つ! 歪みの自動補正が非常に便利だったのでご紹介します。

カメラの持ち方って人によってクセがあって、右肩上がりだったり、下がりだったり・・・。実は無意識のうちに水平をとっているつもりでも水平が保たれていないことって多いと思います。

私も意識しないと段々と写真が右肩上がりになってしまって水平が取れていないことが多々あります。
仕事柄ノーファインダーで撮影することも多いのですが、そんな時も水平を意識していても、どうしても傾いてしまうもの。


そんな写真をボタンひとつで水平や、さらに歪みまで直してくれるのがLightRoomの「Uprightテクノロジー」を使った技術。
詳しいテクノロジーは良く分かりませんが、画像から歪んだ水平線と垂直線を検出して、自動で画像の歪みを補正してくれます。

色々な画像を使って試してみたので、簡単にご紹介していこうと思います。


例えば下の写真。


LightRoomのレンズ補正に追加されたUprightの操作画面。
・水平方向
・垂直方向
・フル
・自動
これらが選べるようになっています。


最初に水平方向を押してみると・・・




Lightroom | 2013.08.28 [EDIT]

Lightroom5をダウンロードしましたか~? 発表され発売開始です。

最近、Lightroom4に慣れてきたばかりなのですが・・・。もうLightroom5が登場!
嬉しいやらなんやら^^;

色々と新機能を引っさげて登場とのことで楽しみですが、まだダウンロードしていません。諸事情あってそれどころでは無いので。
とりあえずネタとしては外せないソフトなのでアップしておきます。




ダウンロードもまだしていないので、購入はもちろんしていません。もちろん確実に購入するソフトですが・・・。
栃谷さんが書いたPhotoshop Lightroom 5 発表・発売開始の話なんてのを購入前に読むのも良いですね。購入の景気付けにどうぞ(笑) パッケージに使われている写真の裏話なんかも読めます。

気になる価格は・・・

新しく搭載された新機能は


事前にYouTubeのライトルームチャンネルで予習することも可能ですよ^^
http://www.youtube.com/user/AdobeLightroom?feature=watch


Lightroom | 2013.06.11 [EDIT]

TwitterでつぶやくとLightroom 5 が抽選で5名にあたる「Lightroomイチ推しつぶやき」キャンペーン



アドビがLightroom 5 が抽選で5名にあたる「Lightroomイチ推しつぶやき」キャンペーンを行っています。
私もさっそくツイッターでつぶやいてみました。

当選数は全部で5名ということですから期待せずに待ってみます^_^;

応募期間
2013年4月16日(火)~6月30日(日)23:59まで

参加方法
Adobe Photoshop Lightroom 5 パブリックベータをインストールしてご試用いただき、「Twitterでイチ推し機能を投稿する」ボタンをクリックして、Photoshop Lightroom 5 パブリックベータでイチ推しの機能と応募用ハッシュタグ「#LR5beta」、本ページの短縮URL(http://adobe.ly/LR5bjp)を入れて、Tweetしてください。


参加資格
・Twitterアカウントを開設していること
・@AdobeCS_jpをフォローしていること
(当選通知をDM機能で行うため)
・プレゼントの発送先が日本国内であること

プレゼント内容
Adobe Photoshop Lightroom 5 製品版合計5名様。

当選発表
当選者の方にTwitterアカウント(@AdobeCS_jp)から、応募いただいたTwitterアカウント宛にダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。

キャンペーンサイト
http://www.adobe.com/jp/joc/photoshop/pslr/lr5beta/campaign.html



キャンペーンサイトへ行って「Twitterでイチ推し機能を投稿する」ボタンをクリックすると自動的にツイートが表示されました。
あとはツイートするだけ(^^♪



Lightroom | 2013.04.17 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ