TOP > ドローン

ドローンを使用した撮影行為で4件の書類送検 起訴を強く求める「厳重処分」も

ドローンの運用基準が盛り込まれた改正航空法が昨年の12月に施行されてから、既に4件の書類送検が行われていました。
これは報道されているものですので実際にはもう少しあるのかもしれませんが・・・。
既にご存知とは思いますが空港周辺や人口集中地区では承認が必要です。




既に報道されたドローンの書類送検事例
2015年12月10日 香川県高松市内で高校の卒業アルバム用に学校の全景を撮影するためにドローンを使用
2016年1月2日  京都市中京区の住宅街で夜景を撮影するためにドローンを飛行。目撃した通行人が110番
2016年2月2日 東京・品川区南大井2丁目の住宅密集地で建設中のマンションの広告写真撮影の為に飛行
2016年3月30日 京都御苑敷地内で桜を撮影するためにドローンを飛行。皇宮警護官に見つかる

いずれの場合も撮影が目的となっています。
フォトグラファーにとってはドローンの運用を守ることが非常に大事だと再認識させられます。

2月に南大井でドローンを飛ばしたカメラマンは一度は国に申請し許可をもらい撮影したものの再度別の日に撮影する必要性があり許可が降りる前に飛ばしてしまい書類送検されてしまったようです。
「許可の延長申請を出していたので問題ないと思っていた」との発言が記事になっていました。いささか厳しすぎるような気もしますが施行されたばかりですからかなり厳しく取り締まられている感じがしますね。

ただ1月2日に夜景撮影するためにドローンを撮影した男性(35才)は違法と分かっていたにも関わらず法施行後に6回も撮影していたようで、検察に対し警察が起訴を強く求める「厳重処分」の意見をつけたようです。

違法と知りながら何度も撮影した場合には送検後に起訴される可能性も高そうです。
しっかりと法を順守しドローンでの撮影を行うことが当然ながら必要ですね。

空港周辺や人口集中地区では無い場所でも以下の様な行為は承認が必要になります。




ここでドローン運用に関して書く必要性は無いと思いますが、法理解の為に必要な情報に関してLINKをご紹介しておきます。




ドローン | 2016.05.13 [EDIT]

今後はイベント等で大活躍!? ライトアップされたドローンによる編隊飛行が美しい

10月19日から21日までカルフォルニアのラグナビーチで行われていたウォール・ストリート・ジャーナル主催の第2回WSJDLive技術会議2015のキックオフイベントでLEDライトでライトアップされた7機のDJIドローンによる見事な編隊飛行(アクロバット飛行)が披露されました。

Appleのティム・クックやソニーの平井一夫社長らが参加する注目のイベントだけにやることが違います。
ちなみに平井社長はイベント内で、将来開発される自動運転車にソニーの画像センサーを搭載することを複数の自動車メーカーと協議を行っていることを発表したそうです。


(写真は動画をキャプチャーしたもの)

編隊飛行したドローンの動画は以下からどうぞ。

首相官邸墜落事件からドローンを見る目が厳しくなった昨今ですが、今後の可能性を秘めた部分に注目していきたいのですが、今回行われたドローンの編隊飛行はCMや映画などではなく、なおかつ閉ざされた部屋の中でもない屋外でのリアルタイム飛行という点が凄いですね。




ドローン | 2015.10.21 [EDIT]

海外旅行へ行く前にチェック。観光名所のセルフィースティック使用可否データベース

最近ドローンが多くの公園やお祭りで使用禁止になっていますが、そもそもドローンを所有している人も少ないので興味のない方も多いかと。

しかしセルフィー写真を撮影するための自撮り棒(セルフィースティックなど)をお持ちの方は多いはず。
そんな自撮り棒も実は多くの場所で使用禁止になっているのをご存知でしょうか?

ディズニー関係の施設は国内国外を含め既に禁止されています。
実際どんな場所が禁止されているの? 海外旅行に行く前にチェックしておくと便利なサイトがあったのでご紹介。



canibringmyselfiestick.com
自撮り棒の使用禁止か使用可能なのかチェックできるcanibringmyselfiestick.com


データベースと言うには少し掲載数が少ないかも知れませんが、今後施設情報が増えていくのだろうと思います。
これって、日本国内でのドローン版やセルフィースティック版も作れば需要あるかも!


ドローン | 2015.08.04 [EDIT]

GimpやNatronなどの無料ソフト使って作成された宮﨑駿への贈り物動画が凄いです

vimeo.comへ数日前に投稿された話題の動画をご紹介します。
『Tribute to Hayao Miyazaki』(宮﨑駿への贈り物)と題して投稿されたトリビュート動画ですが、今までの宮﨑駿アニメをメドレー風に登場させ、ドローンを使用して新たに撮影したかのような驚きの映像に仕上がっています。



たった3分半程度の映像ですので一度ご覧頂きたいと思いますが、驚くのはこの映像を作るにあたって、GimpやNatronなどの無料ソフトが中心に使われているという点。

vimeo上にも詳しくは書かれていませんが、作成者のdono氏はGimpやNatronなどで制作したことを明らかにしていて、最後に開発者に感謝を述べています。

まさに使う人によってフリーのソフトでもここまでのものをつくり上げるんですね。素晴らしい。

動画は以下からどうぞ。




ドローン | 2015.08.01 [EDIT]

高層マンションにはカメラを水平に向けてはダメ。総務省のドローン規制ガイドライン(案)

昨日付け(平成27年6月29日)で総務省がドローンの運用に関するガイドライン案を出しました。ガイドライン案に関して広く多くの意見を募集しています。

既にPDFでガイドライン案をダウンロードできます。
こういう方向で今後は読むのかぁ~と思って読み進めましたが、グーグルストリートビューが国内で問題になった時の事が思い出されます。

グーグルストリートビューの時は撮影する高さを低くし表札や車のナンバーなど個人が特定できるものに関してはぼかし処理をすることなどが総務省の要請によって行われました。

ドローンに関しては撮影位置が家の塀よりも高くなることがベースとして考えられるので規制も厳しくなりそうな感じです。
まだ(案)の状態ですが、具体的に注意すべき事項として取り上げられている行為には以下の様なものがあります。

  • ドローンは住居の塀よりも高い上空を飛行することが一般的であることから、住居内の人等の写り込みが生じ得る住宅近辺における撮影飛行は、原則として行わないようにすること。仮に住宅近辺における撮影飛行を行う場合には、カメラの角度を住宅に向けない、又はズーム機能を住宅に向けて使用しないなどの配慮をすることにより、写り込みが生じないような措置をとること。
  • 特に、高層マンション等の場合は、カメラの角度を水平にすることによって住居内の全貌が撮影できることとなることから、高層マンション等に水平にカメラを向けないようにすること。
  • ライブストリーミングによるリアルタイム動画配信サービスを利用した場合、撮影映像等にぼかしを入れるなどの配慮(下記2参照)が困難であるため、住宅地周辺を飛行するときには、同サービスを利用して、撮影映像等を配信しないこと。

    「「ドローン」による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」(案)から引用



全部で11ページの資料ですから興味のある方はガイドライン案を読んでみてください。
過去の写真撮影で肖像権をめぐって裁判になった判例等も引用されているのでスナップ撮影が趣味の方も読むと面白いかもしれません。よく引用される判例なのでお読みの方も多いとは思いますが。


高層マンションに対しての考え方ですが、ドローンのカメラがどの方向に向いているかを地上から確認することは難しいでしょうから、マンションや住宅地等でドローンを飛ばせば通報の対象になると推測できます。
よって住宅地等でドローンを飛ばすことは実質無理になるかと。

行楽地等の広い場所で人が特定できないほどの群像で撮影するのであれば大丈夫かもしれませんね。
ただ高度が高くなればなるほどドローンが制御不能になったときの危険性は高まりますから難しい所。

是非、既にドローンを運用して撮影されている方は、今回の意見募集に対し発言されることを期待しています。


総務省
"「「ドローン」による撮影映像等のインターネット上での取扱いに係るガイドライン」(案)に対する意見募集"


ドローン | 2015.06.30 [EDIT]

ドローン自体は悪者ではない! ドローンの凄さと可能性が理解できる動画



ドローンが官邸に落下してからというもの、ドローンの注目が集まっていますが集まり方が少し良くない・・・。
無限の可能性を秘めた素晴らしいドローンのはずがテロや過激派の道具として使われる危険物しての認識につながるような発言や報道も目立ちます。

正視眼でニュースを見られる方や多方面から情報を仕入れている方など、このブログを見てくださっている方々はドローンに対してのニュースも深く洞察しながら正しく判断されていることと思いますが、今回の事件を受けて国の検討会議で警察庁をはじめ規制に関して強い意思を持っている方々の意見がどの程度法案の中に含まれるかが少し危惧される所。現時点では。ドローン購入者に名前、住所の登録を義務付ける案などが浮上しているそうですが、この程度の規制ならばもっと早くしておいても良かったのではと思います。
危惧しているのは、ドローン全てに対して悪いイメージが付くこと。


もちろんテロは防がなければいけませんが、防ぐ方法として一律に飛行を規制するような法律が出来てしまうことがあれば疑問も感じます。万が一にも無いとは思いますが・・・。


既にドローンをノーコン状態、つまりフライアフェイにするための技術などは中東も含めて研究されているはず。
ドローン対策はアメリカやヨーロッパよりも中東が一番進んでいるのでは?と推測しています。

というのも、既に無人爆撃機としてアメリカはドローンを軍事利用しているわけで、パキスタンやアフガニスタンは無人爆撃機に対してドローンをフライアフェイにするGPSジャミング攻撃を確立しているとも言われています。

つまり無人爆撃機が利用するGPSデータを撹乱させ墜落もしくは捕捉や検知することが可能だといいます。
使っているアメリカ側としては、そのような事実は無いと発表していますが、実際にはジャミングすることは不可能では無いでしょうし既にアメリカとしてもホワイトハウス事件を受けて政府関係機関周辺にジャミング等の機器を実戦配備する日は近いと推測します。


今回の官邸に墜落したドローンも、実際には4月9日に容疑者が飛ばしたものだとブログで書いていることが判明しました。
事前の警察発表では数日前に飛来したものと推測していましたが容疑者が言っていることが本当だとすると警備の落ち度は国会で追求されることになるでしょうね。
警察はオウムの新実がサリンをラジコンヘリで散布しようとしていた事件を受けて空からの脅威に対しても対応しておくべきだったのだと思います。あの際にはラジコンヘリの操縦の難しさから断念されましたがドローン出れば誰でも簡単に出来てしまうわけですから。


犯人のブログを全部読みましたが、彼は昨年の12月24日、つまり特別国会招集日の官邸にもドローンを飛ばそうとしていたことが分かります。
マスコミが集まっている24日の夜にドローンを落とす。これは確かにインパクトが強いです。私も24日のその日に官邸に取材で入っていましたが、この日は普段の日には取材に入らない海外のメディアや雑誌関連の記者なども多数官邸内にいます。そのタイミングで官邸の中庭にドローンを飛来させて時限式の発煙筒を焚こうとしていたようです。
こういった日を狙うとは犯人もかなり本気で計画をしていたのでしょう。
この日に決行されていたらと思うとゾッとしますが・・・。


で、話が少しそれてしまっているので元に戻しますが、ドローンを一律に規制するのではなく警察による自己努力も含めて対応する点が多いのでは?と思う所はあります。
このような事件は既に発生していてもおかしくありませんし、遅かったぐらい。今まで対処してこなかった事のほうが不思議なぐらいです。だからこそ慎重にことを進めてもらいたいものです。


"日本国内で既に2000台のドローンが" なんて言われ方もされていますが、日本国内で販売されているドローンの総数は2000台どころではありませんし・・・。一桁ちがうでしょう。
2000台ってのは日本産業用無人航空機協会が発表している数字だと思いますが、販売台数で言えばこの数値を遥かに上回るでしょうね。


話を本題に進めるとします。
今回ご紹介する動画は過去にTEDにアップされたプレゼンテーション動画です。
ドローンに関して知識がない人はドローンってプロペラが4つ付いてて空を飛ぶだけ。な~んて思っているかもしれませんが、まったく違うシロモノです。
それが良く分かる動画の数々。

あまりの凄さに開いた口が塞がらないはず。
ドローンの凄さの一部が良く分かるプレゼン動画です。

今回紹介するのは3つの動画。

この動画をみると4つのプロペラが付いたクアッドコプターがどれほど凄い可能性を秘めているのかがよく分かります。
一昨年の時点でこれだけのことが出来ていますから、今年はどんだけ~~と思ってしまいます。


一番多く再生されているものは750万回近く再生されているようですので見た方もいるかな。このブログでも最初の動画は一度ご紹介したことがあります。

とにかく一度は見て欲しいドローンに関しての動画3つです。




ドローン | 2015.04.25 [EDIT]

ネイマールがサッカーボールでマルチコプターを撃墜!

凄い大胆な企画というか何というか・・・。
サッカーゴール付近を飛び回るマルチコプター VS ネイマールという驚きの動画がアップされています。
話題の動画でしたのでご紹介しておきます。

制作したのはPanasonic。

ストラックアウトやキックターゲットなどの遊びがテレビや商業施設でも人気のようですが、これは相手が動くだけに難易度はメチャクチャ高そう。

【写真はYouTube動画からキャプチャー】


最初は激しく動くドローンの動きを様子見しているネイマールですが、次第にドローンの動きの特徴を掴んでいってついに・・・。
ドローンが最初の騙し珠を避けたところを狙って本当の珠を打ち込むところは圧巻ですね。さすがネイマール。

是非次回作があるならばヘキサコプター(6枚ローター)じゃなくて小型のクァッドコプター(4枚ローター)と対決して欲しいですね。クアッドコプターは更に俊敏な動きをしてさすがのネイマールでも撃墜出来ないかも。

動画は以下からどうぞ。




ドローン | 2015.04.08 [EDIT]

オクトコプターが墜落 湘南国際マラソンで飛ばして1分で操縦不能だったそうです

マルチコプターでの撮影が非常に手軽に出来るようになり空撮を試みる方が多くなっている昨今ですが、人混みの中を離陸させてケガ人が出る事故が起きてしまったようですね。
神奈川県大磯町で約2万4000人が参加した湘南国際マラソンでコマーシャル用に業者が飛ばした直後(1分後)に操縦不能になったのだとか。
詳しくは読売の記事を。

墜落の瞬間を捉えた動画がアップされていました。
13分18秒の瞬間にドローンが落ちてきます。
本格的な大きなオクトコプターっぽいですね。


驚いたのはクワッドコプターなどではなく、比較的安定性があると言われている8枚羽根のオクトコプターだったこと。
3メートルほどの高さからの墜落は不幸中の幸いだったかもしれません。

重さは4キロほどあったらしいですから、50メートルほど上空から直撃してたらと思うとゾッとします。
今までも無線ヘリでの死亡事故はありましたから・・・。

最近知り合いのカメラマンが関係者の敷地内でマルチコプターを使って撮影したそうですが、やはり人がいる状況では何かあった時のことを考えると怖くて使えないとのこと。(もちろん保険には加入していてます)


農薬散布に使う無線ヘリなどは独自の基準を設けて安全運行につとめていますが、マルチコプターに関しても何かしらの基準が必要になる時期なのかもしれませんね。


ドローン | 2014.11.04 [EDIT]

ドローンやLEDをレクサスがCMに活用すると驚愕レベルの作品が仕上がるんですね・・・。

昨年と今年公開されたレクサスのCMが凄いですね。
レクサスのCMを見る前にトヨタ(カナダ)カローラのドローンを活用したCMをご覧頂ければと思います。
こちらのCMも凄いレベル高くて驚きなんですが、レクサスのCMでのマルチコプターの使い方と比べて見ると面白いかもしれません。

それにしても自動車業界というかトヨタはなんでこんな凄いもの作れるんですかね~^^;
マルチコプターを使用したCMはまるで機械が生きているかのような表現。反対に人間を使用したLEDを使ったCMはCGで作ったようにも見えます。

ドローンのネタとして個人的に気になったのでご紹介しました。


トヨタ(カナダ)カローラのドローンを活用したCM

レクサスがドローンを本気で使用したCM

レクサスがLEDを使ったらこうなるのか!と唸ってしまうCM

どれもこれも驚きのCMでどうやって撮影したのか不思議ですが、それぞれメイキングが公開されていますので貼り付けておきます。




ドローン | 2014.10.16 [EDIT]

Google VS Facebook ドローンを使った空の覇権争いが始まっている

世界中でマルチコプターを始めとするドローンと呼ばれる無人機を使った新たな産業が生まれようとしていますが、その中でも世界的企業であるGoogleとFacebookの戦いの行方に注目が集まっています。



日本国内でもドローンを活用した新たな取組としてはセコムが駐車場の監視用に小型飛行監視ロボットの実用化を進めていたり、道路などの保守点検用に既に中小企業のドローンが使われていたりと、知らない間に無人機の活躍の場が段々と広がってきています。

世界に目を向けると、Googleが今年の4月に「Titan Aerospace」の買収を発表しました。Titan Aerospaceは最大で5年もの間、大気圏上層で飛行が可能なドローンを開発している企業です。新聞記事等でも取り上げられていたのでご存知の方も多いと思いますが、翼にソーラーパネルが設置されていて雲などに影響されない高度2万メートル以上の場所を飛行し常に太陽光を受けながら地上の僻地へインターネット接続を提供するというもの。
恐ろしい計画ですね。もちろんGoogleのことですから僻地と言わず世界中にドローンを飛ばしてリアルタイム映像で見られるようにするなどの考えもあったりするのでは?と思ってしまいます。


現在Googleはドローン「Titan Aerospace - Solara 50」をニューメキシコ州で実際に飛ばし実験段階に入っているとの話もあります。10月6日から180日間の試験を開始するとのこと。凄いですね。想像できないぐらいの話。

6日からというと先週辺りから実際に飛んでいるということ?
もう既にそういう時代へ進んでいるんですね。知らない所で凄いことが起きてる・・・。


で、実はGoogleと同じようなことを考えていた企業がもうひとつあったんです。それがFacebook。
もともとTitan Aerospaceを買収しようとしていたのはFacebook???という話もありますが、Googleが買収したのでFacebookは競合他社であるイギリスの「Ascenta」を買収したとのこと。




ドローン | 2014.10.14 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ