TOP > 金魚・熱帯魚関係

水草(アヌビアスナナ/ミクロソリウム)のコケ取りに多摩川で採ってきたエビが大活躍

NISSOのアクリルタンクミニという容量が7リットル程度の小型水槽で熱帯魚を飼っています。
3年ほど前に金魚を飼うために購入したのですが、金魚が白雲病で☆になってしまったので、それからは熱帯魚を入れて飼育してます。

水槽のサイズはW170×D220×H220㎜で容量が約6.5リットル。濾過槽の容量は約0.85リットル。
背面濾過方式なのでスッキリしててリビングに置くには重宝しています。

入れてる水草は非常に丈夫で育てやすいことで有名なアヌビアスナナの超小型品種のアヌビアス・ナナ・プチとミクロソリウムの2つ。光量が少なくても育ちますしどんどん増えるので初心者にも安心して育てられる水草です。アヌビアス・ナナ・プチは小さな流木に活着させて沈めています。
水草水槽を作る時にはソイルを使ったりと結構手間がかかりますが、アヌビアス・ナナやミクロソリウムとかは非常に丈夫で育てやすい水草なのでソイルとかは無くてもどんどん増えるので何もしなくてOK。とっても管理が楽です。


子供が楽しめるようにとリビングに置いているんですが、マメに換水しているわけではないので苔が水草やガラス面に付着してリビングに置くには見た目がチョット・・・。という時があったのですが秘密兵器を入れてからは激変しました。

            


入れたのはエビ。
エビといっても大きなやつじゃなくてミナミヌマエビやヤマトヌマエビと呼ばれる熱帯魚水槽によく入れるエビの類です。
昨年の夏に多摩川沿いにある稲田公園内の水遊び場で採取してきました。
網ですくうと簡単に何匹も採れるので10匹以上入れたのですが夏の暑さなのか水に合わなかったのか、今も生き残っているのは4匹ほど。

それでも、このエビちゃんがいるお陰でエビを飼育し始めてからは水草に苔が生えることはなくなりました。
なんというエビの種類なのか不明ですが、多摩川で採れる小型のエビはスジエビが多いのだとか。

エビを撮影しようと思ったのですが水草に隠れてしまって・・・。残念。

壁面のコケに関してはこちら。




水槽内で浮いてしまう流木の沈め方は煮るのが一番! ただし小さい流木じゃないと大変です・・・^_^;

左が流木を入れてリセットした水槽。
下の水槽が以前のレイアウト。

首都圏は大雪だというのに、呑気に金魚ネタですいません^_^;

私自身のんきに暮らしているわけじゃなくて(笑)
大雪が降った昨日は息子が40度を超える高熱を出して看病に追われていました。なので雪の写真を一枚も撮影していないんです^_^;
なので、雪の写真に関しては別角度で投稿しようと思っているのですが、それは後日にするとして・・・。


今日は水槽にオブジェとして活用される流木の沈め方の話。


昔から熱帯魚が趣味で、最近は事情があってミニ水槽で金魚しか飼育していませんが、つい先日新宿にある有名な熱帯魚ショップ「アクアフォレスト」で1個500~600円で流木を2個購入して水槽に入れました。
久々に流木を入れたので流木の沈め方をネタにしてみようと思います。


熱帯魚ショップに行くと必ずといって良いほど置いてある流木。
ショップで売っている流木はマングローブやサバンナウッドなどだと聞いたことがありますが、近所の河原やダム近辺に行って拾ってきたものを水槽に入れてもOK。


ただ河原に長い間放置され乾いているものや、熱帯魚ショップに売られている流木の多くは水槽に入れても浮いてきてしまいます。
浮く理由は流木内の小さな穴の中に空気が入り込んでいるからだと思います。

買ってきて水槽内で綺麗に飾りたいのに浮いてしまってはちょっと残念。
水槽内に浮いたまま1週間ほど放置して置くと段々沈んで来ることが多いのですが、それでも沈みにくい流木もあるようです。


で、私が昔から実践しているのは流木の煮沸消毒を兼ねた枕水法。
流木が完全に入りきる大きさの鍋を利用して、数十分から小一時間煮立たせます。これは木の大きさによると思います。

煮立たせることで、木の内部に入り込んでいる虫なども煮沸消毒できますし、流木のアク取りも出来て何しろ速攻で枕水化させることが可能。
煮立たせると流木から小さな気泡が出てくるのでそれを見ていると「お~~空気が抜けてる」と実感できます。

ひとつ難点があって、煮沸で使用した鍋はその後使い物になりません^_^;


なぜ使い物にならないかと言うと、流木を煮立たせた鍋にはアクが強烈に張り付いて簡単には取れません。
料理以外には鍋の使用も考えられますが、流木のアクがビッシリ付いた鍋は料理には使えませんから捨てることになります。

100円ショップで売っている鍋に入りきる大きさの流木ならば投資金額も少なくて済むのですが・・・。大きな流木になると煮立たせる時間も長く必要ですし鍋自体も結構な値段になってしまいます。


なので、大きな流木に関しては水槽内で1週間ほど放置するのが得策かもしれません。

私はやったことがありませんが、荒業で流木にドリルで複数ヶ所に穴を開ける方もいるそうです。
その場合はなるべく小さな穴を開けたほうが良いでしょうね。煮立たせても数週間水槽に入れても沈まない流木があれば試してみようかな。


金魚を小型水槽で飼育するのに挑戦! この強力な生物濾過システムなら病気知らず!?

先日、金魚すくいで金魚が家族入りしたことは前のエントリーでご報告したとおりですが、金魚の飼育方法や水槽のろ過システムなどを少しご紹介してみたいと思います。
長いこと熱帯魚を飼育していたこともあり、淡水魚飼育の基本的な知識は持っているつもり。


新しい家に引っ越してきてからは、熱帯魚を飼育していなかったのですが、息子の金魚すくいが縁で水槽を置くことになりました。

金魚を飼育するのって簡単なようで実は結構難しかったりするんです。
それは、金魚は熱帯魚とくらべて糞の量が多かったりするので、ちゃんとしたろ過システムを導入してあげたほうがベターです。濾過システムが無い金魚鉢でも飼育することは可能ですが、水が汚れるのが速いですし金魚も病気になりやすく、水の匂いが気になります。


大きな水槽に少数の金魚ならば、そういった問題も少ないのですが、最近は家のスペースのこともあって小さなミニ水槽が流行っているようです。
ミニ水槽で金魚や熱帯魚を簡単に飼育するにはどうすれば良いかを考えてみました。


昔は水槽と言えば60センチサイズがスタンダードだったのですが、今では30センチのスクエアサイズなど比較的小さいサイズが人気のようです。

虫かごに水を入れて飼育している人も中にはいると思いますが、金魚一匹だとしても、さすがに虫かごの大きさだと金魚が可哀想。

もう少し大きなサイズにしてあげないと病気にもかかりやすいですし、ストレスで長いこと生きられないことも考えられます。
水の入れ替えも頻繁にする必要性もありますしね。した。金魚にとってストレスを感じにくい最低限の大きさで、なおかつ病気になりにくい水槽!
それが今回の私のお題でした。


そのためには、しっかりとした濾過システムを導入することが大切です。

水槽の水を自動的に綺麗にしてくれるのが濾過システムですが、濾過と一言で言っても方法に多数の種類があります。
もっとも簡易的で金魚水槽でよく見かけるのが”投げ込み式”と言われるろ過方式「ブクブク」と泡が出る円柱形のやつです。皆さんも見れば「ああ~あれね」となるはず。
あまり詳しくない方は空気を入れているだけだと勘違いされるのですが、実は濾過システムなんですよ~。

でも、あまり濾過効率はあまり良くないんです。見た目も微妙ですし^_^;


この投げ込み式以外では、小さな水槽で使われるのは外掛式などがあります。一般的な熱帯魚水槽になると上部式や外部式、底面式やオーバーフロー式などもあります。

最近になって人気が出てきたのが、背面式というろ過方式。この背面式のメリットはスッキリとしていてスマートな設置が可能です。


私が購入したのはニッソーのアクリルタンクミニ。上から見ない限りは濾過システムが外から見えることはありません。非常にスッキリとしているのが分かると思います。
この見た目の良さが背面式のメリットのひとつです。




背面濾過システムというのは、ひとつの水槽を2つに分割して、片方を濾過槽にしてしまうというもの。水槽内に濾過システムを作るので非常に見た目がスッキリするのが特徴です。
この背面濾過システムはここ数年の間に人気が出てきた方法で、ニッソーの商品の他にはプレコ社製の背面濾過システムなどが有名です。
私が購入したニッソーのアクリルタンクミニは定価は1万円ぐらいなんですが楽天とかのネットショップで探すと4000円程度で購入できます。
完璧な濾過システムが全て揃っていてオールインワンですので、4000円程度で購入できるなら安いと思います。

私は楽天ポイントを使ってタダ同然で手に入れました^_^;


正面から見ると、




| ホームへ |