TOP > 写真の画像補正

【メモ】無料のオンライン画像処理エディタとHDR加工処理エディタ

【個人メモ】
オンラインで使用できるレタッチソフトやHDR処理アプリなど。

①オンライン画像処理エディタ

Pixlr

PicMonkey 

Fotor

Fotostars

Sumopaint

Lunapic

Pics.io

Avatan

pho.to

Befunky

FotoFlexer

Ribbet

Photos

IrfanView




ここまで来たか! 画像を選ぶだけで白黒写真をカラー写真に変換してくれるWebサービス

白黒画像をカラー画像に自動変換する技術が非常に話題になっています。
以前からソースコード等が公開されていたのですが、最近になって誰でも簡単に写真を選んでクリックするだけで利用できるようにUIを作ってWebサービス化してくれている人が出てきました。
それによって手軽にモノクロからカラーへの変換を楽しめるようになってきたのが話題になっている要因のひとつかと思います。


ディープランニングの技術を使って白黒の写真をカラー化するプロジェクトは日本を含めていくつか存在しているようのですが、すこし調べたところ大きく進んでているプロジェクトは3つのようです。
Automatic Colorization
Colorful Image Colorization
satoshiiizuka/siggraph2016_colorization


実際に手軽に使えるWebサービスの2つをご紹介しておきます。

Colorize Black and White Photos – Algorithmia
・Web上にアップされている画像URLを打ち込むとモノクロ画像をカラー化してくれます。
ソースに使われている技術はColorful Image Colorization。

colorization _ 白黒画像をカラーに
・ローカルに保存されている画像を選択しアップロードすることでモノクロ画像をカラー化してくれます。
ソースに使われている技術は早稲田大学の飯塚助教らが研究しているディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け技術。"ディープネットワークを用いた大域特徴と局所特徴の学習による白黒写真の自動色付け"



このカラー化の技術が非常に面白くはじめて見ると色々と試してみたくなります。
ディープランニングで自動的に学ばせているようなのでソースの画像が明確でカラー化された画像が世の中に流通しているものほど再現性が高いような気がします。これは直感的な感想ですが・・・


色々と試してみましたが2つのサイトの結果がほぼ似たような感じでしたので飯塚氏らが開発している技術を手軽に使えるようにしてあるWebサービス【colorization _ 白黒画像をカラーに】を使ってカラー化したものを参考までにUPしてみます。










まだもう少しあります↓




モデルの写真をレタッチしたら絶対に明記しなくちゃいけない法律! 違反したら500万円!? フランスの健康に関する法律  

以前にもお伝えした話なのですが、以前は噂的な話で終わっていたので今回は詳報を。

結論を先に言ってしまうと、モデルに施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記しなくてはならない。違反したら罰金取るよ!というもの。

Photoshopなどのレタッチソフトが普及し一般化する中で、多くの写真はレタッチされたものです。しかしそれによって若者の健康被害等に繋がる可能性があるとして、この法律が作られたようです。

日本でもうわさ話程度で一部で話題になっていたのですが実際にそんなものが本当に法案になっているのか調べる必要があると思ったので詳細について調べてみました。

フランスの国民議会では若者の健康に関する話題が活発なようで今回の法律もその一環。

フランス語は出来ないのですが、国民議会の法律検索から今回話題になっているレタッチ明記の法律を見つけました。これがその文章です。
フランス語の翻訳は専門の方にお願いしました。



Code de la santé publique - Article L2133-2

上のキャプチャー画像はフランスの議会ページの法文の一部です。

以前、この法律案が提出された際にAFPでも記事を配信していたのですが、内容に関してはその時の記事概要が残っていたので抜粋してご紹介します。

法律を提出したのは国会議員50人。いわゆる議員立法というやつですね。

広告やファッション写真などに使われているデジタル加工した人物写真には " Photographie retouchée "と明記することを義務付ける法案です。つまりこの写真はレタッチしてありますと明記するということ。

これに違反した場合は3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が課されます。


法律の翻訳は以下になります。

Article L2133-2
Créé par LOI n°2016-41 du 26 janvier 2016 - art. 19
Les photographies à usage commercial de mannequins, définis à l'article L. 7123-2 du code du travail, dont l'apparence corporelle a été modifiée par un logiciel de traitement d'image afin d'affiner ou d'épaissir la silhouette du mannequin doivent être accompagnées de la mention : " Photographie retouchée ".
モデル(労働法7123-2条の定義に従う)を商業利用する写真家は、実際より痩せて見えるように画像修正ソフトでモデルの外見をレタッチした場合、「レタッチ写真」と明記しなければならない。

Les modalités d'application et de contrôle permettant la mise en œuvre du premier alinéa du présent article sont déterminées par décret en Conseil d'Etat, pris après consultation de l'autorité de régulation professionnelle de la publicité et de l'Institut national de prévention et d'éducation pour la santé.
前項の施行に関する細則は、関連機関(広告規制機関、保健衛生教育機関)の助言に基づき国務院が発する政令において定める。

Le présent article entre en vigueur à la date de publication du décret mentionné au deuxième alinéa, et au plus tard le 1er janvier 2017.
本規定は、2017年1月1日、あるいは前条に定める政令(施行細則)が2017年1月1日より早く定められた場合はその制定日に発効する。

Le non-respect du présent article est puni de 37 500 € d'amende, le montant de cette amende pouvant être porté à 30 % des dépenses consacrées à la publicité.
本規定に違反した場合、広告費用の30%を上限とし、最高37,500ユーロの罰金が科される。




基本的には2017年1月1日に細則が施行されるということですので現時点では " Photographie retouchée "と明記されたグラビア雑誌などは無いのでは?と思います。

そもそも、この法律が提出された理由はレタッチした写真は、実際にはあり得ないスタイルだったりする場合が多いのにそれが現実のものであるかのように錯覚させてしまうことが良くないというもの。「法案の目的は、ゆがめられた真実を正し、国民の健康を向上させるとともに消費者を保護することにある」というだそうです。

拒食症などがフランスで問題視されていることなどが背景にあるのだと思います。
最近の調査ではフランスで最高4万人が拒食症を患っていると推定されていて、うち10人に9人は女性や少女だといいます。(うち90%は12~20歳)

レタッチといえば最近では日本でも芸能人である藤原紀香さんのレタッチ失敗写真が話題になりました。


誰でも簡単に無料でコラ画像が作成できちゃうサイト「PhotoFunia」 今話題の川越シェフで試してみた!

アドビが川越シェフ公認のレタッチ王選手権を開催していることは以前にもお伝えしましたが、いざレタッチしようと思っても簡単には出来ない方も多いかと。

フォトショップの使い方がおぼつかない方や、そもそもフォトショップをお持ちでない方でも簡単にコラージュが作成できてしまうサイトが世の中には結構あったりします。


そんなサイトの中でもコラ画像作成で定評なのが「PhotoFunia」というサイト。

使い方も簡単ですし無料。登録などの作業も必要ないとあって結構楽しめます。
画像をアップロードするだけで自動で出来上がるという簡単さです。コラ画像を作ってみたいけど敷居が高くて・・・。と思っている方は試してみてはいかがでしょうか。




せっかくなので、Adobeが公開している川越シェフの素材写真で試してみました。
(当たり前ですがこのサイトで作成したものはレタッチ王選手権に投稿しても無効ですw)

川越シェフがラテアートに。


こちらは美術館に展示されています。



サイトでのコラ画像の作成方法は簡単です。
種類が300を超えているので、何かしら試してみたいシーンはあるはず。




サイトで気になるコラをクリックすると以下の様な作成ページヘ移動します。
このページで「Choose photo」をクリックします。




「Choose photo」をクリックすると写真を選択する画面になりますので、パソコン内にある画像を選択肢ます。




写真を選択すると、データがアップロードされ、サイト上に写真が表示されます。
アップロードした写真のどの部分を使うのか選択範囲指定が表示されるので自分の好みで枠を調整します。



あとはOKをクリックして完成!!!




他にも様々面白いシーンがあります。
以下をどうぞ。




世界的なプリンターの仕事は神業ですね。Photoshopで作業する上でも参考になります。

今やプリンターと言えばレーザープリンターやインクジェットプリンターなどのデジタル機器を指しますが、その昔???、暗室作業がメインだった時代においてプリンターと言えば暗室作業に従事する専門家のことを指していたのですよね。

私はフィルム時代からカメラマンをしていますが、暗室作業は残念ながら数年間だけの経験です。ですので暗室作業について語れるほどの経験も知識も持ち合わせていません。レベル的には自分の手を使ってある程度は狙った所に焼きこみや覆い焼きが出来る程度です。

しかし、暗室作業何十年という先輩方は、やはり職人芸の世界で私なんか逆立ちしても到底及ばない手さばきでした。
そんな時代のことを思い出させてくれる記事が各地で話題に。


Gizmodoで取り上げた記事が恐らくトリガーになって、各有名サイトで拡散されたマグナム・フォトのマスタープリンターであるPablo Inirioの仕事ぶり。

詳しくはこちらでお読み頂ければと思うのですが、毎度ながら忘れた頃に各地で定期的に取り上げれる暗室作業ネタは、色々な意味で初心に戻らせてくれます。


昔の写真雑誌を読むと、




知ってました? JPEG画像でもLightroomを使うとここまでレタッチ出来るってこと!

デジタルカメラの画質をRAWにして撮影している方って結構多いんだと思います。

RAWデータって凄いですよね。
現像する前のデータですから画像をレタッチする時には劣化が少なくて調整しやすくて飛んでいると思っていたハイライト部分も実は残っていたりして・・・。

でもね~。

全部が全部RAWで撮影するのはデータ量の問題から敬遠しがち。
結局のところ私はほぼJPEGで撮影していたりします。

雑誌や知り合いなどからRAWデータの良さを聞いて、特に意識せずに修正するときに便利だから楽だからという点から特に考えもせずにRAWで撮影している人っていますか?

撮影するときには画質は絶対にRAWだよ!!!
な~んて方もいたりして。

そんな方にほんの少しだけ疑問を投げかけてみます。

本当にRAWデータでなくちゃダメ?RAWで撮影しなくても良いんじゃない????って^^;
魔法のツール「Lightroom」があればJPEG画像でも驚くほどの画像処理が可能です。


データサイズが大きくなって現像しなくちゃいけないRAWで撮影しなくてもJPEGの画像も結構楽しめますよってことを今回はお伝えしてみようと思います。



今回のエントリーを書くにあたって使った写真は上野動物園で撮影したシロクマくん。
水の中にいる動物ということでホワイトバランスやコントラストの調整がカメラ任せでは難しい被写体。

ガラス越しに撮影していることもあってコントラストは低くホワイトバランスもカメラが迷っているのか適切では無さそうです。

Nikon D700で撮影した下のJPEG写真をLightroomを使って補正していこうと思います。




以下に順を追って工程を載せていきます。




超デフレ状態! 恐ろしく低価格になった画像処理(レタッチ)サービスたち 

4~5年前、10ドル以下で写真のレタッチを行なってくれるサービスが海外で開始され市場を驚かせました。
それまでは1000円以下でプロの画像処理サービスを行なってくれるサービスは皆無だったのだと思います。

2009年初頭には百式さんでも『Tucia』 という8ドルで切抜きなどを行なってくれるアメリカの画像処理サービスを驚きの価格として紹介していました。
当時、画像処理が8ドルという価格は驚きの価格だったわけです。


それが今や・・・。
「切抜き」や「レタッチサービス」などで検索すると激安サービスが驚くほど出てきます。
最近ネット市場を賑わせたのが「美女フォト」と呼ばれるレタッチサービス。

「切抜きPhoto」というサービスを展開している株式会社DCアーカイブズが人物写真専門「美女フォト」というサービスを立ちあげました。
時代に受ける名称も相まって一気に広がったようです。(大量にプレスリリース配信をしたのも一因ですが・・・)



ちなみに株式会社DCアーカイブズの関連会社は素材辞典などで有名な株式会社データクラフトです。
破格になってきた画像処理サービス分野は基礎体力がある会社でないとこれからは持ちこたえられないかも知れませんね。


たまたま、Tuciaが現在どうなっているのか調べていたら、日本のサービスのほうが圧倒的に安くなっていて驚きました。
中国系の企業が50円程度で切抜きサービスを始めたと思ったら日本も追従して50円にしているわけですから・・・。これでは基礎体力のある企業でないと太刀打ちできませんね。

明るさの調整などは、iPhoneなどの無料アプリで簡単に出来る今の時代、簡単なレタッチでは仕事が成り立たなくなってきているのかも知れません。大量に受注がある会社は別ですが、今後は参入しても無理かもしれませんね。


一応、画像処理サービスを行なっているサイトを紹介しておきます。
大量に処理する必要がある場合などは楽かもしれませんね。


人物の写真修正・画像加工サービス「美女フォト」
美女フォトは、人物のレタッチに特化した人物専門写真修正サービスです。 多くのフォトブランドの画像処理や広告ビジュアル制作に携わってきた、プロの技術と経験をお手軽な価格でご提供いたします。 様々なシーン ...
一気に広まった人物レタッチサービス。戦略が上手い。

画像切り抜きパス制作サービス「切り抜きPHOTO」
広告、パンフレット、ウェブサイトなどの制作で写真を使用するときに発生するのが面倒な画像の切り抜き作業。時間ばかりがかかってしまってなかなか制作が進まない!そんな時は「切り抜きPHOTO」におまかせくだ ...
美女フォトの姉妹サイト。切抜きは初回無料でお試し出来る。

写真修正・画像加工サービス「デジタルフォトレタッチ」
印刷物やWebなどのあらゆるシーンで活用される写真。 プロのレタッチ技術を駆使し、様々な効果を付加することによって、写真の魅力を最大限に引き出し、クライアントが求めるハイクオリティなビジュアルを創り出 ...
こちらは株式会社DCアーカイブズの上位サービス。ハイレベルなレタッチサービスを請け負う。

写真修正・画像加工・合成専門店 | Remage[リメージ]
Remageの写真修正・加工サービスは、個人のお客様から、出版社、WEB制作業などの法人のお客様まで幅広くご利用いただいております。 ご依頼内容も、旅行のスナップ写真や結婚式の記念写真の補正、WEBサ ...
切抜きは50円~

画像切り抜き、加工、処理、作成|1点45円~
画像切り抜きは、画像複雑度、画像サイズ、作業要望によって異なります。 先ずは、下の「無料お見積りフォーム」をご利用の上、お気軽にご相談ください。 納期をお急ぎの場合は、メールまたは電話にてお問い合わせ ...
切抜きが驚きの45円。

早い安い高品質!写真修正・画像修正の定番サイト Motto[モット]
写真修正・画像加工サービスMotto(モット)は、 ネットで買い物をする感覚で写真の修整や加工の注文ができるサービスです。 クレジットカード決済・webマネー決済にも対応しておりますので、 余計な手数 ...
明るさ調整などは100円~

写真のトラブルおまかせください フォトレタッチサービス|デジカメプリント、写真現像はカメラのキタムラへ
アングルは、バッチリ決まっているのに、暗すぎたり、隅っこに余計なものが写っていたり・・・失敗したとあきらめる前に。 プリント専門店ならではの補正サービス。プロのスタッフが丁寧に早く補正するので、安心し ...
カメラのキタムラさんのフォトレタッチサービス。最低価格は500円(明るさ調整)

Tucia Japan: オンライン写真処理|オンライン ディジタル写真処理|プロの写真処理サービス
数年前に8ドルだった最低価格は600円に値下げ


フォトショップでお遊び画像加工 

やっと年末!って感じがしてきました。
撮影が少なくなって来たので(~_~;)

ということで、本日はず~~っと画像処理などの仕事。

でも、合い間をぬってお遊び画像処理?画像加工みたいなこともしてます(笑)

ちなみに今日のお遊びはコチラ


上の写真を加工して



ジッツオのストラップを消してみました。

でも、こういった加工は私の専門外なので、到底お金をもらえるような仕上がりではありませんが(~_~;)

これは、フォトショップのバージョン7でやったんですが、7からはパッチツールやらなんやら、色々と便利なものが付き始めて、非常に簡単に加工が出来ます。

職場のメインPCはCS4なんですが、私のお遊びに使うわけにはいかないので7で処理。

言い訳じゃないけど、CS4だったらもう少し綺麗に処理できたかなぁ(笑)


でも、短時間でこういった処理が出来るフォトショップって何者?って思いますよね。


そろそろCS5のウワサも出てきているようですし。

次のバージョンではボタンひとつでこの程度の処理が出来ちゃったりして(~_~;)


ところで、長いこと更新していなかったもう一つのブログも更新してみました。親バカ丸出しですが・・・。




NAVERフォトエディターに「Flickr」連動機能が追加

先日お伝えした、WEB上で画像補正(レタッチ)が出来てしまうNAVERフォトエディターに予告どおり「Flickr」連動機能が追加されました。

画像を読み込むときに、マイコンピュター上とフリッカーといずれかを選べるようになっています。

この機能の追加によって「Flickr」にアップロードした写真を直接インポート可能に。


何回かこのフォトエディターを使ってみたのですが、




デジタル画像をフーリエ変換してモアレを除去しようと・・・

デジカメの場合は、モアレが出ることがあって、それを回避する為にメーカーはローパスフィルターなどを付けている訳ですが、それでも縞模様のネクタイとかシャツなんかはモアレが出ることがありますよね。

そんなモアレを除去するのには画像処理ソフトをつかって、モアレ部分をボカスってのが基本的な王道?なんですが・・・(~_~;)

でも、モアレって何とかならないかなぁ~と昔から考えていたのですが、フーリエ変換を使ってモアレを消し去る方法というのを知りました。

デジタル画像を周波数成分に変換することをフーリエ変換というのですが、周波数成分に変換してモアレ部分の周波数をマスクしてやることによってモアレを除去することが理論上は可能です。

(フーリエ変換に関しては専門用語辞典などで解説されていますが、私は良く理解していないので、フーリエ変換については詳しくは述べませんOrz)

そもそも、ローパスフィルターのローパスっていうのも低周波数(ロー)をパスするからローパスという言葉になっているわけで、




| ホームへ | 次ページ