TOP > デジカメの撮影方法・テクニックを紹介

これぞ超望遠レンズの圧縮効果だ! 2日間で約1000万回も再生された奇跡的なニアミス回避映像

スペイン・バルセロナ国際空港で5日に発生したニアミスが世界中で話題になっています。
フランシのパリジャンなどは「奇跡的な大惨事回避」とまで書いているとか。


奥にある飛行機が滑走路に着陸しようとしたら、おっと!別の飛行機が出てきたため慌てて再上昇した様子の瞬間です。航空ショーじゃないんですから旅客機では・・・。

このニアミスの様子を投稿したYoutube動画は既にアップロードから2日間で1000万回近く再生されています。
しかし、この映像・・・。



確かにニアミスであることは事実なんでしょうが、超望遠レンズで撮影しているからこその大迫力になっています。
まさに横切った飛行機をスレスレで回避しているかのように!


実際に共同通信によればスペインの航空当局は「カメラアングルの関係で両機間の距離が近かったように見えるが、実際には2キロ以上あり事故の危険性はなかった」と発表したとのこと。

2キロあるかどうかは分かりませんが超望遠レンズの圧縮効果によって実際の距離よりも非常に近く見えることは事実。
こういう事例は圧縮効果の分かりやすい話として覚えておくと何かの役に立つ???


※圧縮効果とは望遠レンズを使うことによって、遠くの物と近くの物との距離感が縮まって見えることを言います。距離を圧縮させる効果があることから圧縮効果と呼ばれていますが、詳しくは以前の下記エントリーをご覧ください。

望遠レンズの圧縮効果を使いこなそう!|デジカメの撮影方法・テクニックを紹介
望遠レンズって何?という疑問をお持ちの方は、まず最初に下記エントリーをお読み頂ければと思います。 ・花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる さてここでは望遠レンズの特徴である「圧縮効果」について ...
望遠レンズと広角レンズを使った圧縮効果のテクニックエントリーです。圧縮効果についてご存知無ければこちらをご一読下さい。

今回は超望遠レンズでの圧縮効果のご紹介でした。
とにかく事故にならなくて良かった~~~。

実際の映像は以下からどうぞ。




ストロボの照射角度の違いによるガイドナンバー数値の変化。 CanonとNikonのガイドナンバー表記の違いに迫る

 VS  

昨日に引き続き今回もストロボの話を復活させます。
今日はガイドナンバーの解説から一歩進んで照射角度の話にしてみようと思います。


その話をするのに、一番分かりやすい例がCanonとNikonのガイドナンバー表記の違いだと思います。

え?なにそれ?と思う方もいると思います。
確かにニコンとキヤノンの両方のストロボを持っていないと気が付きませんよね~^^;


実はニコンとキヤノンは同じ強さのストロボだとしてもガイドナンバーの表記数値がが違うんです。

例えば下の例

・Nikon SB-900のガイドナンバーは34
・Canon 580EX2のガイドナンバーは58

この数値だけ見てCanonのストロボのほうが強いんだ!な~んて簡単に思っちゃダメダメ(笑)

この数値だけ見るとストロボ光が強いのは58のCanon 580EX2ってことになりますよね。
でも、そういう簡単な話では実は無いんです。


実はこの数値には一種のトリックがあって、同じ土俵で戦える数字では無いんです。
そのトリックが今回解説するストロボの照射角度です。


ガイドナンバー(GN)は照射角度によって変化する


---------------------------------------------------------------------------
ガイドナンバーについては先日の記事を参考にしてくださいね。
・ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!?

---------------------------------------------------------------------------


ストロボの光はレンズの焦点距離(24mmとか200mm)の違いによる画角(写る範囲の広さ)に合わせて照射角度が変化するようになっています。
懐中電灯でも先の方をクルクル回すと広い範囲を照らせたり、スポット光に変化したりするものがありますよね。

あれと要するに同じことがストロボでも行われています。


下の写真を見てください。
左下はストロボの照射角度を最大に開いた状態で発光させた瞬間を撮影したものです。
右下は広角レンズを使ってカメラの先に置いた缶を撮影したものです。(左のストロボの照射角度と同じです)


以下の比較写真はカメラ・レンズの設定は全て同じです。
ストロボの強さも同じ。
変化しているのは照射角度だけです。




このストロボの照射角度を徐々にズームしていくとどうなるでしょうか?
続きの画像を御覧ください。




ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!? 

最近メチャクチャ忙しくて更新している暇が無くて・・・。
この機会にブログ内に埋もれているエントリーを少しずつ掘り起こして紹介してみようと思います。

何も投稿しないよりは自分の中でのモチベーション的にも色々と保てるのでご了承下さい。

私の中でも忘れていたエントリーは沢山あるのですが、今週はスピードライト関係を掘り起こして若干の加筆をしつつ紹介しようと思います。

最初はGNについて。



写真撮影に慣れてくると、挑戦したいのがストロボを使った撮影だと思います。フィルム時代はストロボがどのように影響するのかわからず使うのは素人では難しかったのがストロボ。

しかしながらデジタルカメラになってから効果がわかりやすくなりハードルが一気に下がりました。
ただそれでもストロボって瞬間の光だから使うのが難しくて挫折している人も多いですよね。

でも、ストロボの基本を押さえておけば難しいことはありません。
数回に渡ってストロボの基本的な考え方をご紹介します。



まず最初はとても簡単な解説から。
ストロボの光の強さに関することにしましょう。


ストロボの光の強さはGN(ガイドナンバー)で表される


聞き慣れない言葉ですが、ストロボの光の強さはガイドナンバーという言葉で表されます。
例えば、NikonのSB-900というストロボのガイドナンバーは36と表記されています。

このガイドナンバーはストロボの照射角度によっても変化してくるのですが、そのあたりの解説は別の項へ譲るとします。
ここでは、ストロボの光はガイドナンバーという言葉で表現されるとだけ覚えて下さいね。


で、そのガイドナンバーですが、以下の式で求めることが可能です。


式:ガイドナンバー(GN)=ストロボの到達距離(m)×絞り値(F値)
この時のISO感度は100とします。


すご~く簡単に解説すると、
1、ガイドナンバー30というストロボがあると仮定する。
2、絞り値が「F1」というレンズがあると仮定する。

上記の仮定で言えば、ガイドナンバー30というストロボの光は30m先まで到達することになります。




で、絞り値が1のレンズなんてお持ちでは無いでしょうから現実的なレベルに話を置き換えると、ISO感度が100のときに、ガイドナンバーが12のフラッシュを使うと、絞り値をF4にしたときは、3mの距離まで適正露出で撮影できます。

何となくガイドナンバーという物を理解できたでしょうか?
でも、こういった数字的なことを覚えるよりも下の写真を使って視覚的に覚えてみてください。


強い光は遠くまで照らす

左下の写真はガイドナンバー40でストロボを発光させた瞬間の状態です。
右下の写真は絞り値20にセットしたカメラでストロボから約2m離れた缶を撮影したものです。


カンの良い読み手の方はお気づきかも知れませんが、上の状況をガイドナンバーを求める式に当てはめると
40=2×20
という式になります。ちょうどストロボの光が到達する距離に缶があることになります。


ではガイドナンバーを少しずつ落としていくとどうなるでしょうか。
続きは以下です。




花の撮影の時はiPhoneのLEDストロボはON?それともOFF? 芍薬の花でテスト



芍薬の花が綺麗な時期になりました。
上の写真は出かける前に玄関に飾ってある芍薬の花をiPhoneで今朝撮影したもの。かなりノイズが乗っていますが、このぐらいの大きさで見るぶんには何とかOKでしょうか^_^;


4日ほど前に駅前で購入したのですが3本で600円でした。ってことは1輪200円。結構安く売られていました。
小さな蕾の状態で購入したのですが、2日ほどで満開に。

これだけ大きな花なのに咲く時は一瞬で開花するエネルギーに感動。

iPhoneに付いてるLEDフラッシュを使って撮影もしてみたのですが・・・。
花の柔らかさを出すにはLEDフラッシュはOFFにしておいた方が良さそうですね。


左側がLEDフラッシュON。/ 右側がLEDフラッシュOFF。


以前に書いたエントリーに
その場の雰囲気を出したい時はストロボの設定をOFFに!

と言うものがありますが、やはりストロボを直接当ててしまうとノッペリとしてしまうので、花のようにふんわりとした物を撮影するにはiPhoneのライトもOFFの方が良いかもしれませんね。

下の芍薬をメインにしたアレンジフラワーはストロボをONというか、ストロボを複数使って撮影したものです。
直接当てなければストロボを使ってもふんわりと撮影することは可能です。

なので正確には、直接正面から当てるストロボはNGということですね。


こうしてアレンジメントすると芍薬の花ってやっぱりデカいです。


カーテン越しの柔らかい自然光を使うとiPhoneのカメラでも驚くほど綺麗にバラが撮影出来ますよ~(^^♪

  • iPhone4S
  • 絞りF2.4
  • シャッタースピード 1/20秒
  • ISO感度 80

今はとても薔薇が綺麗な時期ですよね。

庭に綺麗な薔薇が咲いているお宅があると散歩途中に見入ってしまいます。

昨日、バラを綺麗に咲かせることで有名な知り合いのお宅へ御邪魔した時、帰りに庭に咲いている薔薇を頂きました(^^♪

ちょうど母の日ということもあって、息子から家内にプレゼントとして渡すようにもたせました^_^;

あまりに綺麗な形の良い薔薇だったのでスマホで撮影!
上の写真はiPhoneカメラで撮影したものですが、結構綺麗に撮影出来ました。



ポイント1
日中の太陽光がある時間帯にレースなどのカーテン越しで撮影すること!


窓ガラスからの直接の光だと光の質が硬すぎてiPhoneカメラでは太刀打ち出来ません。ですのでレースのカーテンなどで光を柔らかくした状態で撮影するのがポイントです。
カーテンの近くに白色テーブルを近づけて、テーブルの上に花瓶を置いてパチリ!ちょうど花の向こう側がカーテンになる感じに配置します。
逆光撮影ってやつです。白色のテーブルはひとつ持っていると重宝します。テーブルそのものがレフ板の役目を果たしてくれるのでイザという時には撮影台として活躍してくれます。
今回の撮影でも窓からの自然光と室内灯以外には特別な補助光などは一切使っていませんが、撮影台としてつかったテーブルが白かったので良い感じでレフの役割を果たしてくれたようです。



ポイント2
もう一つのコツは、




iPhoneの標準カメラを使って綺麗に小物が撮影出来るかチャレンジ! 撮影方法は懐中電灯(LEDライト)で簡単ライティング

iPhoneの標準カメラを使って室内で撮影する時に、懐中電灯をつかって撮影にチャレンジしてみました。
先日のエントリーでフラッシュライトマニアだと暴露しましたが、せっかく沢山所有している懐中電灯をつかって遊んでみようかな~と。
室内の蛍光灯で撮影するよりも少しは綺麗に撮影できたかなぁ~。という感じです。

懐中電灯を使って撮影する発想は写真家の伊藤裕一さんのライトセーバーを参考にさせて頂きました。


iPhoneでの撮影だとライトセーバーのように長時間露光撮影のような高等技術は使えないので、今回使ったのは強力な懐中電灯(フラッシュライト)。
その結果、明るいためにiPhoneのカメラのISO感度もISO50やISO80程度に抑えることが出来ました。
室内での撮影ながらノイズが比較的少ないかも。これが結構良かった点です。

写真の出来上がりとしてはiPhoneの標準カメラとしては合格点!?
下の写真をみての合否は各自でご判断下さい(笑)


今回のポイントはなるべく強烈な懐中電灯(フラッシュライト)を使うこと。その理由は最後に書いておきます。
フラッシュライトを使わなくても明るい室内の窓辺で撮影したりすればある程度綺麗に撮影できると思うのですが、いつでも昼間に撮影できるとは限りませんからね。


クリックで拡大します

  • [モデル] iPhone 4S
  • [フラッシュ使用] いいえ
  • [焦点距離] 4.3 mm
  • [焦点距離(35mmフィルム換算)] 35.0 mm
  • [シャッタースピード] 1/120 秒
  • [ISO感度] 80
  • [絞り] F2.4


クリックで拡大します

  • [モデル] iPhone 4S
  • [フラッシュ使用] いいえ
  • [焦点距離] 4.3 mm
  • [焦点距離(35mmフィルム換算)] 35.0 mm
  • [シャッタースピード] 1/20 秒
  • [ISO感度] 80
  • [絞り] F2.4


クリックで拡大します

  • [モデル] iPhone 4S
  • [フラッシュ使用] いいえ
  • [焦点距離] 4.3 mm
  • [焦点距離(35mmフィルム換算)] 35.0 mm
  • [シャッタースピード] 1/60 秒
  • [ISO感度] 50
  • [絞り] F2.4


クリックで拡大します
  • [モデル] iPhone 4S
  • [フラッシュ使用] いいえ
  • [焦点距離] 4.3 mm
  • [焦点距離(35mmフィルム換算)] 35.0 mm
  • [シャッタースピード] 1/30 秒
  • [ISO感度] 50
  • [絞り] F2.4



撮影に使ったライトはこの2本の懐中電灯(LEDフラッシュライト)です。




デジカメ撮影の雨対策!メンテナンス方法と撮影時の注意

梅雨入りして雨が多くなる時期になりました。
それと同時に雨の中での撮影も増えてきます。


最近はゲリラ豪雨など急な雨に見舞われることが多いですよね。
そこで雨での撮影時のポイントや撮影した後のメンテナンスを中心に私の個人的な方法を書いておきますのでご参考にして頂ければ幸いです。

プロであれば雨の中での撮影は多いのでスタイルが確立されていると思いますが、アマチュアの方は撮影する機会はあまり無いかも知れません。もしも雨の日の撮影に興味がある方は是非一度小雨の時にでもチャレンジしてみだ下さいね。



数日前の雨が降った日にTwitterで以下のツイートを致しました。

----------------------------------------------------
大切なデジカメを長持ちさせるために雨の撮影から帰ったら
1.レンズを外す
2.メディアカードを外す
3.電池を外す
4.ストロボを外す
5.電気接点を拭いてあげる その上で
6.ボディとレンズをしっかりと乾かす!
レンズはズームを伸ばした状態がベターですよ(^-^)/
-----------------------------------------------------


想像以上に参考にしてくださる方やリツイートが多かったので、もう少し分かりやすく写真も使って説明していきますね。
まずカメラのどの部分を乾かす必要があるのか書いていきますね。

メモリーカードスロットは、カードを抜いてカバーを開けてしっかりと乾かします。

カードスロットの内部には雨が入らないように各社工夫をされているのですが、非常に大切な部分ですからしっかり乾かしましょう。

カメラの側面に接続端子がある機種に関してはこちらもカバーを外して乾かします。

意外と忘れられているのがシンクロ接点など。
こちらも乾かすことが重要です。

カメラによっては接点がむき出しになっていたり、接点のカバーをなくしてしまってむき出しになっている人もいると思います。

そんな時には撮影の前に接点にはテープを貼って水が入らないように工夫して下さい。

もちろんレンズを外してマウント部分にある電気接点も乾かします。乾かした後は手動のハンディーブロアーでマウント内に風を送ってホコリなどのゴミは取り除いてあげましょう。

電源ボックスから電池(バッテリー)を抜くことも忘れずに。
電池には多くの電気接点がありますからね。

私は10年以上昔にバッテリーの接点をショートさせて服の一部が燃えたことがあります。カメラのバッテリーだからと思って安易に考えていると結構怖いんです。


まだまだ続きます




デジカメのホワイトバランスのプリセット設定に挑戦してみよう

初心者~中級者の方に向けて書いた記事になります。


最近は各社ともミラーレス一眼レフカメラの売れ行きが好調なようです。

あなたのお持ちのデジカメはコンパクトですか?ミラーレスですか?それとも一眼レフ?

コンパクトデジカメだとホワイトバランスのプリセット設定をする機会はほとんどないと思いますが、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフを購入された方はホワイトバランスのプリセットに挑戦してみては如何でしょうか?


光には色温度というものがあって、光源の色によってケルビンという単位で表示されます。
ケルビンはアルファベットの「K」で表示されます。

日中の太陽の色が5000K~5500Kとも言われています。
下の表をみて何となく概念だけ理解しておくと良いかもしれません。




さて、ホワイトバランスと言っても今まで設定したことがない人は良く分かりませんよね。


デジタルカメラで必要なホワイトバランス設定をわかりやすく言えば


見た目の色に近づけて撮影する為に必要な設定!



デジタルカメラにはオートホワイトバランス設定というものがありますよね。
初期設定のホワイトバランス設定はこの「オート」になっています。

この「オート」のおかげで特にホワイトバランス意識しなくてもカメラ側で最も適切なホワイトバランスを見つけて設定してくれます。

この機能があるのでホワイトバランスを気にしている方は少ないかもしれません。
ホワイトバランスの設定を変えるとどうなるか試したことはありますか?

例えば室内での下の写真。
一番左がオート設定。他の3つは電球、蛍光灯、晴天設定です。




オートでも確かに見た目に近い色に仕上がっていますが、プリセットで撮影すると下のようになります。




金網越しや模様のある窓越しでの撮影方法

金網越しでの撮影ですが、動物園などでお困りの方も多いようです。
どうしても金網が写ってしまって綺麗に撮影できない。

こんな話をよく聞きます。

ちょうどよいシチュエーションがあったので解説しようと思います。


下の写真は渋谷駅構内から外を撮影したもの。
ガラスに水玉模様がびっしりと全面に施されています。



普通に撮影すれば下の写真のように水玉が写ります。
で、このガラス越しで水玉模様が写らないように外の景色を写せるのか?


これは金網以上に難易度が高そうなシチュエーションですが結果的には成功しました。





金網越しでも同じ方法で金網が写らなくなります。

では解決方法。




ストロボ(フラッシュ)のディフューザー効果撮影を可視化して解説



ストロボ撮影に慣れてくると、やってみたくなるのがディフューズです。
ストロボの直接の光を拡散させて光を柔らかくする目的が主で使われる技法ですね。

ストロボ光が直接あたっている状態は光がだと、光の質が硬くなります。
そして後ろの影はシャープに出ます。

その光の質を柔らかくするのがディフューズ。
一番分かりやすい例えは「雲」です。

快晴の状態での影はハッキリしていますが、雲がある日の影はボヤけた感じになるか、影が出ませんよね。
それと同じ状態を人工的に作るわけです。


ダイレクト光とディフューズ光の違いの一例

ダイレクト光(ディフューズなし)の特徴
1.影が後ろに強く出る
2.コントラストが強過ぎる
3.周りが暗くなる


ディフューズ光の特徴
1.不自然な影がぼやけて目立たなくなる
2.全体のトーンが柔らかく自然な感じになる
3.周辺部も明るくなる




上の写真はストロボの光をアクリル板でディフューズしている状態です。
アクリル板によって光が拡散していることが分かります。

反対にアクリル版がない状態では、




| ホームへ | 次ページ