TOP > photo/写真

紅葉が始まった外苑の銀杏並木で見かけた浴衣美人



今年は都内の紅葉が例年と比べて遅いというニュースがありましたが、イチョウ並木で有名な明治神宮外苑のイチョウも完全な紅葉になるには後少し必要かも。

今週は雨の日や曇の日が続きますから今週末から来週にかけてが一番の見頃かもしれません。

私が訪れた時にはスケッチブックやイーゼルなどを設置して写生している方々が大勢いらっしゃいました。この綺麗なイチョウ並木を留めておきたい気持ちはカメラを持った私も同じ。

ただイチョウの美しさに勝るとも劣らない美人ふたり組を発見!
なんとも晴れやかな浴衣姿で紅葉を楽しんでいました。「ちょっと撮影させてください」と一言かけてパチリ。
片手に持ったイチョウの葉を撮影する姿も決まってます。イチョウの美しさを消し去るほどの存在感がありました。



毎年恒例の「神宮外苑いちょう祭り」も今年で19回目。既に多くの屋台で賑わっています。
天気が良ければ最高のリフレッシュが出来ますよ。




photo/写真 | 2015.11.24 [EDIT]

新宿ミロードのモザイク坂が光の回廊に。イルミネーションが点灯

      
久しぶりにポストカード写真の投稿。今回はイルミネーションで。

Shinjuku Terrace City ILLUMINATION'15-'16』が昨日より開始されました。
都内では次々にイルミネーションが点灯し始めました。

写真は昨日から点灯した新宿ミロードのモザイク坂。
~マカロンglobeバレー~と題して約35メートルの歩道を華やかな光の回廊に仕立てあげていました。

新宿ではモザイク坂以外にも複数の場所でイルミネーションが楽しめます。
場所によってはバレンタインデーまで!


各地のイルミネーションを見るためなら寒くても外に出る気になるんですよね~。
フォトグラファーって光を見ると吸い寄せられる性質があるのかも・・・。


photo/写真 | 2015.11.12 [EDIT]

リンドウの不思議な花言葉 "悲しんでいるあなたを愛する/正義" 




ここ数日、かなり涼しくなってきたので秋の花を探していたらリンドウを見つけました。
これは近所の花屋で売っているエゾリンドウ。少し青が弱いものを選んで買いました。
同じ場所で栽培されたリンドウで尚且つ同じ日に入荷した同じ品種のリンドウでも比べてみると花色がかなり違うんですよね。不思議です。それが楽しみの一つでもあるんですが。

エゾリンドウは開花してもこの程度しか開きません。オヤマリンドウなんかも同じだと思います。
それにしてもリンドウという花の花言葉を調べて驚きました。

悲しんでいるあなたを愛するって・・・。
悪い意味では無いようですが、花言葉を知ってしまうと花束として送る時には慎重になってしまいますね。
この花言葉だと退職の時などが一番良いのでしょうか?


正義や誠実という花言葉も含まれるようですが、なぜ"悲しんでいるあなたを愛する"という花言葉なのか気になります。
花言葉辞典なるものは持ちあわせていないのでWikipedia情報になってしまいますが、




photo/写真 | 2014.09.09 [EDIT]

若返りを繰り返し死なない不老不死のベニクラゲ パート2 



ベニクラゲの写真と不老不死の話を書いたら意外と反応があったので、もう少し別カットを載せながらもう少し詳しい話を。
不老不死と書くと絶対に死なないから増えすぎちゃうじゃん!と思われる方もいたようですが、食べられてしまったらさすがに死んじゃいますよね~^^;

それでも、このクラゲが不老不死と呼ばれてメディア等で取り上げられる理由は"若返り"出来る点。
このベニクラゲを研究している京都大学の久保田信准教授は「ベニクラゲは神秘の生き物で人類が夢にまで見続けている若返りが出来る実在する生き物」と言われています。


この若返るというのは一体どういうことなのかですが、




photo/写真 | 2014.09.03 [EDIT]

不死身?不老不死と言われるベニクラゲは可愛い一人乗りの宇宙船のようだった

   

クラゲといえば刺すイメージで何となくネガティブなイメージが多いですが、不老不死のクラゲとして有名なベニクラゲは直径が4~5mm程度のとても可愛らしいクラゲです。
寿命が尽きて死んだようになってからポリプ(刺胞動物の基本形)に再生するらしく、そのことから不老不死のクラゲと呼ばれているとか。

色々撮影してみたのですが、個別にアップで撮影するよりも、この密集具合が好きです。
真っ黒な宇宙空間を一人乗りの宇宙船に乗って漂っているようにも見えます。

ベニクラゲの不老不死を人間にも応用できれば・・・な~んて考えている人もいるのでしょうね。
このクラゲの存在を秦の始皇帝が知ったらなんて言っただろう。

クラゲを観察していて、自宅でもクラゲが飼育できればなぁ~と思ったのですが、クラゲの飼育は非常に難しいらしい。
その上、クラゲの寿命は短くて数ヶ月ほどのものがほとんどだとか。ですので、本格的に飼育するのであれば繁殖をする必要があるとのこと。

家のミナミヌマエビでさえ繁殖に失敗する私ですから早々にクラゲの飼育は諦めました(笑)
水族館でさえ難易度の高いクラゲの展示を1種類でも増やすことは非常に難しいそうです。そう考えるとクラゲ展示数世界一の加茂水族館の繁殖技術がいかに凄いかが理解できます。

日本発の世界一。嬉しいですね。


photo/写真 | 2014.09.01 [EDIT]

身軽に三脚持たず奥入瀬へ 手持ち・・・でスローシャッター



今夏は忙しくバタバタしていてブログの更新も続いておりませんが、日々撮影はしています。
月初めに"さんさ踊り"や"ねぶた祭り"を撮影した際には移動途中に奥入瀬を通りました。奥入瀬の一番きれいな季節とは違う時期なのかもしれませんが非常に澄み渡る空気感に感動。

もともと東北地方のブナ林は大好きななので、ブナ林を通るだけでも嬉しかったのですが、次の撮影まで少しだけ時間があったので、スポットらしい場所で停車して撮影することも。

あいにく三脚は持ち合わせていなかったんですが、1秒程度の露出時間だったら何かしらに固定させれば何とかなりますからね。思ったようなアングルで固定は出来ませんでしたが十分堪能できたプチ奥入瀬でした。


三脚がない時には木や地面、塀や橋など、とりあえず何かしらの場所でカメラを固定しつつ動かないように手で抑えてシャッターを切ると手ブレしにくくなるので、三脚をお忘れの際などには是非お試し下さい。


ビギナーの方に若干の解説を・・・。

上の写真も下の写真も手持ちというか三脚を使わずでの撮影です。



上の写真も下の写真もシャッタースピードは・・・




photo/写真 | 2014.08.15 [EDIT]

ハネトの掛け声で大盛り上がりの青森ねぶた祭り



東北の三大祭と言えば
真っ先に出てくるのが"青森ねぶた祭り"
今回は開催日初日に撮影してきました

ねぶた祭りは全国各地で行われるようになりましたが
元祖と言えばやはり東北のねぶたやねぷた祭り

全国から祭りを見に集まり
期間中の人出は300万人を超えるのだとか
凄い!!!


祭りを盛り上げるのは"ねぶた"と"跳人(ハネト)"
ねぶたの前方で踊りながら進むハネトは衣装さえ着ていれば誰でも参加OK
この時期になると貸衣装屋さんもあるそうです

1台のねぶと共に数百人から1000人ものハネトが一緒に進みます
踊りというよりも跳ねる感じですので
飛び入り参加でも楽しめそうなのも良い点ですね。

以前は徒歩暴走族の一種と言われる"カラス"の集団が目立ったのですが
今年のねぶた祭は一切見かけませんでした。


現場で感じたのはねぶた運行コースの距離が長い!
端から端まであるくと結構たいへんです
ねぶたがコースをぐるっと一周して祭りが終わるのですが
一周するのに2時間かかります
つまりゆっくり歩いて2時間のコースというわけ


祭りは21時で終了となるのですが
道路の封鎖は22時頃まで続くので車で行く際には気をつけたほうが良いですよ
終わってからすぐに移動したい場合には
祭りコースの外で止めておくことをオススメします。



ねぶた祭りの最終日は海上運行が行われ
花火とともに大いに盛り上がるそうです

海に浮かぶねぶたと花火
是非次回は撮影してみたいですね。



photo/写真 | 2014.08.06 [EDIT]

3万5000人が参加する"盛岡さんさ踊り" やっぱり大迫力で美しい



東北へ行って"さんさ踊り"を撮影してきました。

東北三大祭りと言えば
・仙台七夕まつり
・青森ねぶた祭り
・秋田竿燈まつり

盛岡で行われる"さんさ踊り"は三大祭りには入りませんが
街の一体感や踊りの美しさやダイナミックさなど
全てにおいて三大祭りに引けを取らないと個人的には思います。


今年も8月1日から4日まで行われていました。
場所は盛岡市中央通り(県庁前~中央通二丁目)


踊りが始まる直前まで踊り手たちは一人も見当たらないのですが
イザ祭りが始まると一体どこに隠れてたの??????
と思うほどに次から次へと踊り手達が湧き出てきます


なんとその数・・・
4日間で約3万5000人

観覧者じゃないですよ!参加者が約250団体で3万5000人です。
ハッキリ言って超ド迫力。

世界一の太鼓パレードと言われるだけあって
1万もの太鼓が一斉に響き渡る街の一体感はすさまじい!
機会があれば是非一度現地で驚きの空気感を体験してみてください。


photo/写真 | 2014.08.05 [EDIT]

オーシャンビューでベッドから海を見ながら最高の朝




今日の写真じゃないんですが・・・。
最近写真を全然アップしていなかったので、手元にあった朝焼け写真を載せてみました。

ホテルにチェックインした時は夜だったので目の前がこんなにも近い海だとは思わなかったのですが、朝の4時前に起きて窓の外を見たら驚きの光景。
カーテンを入れつつホテルの部屋から撮影した雰囲気を出したかったのですが見えるかな。

早起きは得だなぁ~と感じた瞬間でした。


photo/写真 | 2014.07.16 [EDIT]

都内でカントウタンポポが沢山咲いてました。ついでに綿毛もじっくり観察してみた



既に綿毛の状態になっているものが多かったのですが
まだ花の状態のものも。

新聞連載マンガ
"ひなちゃんの日常"でも登場したカントウタンポポ。

裏の総苞片が反り返っているのがセイヨウタンポポ。
反り返っていないのがカントウタンポポだそうです。

確かに下から撮影するとセイヨウタンポポとは違います。



花はというと




photo/写真 | 2014.04.23 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ