TOP > 写真関係全般

Google Lensアプリによる写真の不要物除去技術に期待!MITとの共同開発技術を応用?

先日行われたGoogle I/Oデベロッパー・カンファレンスのキーノートで発表されたGoogle Lensという新しいテクノロジーが非常に話題になっていますね。

この技術を使ったGoogle Lensアプリを使うことによって何が出来るのか?

たとえば、
・Google Lensアプリを使ってカメラを「花」に向けると花の名前を教えてくれる
・カメラをお店に向けるとお店の看板を読み取ってお店の情報を表示してくれる
・コンサートのポスターにカメラを向けるとコンサート情報が表示されオンラインでチケットを購入できる
などなど

これを聞くだけでも結構凄いですが、私が一番驚いたのは、写真を撮影した際の不要物の除去!
キーノートで事例として紹介された画像が以下のフェンス越しに撮影した野球の写真。



これは凄いですね。

一昨日お伝えした飯塚助教が開発した新技術に似ているものがあります。

人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。



この除去がワンシャッターで可能なのかどうかが一番気になります。

というのも、昨年の夏にGoogleとMITが共同不要物の除去に関しての技術を発表したのですが、その技術での不要物の除去方法は複数枚の写真を撮影することによって完成するものだからです。

複数枚の撮影が必要になるものの、ガラスの写り込みや柵や金網など手前にある邪魔な被写体は、ほぼ完全に除去できる作例で紹介されていました。

うわ!これは凄い。撮影時のガラスへの写り込みを完全除去できる驚きの新技術

GoogleとMITが共同でとんでもない技術が開発中らしいです。ガラスの写り込みや柵や金網など手前にある邪魔な被写体をほぼ完全に除去できる恐るべき技術です。



その写真がこれです ↓





写真関係全般 | 2017.05.19 [EDIT]

人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!これ凄いです。

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。
画像レタッチ?いやレタッチでも画像補正でもなく無から有を作り出す補完技術技術です。
畳み込みニューラルネットワークという技術を使っているようで、知り合いのプログラマーに畳み込みニューラルネットワークとはなんぞや?と聞いてみたのですが、聞いてもよく分かりませんでした^^;

とにかくディープラーニングの世界では囲碁や将棋だけでなく画像に関しての技術も凄いことになっています。

早稲田大学の飯塚里志助教の研究チームが開発した画像補完技術「Globally and Locally Consistent Image Completion」をご紹介します。


以下のキャプチャー画像を御覧ください。
元画像の中心部分を削除してデータ入力。画像は削除された部分を見事に補完して出力されています。
もちろん予測の補完データですので元画像と同じになる訳ではないのですが、違和感を感じさせない出力データになっています。




以下の数年前の補完技術と比べると一目瞭然です。
下の画像の左上が一部分を削除した入力画像。
2009年、2012年、2014年、2016年時点での画像補完ソフトでは違和感のある出力画像になっていることがわかります。
対して右下の新技術による出力画像は今までの技術とはまったくレベルが違うことが良くわかります。


一見簡単そうに見える木の欠如部分でも現状の技術はレベル差を感じます。
橋の欠如部分の補完に関しては圧倒的なレベル差です。



飯塚里志さんがTwitter上で動画をアップしてくれていますので、そちらを見ると更に凄さが分かります。




動画を見ると分かりますが、この技術を使うと人の顔まで予測反映させることが可能。
飯塚さんが非常に面白い実験をしてくれています。以下のTwitterです。





写真関係全般 | 2017.05.17 [EDIT]

ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開

撮影で使用する大型照明器具がポートレート撮影の際にどのような光の変化をもたらすかを非常によく分かる資料を公開したとしてドイツの写真家マイケル・クァック氏が注目されています。

マイケル・クァック氏はドイツのHensel製のライティング機材を使って111種類のライティング比較を作成し公開してくれています。
グリッドの違いやスヌート、アンブレラからバンクも含めてあらゆるライティング方法で女性を照らし照明の当て方も含めて全部公開してくれているので照明機材の勉強にもなりますし、機材選択の一助にもなるかもしれません。


一つ一つの照明に対し以下のような情報を提供してくれています

  • モデルとなっている女性の顔
  • フルショット
  • 上部からの俯瞰
  • セットが見える全体像
  • 被写体とバック紙を露出計で計った値

このPDF資料は完全公開されダウンロードすることも可能です。
本当に凄い資料を作成されましたね。
https://ja.scribd.com/document/332098228/Light-Formers-Shootout#from_embed

DIYPhotographyにて紹介されていました。
ソース詳報はこちら


Light Formers Shootout by Michael Zhang on Scribd



直接資料をダウンロードされたい方は以下からどうぞ





写真関係全般 | 2016.11.28 [EDIT]

え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!

日本の大学では無いのですが、オーストラリアのビクトリア州のメルボルン近郊の都市のジーロングにあるディーキン大学のウォーターフロント・キャンパスに今年新しく暗室が建設されたそうです。

デジタル化がここまで進んでフィルムは廃れるばかり。フィルムの値段は上がり現像代を考えるとフィルム世代の方々もデジタルにほぼ移行したというのに、暗室を新建設とは!

暗室建設にも携わり暗室作業の講師も行っているダニエル・アームストロング氏によれば「90%はデジタルの内容だが暗室作業を通して写真の歴史を学ぶことは非常に重要だ」とのこと。

今のデジタル全盛期に暗室を建設とは大胆なことですが、暗室作業を行ってきた世代から考えるとデジタルカメラしか知らない世代にもフィルムの現像や暗室のプリント作業の楽しさや今のInstagramのフィルターなどはクロス現像や光線漏れ、使用期限の切れたフィルム使用の失敗などを参考に作られていることを知る良いきっかけかも知れません。


フィルム時代を経験している私もピンホール撮影は非常に大きな経験として残っています。あのピンホールで作品を撮り続けた期間は無駄では無かったと思います。

暗室が残っている大学はあるのでしょうが、新しくキャンパスを作る時に暗室を改めて建設する大学は少ないでしょうね。
写真を学ぶ上でコストはかかりますが非常に重要な経験をさせてくれる学生思いの大学があることに感動。
人気の講座はセレン調色だというですから本当に驚き!私はやったことないです^^;


写真が上手くなるかどうかは別としてもフィルムやピンホール、カメラもオートフォーカスではなくマニュアル機や大判などのカメラなども経験するとグッと世界が広がりますよね。

フィルムの持っている階調表現やプリント手法を学ぶことでPhotoshopやLightroomなどの作業も変わってくるはず。なんせ自然な処理が自然と出来てくるわけですから。

久しぶりにほっこりする話題でした。
海外の複数のサイトで詳細が書かれています。
LINKを貼っておきますので気になる方は流し読みしてみて下さい。



写真関係全般 | 2016.10.13 [EDIT]

利用規約を読んでからアマゾンのプライムフォトを使うことを強くオススメします。

アマゾンが素晴らしいサービスを日本でも展開したことが話題になりました。
アマゾンプライム会員向けの新サービス「プライムフォト」です。



写真データを容量無制限でリサイズや圧縮すること無くクラウドに置くことが出来るサービスで、RAWデータもアップロード出来るという点で非常に話題になっています。

amazonとしてはプロ写真家も視野に入れたサービスとの話もあるぐらい本気の写真バックアップサービス。
既にGoogleフォトからアマゾンのプライムフォトへ移行すると宣言した記事などが多数上がっているほど。

プライム会員は年間3900円ですが、プライムフォトの他にもアマゾンビデオやアマゾンミュージックなどコンテンツが充実していますからお買い得感があります。私はかなり前からプライム会員なのでプライムフォトの恩恵に預かれるわけですが、全ての写真データをアマゾンのサービスに依存してしまうのはやはり怖い所。

元データは自宅に置いてバックアップとしてクラウドサービスは使う必要性があります。
iPhone等の場合は端末内に保存できる容量に限界があるためクラウド上にアップロードして端末上のデータを削除してしまう方も多いかと思います。

だた少し慎重になったほうが良いかもしれません。

といのも利用規約にはサービスの停止や中止にかんしては通知なく行うことが出来ることが書かれています。


プライムフォト利用規約

5.1変更
アマゾンは、いつでも、お客様に何らの通知なくして、本サービスもしくはその一部を、変更、停止または中止することができます。





つまり、ユーザーに一切の通知なく突然サービスを停止する可能性もゼロでは無いということを知ったうえで使う必要があります。
クラウドサービスなんて基本的にそんなものじゃないの?と思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、通知なくサービスの変更や停止、中止をすると書かれているクラウドサービスというのはあまり知りません。それも有料サービスの一部として提供されているにも関わらず結構キツイ規約だなぁ~という印象もあります。


例えばクラウドサービスとして確固たる地位を築き上げたDropboxの場合は以下の様な規約になっています。





写真関係全般 | 2016.01.22 [EDIT]

自撮り棒の危険性をユーモラスに伝えるYouTube動画がメチャクチャ笑える

ピザハットが自撮り棒(セルフスティック)の危険性をユーモラスなコメディー動画として配信しているのですが、これがメチャクチャ面白い。

それもそのはず、この動画を制作したのはYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門会社。俗にいうシェアエブルコンテンツというやつです。

(紹介している写真は動画からキャプチャーしてます。)


バズフィードなどを中心に、バズるという言葉が日本でも定着してきましたが、Twitterなどで拡散するのとは少し違って、動画の共有拡散を目的に作られているようです。

セルフスティックやセルカ棒と呼ばれる(日本では自撮り棒などとも)伸縮自在の棒は日本ではさほど問題にはなっていませんが、アメリカやヨーロッパでは観光名所でところ構わず迷惑を考えずに自撮り棒を取り出して撮影する人が多くて問題化しているのだとか。

写真撮影可能の美術館が多いのも欧米の特徴ですが、さすがにセルフスティックの使用は禁止されたそうです。

そんな現状を受けてピザハットが公共広告的なコマーシャルをSHAREABILITYというYouTubeでの共有拡散を目的に動画を作る専門集団を通して作ったもの。


周りに何もない広い場所で自撮り棒を掲げるとカミナリが落ちる可能性も高くなる?とても危険な行為ですから止めましょうww


拡散目的の動画ですから拡散して欲しいっていうなら喜んで(笑)
ということで紹介させて頂きましたが、そりゃ~もう抱腹絶倒間違いなしの動画です。
久々に心の底から笑わせて頂きました。

動画は以下です。





写真関係全般 | 2015.05.21 [EDIT]

日本語版スタート!amazonが容量無制限のフォトストレージを驚愕の年間11.99ドルで開始 

ついにアマゾンで格安容量無制限ストレージが開始されました!
以前からamazonはストレージサービスを展開していましたがプライム会員向けだったり容量に制限があったりと使い勝手に難がありそれほど話題にはなっていませんでした。

しか~し、今回発表されたサービスはプライム会員でなくても使用可能な容量無制限サービス。
それもかなりの激安です。


Amazon Cloud Drive
https://www.amazon.com/clouddrive/home


上のキャプチャー画面をみても分かるように
・写真だけ容量無制限プラン
・写真や動画、データファイル何でもOKの無制限プラン

この2つが用意されています。
・写真のみ無制限プランは年額11.99ドル(約1500円)
・動画も音楽ファイルも何でもOKなプランは年額59.99ドル(約7000円)



3ヶ月はフリートライアルで使えるので試しに加入してみました。
既に全て日本語で使用が可能になっています。

ストレージ設定を開いて見ると確かに無制限になっています。
写真以外のデータファイルは5GB用意されています。


写真をメインに使うならば別のファイルは5GBもあれば十分すぎるほど。動画を使う方は年額59.99ドルの無制限全種類プラン(Unlimited Everything Plan)が良いですね。


私が加入した無制限写真プラン(Unlimited Photos Plan) は写真に関して無制限なので円グラフではデーター容量と枚数だけが表示され残りのデータサイズは当然のことながら表示されていません。



契約タイプをおさらいすると

無制限写真プラン(Unlimited Photos Plan) が年額11.99ドル
容量や枚数制限は無し
ビデオや文書の保管のために5GBの容量が追加提供される

無制限全種類プラン(Unlimited Everything Plan) が年額59.99ドル
写真、ビデオ、文書、映画、音楽のファイルを枚数や本数無制限で使用可能



実際に使うとこんな感じです。





写真関係全般 | 2015.03.27 [EDIT]

8ヶ月間売れなかった家。フォトグラファーが写真を変えたら"たった8日"で売れた!?

アメリカのフロリダ州オーランドの建築関係専門のフォトグラファー"Harry Lim"氏が非常に興味深い記事を書いています。
世界中のカメラマンから共感を得る話かと思ったら、彼の記事に対する評価は二分するようです。
あなたはこの話を聞いてどう考えますか?


彼のテリトリーであるオーランドの不動産市場で224日間まったく売れる気配が無かった家があったそうです。
それが以下の家。




なぜ売れないのか?その理由は明確だとHarry Lim氏は言います。
それは不動産会社が公開していた写真の質が悪く現地へ足を運んで実際に見たいと思えるような写真では無かったから。

長期間売れなかったために新しい不動産業者にこの物件は引き継がれました。
新しい不動産業者は写真の重要性を十分に理解していたので建物撮影のプロであるHarry Lim氏に撮影依頼。
そしてHarry Lim氏が外観や各部屋を撮影することになったそうです。

プロのフォトグラファーへ仕事を依頼する必要性をよく分かっている不動産業者だったのですね。

結果、今まで公開していた写真とは見違えるような写真へと変化。
約8ヶ月もの間売れなかった物件がクオリティの高い写真へと変えたらたった8日間で売れてしまったというのが今回話題になっている話の概要です。


ではどのように写真がビフォアアフターしたのか御覧ください。




Before

After

以下、各部屋ごとの比較です。





写真関係全般 | 2015.03.15 [EDIT]

比較画像 JPEGを圧倒的に超える新フォーマット圧縮方式のBPGが凄すぎる・・・

先週末にアメリカのサイトで取り上げられて、あまりの凄さに大反響を巻き起こした画像保存の新フォーマット規格候補であるBPG。

今までもJPEGにとって変わろうとする新フォーマットの規格は数々ありました。MozjpegやJPEG2000など。
JPEG2000なんかはよく知られていますよね。

でもJPEGの利便性や既に広まっている現実を考えると結局はJPEGから未だ変わっていないのが現実です。
しかし、今回話題になっているBPGを見るとスマートフォンなどではJPEGに変わってBPGを新フォーマットとして採用してほしいと思ってしまいます。



実際にどの程度の差があるかご覧になれば一目瞭然。
例えば下の写真。
左側がMozjpeg  右側がBPG

同じデータサイズまで圧縮しているのですが画質の差は歴然です。

下の写真がオリジナル画像との比較。
データサイズは圧倒的な差がありますが画質の差は圧倒的ではないですよね~。これは本当に驚きです。

左がオリジナル画像  右がBPG

1499KBと22KBの比較がこんなに肉薄してていいの?と思ってしまうほどの凄さ。

他の画像でも比べてみましょう。





写真関係全般 | 2014.12.16 [EDIT]

【気になるLink】2014/11/16

FacebookにもLINKを載せましたが今日チェックしたサイトで気になるカメラ関係ものをピックアップしてみました。
最近時間がなくてブログをアップする余裕が・・・。

とはいっても今日も群馬への日帰りで決して暇なワケじゃないんですが^^;
エントリーを書くとそれだけでエネルギーを要するのですがLINKだけなら楽ですからFacebookと共に備忘録用に。



毎日ブログをアップしていると大変なんですが、それはそれでリズムが作れて良かったり、仕事とは違う達成感?のようなものがあったりするので地道に続けられる道を模索していますが忙しくなるとね~~~^^;


全然話は違いますが、今日乗った電車の後ろの席からピコピコ音が。
ピコピコぴこぴこぴこピコピコピコ・・・・・・・・

全然鳴り止まない・・・。
うるせ~~。
と思ってトイレにいく時に何をやっているのか見たらコンパクトデジカメでの撮影画像チェック^^;

コンデジの操作音!あれ不要だろ!!!と怒りを感じた瞬間でした。
デフォルト音はもう少し小さくしてもらえませんかね。音が消せるって知らなくて使ってる人多いと思うんだよなぁ。



写真関係全般 | 2014.11.16 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ