TOP > 時計関係

アポロ宇宙船の時計としても使われ月面にも設置された凄い時計 ブローバ・アキュトロン(スペースウオッチ)

昨日のニュースで星出飛行士がロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションへ打ち上げられたとの報道がありました。


時計好きの私としては、
宇宙=NASA=オメガ
こういう流れに頭の回路が動きます(笑)

宇宙での使用を想定した耐久性テストを突破したNASA公認のオメガ・スピードマスターはあまりに特別な存在なのですが、オメガのスピードマスター以外にもアポロ計画で有名になった時計メーカーを御存知ですか?


宇宙飛行士用の腕時計としてオメガのスピードマスターが採用されたわけですが、アポロ宇宙船内のパネルクロックや、月面探査観測機器に搭載された時計はブローバ社のアキュトロンと呼ばれる音叉(おんさ)時計です。

人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号でも、もちろん使用されています。
月面探査で使われた月面探査機に搭載された時計は現在でも月面の「静かな海」に設置されているそうです。

太陽電池を使った時計らしく、一説では今でも動き続けNASAへデータを送信しているのだとか。

夢のある話ですよね~。
スペースウオッチと言うとオメガのスピードマスターに注目が集まってしまいますが、私はブローバの時計もとても好きです。


Wikipediaには以下のような説明があります。

アメリカ航空宇宙局の公式腕時計の納入においてオメガのスピードマスターと争い、結果的に腕時計は採用されなかったが、当初は無重力下でゼンマイとテンプの振動に依存する従来の機械式時計がどのように動くかわからなかったため、宇宙船のパネルクロックは全て音叉式で重力に影響されにくいブローバ製となり、また最初の月着陸を成し遂げたアポロ11号により静かの海に設置された。

後にオメガのスピードマスターにもブローバのメカニズムを採用する機種「スピードソニック」が発売されている。



アポロ宇宙船内に設置されたものはパネルクロックですが、ブローバ社は腕時計型の音叉(おんさ)時計も制作しています。それが下の写真。
知る人ぞ知る音叉時計です。

音叉(おんさ)時計は分かりやすく言うと、機械式時計とクォーツ時計の中間に位置するような時計です。
音叉に電磁石で一定サイクルの振動を発生させ、音叉そのものの振動を秒針の駆動に用いるシステムです。クォーツ時計は水晶の振動を使った時計ですから、クォーツ時計で使われている水晶が音叉であると考えると想像つきやすいかも知れません。


ブローバ社はアメリカの時計老舗メーカーで、現在でもアメリカで人気のある時計メーカーです。
Wikipediaの説明によれば、アメリカでは国内販売数量1位とのこと。


ブローバ社が有名なのはアポロ計画で使われたと言う以外にも、




時計関係 | 2012.07.17 [EDIT]

中国がトゥールビヨンの時計を作れることなんて今更ながらの話。メイド・イン・チャイナの時計は本当に凄いですよ。

中国時計好きの私としてはスルーできない記事が・・・。
一昨日、サーチナ・トピックスで「中国製の最高級偽時計、スイス時計産業の脅威に」という記事が上がっていました。リンクは以下。

中国製の最高級偽時計、スイス時計産業の脅威に 2012/07/09(月) 10:25:56 [サーチナ]
スイス時計協会FHは先日、高度な機械構造を持つ偽造高級腕時計を初めて押収した。こうした偽造腕時計がスイスの時計産業に与える打撃は大きく、スイス時計のブランドイメージも損ねかねない。 ...
中国の時計生産技術は本当に凄いですよ


ここでの話は中国でトゥールビヨンを組み込んだ複雑時計ですら偽造品が出回っているという話が書かれています。
中国がここまで精巧な時計が作れることに驚き!といった感じの内容なんですが、随分昔から中国ではトゥールビヨンを組み込んだ複雑時計を作っています。

一番有名な中国のムーブメント制作会社と言えば海鴎(シーガル社)です。

海鴎(シーガル社)のトゥールビヨン時計は出来が良いことでも有名ですが、とにかく激安です。
トゥールビヨンが組み込まれている腕時計といえば、一昔前であれば1000万円程度はしていました。

腕時計の複雑機構というと、トゥールビヨンや万年カレンダー、ミニッツリピーターなどのことを言うのですが、いずれかの機構が一つでも組み込まれると1000万円超えと言われていたほどです。

その複雑機構の中の1つ。トゥールビヨンが組み込まれた時計が中国の海鴎(シーガル社)が制作したものになると30万円~50万円程度で買えてしまうのです。
中には驚くことに一つの腕時計に2つのトゥールビヨンが組み込まれている驚きの時計まであります。

これだけの技術力があることを世界に知ってもらいたいですね。そして機械式時計の敷居をもっと下げて欲しいなぁ~。
というのも、

実はヨーロッパから技術提携などを受けてかなり精度の高いムーヴメントであるらしいのです。
品質向上に常に取り組み続けることによって、今では著名ブランドの腕時計パーツの中身は中国で生産していることが多いのだとか。


これは◯◯の時計なんだぜ~。と自慢しても実は中身は中国製だったりするわけです。



話は戻りますが




時計関係 | 2012.07.11 [EDIT]

一見の価値あり。ジャガー・ルクルトの3Dトゥールビヨンって知ってますか?「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」

超久々に時計ネタを書いてみます。
先日、伝説の懐中時計「マリーアントワネット」がテレビで話題になったようです。
ブレゲ社で複製されたマリーアントワネットを銀座に見に行ったことなどをアップしていたのですが、そのエントリーに対してのアクセスがある程度ありました。

以前アップしたのは
ブレゲの超複雑時計「マリーアントワネット」のレプリカを見てきました。
伝説の時計! マリーアントワネットが16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開

レプリカ・伝説の懐中時計「マリーアントワネット」

Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon

上の写真左が20億円でも買い手がある伝説の懐中時計マリーアントワネットのレプリカです。
そして右が現在の最高峰の3Dトゥールビヨンを組み込んだ「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」

時計が趣味の方にはトゥールビヨンやミニッツリピーター、それに万年時計が組み込まれた小宇宙の懐中時計「マリーアントワネット」には魅了されますよね。

オリジナルのマリーアントワネットはあまりの貴重性に値段が付きませんが、複製されたレプリカでさえ銀座に展示された時に20億円で売って欲しいという人がいたんですから時計マニアの凄さを感じます。

「Jaeger-LeCoultre Gyrotourbillon」は発表されてから数年経ちますが、このムーブメントの素晴らしさはまったく色褪せることはありませんね~。
一度下の動画で動いている姿をご覧下さい。

時計が小宇宙と言われていることが事実であることを実感すると思います。



そもそもトゥールビヨンとは、




時計関係 | 2012.03.21 [EDIT]

新藤さんの「月例展@白ヒゲ」へ応募

新藤さんの月例展がブログへ移行されてからは、初参加です(^^♪

忙しいという言い訳で先月まで参加出来ておりませんでしたが、今月からは皆勤賞を目指して!頑張ります。

今月のお題は「腕時計


今回撮影した腕時計は、初めて購入した手巻き式の時計です。




EPOSというメーカーの時計ですが、比較的新しいメーカーな為か比較的優秀なムーブメントをしようしている割に、格安です。


今回、月例応募した写真は下 



一応、マイスターになった気分(笑)の写真です。
ルーペ越しに見るムーブメントは格別です(^^♪

マクロレンズ&ルーペですので撮影のときのピントは結構シビアだったかも。

私はこの時計を購入してから機械式の時計にハマりだして、




時計関係 | 2009.09.14 [EDIT]

ブレゲの超複雑時計「マリーアントワネット」のレプリカを見てきました。

仕事の関係で近くを通ったので銀座のニコラス・G・ハイエックセンターに行って来ました(^^♪

もちろんお目当ては「No.160」マリーアントワネットのレプリカ「No.1160」

行ってみると、大々的な宣伝看板を見つけました!
ブレゲの時計004

今回の展示のタイトルは、

『マリー・アントワネットへのオマージュ』展

「現在に息づく天才ブレゲの遺産」
~マリー・アントワネットとブレゲ、そしてプチ・トリアノン~


とのことのようですね。
ブレゲの時計003


展示は14Fで行われていたのですが、下の写真はブレゲ社のショールーム直行エレベーター!
ここにも、ブレゲ社のこだわりが見られます。
ブレゲの時計002


残念ながら、時計の撮影は不可でしたので、会場の雰囲気だけでも(笑)
ブレゲの時計001


素晴らしい時計を見せて頂き、至福のひとときを過ごしました。

色々と、お話を聞いてきたのですが・・・


なんでも昨日、


「20億円で売ってくれ!!!」


という方がいたそうな。


不況と言えども、あるところにはあるのですね~~(~_~;)
時計関係 | 2009.05.18 [EDIT]

伝説の時計! マリーアントワネットが16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開

伝説の時計!

幻の時計!

世界最高峰の時計!

超複雑時計 マリーアントワネット「ブレゲNo.160」

 

2007年11月11日、発見されたマリー・アントワネット(Marie Antoinette)の懐中時計。 (c)AFP/MENAHEM KAHANA

 

 

 

どんな言葉を使っても言い表せないほどのスゴイ時計のレプリカが日本に来ています。

 

 

レプリカだからといって、侮ってはいけません。

 

 

本物の超複雑時計「マリーアントワネット」は天才時計師ブレゲが44年間かけて製作した信じられないようなスゴイ時計なんです。

 

 

なぜ、この超複雑時計が「マリーアントワネット」と呼ばれるのか。それはブレゲに、この時計を作るように注文を出したのがマリーアントワネットだったんですね~。

 

このマリーアントワネットは時計マニアには伝説の時計として語られている超有名な時計なんです。

 

 

 

なぜ、そんなに有名なのかというと、天才時計師ブレゲが、持てる技術の全てを駆使して世界で一番複雑で美しい時計を作り上げたからなんです。

 

そして、その時計は現代においても複雑すぎて同じものを作ることは不可能だと長い間言われていたんですね。これを聞いただけでもスゴイでしょ。

 

 

 

この小さな懐中時計の中に

「永久カレンダー」

「ミニッツリピーター」

「パワーリザーブ表示」

「バイメタル温度計」

などの複雑機構が入っているんです。

(ブレゲといえばトゥールビヨンが有名ですが、この時計には入っていないそうです。製作注文を受けた時点ではまだトゥールビヨンを発明していなかったのが原因だったとか)

 

 

 

 

これだけで、伝説の時計と言っても過言ではないのですが、なぜ伝説!幻!と言われるかというと、注文をしたマリーアントワネット自身は、処刑され、この時計の出来上がりを見ることが出来なかったこと。

 

そして、マリーアントワネットが死んでしまったために、これほどの時計を購入できる人が現れることは無く、誰の手に渡ることも無かったんです。

 

それどころか、1983年に時計が盗まれるという時計の窃盗事件の歴史上もっともショッキングな事件が発生したんです。

 

 

ですので、同じものを二度と作れないほどの複雑なマリーアントワネットは本当に幻の時計になってしまったわけです。

 

 

 

しか~し、一昨年本物が見つかったとして、昨年のスイスの時計フェア・バーゼルワールドで本物と、レプリカが同時展示されるという夢の競演が実現したんですね~。

 

時計マニアは世界中からマリーアントワネットを見るために集まったようです。

 

 

 

これが、レプリカ

 

どうでしょう?

見事な出来ではないでしょうか?

 

本物のマリーアントワネットの設計図等は残っていないと言われている中で、良くここまで再現できたものです。驚きというか、ため息が出るような美しさです。

 

 

 

 

で、このレプリカが今月の16日~31日 東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで一般公開されるというんです!!!!

 

つまり今日から一般公開!

 

 

これは見に行くしかありません!

 

ぜひ、隣近所、友人、親類をお誘いの上、世界最高の時計をみんなで見に行きましょう!!!

 


時計関係 | 2009.05.16 [EDIT]

熱膨張による誤差 時計のゼンマイについて

明日以降はグアムの写真や韓国でのことを書こうと思っているのですが・・・。

今日も時計ネタです(笑)

熱膨張があることにより、時計に誤差が出ることは昨日のブログでも書きましたが、基本的に時計に誤差が生まれる原因として以下の3点が挙げられるそうです。

1、熱膨張
2、姿勢差
3、ゼンマイのトルク変動

姿勢差に関しては、時計業界では知らない人はいない「アブラアン・ルイ・ブレゲ」により、トゥールビヨンという機構が開発され、姿勢差の誤差を克服しました。
ブレゲ




しかし、問題なのは、このトゥールビヨンの機構は複雑すぎるために、普通の時計師では作成不可能。

作ることが出来たとしてもスイス製のムーブメントの場合は1000万円近い値段になってしまいます。

これが「ブレゲ」のトゥールビヨンです。

ブレゲ トゥールビヨン



なんと定価は10,815,000円

高いけど、欲しい!!!
ケド無理(笑)




そして、こちらが破格値でトゥールビヨンを組み入れたビーバレル社のモデルです。
トゥールビヨン ビーバレル 




価格は199,500円

え!
と聞き返してしまいそうです(笑)


まあ、ここではトゥールビヨンは置いておいて・・・。


熱膨張により誤差がうまれるのは、理解が出来ると思います。
昔の鋼ヒゲゼンマイだと、温度1度の上昇によって24時間で10秒以上も遅れたそうです。

これでは、実際のところ使い物になりません。

そこで、発明されたのがインバー金属とエリンバー金属!

温度が変化しても伸縮や弾性変化がしにくい合金です。

この金属を発見したのはスイスの・チャールズ・エドワード・ギオーム博士ですが、「ニッケル鋼の異常線の発見 」ということで1920年にノーベル物理学賞を受賞したんです。

確かに、それほど重要な発見だったんですね~。

でも、ギオームのお陰で、温度変化を受けにくい時計が開発されることとなりました。


最近では、エリンバーの改良版であるステンレススティール合金製のヒゲゼンマイを載せている時計がほとんどだそうです。
これはスイス製の場合ですかね?
それとも中国製もステンレススティール合金製のヒゲゼンマイなのかな?

私の持っている中国製時計は、オールステンレススティールと書いてあるから、たぶん・・・。



時計関係 | 2008.03.25 [EDIT]

機械式時計 熱膨張による誤差

さて、平置きの状態で、ほぼ誤差ゼロに調整された時計ですが、この時計を腕に付けると、誤差ゼロのはずの時計が遅れ気味になります。(姿勢差は考えないものとする)



また、暖房の無い部屋で冬に誤差ゼロに調整しても、夏には遅れることになります。



もう、お分かりだとは思いますが、いくら誤差をゼロに調整したところで、ムーブメントのゼンマイなどが気温差や体温により収縮するために進んだり、遅れたりするのです。



試しに、昨日、誤差ゼロだった時計をドライヤーで暖めてみた後に計測したのが下の画像です。

アイロンで暖め後



熱膨張の為に、最初は急激に遅れていますが、次第に常温に戻りつつあるのか、平行に近づいています。





なので、今の時期は体温の方が絶対的に暖かいですから、常温での平置きで多少進むように調整したほうが誤差が少ない時計になります。





ただ、グランドセイコーなどの特別に優秀な機械式時計は、この熱膨張も考えて対策をとっているようです。

どのぐらいの誤差に収めているかは実験していないので分かりませんが・・・。





ちなみに、熱膨張の高い物質といえば、水銀。なので水銀計が生まれたんですね~。



最近、よく時計に使われているステンレス鋼は水銀の6分の1の熱膨張です。

また、ステンレス鋼よりも熱膨張の少ないもので時計に使われているものといえば、チタン。ステンレス鋼の2分の1程です。



しかし、ゼンマイ部分をチタンで作るわけには行きませんからね~(笑)


ゼンマイと言えば、ゼンマイに使われる金属は非常に重要なんです。

この物質の収縮によって精度に大きな差が生まれるわけですから。

で、このゼンマイに物質に関しては次の機会に書こうと思います。




時計関係 | 2008.03.24 [EDIT]

誤差の無い時計 日差ゼロは可能か?

連日、時計ネタで申し訳ありませんが、少しだけお付き合いください(笑)



現在、機械式時計は数本所有しておりますが、中でも一番のお気に入りが、なんとも中国製ムーブメントを使用したケンテックス社のジョルジョ・ロッシという時計。



ネットなどでは1万円を下回る破格値で売られている時計です(^_^.)



スイス製の時計も持っているのですが、スウォッチなどを除けば、スイス製ムーブメントの10分の1以下の値段で買えてしまう中国製ムーブメントに最近、非常に魅力を感じています。



耐久性などに問題があるとは言われているものの、本当に巷で言われているほどダメなムーブメントなのかをちょっと試してみました。



実験に使用したのは、ジョルジョ・ロッシの時計に、先日作り上げた、自家製タイムグラファー(びぶ朗)。

タイムグラファーは先日ブログでも書いた100均を最大限に使った自家製ハードです(^^♪



普通、中国製ムーブメントと言うと、1日の誤差が60秒!とも言われています。

良いものでも10~20秒ぐらいだと・・・。



と、言うことで、時計をびぶ朗で計測した結果、やはり10秒ほどの誤差が出ていました。



そこで、時計の緩急針をいじって歩度調整をしてみます。



その結果が、下の画像です。

点で表された横線が一直線であれば誤差がゼロを意味し、

上方向に向くと「進み」

下方向に向くと「遅れ」

を表しています。


調整後1


若干進み気味ながらも、このグラフを見る限りでは、1日の誤差が2秒ほどに調整することが出来ました。



ただ、時計というのは、縦にしたり、横にしたりすることで、進み方が変わって来ます。



上記の画像は平置きの場合。

下の画像は12時の部分を下にして、地面に対し垂直に立てた状態です。

12


これは6時の部分を下にして、地面に対し垂直に立てた状態です。
6時下



これは3時の部分を下にして、地面に対し垂直に立てた状態です。
3時下



これは9時の部分を下にして、地面に対し垂直に立てた状態です。
9時下



これで、分かるように、時計の置き方、正確には姿勢差によって進み具合が変わって来ます。



しかしながら、ここでは、平置きの状態で誤差ゼロを目指してみます。



何度か、微調整をした結果、なんと、下記の状態に!!!
調整後2



ほぼ、誤差がゼロです。
クォーツ時計に迫る正確さが出ました。




中国製ムーブメントでも追い込んでやればここまで出来るということを証明できて嬉しいです。



10倍以上もするムーブメントと同等、もしくはそれ以上に正確な時計になりました。

中国製ムーブメントもしっかりと微調整してあげれば信頼できる時計になるのではないでしょうか?



まあ、耐久性や、その他もろもろ問題点は多少はあるでしょうが。



しかし、確実に言える問題点がひとつあります。



それは、この日差ゼロに調整された時計ですが、姿勢差を抜きにしても、腕に付ければ、遅れ気味になるのです。



それが何故なのかは、明日。



時計関係 | 2008.03.23 [EDIT]

びぶ朗を使ってみました。

「びぶ朗」と言っても、ほとんどの方はご存知無いと思います。

あ、はじめに断っておきますが、カメラネタでは無く時計ネタでございます。

最近、機械式時計を修理に出しまして、ちょっとした調整であれば、自分でも出来ないものかなぁと思っていたのですが、これが結構難しいんですね。

時計の進み具合や、遅れ具合を調整するのには、タイムグラファーという器械を使いながらの調整が必要になるのですが、この器械は安くても10万円以上するんですね~。ちゃんとしたものだと50万円ぐらいはします^_^;

タイムグラファー


仕事で使うならともかく、趣味の世界で、ちょっと高くて考えてしまう値段です。

タイムグラファーは簡単に言えば、時計の進み具合や、遅れ具合を瞬時に判断できる器械なのですが、これをパソコンのフリーソフトで同様のことが可能に出来るソフトがあるんです。

結構マニアックなソフトですが、その名も「びぶ朗」。

ただ、問題なのは、これはソフトであって、そのソフトを使うにはハードが必要になってきます。
ハードは、この「びぶ朗」専用のものも出ているのですが、2万円ぐらいするんですね。

びぶ朗 スターブラファー


そんなに高くは無いのですが、実は100円ショップのものを使って、同様のものを作ることが出来ます。

ダイソーはこういうときに強い見方です(笑)

まず、時計の音を拾うためにマイクが必須ですが、このマイクは、様々な方々が試した結果、圧電素子が一番良いとのことです。圧電素子と言うと聞きなれませんが、一番分かりやすいのは、防犯ブザーに使われるスピーカーです。
このスピーカーをマイク代わりにするわけです。

この防犯ブザーなどはダイソーなどの100均で売っているものを流用しました。

この方法はこちらのブログを参考にさせて頂きました。

あとは、圧電素子で捉えた音は非常に小さいので増幅装置が必要になります。人によっては、この増幅装置に100均で売っている、集音器を使っている方もいるようですが、この増幅装置は、多少しっかりしたものが良さそうなので、これだけはヨドバシカメラにて購入しました。

AT-MA2

びぶ朗 音源装置1

マイクロホンアンプ「AT-MA2」という品です。

これはポイントを使ったので、サイフは痛みません。

さて、道具が揃ったところで、ちょっとした工作です。

圧電素子にモノクロのピンジャックの線を半田付けしてマイクとします。
そして、ジャックをアンプに差して、アンプからPCのマイクジャックに繋げば完成!

しかし、問題は、圧電素子を上手く時計の音を拾うように何かしらの方法で、時計にくっつけなくてはいけません。

人によってはテープで止めたり、輪ゴムで止めたりと色々あるようですが、とりあえず、今のところ私はちょっとした台に圧電素子をくっつけて、その上に時計を置けるようにしてみました。

この台も100均のダイソーで揃えました。

こんな感じになりました^_^;

びぶ朗 音源装置3


下の画像に見える丸い円盤状のものが圧電素子です。
びぶ朗 音源装置2


時計を乗せるとこんな感じになります。
びぶ朗 音源装置5
びぶ朗 音源装置4



さて、この私の作った簡単な装置でもしっかりと測定できます。

しかし、自作の装置とは思えないような装置をつくるかたもいらっしゃいます。
こちらのサイトの方は、信じられないほど凄いものを作り上げられていてビックリです。


では、私が作った簡易装置での測定結果が下記の画像です。
びぶ朗 キャプチャー画面


びぶ朗を使ったことが無い人には何のことやら?
といった感じですが・・・。

この画像に関しては、また今度書きたいと思います。


なんだか、カメラのブログからだいぶ離れてきてますが・・・^_^;




時計関係 | 2008.03.21 [EDIT]
| ホームへ |